ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

Category : 物理学

スポンサーサイト  





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュートリノ ビーム 生成開始!  





 高エネルギー加速器研究機構などは23日、茨城県東海村にある世界最高レベルの大強度陽子加速器施設(J-PARC)で素粒子ニュートリノが初めて生み出されたことを確認したと発表した。試験運転でニュートリノと同時に生成されるミューオンを検知、初確認と判断した。調整運転を続け、12月以降に本格的実験を始める。

 ニュートリノは宇宙創成の解明に重要な素粒子。ほとんどの物質を通り抜けるため観測や研究が難しい。

 J-PARCでは加速した陽子を原子核にぶつけてニュートリノのビームを発生させ、約300キロ離れた岐阜県飛騨市の観測装置スーパーカミオカンデに打ち込む。観測実績があるスーパーカミオカンデでとらえ、生成から到着までの性質の変化を調べる。

共同通信
http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009042301000910.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/04/23(木) 23:17:31 ID:RFHCqw/N
目標、北朝鮮寧辺。

5 :名無しのひみつ:2009/04/23(木) 23:32:41 ID:Kq8EF9GH
>>2
ニュートリノを北朝鮮に打ち込んだって、奴らがそれに気付くこともない。
金の無駄だろ?ってなにマジレスしてんだ。



7 :名無しのひみつ:2009/04/23(木) 23:41:03 ID:idZ1LDd1
これって地球の裏側の核兵器も威力を弱めたりできんだよね。
とんでも科学だと思って中嶋彰の「全核兵器消滅計画」を読んだけど、目から鱗。

10 :名無しのひみつ:2009/04/23(木) 23:49:32 ID:kSZvcGCJ
>>7
そんな事もできるのか?暇な時に立ち読みしてこよ。



11 :名無しのひみつ:2009/04/23(木) 23:51:01 ID:ZnZ4bBY1
核兵器と一緒に、原子力発電所も消える覚悟をしないとな…

臨界温度38ケルビンのフラーレン超伝導体の謎を解明  





 本研究成果のポイント
○加圧でフラーレンの分子間の距離が短縮、電子移動が加速し、超伝導体に変化
○絶縁体と超伝導体が別物ととらえられてきたフラーレンの常識を覆す
○「高い超伝導臨界温度は、絶縁体の近くに現れる」という指導原理を実証

 独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)、国立大学法人東北大学(井上明久総長)、英国ダーラム大学などの国際共同研究チーム※1は、有機超伝導体(分子性物質)の中で、加圧下で最も高い超伝導臨界温度※2を示すフラーレン※3物質について、構造・電子物性を多角的な手法で解析し、加圧すると分子間距離が縮まり、電子が動き出して金属化し、超伝導現象を発現することを明らかにしました。理研放射光科学総合研究センター高田構造科学研究室の高田昌樹主任研究員、ダーラム大学の高林康裕博士研究員(現、株式会社イデアルスター)、Kosmas Prassides教授、東北大学の岩佐義宏教授、高野琢(博士課程3年)、高輝度光科学研究センターの大石泰生主幹研究員、産業技術総合研究所の竹下直研究員、リバプール大学のMatthew J. Rosseinsky教授らの共同研究による成果です。

 フラーレン超伝導体は1991年に発見され、当時NECの谷垣勝己研究員(現東北大学教授)らによって臨界温度Tc=33K(ケルビン)という、分子性物質の中で最も高い値を示すことが注目されました。2008年には、セシウム元素(Cs)を添加(ドープ)させた新しいフラーレン(Cs3C60という組成)を高林康裕博士研究員らが開発し、圧力を加えるとTcが38Kで超伝導となることを発見しました。これにより、分子性超伝導体のTcの記録が、同じフラーレンによって17年ぶりに塗り替えられました(Nature Materials 7, 367, 2008)。しかし、不思議なことにCs3C60は、通常の圧力下では超伝導現象を示さず、従来知られていたフラーレン超伝導とは大きく物性を異にしていることが、謎のまま残されていました。

 今回の国際共同研究によって、Cs3C60は、常圧の条件下では電気を伝えることができない絶縁体となり、しかもモット絶縁体※4と呼ばれる特殊な状態にあることが分かりました。そして、圧力を加えると電子が動き始めて金属化すると同時に、高いTcの超伝導が発現することを明らかにしました。

 本研究では、フラーレンの高いTcでの超伝導現象が、絶縁体から金属に変化する電気的性質に鍵があることを、大型放射光施設SPring-8※5の高圧構造物性ビームライン(BL10XU)高輝度放射光を用いて高圧下で原子配列を決定することで、初めて明らかすることができました。この振る舞いは、有機超伝導体や銅酸化物超伝導体など、通常の金属や合金の超伝導とは異なる性質を示す超伝導体にも見られるものです。このため、今回の成果は、高いTcの超伝導体を作るには、絶縁体の物質に近い構造や組成の材料を探索することが有効であるという、分子性高温超伝導物質探索の研究指針に重要な道筋を提供することになります。本研究成果は、米国科学誌『Science』のオンライン版に3月20日掲載予定です。


財団法人高輝度光科学研究センター
http://www.spring8.or.jp/ja/current_result/press_release/2009/090320




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/03/22(日) 13:29:30 ID:1VOohBf0
一行で言うと、
「フラーレン物質は、加圧すると分子間距離が縮まり、超伝導現象を発現する。」
で良いですか?


4 :名無しのひみつ:2009/03/22(日) 13:31:33 ID:d7VHWtxh
高校の時理系を選択したが、化学と物理が1だった俺にはさっぱり…


5 :名無しのひみつ:2009/03/22(日) 13:33:37 ID:G81yDLPH
昨今のフラーレン研究ってどうなってんだろ?初めてフラーレンの構造見た時は感動したな。


6 :名無しのひみつ:2009/03/22(日) 13:47:22 ID:FWyOXI4S
ワケワカメなスレタイ止めて ><

9 :名無しのひみつ:2009/03/22(日) 13:59:34 ID:MSiZ2Xcl
>>6
CNTの中にフラーレン流して、チューブの先で合体させて長くするとかやってたな。



7 :名無しのひみつ:2009/03/22(日) 13:55:00 ID:RoWW4e7W
バックミンスター・フラーを語る会と聞きまして…

8 :名無しのひみつ:2009/03/22(日) 13:59:05 ID:1VOohBf0
>>7
60年代の生き残りか。



11 :名無しのひみつ:2009/03/22(日) 14:26:17 ID:2RiUhv0i
日本語でOK

電圧をかけるだけで、磁石の磁極(N極とS極)の向き 変更 に成功  





 室温に置いた鉄製磁石の磁極(N極とS極)の向きを、電流を流さずに電圧をかけるだけで変える実験に、大阪大基礎工学研究科(鈴木義茂教授)と東北大のグループが成功した。磁極の向きの変更は、コンピューターの記憶装置に情報を書き込む際などに応用されているが、従来は、かなり大きな電流を流す必要があった。今回の成功は、記憶装置に応用しやすい条件では世界初。機器の省電力化につながるという。18日付の英科学誌「ネイチャーナノテクノロジー」の電子版に、論文が掲載される。

 鈴木教授らは、磁石である鉄のごく薄い層(厚みは原子2~4個分)を、金の層と、酸化マグネシウムなどの絶縁体ではさんで、薄い膜(厚さ約1000分の2ミリ)を作った。この膜に電圧をかけると、電圧の向きによって、鉄の磁極の向きが変わった。金の層の働きで鉄が電圧の影響を受けやすくなり、それぞれの鉄原子が持つ電子の軌道が変わったためとみられるという。

 今回の実験では、電圧を加えなくなると磁極の向きは元に戻った。しかし理論計算では、非常に急激に電圧をかければ、向きが変わった状態を保つことが可能との結果が出た。実際に保つことができれば、次世代の記録メモリーとして期待される固体磁気メモリー(MRAM)の性能向上などに応用できるという。

侮日新聞
http://mainichi.jp/select/science/news/20090119k0000e040053000c.html




3 :名無しのひみつ:2009/01/19(月) 17:02:43 ID:QLr00TAr
つまり冬場は静電気が溜まっているから、インリンはMになっているんだな?


4 :名無しのひみつ:2009/01/19(月) 17:07:28 ID:sCwUpo+G
つまり>>3を要約すると…SとMとNってことか。


5 :名無しのひみつ:2009/01/19(月) 17:10:13 ID:qLpNSwmR
人間の脳味噌に、SDカードスロットが欲しいね。


6 :名無しのひみつ:2009/01/19(月) 17:20:31 ID:6XZvbi2k
>>5
長年生きてると、消去したい記憶のほうが多くなります><


7 :名無しのひみつ:2009/01/19(月) 17:26:18 ID:vStrnrf3
>>6
もう少し生きれば、全ての記憶があやふやになります。


9 :名無しのひみつ:2009/01/19(月) 17:31:39 ID:1ewUuvjI
>>7
更に生きると、幼かった頃の記憶しか思い出せなくなります。


8 :名無しのひみつ:2009/01/19(月) 17:31:04 ID:KY5I7Jkr
書き換え易いということは、消え易いんじゃね?




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。





「多次元理論」 を証明する電子・陽電子対の観測に成功か?  





2008112123-2_convert_20081122124802.jpg
 新しい実験において、暗黒物質の粒子の存在を証明する初めての直接証拠が見つかった可能性がある。物理学における最大の謎の1つを解明する鍵となるかもしれない発見だ。

 理論物理学者たちは、WIMP(Weakly Interacting Massive Particle)でできている暗黒物質が宇宙の23%を構成していると考えているが、これまでWIMPの粒子のいずれかを直接観測した人はいなかった。[WIMPとは、電磁気的な相互作用をほとんど起こさず、電磁波では検出できない粒子からできている「冷たい暗黒物質」のこと]


 物理学者たちは今回、ある種のWIMPが可視的な世界に入ることによって生じると予想されるものとほぼ同量のエネルギーを持つ電子を計測したと発表した。

 ルイジアナ州立大学のJohn Wefel氏を含む研究チームは、気球式の粒子収集装置『ATIC』(Advanced Thin Ionization Calorimeter)を南極大陸の上空に飛ばし、電子を捕獲して電荷やエネルギーを測定した。[過去記事「反陽子を観測する実験、日米チームが南極で実施」では、文部省高エネルギー加速器研究機構・東京大学・神戸大学・文部省宇宙科学研究所・米国航空宇宙局(NASA)・メリーランド大学などのチームによる南極での研究について紹介している]

 この結果として研究チームは、WIMPの対消滅[粒子と反粒子が衝突し、エネルギーや他の粒子に変換される現象]によって生成される、『カルツァ=クライン』的な電子・陽電子対を発見した可能性があるとする研究論文を、11月20日付で『Nature』誌に発表した。

 カルツァ=クライン粒子(KK粒子)は、宇宙の多次元理論によって[第5の次元方向に運動量を持つ重量子として]存在が予測されている粒子で、長い間、暗黒物質の構成要素として有力候補の座にある。

 今回の新しい発見が確認されれば、時空の構成には、人間が知覚できる4次元だけでなく、多数の「コンパクトな」次元があるという証拠になるだろう。

 「カルツァ=クライン理論における対消滅の説明が正しいと証明されれば、こうした多次元宇宙に関するより徹底的な調査が必要になるだろう。これは、われわれの宇宙の理解に重要な意味をもたらす可能性がある」と、研究論文の執筆陣は結論付けている。

 天文物理学者らは、目に見えない暗黒物質とダークエネルギーは合わせて全宇宙の約95%を占めると考えており、多くの研究チームがその解明に取り組んでいる。こうした暗黒物質やエネルギーが存在するという証拠の多くは、間接的な観測によって得られたものだ。

 物理学者のMyungkook James Jee氏が2007年にワイアードの取材に対して述べた(英文記事)表現を借りれば、「われわれは風そのものを見ることはできないが、それが吹いているのを見ることはできる」というわけだ。したがって、暗黒物質が初めて直接観測されれば、画期的な大発見となるだろう。

 だが、今回の新しい発見は、KK粒子の存在を確実に示すものではない。ハーバード大学の天文物理学者Yousaf Butt氏は、今回の研究論文に添えられた論説の中で、これらの高エネルギー電子の生成については、他の天体によって説明できる可能性があると指摘している。

 超新星、回転するパルサー、マイクロクエーサーといった天体の残骸が、今回の観測結果をもたらしたのかもしれない。あるいは、さらに奇妙な現象がある可能性もあるという。

 「さらに、まったく新しい種の天体物理学上の物体によって、観測された電子過剰が引き起こされた可能性があるということを忘れてはならない。結局のところ、パルサーがようやく発見されたのも1967年だ。さらにおめでたいことに、1992年まで、私たちはマイクロクエーサーについて気づいていなかったのだ」と、Butt氏は記している。

WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200811/2008112123.html




2 :名無しのひみつ:2008/11/22(土) 01:04:39 ID:rfiL/AQK
11次元より2次元のリアル化はまだですか?


14 :名無しのひみつ:2008/11/22(土) 01:28:57 ID:n1ZkoQ9C
>>2
2次元は既にリアル化してるじゃん、2次元上で。


4 :名無しのひみつ:2008/11/22(土) 01:07:18 ID:fWiu7HpW
俺のダーク股ーが動き出す…


5 :名無しのひみつ:2008/11/22(土) 01:09:36 ID:2EROFvNv
物理学はどんどん、実体社会からかけ離れていくね。
そのうち、痛い目にあうぞ。



11 :名無しのひみつ:2008/11/22(土) 01:21:35 ID:tOyxNuN8
>>5
常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。
アルバート・アインシュタイン



21 :名無しのひみつ:2008/11/22(土) 01:38:07 ID:xvYUSOUk
>>5
否定はしないけど…
社会に得られる利益も莫大になる可能性を秘めている。


温度差で磁気の流れ実現 慶大院生が新現象発見  





 磁石の両端に温度差をつけるだけで磁気が流れる新現象を、慶応大大学院理工学研究科修士1年の内田健一さんらが発見した。省エネで大容量の磁気メモリー開発につながる成果で、パソコンやDVDなどへの応用が期待できる。「スピンゼーベック効果」と命名し、英科学誌「ネイチャー」に発表した。

 金属の両端に温度差をつけると電流が生じる現象は、「ゼーベック効果」として知られる。磁気の流れ(スピン流)と電流は、ともに電子の移動で発生するため、磁気だけが流れる現象も存在すると予想されていたが、未発見だった。

 内田さんは慶大理工学部の卒業研究で、この課題に挑戦。長さ6ミリの磁石(鉄とニッケルの合金)の両端に白金を取り付け、磁気の流れを電流に変換して観察した。その結果、磁石の両端に温度差をつけると、磁気は高温側と低温側へ逆方向に流れることが判明。東北大と共同で理論的に検証し、“磁気版ゼーベック効果”と確認した。

 この現象では、電荷は磁石の両端から打ち消し合うように移動するため、電流は発生しない。発熱によるエネルギー損失が避けられ、磁気メモリーの大幅な省エネも期待できる。

 学生の卒業研究が一流科学誌に掲載されるのは珍しい。内田さんは「自由に研究できたのが良かった。白金以外の物質を使うなどし、この現象を掘り下げたい」と話している。

産經新聞
http://sankei.jp.msn.com/science/science/081103/scn0811030914001-n1.htm




2 :名無しのひみつ:2008/11/03(月) 10:24:42 ID:hD8aIHJl
卒研でネイチャーって、凄いな。


3 :名無しのひみつ:2008/11/03(月) 10:26:12 ID:1R78mWBL
昔からなかったか?と思ったら電流のほうだったか。


4 :名無しのひみつ:2008/11/03(月) 10:28:15 ID:7Oj8DJxV
磁気が流れる?


5 :名無しのひみつ:2008/11/03(月) 10:28:15 ID:SsxbvTDt
磁気が変化しても電流が流れないってすごくない?
マクスウェル電磁気学崩壊?



6 :名無しのひみつ:2008/11/03(月) 10:29:54 ID:gn5gMZbn
スピンベーゼックじゃなくて、ウチダ効果にすれば良いのに。


8 :名無しのひみつ:2008/11/03(月) 10:32:17 ID:Xo3svLzk
>>6
科学最前線に奥ゆかしさは通用しない。
ユダヤ人の巣窟のような修羅場。


9 :名無しのひみつ:2008/11/03(月) 10:33:47 ID:ozKwq8Ig
この調子で磁気単極も造ってくれ。


スティーヴン・ホーキング博士 「 LHC実験で神の粒子は見つからない 」 に 100ドル賭ける  





22222222.jpg
 英国の天体物理学者スティーヴン・ ホーキング博士は9日、まもなく行われる巨大粒子加速器「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」の実験について「ヒッグス粒子は見つからないだろう。100ドル賭けてもいい」と語った。

 スイスにある欧州合同素粒子原子核研究機構(CERN)は、ヒッグス粒子を発見することを目標に、10日にLHCを稼働させる。実験では、水素の原子核である陽子をほぼ光速まで加速させて衝突させる。


 素粒子が質量を獲得するメカニズムは長年謎とされてきたが、1964年に英物理学者のピーター・ヒッグスがその謎を解く理論として「ヒッグス場」を提唱した。ヒッグス場とは理論上、素粒子に質量を与える場だ。仮説では、素粒子はヒッグス粒子に当たって抵抗が生じることにより質量が生じる。ヒッグス粒子はどこにでも存在するものの目には見えないため、「神の素粒子」と呼ばれることもある。

 今回の実験について、1988年の著書『ホーキング、宇宙を語る-ビッグバンからブラックホールまで』(原題 A Brief History Of Time)で知られるホーキング博士はBBCラジオに対し、「実験では量子反応を観測できるよう高いエネルギーが生成されるため、ヒッグス粒子を発見するには充分だと考えられている。しかしわたしは、ヒッグス粒子を発見できなかったときの方がはるかにエキサイティングだと思う。つまり、何かが間違っていたということであり、考え直す必要があるということだ。ヒッグス粒子が見つからない方に100ドル賭けてもいい」と語った。

 だが、一部の科学者は博士よりも楽観的だ。フランスの天体物理学者、Hubert Reeves氏は、スイスのル・マタン紙に対し、「LHCは素粒子物理学の世界を永遠に変えることになる『予想外の結果』をもたらすだろう」と期待を寄せている。

 一方、ホーキング博士は、実験で既知の素粒子の「超対称パートナー」となる超対称粒子が発見される可能性も指摘している。超対称粒子は銀河同士を保持する謎の暗黒物質(ダークマター)を生成している可能性があり、この発見はひも理論を裏付けるものでもある。「LHCで何が発見されても、あるいは発見されなかった場合でも、宇宙の構造について多くの手掛かりを与えてくれるだろう」と博士は締めくくった。

AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2515286/3313292#blogbtn




2 :名無しのひみつ:2008/09/10(水) 15:47:45 ID:rN8mvKXa
まだか、早くしてくれ。


4 :名無しのひみつ:2008/09/10(水) 15:48:02 ID:Bb+ENx4h
神と暗黒の戦いということですね、わかります


6 :名無しのひみつ:2008/09/10(水) 15:53:34 ID:6+HaJ0vd
実験の予想動画




明日の朝には滅びているんだから、今夜は悔いの無いように過ごせよ。



10 :名無しのひみつ:2008/09/10(水) 15:56:00 ID:PfgOBxYc
残念ながら>>6は過剰です。造られたブラックホールが地球を飲み込むまでに、何千年何万年とかかるそうです。


13 :名無しのひみつ:2008/09/10(水) 15:57:36 ID:R3TJ4rId
>>10
それはそれで見物だな。



19 :名無しのひみつ:2008/09/10(水) 16:01:20 ID:oJqfMy5P
>>13
地球からはるか遠くで観測すると、重力による時間の遅れで地球消滅の時間がかかるだけで、地球上の人は一瞬で消えるぜ。



51 :名無しのひみつ:2008/09/10(水) 17:17:43 ID:rJny832V
>>19
お前がバカだということは分かった。



53 :名無しのひみつ:2008/09/10(水) 17:35:32 ID:1aKEX7Lv
>>51
ん?なんで?



55 :名無しのひみつ:2008/09/10(水) 17:48:06 ID:0isYH/M+
>>53
一瞬で全部飲み込めるほどでかいブラックホール造ろうと思ったら、地球どころか太陽使っても無理だろ・・・
そもそもシュヴァルツシルト半径超えたら時間が (ry



極小 ブラックホール生成実験 を行っても 地球 は消滅しない  





111_200800909.jpg スイスにある欧州合同素粒子原子核研究機構(CERN)は10日に巨大粒子加速器「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」を稼働させる。「この実験で地球が消滅してしまうのでは?」と心配している人もいるが、そんな人たちを安心させる安全性評価が5日発表された。

「ストレンジレットと呼ばれる粒子が発生して地球を奇妙な物質の塊に変えてしまう」 LHC稼働を前に、ネット上にはこうした様々な憶測が飛び交っている。


 プロジェクトは、CERNの科学者らが2003年に行った安全性評価を基に始動したものだ。今回CERNの物理学者5人が英国物理学協会の機関紙に発表した新たな安全性評価は、ちまたに蔓延する不安を一掃するために新たな視点で書かれている。

 LHCは「地球が高エネルギーの宇宙線の経路とぶつかった状態」を再現するが、安全性評価は、「このような衝突は、地球がこれまでに何十万回と経験してきたことだが、地球はいまだに存在しているではないか」と指摘する。

 LHCでは、反対向きに移動する複数の水素原子ビームが、強力な超電導磁石に誘導され、バスほどの大きさの4か所の測定器で光速に近いスピードで正面衝突する。

 このとき目に見えない「ヒッグス粒子」の存在が確認されれば、質量の性質、重力の脆弱性、未知の次元など、物理学の大きな謎の解明につながる可能性がある。


 水素原子ビームが衝突する際のエネルギーは2匹の蚊が衝突する程度のもので、したがって生成されるブラックホールは極めて小さなもので弱々しく、発生とほぼ同時に消滅すると、安全性評価は説明する。

 また、ストレンジレットが発生するとの仮説については、米エネルギー省ブルックヘブン国立研究所の衝突型高エネルギー重イオン加速器のデータを引き合いに出し、「LHCでは発生しない」と述べている。

 フランス・ストラスブールの欧州人権裁判所は前月29日、稼働停止を求める欧州の市民団体の訴えを退ける判決を下している。

AFP BB NEWS
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2514698/3302185


2 :名無しのひみつ:2008/09/09(火) 17:21:21 ID:Lfs5BUBs
消滅したら文句をいうやつも存在しなくなる。
消滅しなければ誰も文句をいわない、したがって何も問題はない。



14 :名無しのひみつ:2008/09/09(火) 17:31:41 ID:WbKFJozD
>>2
実験する意味も無いから問題あるね。



30 :名無しのひみつ:2008/09/09(火) 18:13:08 ID:vlTRQt0d
>>14
実験する意味も無いから問題って問題もなくなるから問題ない。
っていうか、実験する意味はそもそも無くならない。


3 :名無しのひみつ:2008/09/09(火) 17:21:33 ID:KKlsHX/p
未来からのホットライン。


5 :名無しのひみつ:2008/09/09(火) 17:23:36 ID:gcC81TzM
ひょっとして、本当の「人類補完計画」はこの実験の事だったのか。


8 :名無しのひみつ:2008/09/09(火) 17:27:40 ID:sDZ4CS1N
消滅したことにすら気付かないから大丈夫。


9 :名無しのひみつ:2008/09/09(火) 17:28:12 ID:XFYu69ck
15年後の未来から来たけど、何か質問ある?


大型粒子加速器 「 LHC 」 の紹介文を 「 ラップ 」 に乗せたビデオが、海外で大人気  





CNN200809020020.jpg スイスとフランスの国境にある欧州合同原子核研究機関(CERN)のサイエンスライターが、運転開始を9月10日に控えた大型粒子加速器「LHC」の紹介文を「ラップ」に乗せたビデオを作り、インターネットの動画投稿サイト、ユーチューブに投稿したところ、再生回数50万回を超える人気となり、話題を呼んでいる。


 高エネルギー粒子物理学とラップを結びつけたのは、米ミシガン州立大学の卒業生、ケイト・マックアルパインさん(23)。CERNから撮影許可を受け、運転開始を控えて作業する職員らと一緒にヘルメット姿でビデオに登場。軽快なリズムで陽子の衝突によって何が解明されるのかを説明。「ここでの発見は、君の頭をぶっ壊す」と歌っている。

 マックアルパインさんは、「ラップと物理は、文化的に数キロ以上離れた者同士。でも、これを一緒にすればおもしろいんじゃないかと考えた」と、ビデオ制作のきっかけを説明している。

 CERNの広報担当、ジェームズ・ジリーズさんも、「正直言って、最初はケイティのやりたいということを疑っていた。でも、出来上がったビデオを見れば、科学的な歌詞にラップのリズムが調和して納得してしまった。」という。

 ビデオを見た物理学者らも、出来上がりを評価。ジリーズさんは、「ほとんど全員の物理学者が納得している、すばらしいものだ」と話している。

 CERNの大型粒子加速器「LHC」は、地下100メートルに作られた、1周27キロの円形トンネルで、陽子を光速の99.99%まで加速して正面衝突させる実験装置。高エネルギーで陽子を衝突させることで、質量のもととされるヒッグス粒子の存在や、宇宙の成り立ちについて、研究が進むと期待されている。

CNN
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200809020022.html





2 :名無しのひみつ:2008/09/02(火) 19:36:30 ID:FoUMP+px
歌って踊れる、物理学者。


3 :名無しのひみつ:2008/09/02(火) 19:41:35 ID:kfxUBbih
シュレーディンガー音頭 海外版ですか。


4 :名無しのひみつ:2008/09/02(火) 19:42:49 ID:Hn741K4L
以下、ブラックホールネタ禁止。


5 :名無しのひみつ:2008/09/02(火) 19:54:40 ID:VwFD7EBq
この馬鹿っぷりは、他の追随を許さないな。
これが天才の本気か。



6 :名無しのひみつ:2008/09/02(火) 20:02:31 ID:JZJlNTv9
実に興味深い。


巨大粒子加速器(LHC)9月10日稼働、宇宙の起源解明に向け  





1214104514075_convert_20080809161238.jpg スイスにある欧州合同素粒子原子核研究機構(European Organisation for Nuclear Research、CERN)は7日、巨大粒子加速器「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」を9月10日に稼働させると発表した。LHCは素粒子の研究史上最大の粒子加速器で、これにより宇宙の起源が解明される可能性がある。

 専門家らは、この実験で「神の素粒子」とも呼ばれるヒッグス粒子の存在が確認されることを期待している。ヒッグス粒子は、素粒子の標準モデルの最後の「ミッシングリンク」を埋める可能性がある。

 LHCには、60億スイス・フラン(約6200億円)が投じられ、世界約40か国から2000人以上の物理学者が参加している。

 LHCでは、反対向きに移動する複数の水素原子ビームが、強力な超電導磁石に誘導され、バスほどの大きさの4か所の測定器で光速に近いスピードで正面衝突する。衝突すると、ビームは太陽以上の高熱となり消滅する。

 これほど大規模な装置を稼働させるには、単にスイッチを入れればいいという訳ではない。まず、装置の8か所の区域をそれぞれ冷却し、1600個の超電導磁石の電気検査を行う。その後、各区域の電子回路、続いて区域全体に電力が供給され、LHCが1つの装置として稼働する。

 ただし、LHCが稼働を始めても、直ちに何かしらの発見があるわけではないという。データ集積に2年かけ、分析には多くの時間を要するという。


AFP BB NEWS
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2502526/3194538


4 :名無しのひみつ:2008/08/08(金) 20:26:41 ID:r5qqA3o1
宇宙の話とか止めろ、気が遠くなる。


5 :名無しのひみつ:2008/08/08(金) 20:26:54 ID:rR1h4i0p
まだ、稼働もしてなかったのか・・・


6 :名無しのひみつ:2008/08/08(金) 20:28:32 ID:I/0QJmmf
ブラックホールが出来ちゃったとか言うなよ。


8 :名無しのひみつ:2008/08/08(金) 20:29:35 ID:Rn2njZOL
そんなもんに金使うなら、温暖化食い止める装置でも作れよ・・・

    
19 :名無しのひみつ:2008/08/08(金) 20:57:01 ID:NCNUIHm8
>>8
意外と、この成果から真空エネルギーエンジンが出来たりして。


38 :名無しのひみつ:2008/08/08(金) 22:17:56 ID:hxMwJStd
温暖化はただの地球の周期的なものに過ぎない、人間の活動が影響するほど、自然はやわではない。


46 :名無しのひみつ:2008/08/09(土) 00:12:24 ID:U0cMo+ZK
>>38
それを証明できればねぇ・・・温暖化も反温暖化も妄想。


9 :名無しのひみつ:2008/08/08(金) 20:30:06 ID:pKUa8HAh
見つかるだろうけど、その質量次第で死ぬ理論が一杯出て来る。

    
11 :名無しのひみつ:2008/08/08(金) 20:36:22 ID:Wn/qqiMM
>>9
理論物理学者も忙しくなるかもね。


物理学者が語る 「 タイムトラベルの理論的可能性 」  





 アラバマ大学のHeinrich Pas助教授は、ニュートリノは、われわれが住む3次元の世界の外にも存在しており、したがって時間を旅する力を持っているかもしれないと考えている。

 米フェルミ研究所での実験結果は、このことを部分的に確認しているようでもある。

 一方、American Technion Societyのプレスリリースは、イスラエルにあるテクニオン(イスラエル工科大学)の物理学者Amos Ori教授が「タイムマシンの理論モデルを作り上げた」と伝えている。そのプレスリリースによれば、Ori教授の論文は『Physical Review』7月号に掲載された。内容は、タイムマシンの形成につながる可能性のある、仮説的な条件を表現する数学的な式のセットだという。

 つまり、「その内部において時間が自動的に戻る(curve back)ような、ドーナツ型の真空としての時間ループ」が存在すれば、「そのループに沿って旅すれば一周ごとに時間を遡ることができる可能性がある」というのだ。

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200708/2007080821.html


4 :名無しのひみつ:2007/08/11(土) 09:38:49 ID:aH6fnDiM
結局、よく分からんって事か。

6 :名無しのひみつ:2007/08/11(土) 09:41:47 ID:GBADmbig
つまりあれだ。時間は過去から未来に作られている一方で、未来から過去に向かっても作られているって事かもしれないって事だ。

11 :名無しのひみつ:2007/08/11(土) 09:52:44 ID:EKQ8J6xo
タイムトラベルは理論的には可能。
これってずっと前から、少なくとも25年以上前から言われてるんだけど・・・

12 :名無しのひみつ:2007/08/11(土) 09:57:33 ID:zppsckaP
タイムトラベルとかたいそうなモンじゃなくて、予知が出来ればいいんだ予知。 それも極狭い範囲で、例えば明日の小倉のメインレースだけでいいんだが・・・

13 :名無しのひみつ:2007/08/11(土) 09:59:08 ID:OoPlCRTk
未来には、理論上無理なのか・・・

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。