ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

Category : 技術

スポンサーサイト  





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

液体水素を燃料に使う世界初の 「予冷ターボジェット」 新エンジン実験成功  





 【大樹】宇宙航空研究開発機構(宇宙機構)は17日、大樹航空宇宙実験場で、液体水素を燃料に使う世界初の「予冷ターボジェットエンジン」開発事業で、エンジンを実際に稼働させるための地上実験を行い、成功した。来年度以降は、エンジンを装着した極超音速実験機を高々度の大気球から投下して、マッハ2の超音速飛行実験に挑む方針だ。(山本哲朗)

e00b.jpg



 同機構はマッハ5の極超音速ジェット機の実用化を目指す。現在のジェット機の実用速度はマッハ3が限界で、これ以上の速度では吸い込んだ空気の熱でエンジンが壊れる。このため同機構は、空気を氷点下253度の液体水素で冷却した上、その液体水素を燃料に使う「予冷ターボジェットエンジン」の開発に取りかかり、昨年は大樹で地上燃焼試験に成功した。

 17日の実験は午前0時から3時間ほど行い、大気球打ち上げ装置に実験機を縦につるし、液体水素に模した液体窒素を注入するなどした。これは大気球に実験機をつるす形になる次の段階の実験を想定したリハーサルで、本番さながらに安全性など確認した。

 来年度以降に大気球を使って行う極超音速飛行実験は、開発中のエンジンを長さ4・6メートルの実験機に装着し、高々度から落下する間にエンジンを始動させて飛行。これにより、音速突破時の衝撃波も地上に届く前に消滅する。大気球を使った超音速飛行実験は例がなく、実験手法が確立すれば日本の航空宇宙開発に寄与するという。同機構宇宙科学研究本部の沢井秀次郎准教授は「実際に大気球で打ち上げるまでの過程を確認できた」と話した。

どうしんウェブ北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/177961.html
http://www.ard.jaxa.jp/res/atc/e00.html



*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




3 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:29:08 ID:wJHIX4OZ
車につけたらどうなるの?

13 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:48:45 ID:StWpEnmv
>>3
よく読め!!現在のジェット機の実用速度はマッハ3が限界で、これ以上の速度では吸い込んだ空気の熱でエンジンが壊れる。


28 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 00:11:40 ID:VQRL+nf7
>>13
そこは微妙に嘘か勘違いだろうな。M3以上に耐えられる機体が難しいだけ。
ジェットエンジンでM3.5なら、30年以上前に達成してる。


29 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 00:16:11 ID:Q+QIeWPe
>>28
軽い機体(外壁が薄い)だから耐えられないだけでは?難しいのではなくて、強度のある機体にすると、燃料効率が下がるってことじゃね?



4 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:31:22 ID:TbzkjBn+
こういう時、JAXA職員の周りにはいつの間にか、フェラの上手い尽くす女が現れるんだよな。
気をつけてくれよな。

5 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:35:59 ID:CDHQrFgW
>>4
ありえる話だから怖い…



6 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:38:23 ID:sK/q+Ood
日本純正の戦闘機開発に一役かったな。

周囲の電磁波を電力に変換して、携帯電話を充電?Nokiaが試作  





 フィンランドのNokia社は、エネルギ・ハーベスティング技術を組み込んだ携帯電話機の試作機を公開した。携帯電話基地局のアンテナやテレビ放送塔などから放出された、周囲環境にある電磁波を取り込み、電力に変換して内蔵2次電池に充電できるという。

 この試作機は、英ケンブリッジ州ケンブリッジにある同社の研究所で開発された。試作機では、3m~5mWの電力を回収できる。

 研究所の短期目標は、20mWを超える電力を回収することだ。これだけの電力を回収できれば、1度も充電することなく携帯電話機を待ち受け状態のまま永久に維持できるからだ。ただし、20mWでは実際に携帯電話機を使って電話をかけたり、かかってきた電話を受信したりするには十分ではない。そこで同研究グループは、携帯電話機の電池を少しずつ充電するために十分な電力量として50mWを掲げ、これを最終的な目標値としている。

 試作機のアンテナと受信回路はいずれも、500M~10GHzという広い周波数帯域の電力を回収できるように設計されており、電磁波を電流に変換する機能も備えている。その後、後段の回路がこの電流を電池に供給し、充電するというわけだ。

* 中略

 今回の携帯電話機は、電磁波を電気信号に変換するという、鉱石ラジオやRFIDタグと同じ原理を利用している。この原理を利用するには、2つの受動回路が必要になる。Rouvala氏は、「μW程度のわずかな電力しか得られない状況であるとはいえ、携帯電話機に搭載した回路が受信した電力よりも小さい消費電力で動作すれば、電力を回収できる」と述べる。

 同研究グループは、最終的な目標値である50mWを達成するには、広い周波数帯域から1000を超える強度の高い信号を集める必要があるとしている。

* 以下略

EE Times Japan
http://eetimes.jp/article/23130/




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




4 :名無しのひみつ:2009/06/30(火) 22:46:57 ID:Qly0w8Cp
登山に行ったとき通話中に人が群がってくる恐怖。


5 :名無しのひみつ:2009/06/30(火) 22:48:28 ID:i9NBX1pn
アンテナを巨大化すればよい。

7 :名無しのひみつ:2009/06/30(火) 22:52:03 ID:rA0SbCVe
>>5
アンテナの抵抗を忘れてる。



8 :名無しのひみつ:2009/06/30(火) 22:54:35 ID:pRKsok1/
携帯電話の電池が必要なくなれば、人体に埋め込んで使えるな。


10 :名無しのひみつ:2009/06/30(火) 22:57:42 ID:iwzzngAZ
それ、昔々アマチュア無線の連中がやってみたから…

28 :名無しのひみつ:2009/06/30(火) 23:33:17 ID:29MpeFaf
>>10
確かにアマチュア無線で実験してたな、超低出力通信の電源として。
窃盗になるんじゃないか?という話もあった。



13 :名無しのひみつ:2009/06/30(火) 23:05:28 ID:6ot1WULq
永久機関の完成も可能に。

海中での長距離水平通信実験に成功  





海洋開発を進める上で難題の一つになっていた水平方向での長距離水中音響通信を精度よく可能にする実証実験に、海洋研究開発機構の研究チームが成功した。

志村拓也・技術研究主任らが用いた手法は、位相共役通信と呼ばれるもので、時間を反転した信号を発信するところがポイント。録画したビデオ映像を逆再生すると時間が反転した映像が見られるのに似た、音響の時間反転信号を利用することで、反射波や屈折波など邪魔になる信号を巧みに消してしまうことができる。

実証実験では、伊豆小笠原海域で海洋調査船「かいよう」から4,000メートルの深さに送信装置を降ろし、300キロ離れた受波器アレイに向けて水平方向に信号を発信した。通常では数百キロ離れると海底や海面で反射する波や、海洋中が一様でないために屈折して来る波が相手に届けたい直接波に重なって受信され、データの区別がつかなくなってしまう問題があった。

しかし、実験の結果、反射波や屈折波が集まって元の波面が再現される形となり、容易にデータの識別ができ、精度よい通信が可能になることが確かめられた。

将来、海洋探査などで活躍する自律型無人探査機のリモートコントロールにこの通信法を利用できるようさらに遠距離での通信試験を進めたい、と海洋研究開発機構は言っている。

SciencePortal
http://scienceportal.jp/news/daily/0906/0906161.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 18:45:28 ID:LmO0MW/3
なんだかとっても凄いから、米帝とか中共に盗られませぬように。

5 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 18:51:34 ID:S6CKU292
>2
なにげに海洋開発機構の持っているものは結構凄いものがある、例えば「うらしま」とかは完全自立航法で300km走る、深度も3500m

これを魚雷のように使えば、300kmはなれた敵を潜水艦も防げない深海を通って攻撃できる。



4 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 18:48:44 ID:zZMbS9VX
水ケーブルの歓声?


6 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 18:55:04 ID:LXGqfxn/
300Km先へ送る場合の通信速度はどのくらいなんだろ?

7 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 19:00:40 ID:JmecPegS
>>6
海中だとマッハ5だから1.8km/s 直進じゃなくて反射等あるだろうから…
300km先まで200秒くらいかかるかな。



8 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 19:07:15 ID:w2IpzPlH
戦略原潜用とするなら、せめて数千キロ通信可能じゃないとな…

ネズミ型ロボットが完成?自力で生き続けるロボットの実現まであと一歩  





 フランスのインテリジェントシステム・ロボティクス協会の研究員、アグネス・ギロさんは、巨大な白いネズミ「プシーカルパクス」が研究室の中を自由に走り回れるようになることを夢見ている。

CropperCapture[907]



 ホメロスの叙事詩の中に登場するずるがしこいネズミの王様の名前が付けられたこのロボットは、前週にパリで公開された。ISIRが中心となって開発されたロボットには、人工知能の境界線を広げるという期待が込められている。

***

自分で考え行動するロボットを目指して
 
 ネズミ型ロボットは英米などの研究所でも製作されている。たとえばメキシコ自治工科大学(ITAM)は2年前、ソニーのイヌ型ロボット「アイボ」に、ネズミの動きをまねさせるソフトウェアを組み込んだ。だがISIRの研究者らは、「プシーカルパクス」は生態模倣、センサーの精巧さ、制御性、ネズミの神経学に基づいたソフトウェアなどの点で他を圧倒すると考えている。

 このロボットは両目にカメラ、両耳にマイクを装着している。足元には小さな車輪が付いており、電池駆動のモーターで移動する。特許を獲得した「鼻毛」が、生きたネズミの神経系の主な部分を再現しようと試み、顔の両側にびっしり生えた長さ約12センチのひげが障害物を感知する。

 こうした器官から得られたデータは「脳」であるチップに送られる。このチップのソフトウェア・ヒエラルキーはネズミの脳の構造を模倣しており、見たもの・聞いたもの・感じたものを処理・分析する。

 たとえば、目が「暗さ」を感知すると、夜のネズミが視野の喪失を補おうとほかの感覚を研ぎすませるのと同様に、ソフトウェアはひげから得られるデータの重要度を上げる。だが、当初計画されていた臭覚については、複雑すぎたために組み込まれなかった。

 このロボットの最終目標は、新しい環境に放置しても、人が近くにいるなどの危険を察知し、食事を自分で探し、電池の充電も自分で行うなどして自力で「生き残って」もらえるようにすることだ。

AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2610313/4246604




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




8 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 22:51:54 ID:RQ6yzmOi
後のドラえもんの耳を喰ったネズミである。


9 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 22:52:07 ID:bLCFt+qX
生きると言うか、タダのプログラムだろ?


11 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 22:59:11 ID:Maf+cGzd
フォン・ノイマン・マシンを早く造れ。


12 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 23:14:45 ID:lHo2+G4N
これで殺人兵器ロボットの完成まであと2歩だ。
数百万の自力兵器ロボットを作って、金正日の秘密基地を攻撃できる。


14 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 23:32:01 ID:lpt9KGy/
後のオートダイオード 「ブレイン」の誕生である。


17 :名無しのひみつ:2009/06/11(木) 00:05:01 ID:ymBI4DWK
足元には小さな車輪…

レーザーを集光して、ガソリンエンジンを着火に成功 明星大  





 明星大でエンジンのレーザー着火に成功…燃焼効率化に期待。明星大学理工学部(東京都日野市)の斉藤剛・准教授(41)が、レーザーを使った着火装置でガソリンエンジンを稼働させる実験に成功した。

通常、使われている電圧式の点火プラグより、燃焼効率が良くなることが期待されている。

 斉藤准教授は大学院修了後、工業技術院機械技術研究所(現・産業技術総合研究所)で、レーザーによる着火装置の開発に携わり、3年前、同大機械システム工学科に赴任してからも研究を続けている。斉藤准教授の指示で、研究室の大学院生や学部生がレーザー着火装置の設計や組み立てをしている。レーザーの光をレンズで集めると、プラズマが発生し、燃料に点火することができる。

 通常、点火プラグはエンジンの端に取り付けられているため、燃焼により発生した熱がエンジンの容器を伝って逃げやすいという。レーザーの場合、レンズを調整すれば、エンジン内の中央部分に着火点を作れるため、熱の損失を防げ、効率良く燃焼させることができる。実験は5月に成功し、これまでのデータでは、約5%の効率アップにつながっているといい、斉藤准教授は「もっと性能のいいレーザーやエンジンを開発すれば、さらなる効果が期待できる」と語る。

レーザーを集光してできるプラズマはエネルギー密度が高いため、火が付きにくいとされるバイオ燃料の着火などへの活用が期待できるという。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090601-OYT1T00019.htm




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




5 :名無しのひみつ:2009/06/01(月) 23:14:59 ID:gXXJpSFR
レンズが煤けたりしないのかね?

9 :名無しのひみつ:2009/06/01(月) 23:23:05 ID:COnwgoAe
>>5
たぶん日本人ってのは、そこまで手を打って初めて成功したっていう人種だよ。



8 :名無しのひみつ:2009/06/01(月) 23:19:52 ID:jqpO3F1s
後のレーザー水爆である。
なんでもいいから点火させるだけってのは、数年前に出来てたとかじゃないのかね?


10 :名無しのひみつ:2009/06/01(月) 23:23:24 ID:9oiQ4L/b
これをディーゼル燃料の着火に使えばいいわけです。

75 :ちょっと一言:2009/06/02(火) 23:38:03 ID:uZghxx/g
>>10
その昔、「ロータリーエンジンをDOHCにすればもっと性能が上がるんじゃね?」
と、言った奴がいたな。



11 :名無しのひみつ:2009/06/01(月) 23:24:13 ID:zbqLv2XZ
5%上がれば相当変わるな。

喜怒哀楽を全身で表現できるヒト型ロボット、両手はゼリー状の柔らかい素材  





 早稲田大学理工学術院の高西淳夫教授らとロボット開発ベンチャーのテムザック(北九州市)は21日、喜びや悲しみなどの感情を全身で表現できるヒト型ロボットを公開した。これまでのヒト型ロボットでは感情の表現ができず、ロボット特有の冷たさを与えるという指摘があった。さらに改良して将来は介護施設などで入所者の心を和ませるロボットとしての利用を目指す。

 ロボットの名前は「KOBIAN」。顔にはいくつもモーターを組み込み、まぶたやくちびるを開閉したりまゆ毛を動かしたりできるようにした。両手はゼリー状の柔らかい素材を使って作製、人の手に似せた。

im20090521AS1D2109Q2105200913.jpg



 喜怒哀楽や困惑など7種類の感情を表現するために、全身の動かし方をあらかじめプログラムとして記憶させてある。例えば「喜び」を表現するように指示すると、両手を高く挙げて目や口を大きく開ける。「悲しみ」は片手を目頭にあててうつむく。

日経NET
http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20090521AS1D2109Q21052009.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




5 :名無しのひみつ:2009/05/22(金) 14:35:06 ID:qb3yNbuW
ダッチワイフの顔は、いつまでたっても進歩しないな…

12 :名無しのひみつ:2009/05/22(金) 14:44:52 ID:sKjdClEI
>>5
コレ被せればいんじゃね?

オリエント工業
http://www.orient-doll.com/top.html



7 :名無しのひみつ:2009/05/22(金) 14:37:21 ID:TjBfvA8x
何だこれ中国製か?産総研の足元にも及ばねぇ。


8 :名無しのひみつ:2009/05/22(金) 14:38:42 ID:40LtxQNH
こんなロボの手コキで、あっけなく逝かされたら死にたくなる…


9 :名無しのひみつ:2009/05/22(金) 14:44:19 ID:uBbovWZn
手コキ用か?と、思ってリンク先開いたら…


10 :名無しのひみつ:2009/05/22(金) 14:44:28 ID:YTRkoK8O
とりあえず、外装はオリエントに外注してくれ。

電圧かければ玉虫の輝き、不思議プラスチックを筑波大が開発  





 わずかな電圧をかけることで、タマムシのように色が変化するプラスチックを、筑波大の研究グループが世界で初めて開発した。新しい照明や画像装置などの利用が期待される。

20090408-155912-1-L_convert_20090423100607.jpg



 成果はドイツの専門誌に発表された。昆虫のタマムシやカナブンは、羽などの表面に、一種の液晶が作る微細な構造を持ち、光が特殊な反射をするため、本来の色とは違った色に見える。CDが虹色に見えるのも同様の理由で、「構造色」と呼ばれる。

 グループは、電気を通す性質があるプラスチックの一種「導電性ポリマー」を液晶に溶かして通電し、液晶の微細構造がコピーされた膜状のポリマーを作製した。膜に光を当てると、タマムシのような複雑な色の反射光が出現、電圧をかけると、色が様々に変化した。

 色の変化に必要な電圧は、1ボルト以下。将来はどんな色でも表現できる電子ペーパーや照明などに応用できそうだという。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20090408-OYT1T01156.htm




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




3 :名無しのひみつ:2009/04/09(木) 01:13:17 ID:33U9Z/o/
液晶じゃねえの?

13 :名無しのひみつ:2009/04/09(木) 01:41:12 ID:aobot5AK
>>3
液晶そのものだが、発色原理がまるっきり違う。液晶ディスプレイは液晶で減光してカラーフィルターで色を付け、フィルターを3色用意して人間の視覚に合わせている。

こいつの場合はフィルターの特性を変えることで色を変えている。素子を単色にしたいときや、動的に任意の波長の電磁波を取り出したい時などに有効。


51 :名無しのひみつ:2009/04/09(木) 17:01:33 ID:gpeKUnWA ?2BP(1000)
>>13
これは反射光なのでフィルターではない、表面の構造自体が変わって構造色を発する。


63 :名無しのひみつ:2009/04/11(土) 10:43:56 ID:pbV/2nCw
>>51
あれ?回折格子的なものってことか?



4 :名無しのひみつ:2009/04/09(木) 01:15:52 ID:6rOnektx
電通 通せば玉虫色かと思った、もう寝る。


5 :名無しのひみつ:2009/04/09(木) 01:15:56 ID:ertrPtAm
電圧をかけると色が変わる不思議…

柿やブドウの皮から 「金」 だけを 回収する吸着剤開発  





 柿の皮や古紙を活用し、携帯電話、パソコンの廃棄時に部品から金やプラチナなどのレアメタル(希少金属)を回収する吸着剤を、佐賀大理工学部の井上勝利教授らが開発した。燃やす際にダイオキシン類を出さないなど、従来のプラスチック製のものより環境に優しい利点があるという。

27b24144_convert_20090307114724.jpg



 井上教授によると、柿の皮に含まれる渋味成分のポリフェノールに金を吸着する性質があることに着目。柿の皮と硫酸を反応させて乾燥させた吸着剤をつくり、さまざまな金属を塩酸で溶かした液に入れると金だけを吸着できた。

 ブドウの皮でも同様の効果があるという。

 また古紙に含まれるセルロースを有機化合物と反応させて作った吸着剤は、プラチナやパラジウムを回収できた。

 井上教授の研究成果について、独立行政法人産業技術総合研究所(茨城県つくば市)の田中幹也金属リサイクル研究グループ長は「簡単に作ることができてコストも低いが、この吸着剤に合わせた回収機器の仕様変更などが実用化への課題だ」と話している。

47NEWS
http://www.47news.jp/CN/200902/CN2009022501000005.html



*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/02/25(水) 14:36:57 ID:o1E4c12q
一瞬、柿や葡萄の皮に金が含まれてるかと思っちゃった。


3 :名無しのひみつ:2009/02/25(水) 14:38:07 ID:/KrGHoTZ
確かの実には、金が含まれてると聞いた。


5 :名無しのひみつ:2009/02/25(水) 14:39:18 ID:4CxM9mkl
カテ金


13 :名無しのひみつ:2009/02/25(水) 15:21:23 ID:WnsDMKDD
>>5
上手い、いや渋い。


6 :名無しのひみつ:2009/02/25(水) 14:44:32 ID:3sOJnxDE
スレタイ紛らわしいな…


7 :名無しのひみつ:2009/02/25(水) 14:47:13 ID:bJu1F7yH
燃やしたら、二酸化硫黄とか発生しないのか?

ナノサイズの銀製ピラミッド… 造形技術を理研が開発  





 ナノメートル(ナノは10億分の1)サイズの立体構造を持つ、微細で精巧な金属部品を作り出す技術を、理化学研究所の田中拓男・准主任研究員らが確立した。

 集積回路の修理、毛細血管に入れる医療器具開発などに応用できるという。

 イオン化した金や銀が溶けた液体に近赤外レーザーを照射すると、光が当たった部分だけが固まる。この際、界面活性剤を使うことで、中空構造など精巧な形が自由自在にできる。実際、研究グループは、銀イオンの液体にレーザーを照射して4本脚で立つ高さが約500分の1ミリ・メートルのピラミッド形の立体部品を作るのに成功した。

20090217-275085-1-L.jpg



 これまでの技術では、ナノサイズの平面部品を積み上げた3次元構造部品が作れただけで、最初から狙った形の立体構造はできなかった。

読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20090217-OYT1T00976.htm




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/02/18(水) 00:33:34 ID:MJF9uOu2
是非、医療に役立てて欲しい。


3 :名無しのひみつ:2009/02/18(水) 00:35:46 ID:Qr+dClLk
ナノバナナ…


7 :名無しのひみつ:2009/02/18(水) 00:57:12 ID:ieqMspJD
踏んでも分からない撒き菱だ。


8 :名無しのひみつ:2009/02/18(水) 01:03:45 ID:lg+uLYsy
そのうち、だから何?
とか言いだす、馬鹿が出てくる。


12 :名無しのひみつ:2009/02/18(水) 01:24:33 ID:6O8bp5dj
日本もナノに力を入れてたか!
このまま頑張っておくれ、後この技術は漏らしたら駄目だぞ。

ナトリウム検出器また誤作動 高速増殖炉原型炉もんじゅ、10回目  





 日本原子力研究開発機構は13日、高速増殖炉原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)で同日午後、冷却材のナトリウムの漏えいを示す警報が誤作動したと発表した。

 もんじゅは1995年のナトリウム漏れ事故以来、長期停止しているが、運転再開に向け手2007年5月にナトリウムを再注入して以降、検出器の誤作動が多発しており、今回で10回目。

 原子力機構によると、検出器はナトリウムが流れる配管や設備に計約1300台設置してあるが、13日午後2時半ごろ、原子炉補助建屋内の空気冷却室の検出器で漏えいの警報が作動。運転員が調べ、誤報と判明した。

 この検出器は相次ぐ誤警報を受けて昨年2月に新品に交換、同6月の点検では異常がないと確認されていた。原子力機構は「きちんと原因を調べ、早急に関係機関に報告したい」としている。

山陽新聞
http://www.sanyo.oni.co.jp/newsk/2009/01/13/20090113010007941.html



2 :名無しのひみつ:2009/01/13(火) 22:55:38 ID:n3YBEE77
チェルノブイリになるまで止めそうに無いな。


3 :名無しのひみつ:2009/01/13(火) 22:56:19 ID:Zd1BsR4B
設計ミスなんじゃないの?


5 :名無しのひみつ:2009/01/13(火) 22:59:26 ID:tR1/UQ7j
未来の主流エネルギーであろう原発には、もうちょい安定さを求めたいね。


6 :名無しのひみつ:2009/01/13(火) 23:01:24 ID:4ayWP1JQ
果たして本当に誤作動なのかな?
点検しきれない箇所で、実際に漏れていることは無いのかな?



7 :名無しのひみつ:2009/01/13(火) 23:02:58 ID:eKCDCwHY
動かせないのに毎200億円。一旦スタートした事業は、どんなことがあってもストップしない官僚国家ニッポン。


8 :名無しのひみつ:2009/01/13(火) 23:04:32 ID:Q0lZVZcx
もうナトリウムはあきらめろ…


世界遺産の国宝姫路城大天守は、震度6強の揺れにも耐え得る  新調査で判明  





 大地震で大破の懸念があるとされてきた世界遺産の国宝姫路城大天守は、震度6強の揺れにも耐え得ることが、姫路市教育委員会などの最近の調査で分かった。漆喰を塗り込めた城郭の壁が耐震に寄与。地盤も強固なためという。四百年前に築城された近世城郭建築の最高峰は、十分な耐震性も備えていることが証明された。

 今秋から始まる「平成の大修理」では、美観や世界遺産としての価値を損なわないよう、耐震補強は最小限にとどめる方針。

 大天守は高さ約四十六メートル。五層六階・地下一階。財団法人「建築研究協会」(京都市)が大修理の事前調査を担当し、二〇〇六年二月、「震度6弱以上で四階以上が激しく揺れて、柱が折れ壁が崩れる恐れがある」との結果を公表した。

 その後、市教委の「姫路城大天守保存修理検討会」(会長・多淵敏樹神戸大名誉教授)が、「昭和の大修理」(一九五六-六四年)に携わった金多(かねた)潔京都大名誉教授を耐震の専門委員に迎え、さまざまな角度から実験。事前調査結果を覆した。

 建築研究協会は、仮定の数値から耐震強度を算出していた。これに対し、市教委は京都府八幡市の実験場に、実寸大の漆喰壁を造って強度を調べた。巨大装置を使って外から力を加え、柱、梁(はり)などの反応も検証。最先端の耐震工学に基づいて解析したところ、震度6強の揺れにも耐える構造であることが分かった。

 また、姫路城は姫山と呼ばれる山の固い地盤に建つ。近くの消防署の地震計が揺れを感知した時も、大天守の地下一階と三、六階などに〇六年七月に設置された地震計は、針が振れたことがないという。

 多淵名誉教授は大修理について「見栄えが悪くなるような補強は不要ではないか」と話している。(坂本 勝)

神戸新聞
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001637549.shtml



4 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 06:52:09 ID:1hRi+QIG
お皿が一枚・・・二枚・・・


34 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 23:16:51 ID:n71uupcZ
>>4
その事知らずに、その井戸に唾吐いちゃったよ…


5 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 06:53:12 ID:y7LfvFkz
軽量瓦を導入で震度7もOK


6 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 07:24:08 ID:qGjA23uC
これは嘘。


8 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 09:43:08 ID:AJVGFOq/
>6
昨日NHKで「昭和の大修理」再放送してたのはなんか意味深だな。


9 :名無しのひみつ:2009/01/02(金) 09:57:16 ID:74sWkFO4
修理利権があるんだから、そっとしておいてやれ。


通信衛星が長持ちしすぎ… 新しい需要が生まれず、メーカーは苦しむ  





 過去に打ち上げられた通信衛星が予想以上に長持ちしているため、新しい需要が生まれず、メーカーの航空・宇宙業界は喜びながら苦しんでいる。

 ロサンゼルス・タイムズによると、1967年に打ち上げられた米国の通信衛星「ATS-3」は、寿命3年を目標に設計されたにもかかわらず、41年が経過した現在も2万マイル上空で地球周回を続けている。これまで85年のメキシコシティ地震や80年のセントヘレナ火山噴火など、災害発生時には緊急通信の中継で活躍した。南極の科学者にインターネット接続を提供し、先月引退した「マリサットF12」も、設計寿命は5年だったが30年以上も動き続けた。

 ほかにも多くの衛星が、当初の予想をはるかに超える長期にわたって使われている。航空・宇宙・防衛産業の専門調査機関フォーキャスト・インターナショナルのアナリスト、ジョン・エドワーズ氏は、「製品が優秀な証拠ではあるが、衛星の製造業界はほとんど商売にならず苦しんでいる」と話した。

 ボーイング製品の場合、これまでに打ち上げられた衛星245基のうち166基が設計寿命を超えて機能し、3分の1は予想の2倍以上も長持ちしている。90年代には年間12基あった商業衛星の受注は、今年はわずか1基にとどまっている。この道29年という同社のベテラン技術者は「設計時にはあらゆる面で最悪の想定をしたが、最悪の状況が起きなかったから長持ちしている」と説明した。

 衛星の設計寿命は、初期は3~4年と短く、その後7~8年、さらに10~12年と伸び、現在は15年が標準だが、軽く20年以上は持つと考えられている。現在、宇宙で機能している衛星の数は、極秘の軍事衛星も含め800基と推定される。

US.フロントライン
http://www.usfl.com/Daily/News/08/12/1211_021.asp?id=66164


関連スレ
中国が製造したベネズエラの通信衛星には「異常なし」、中国国営会社が発表
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1228892514/
中国が製造したベネズエラの通信衛星に技術的な問題、稼働延期の恐れも
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1228477929/
60億円かけて造られたカザフスタン初の人工衛星、打ち上げ2年で機能停止
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1228394191/
昨年5月に中国から打ち上げた通信衛星が「電池切れ」
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1226559085/



2 :七つの海の名無しさん:2008/12/12(金) 16:20:44 ID:uku2uLom
リース契約にしたら?


4 :七つの海の名無しさん:2008/12/12(金) 16:25:31 ID:w2iIpXGu
撃ち落せばよろし。


5 :七つの海の名無しさん:2008/12/12(金) 16:26:30 ID:4MjPKq0I
> 喜びながら苦しんでいる。
どっちなんだよ?



7 :七つの海の名無しさん:2008/12/12(金) 16:28:03 ID:lR/pLMRI
>>5
技術者は喜んでるが、経営者は悲しんでる。



33 :七つの海の名無しさん:2008/12/12(金) 19:02:54 ID:bnJVtV6u
>>7
技術者の後継者を育てることができないので…


6 :七つの海の名無しさん:2008/12/12(金) 16:27:41 ID:NFx7TWDQ
> 製品が優秀な証拠ではあるが
いやいや、耐久年数の計算方法が間違ってるんじゃないのか?




世界初 次世代原子力システム用“超高純度ステンレス合金”を開発  





 独立行政法人日本原子力研究開発機構の原子力エネルギー基盤連携センターと株式会社神戸製鋼所の研究グループは共同で、原子力用の画期的な「オーステナイト系超高純度(Extra High Purity)ステンレス合金」の製造技術を世界で初めて確立しました。

これは、文部科学省から受託した平成17~20年度「原子力システム研究開発事業」による成果です。

<主な特長>
1. 現行材料の寿命に大きく影響する、放射線による劣化、局部腐食や  外部環境影響による割れ等の高経年化事象のリスクが大きく下がる  ため、再処理施設の蒸発缶や原子炉の炉心構造物等の機器の更新寿命を飛躍的に延長できること。

2. 溶接性が飛躍的に改善し、溶接材料に母材と同一材を用いる「共材溶接」が可能となり、溶接部が母材同等の高性能・高品質を確保できること。


<製造技術>
還元精錬と揮発精錬を組合せた画期的な手法により、比較的廉価な原料を用いても、組成が均一で主要不純物が100ppm以下の高清浄度鋼塊の大規模溶製が可能になります。

これにより、不純物が阻害していた高Cr-高Ni系のオーステナイト鋼本来の優れた「耐食性」、「耐照射性」及び「機械的特性」を同時に発現することが可能になりました。

以下、長いので略


日本原子力研究機構プレスリリース
http://www.jaea.go.jp/02/press2008/p08121101/index.html



4 :名無しのひみつ:2008/12/13(土) 10:06:38 ID:IiQxpPHc
去年、原子力発電所見に福井県行ったけど面白かった。


8 :名無しのひみつ:2008/12/13(土) 10:18:08 ID:dBep4Sea
これって核融合にも必須な金属らしい。核融合は中性子で金属が劣化するから、それに耐えられる金属の開発が急務で、それができたってことかな。


取り替える期間の長さに関わる = 核融合炉のコストに影響



11 :名無しのひみつ:2008/12/13(土) 10:25:23 ID:cy4V5bmI
>>8
核融合炉、いつまで待たせんだよ。



15 :名無しのひみつ:2008/12/13(土) 10:33:34 ID:vwj9RgAu
>>11
マノスク国際学校の校舎が建設開始
http://www.naka.jaea.go.jp/ITER/io/ITER_site/20081010.html


まだまだ先だなー、これ韓国と中国いるけど金が無くなったらから日本が出しといてって言われそうだな。そして外務省辺りが噛んできて…


10 :名無しのひみつ:2008/12/13(土) 10:21:43 ID:ZqjGq+K0
なるほど!これでバケツを作るんですね、分かります。


26 :名無しのひみつ:2008/12/13(土) 11:24:24 ID:9/ewebKm
>>10
確かに、これでバケツを作って全国の理系大学に配るといい。


ナノチューブにスイッチング機能、ドイツの大学が発見  





 KITのInstitute for Nanotechnology(INT)の科学者らがナノチューブに電子を照射したところ、非常に小さく、輪郭(周囲との境界)がはっきりした領域において、導電性が1/1000に減少した。その後、高電圧を印加するとこの現象は反転し、ナノチューブの導電性が再び元に戻った。

 INTの研究者であるRalph Krupke氏は、「(導電性が減少する)この現象は、比較的簡単に発生させたり反転させたりでき、それを繰り返すことも可能である」と説明する。また、Krupke氏とともに研究に取り組むChristoph Marquardt氏は、「この現象は、今までにない新たな電子部品の実現に応用できる可能性がある。今回の発見は、コンピュータ・チップにおけるナノチューブの活用方法に大きな影響を及ぼすことになるだろう」と述べた。

 今回の発見をもたらした実験で、科学者らは電極の間に1本のナノチューブを配した、トランジスタに近い素子を作製した。酸化膜が基板として機能する。この結果、非常に高い抵抗を持つ、約10nmと微小な領域を発生させることに成功した。

 Krupke氏は、この微小領域を「量子ドット」と呼ぶ。これまで一般に、いわゆる「量子ドット」を電子回路に組み込むのは、かなり大掛かりな取り組みが必要だった。今回の量子ドットは、スイッチをオン/オフできるという機能面ではトランジスタにかなり似ているが、トランジスタに比べて大幅に小さい。

 KITの科学者らは、今回の現象が生じる理由は基板にあると分析する。すなわち、電子の一部が酸化膜の内部で「スタックした(捕らわれた)状態」になるからだという。スタック状態に陥った電子は、ナノチューブを流れる電流を遮断し、局所的に絶縁された領域を作り出す。高電圧を印加すると、スタック状態に陥っていた電子が「吸引力によって解放」され、再び電流が流れるという。

EE Times Japan
http://eetimes.jp/article/22598/




6 :名無しのひみつ:2008/12/03(水) 18:30:55 ID:1sciBICW
全く分からん…


8 :名無しのひみつ:2008/12/03(水) 18:55:59 ID:7KFaFz9Y
>>6
論理演算ができる、それも微小領域の量子で。


10 :名無しのひみつ:2008/12/03(水) 19:27:33 ID:e6ZLFieP
政府が馬鹿ばっか、官僚が文系ばっかだと、こういうジャンルを全部海外に持ってかれて、高いライセンス料を払い続けることになるんだぜ?それは大いに「国益」を損ねると思うんだが…


19 :名無しのひみつ:2008/12/03(水) 21:52:07 ID:6mVogoMm
>>10
その文系が理系の教授にご意見を伺ってるのに、教授たちは大したこと提言できないってことか現状はどっちに問題があるんだろうね?


30 :名無しのひみつ:2008/12/04(木) 04:41:49 ID:1vI9RVF+
>>10
文系じゃない官僚もいるんだけど、霞ヶ関では勢力が弱すぎるな。


32 :名無しのひみつ:2008/12/04(木) 10:09:18 ID:k+SYQi43
>>30
国民が予算削減要求してっから、そんなの関係なくね? いや、広報活動が悪いからと言われたら知らないが…


12 :名無しのひみつ:2008/12/03(水) 19:50:18 ID:hJEBd+6L
次はnandゲートでも作ってみよう。

NASA、「深宇宙インターネット」の実験に成功  





 米航空宇宙局(NASA)は11月18日、インターネットをモデルにした初の深宇宙通信ネットワークのテストに成功したと発表した。

 この「惑星間ネットワーク」デモは先月開始され、地球から約2000万マイル(3219万キロ)のNASAの宇宙船、地上のジェット推進研究所にあるシミュレーション版の火星探査機や軌道衛星など10カ所のノード間で数十枚の宇宙の画像を転送した。

 このネットワークには、「Disruption-Tolerant Networking(DTN)」というソフトウェアプロトコルを採用している。NASAと「インターネットの父」ビント・サーフ氏が10年かけて開発したもので、通常のインターネットプロトコル「TCP/IP」とは異なる手法で情報を送信する。

 TCP/IPは接続が途切れないことを前提としているが、DTNはそのような前提には立っていない。宇宙での通信では、宇宙船が惑星の裏側に入ったときなどに遅延が生じる可能性があるからだ。DTNは送信先への経路が見つからない場合は、データパケットを破棄せずに、ネットワークノードで保持する。ネットワークノードはほかのノードとの接続が確保できるまで、できるだけ長くデータを保持する。これにより、送信先への経路がすぐには確保できなくても、情報が失われることがないという。

 「現在は宇宙でデータを送る場合は、どのデータをいつどこへ送るのかを手動で設定しなければならない。DTNによってすべてを自動的に実行できるようになる」とDTN実験センターのマネジャー、ライ・トーガソン氏は言う。

 2009年夏には、新しいDTNソフトを国際宇宙ステーション(ISS)に導入して次のデモを行う予定。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0811/19/news108.html




2 :名無しのひみつ:2008/11/19(水) 19:20:04 ID:CI7Z2Yqi
ん~ファイル共有ソフト的な物、ということ?


3 :名無しのひみつ:2008/11/19(水) 19:21:56 ID:07GZU9Ki
これはエクストラネットと言うべきでは?


5 :名無しのひみつ:2008/11/19(水) 19:26:49 ID:7vgvSU8H
亜空間通信はまだですか?


9 :名無しのひみつ:2008/11/19(水) 19:36:38 ID:9zQVZER2
>>5
地球はまだEMバンドから抜けだしていません。


6 :名無しのひみつ:2008/11/19(水) 19:30:48 ID:v77K2jtC
いや、今までは送信に失敗したらもう一度手動で設定し直しだったんだけど、送信に失敗することがプロトコルレベルでほぼ無くなったってことでしょ?時間はかかるかも知れないけど、ほぼちゃんと届く、みたいな。


7 :名無しのひみつ:2008/11/19(水) 19:32:03 ID:lUeaXPAC
> 「深宇宙インターネット」
ネーミングがかっこいい…


F-35「ライトニングII」、初の超音速飛行実験に成功  





 ロッキード・マーチン社が開発を進めているF-35「ライトニングII」統合打撃戦闘機の生産1号機(F-35/AA-1)が13日、テキサス州フォート・ウォースにある同社のテスト場で初の超音速飛行実験に成功していたことが同社の発表により明らかとなった。

 同社ではF-35/AA-1は計8分間に渡って超音速飛行を行い15日に行われた飛行実験では最終的にはマッハ1.05の速度にまで到達したと説明している。

 F-35/AA-1は2006年12月15日に初飛行に成功したもので、これまで各種の飛行実験が続けられてきている。

 2006年12月の初飛行から超音速飛行まで2年もの歳月を要したのは、昨年末に行われた飛行実験で航行用電子機器とジェットエンジンのブレードに不具合が見つかり、それらの改良のために半年近くも飛行実験が中断されたことが主な理由。

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200811181122




2 :名無しのひみつ:2008/11/18(火) 15:19:47 ID:of26QRB0
ライトニングIIの挑戦はまだ始まったばかりです。
ロッキード・マーチン先生の次回作にご期待下さい!



3 :名無しのひみつ:2008/11/18(火) 15:21:59 ID:Q2w4CuvC
ブッシュが去ってロッキードの没落…始まったな。


5 :名無しのひみつ:2008/11/18(火) 15:24:40 ID:7qcXrA2X
なんか、鮪みたいなんだよな。


8 :名無しのひみつ:2008/11/18(火) 15:26:52 ID:h1ut4far
F-35がホバリング出来るって知らなかったよ。


11 :名無しのひみつ:2008/11/18(火) 15:32:16 ID:Q83/22lP
たった1かよ…そんな戦闘機必要ない。


資源暴落? レアメタル回収に微生物 「鉄呼吸」 活用、割安お手軽  





OSK200811080092.jpg
 工場排水に含まれる金やプラチナなどの希少金属(レアメタル)を、微生物の「呼吸」を利用して回収する方法を、小西康裕・大阪府立大教授らが開発した。従来の方法より作業時間が短く、費用も少なくて済むという。企業にも共同研究を呼びかけ、実用化をめざす。

 希少金属は、パソコンや携帯電話に不可欠だが、埋蔵量が少なく、価格が高騰している。


 小西さんらは、海や川にすむシワネラ・オネイデンシスとシワネラ・アルジェという微生物のユニークな性質に着目した。これらの生物は呼吸の際、酸素の代わりに泥の中の鉄イオンを取り入れ、別の鉄イオンにして体外に出す性質をもつ。

 この「鉄呼吸」をレアメタルの回収に活用できないか研究を進め、鉄の代わりにレアメタルのイオンを取り込み、体内で金属粒子に戻させることに成功した。200ppmの金イオンが溶けた水溶液の実験では、30分でほぼ全量の金を回収できた。同じ濃度の排水1トンならば、200グラムの金を回収できる計算だ。

 金のほか、プラチナや、排ガス浄化用の触媒に使われるパラジウム、ロジウムの計4種類が回収できた。

 排水からレアメタルを回収する手法はいくつかあるが、大半は、水溶液に電流を流して化学反応を起こさせるなど、煩雑な工程が必要だ。「鉄呼吸」を利用する方法では、レアメタルの濃度が低くても回収でき、時間も短く、作業も簡略化できるという。

 金属工場の排水には、鉱石の精錬作業で取りきれなかったレアメタルが多く含まれている。

 小西教授は「基礎技術はほぼ確立できた。排水の中で微生物が流出しない工夫を進め、実際に工場で利用できるようにしたい」と話す。

朝日新聞
http://www.asahi.com/science/update/1109/OSK200811080090.html




2 :名無しのひみつ:2008/11/10(月) 23:36:18 ID:k5ZWOhGv
こんな小さい生き物にやらせて、いっぱい集まるの?


10 :名無しのひみつ:2008/11/11(火) 00:00:00 ID:wWc44tns
>>2
小さいけれども、大量の数の菌を扱うことができるから大丈夫。


4 :名無しのひみつ:2008/11/10(月) 23:42:00 ID:Dzl82djn
日本人…人間関係以外の技術センスは本当に天才だな。


5 :名無しのひみつ:2008/11/10(月) 23:43:18 ID:2U319zdS
凄い気がするけど、危険度も高い気がする…ていうかコスモクリーナー?


6 :名無しのひみつ:2008/11/10(月) 23:44:14 ID:9RSS5JaW
採算が合わず頓挫すると思う、研究自体は凄いが…


8 :名無しのひみつ:2008/11/10(月) 23:47:17 ID:vthUJ/IY
これで海水から金を取り出す採算が目処もたつのかな?
金暴落の可能性は?



テキーラから人工ダイヤ、メキシコ研究チームが実験成功  





granpatronstraight.gif


メキシコの研究チームが、同国の代表的な酒テキーラからダイヤモンドを作り出すことに成功した。ただし、小さすぎて宝飾品としては使用できないため、用途については現在検討中だという。

 この実験に成功したのは、メキシコ国立自治大学の研究チーム。チームは約13年前に人工ダイヤを作る実験を開始した当初、メタンなどのガスを実験材料に使っていたが、その後は液体から人工ダイヤを生成するようになった。この液体にはエタノール40%、水60%の液体が最適だが、チームはテキーラの成分が同様の割合であることに気付いた。

「ある日、大学内の店で安物のテキーラのボトルを1本買い、エタノールと水で行ったのと同じ条件で実験を行ったところ、良い結果が得られた」とチームの1人、ミゲル・アパティガ氏は語る。そしてテキーラ・ブランコを熱し、発生した蒸気をステンレス製の基盤上に沈着させると、ダイヤモンドの被膜ができることを発見したという。
 
 ただし、この方法で生成したダイヤモンドは小さすぎて指輪用のダイヤを作り出すのは非常に難しいため、チームは宝飾品以外の用途を検討している。

 アパティガ氏によると、「テキーラ・ダイヤ」は将来的に、コンピューター・チップに使用されているシリコンの代用品として利用できる可能性があるという。そのほか、放射線の検出や切断装置のコーティングにも役立つとみられる。

「人工ダイヤがテキーラから作られたという事実は、確かに魅力的だ。メキシコ産の製品だし、メキシコ人研究者が開発した。だが商業関係者は『なんて素晴らしい!でも、何に使えるんだ?』と聞くだろう」と、アパティガ氏は言う。

 チームは一般的な安物のテキーラ・ブランコを使い最初の実験を行ったが、現在は高級品なども使い、人工ダイヤの生成に最適なテキーラの種類を研究している。

AFP BB News
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2538255/3519306




4 :名無しのひみつ:2008/11/13(木) 22:54:23 ID:Rm+rjc6L
テキーラ!って音楽が脳内に流れたのは俺だけではあるまい。


5 :名無しのひみつ:2008/11/13(木) 22:55:56 ID:I5IbeRb0
水とエタノールでいいんじゃ…


9 :名無しのひみつ:2008/11/13(木) 23:02:22 D:Gx9FEaTO
来年のイグ・ノーベル賞確定だな。


10 :名無しのひみつ:2008/11/13(木) 23:09:22 ID:Hq+F0q9j
ああ、やっぱり。超伝導体として薄膜素材が注目されているね。
村おこし感覚で酒の種類にこだわっている場合じゃないと思うが…冗談半分か。



12 :名無しのひみつ:2008/11/13(木) 23:25:30 ID:NSV45hpB
学内でテキーラ売っているのか、凄いな。

3Gビット/秒の 超高速無線LANシステムを 開発  





nvert_20081106104710.jpg
 富士通,沖電気工業(OKI),国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は2008年11月4日,60GHz帯を用いた伝送速度3Gビット/秒の超高速無線LANシステムを開発し,基本動作を確認したと発表した。このシステムは,情報通信研究機構(NICT)の委託研究「超高速ギガビット無線LANの研究開発」として開発支援を受けている。

 60GHz帯は,無線局免許を必要とせず,7GHz幅という広い周波数帯域を利用できる。今回,この広い帯域を利用して3Gビット/秒という超高速伝送を可能にした。

 このシステムでは,3社のそれぞれが開発した要素技術を組み合わせることで実現している。具体的には,「60GHz帯でのOFDMを用いた変復調技術」(富士通),「時空間メディアアクセス制御技術」(OKI),「セクタ切替型アンテナ技術」(ATR),「電波のゆらぎを利用した鍵生成・共有技術」(ATR)を利用している。

 今回開発した技術では,家庭やオフィス,公衆無線LANなどの場面で,複数ユーザーに対して音楽や映像などのマルチメディア・データを送信するといった利用シーンを想定している。

 なおこの技術は,2008年11月6~7日に京都府のATRで開催する「ATR/NICTオープンハウス2008」の「超高速ギガビット無線LANの研究開発」展示ブースで公開される予定。

ITPro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20081104/318448/



2 :名無しのひみつ:2008/11/05(水) 17:27:07 ID:pUHjR4YA
凄い…


3 :名無しのひみつ:2008/11/05(水) 17:28:14 ID:EM2tYvs9
オレの携帯も3Gだよ?


4 :名無しのひみつ:2008/11/05(水) 17:32:31 ID:Qa3Cw95r
>>3
これがゆとりじぇねれーしょんか


グーグル、人工衛星「GeoEye-1」の画像を購入へ 「Google Maps」が高解像度化  





 Googleは、GeoEyeが米国時間9月4日に打ち上げ予定の人工衛星が撮影する画像の供給を受ける契約を結んだことを発表した。

 この契約により、GoogleはGeoEyeの画像の使用を許可された唯一のオンラインマッピングサイトになると、Googleで企業コミュニケーションおよびマーケティング担当バイスプレジデントを務めるMark Brender氏は語った。Googleは、この衛星画像を「Google Maps」と「Google Earth」に使用する。

 重量4310ポンド(1955kg)の人工衛星を打ち上げるためにカリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地に設置されたロケットの側面には、Googleのロゴがケーキの上の小さなお菓子のように張られている。契約の詳細は明かされなかった。

 Brender氏によれば、この衛星「GeoEye-1」は、423マイル(681km)上空の軌道上にいながら41cmの解像度で画像を撮影できるようになるという。ただし、GeoEyeの米国政府とのライセンス条項により、Googleは50cmの解像度のデータしか使用を認められない。

 Googleによれば、この人工衛星は、1日でニューメキシコ州とほぼ同じ広さの地域を高解像度の「パンシャープン」画像で撮影できるようになるという。

 「人工衛星GeoEye-1は、民間利用できる中では最高の解像度を持つカラー地上画像を撮影し、きわめて正確な地理情報が付加された非常に高品質の画像を作成できる」と、Googleの広報担当、Kate Hurowitz氏は説明した。同氏によれば、現在利用できる商用衛星画像の大半は60cmの解像度だという。さらに同氏は、「われわれの目標は、世界中のできるだけ多くの場所の高解像画像を表示することで、GeoEye-1はこの目標に向けた取り組みに役立つだろう」と語った。

 Brender氏によれば、撮影サブシステムはITTが、衛星本体はGeneral Dynamicsが組み立てたものだという。また、2011年か2012年に打ち上げ予定の人工衛星「GeoEye-2」の撮影システムについても、GeoEyeはITTと契約したと、Brender氏は述べた。ITTによれば、GeoEye-2では画像の解像度が9.75インチ(25cm)になるという。

 GoogleがGoogle Earthで現在提供している画像の解像度は、最も粗い部分で1ピクセルあたり15平方mで、比較的広い地域を表示するのにしか適していない。

CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20379601,00.htm?ref=rss




2 :名無しのひみつ:2008/09/01(月) 17:16:41 ID:DVA/UZrv
Googleのさらなる悪乗りか。


3 :名無しのひみつ:2008/09/01(月) 17:17:56 ID:mCDfoPR2
地方になると、悲惨な解像度の画像しかないしな。


4 :名無しのひみつ:2008/09/01(月) 17:18:38 ID:OdYdbaXq
今は何cmの解像度なんだよ。


6 :名無しのひみつ:2008/09/01(月) 17:25:42 ID:6iOQUEkv
41cmでも50cmでもいいから田舎にも詳細に対応してくれ…


13 :名無しのひみつ:2008/09/01(月) 18:09:21 ID:kwuub0j/
>>6
都会の写真は見飽きたから、田舎の景色や自然の美しさを眺めたい。



20 :名無しのひみつ:2008/09/01(月) 19:14:26 ID:H78XwMWq
>>6
goo地図見てみれば?かなり凄いことになってるよ。



22 :名無しのひみつ:2008/09/01(月) 19:46:35 ID:7AC3tzMj
>>20
見たいところが全部雲かかってる…


7 :名無しのひみつ:2008/09/01(月) 17:30:01 ID:YE/XagNH
あんまり高解像度になると、禿がバレないか心配 (27歳会社員)


超音速機X-51Aの風洞実験が完了 近く飛行テストへ移行  





米空軍研究所が中心となって開発を進めてきた超音速実験機「X-51A」の風洞テストが9月末までに完了し、近く飛行テストに移行することが9日までに明らかとなった。

 風洞実験は、NASAラングレー研究所内のマッハ5までの飛行環境を再現可能な超音速風洞でボーイングが開発を行った「クルーザー」と命名された風洞模型を使って実施。これまでに11項目の飛行性能がテストされ、ほぼ所定の成果を上げることに成功した模様だ。

 米空軍では飛行実験は、米カリフォルニア州にあるポイント・マグー・ミサイル射場の上空15000メートルからB-52を使ってクルーザーを投下することで実施し、最初はロケットブースターを使ってクルーザーをマッハ4.7~4.8まで加速。その後、スクラムジェットエンジンを起動し、約5分間に渡ってスクラムジェットエンジンによる加速を行い、マッハ7で飛行を行う予定だと説明している。

 最初の飛行実験では、クルーザーはポイント・マグー沖の太平洋上にそのまま投棄され、回収は行われないとも説明している。機体の回収は2回目以降の飛行実験から実施される見通し。

 この機体、実用性が確認された場合には敵国に対する先制攻撃手段(ミサイル)などへの応用が見込まれている。画像を拡大する

テクノバーン
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200810110739




3 :名無しのひみつ:2008/10/11(土) 19:26:37 ID:u3VtvocI
> 実用性が確認された場合には敵国に対する先制攻撃手段
米国、やる気まんまんだなw



5 :名無しのひみつ:2008/10/11(土) 19:49:22 ID:RLv3aLoh
超小型戦術核の開発も、どうやら順調のようだ。
なんの情報も出ない。



6 :名無しのひみつ:2008/10/11(土) 19:54:19 ID:lOhoU7Ta
マッハ2とかでなくマッハ5でも単に「超」音速機なのか?
極超音速機とかにしてもらわないと、誤解しそうだ。



11 :名無しのひみつ:2008/10/11(土) 20:33:02 ID:WYpZCMZh
>>6
マッハ約5以上を極超音速(hypersonic)とすることも多い。


8 :名無しのひみつ:2008/10/11(土) 20:03:01 ID:nK5u3WYh
兵器にしか使えないのなら、金融危機を何とかしたほうがいいんじゃねの?


絶縁体 に プラスチック を 張ったら 超伝導現象 が起きた、東北大が新手法  





 電子材料としてありふれた絶縁体にプラスチックを張りつけると、超伝導現象が起きた。川崎雅司東北大教授(薄膜電子材料)のグループが、こんな手法を開発した。超伝導材料探しはやや行き詰まり感があるが、今回の研究が新しい潮流になる可能性がでてきた。英科学誌ネイチャー・マテリアルズ(電子版)で13日発表した。

 川崎さんらは、パソコンや携帯電話の回路で使われる絶縁体の「チタン酸ストロンチウム」に注目。高純度にした材料に電極をつけてトランジスタに似た構造をつくり、プラスチックの層をつけた。このプラスチックはハイブリッド車などの電源で使われ、電気を蓄える性質をもつ。

 こうした構造に高い電圧をかけながら温度を下げた。すると、電気をまったく通さない絶縁体なのに電気が流れ始め、絶対零度に近い零下272.85度という極低温で電気抵抗がなくなった。電圧をかける「電界効果」という手法で、超伝導現象を操作したのは世界初だという。

 実は「電界効果で制御する素子も超伝導になるはずだ」という予言が、約50年前に出ている。だが、素子ができたとしても電圧によって壊れてしまっていた。高電圧に耐えるプラスチックの登場で実現したという。

 超伝導材料探しは、候補の材料にいろいろな元素を混ぜて電気の流れやすさを上げてきた。だが、うまく混ざらないものは実験できず、行き詰まり感が出ていた。今回の手法は、無理に混ぜる必要がなく、実験対象が大幅に広がる。

朝日新聞
http://www.asahi.com/science/update/1012/TKY200810120208.html




2 :名無しのひみつ:2008/10/14(火) 09:22:41 ID:szhDFiD1
不思議だね…


3 :名無しのひみつ:2008/10/14(火) 09:24:07 ID:yBbxVuw7
それより、ぱりんと割れるバリアを作ってよ。


12 :名無しのひみつ:2008/10/14(火) 09:39:14 ID:wY8RErhM
>>3
あれは、相手の視覚素子をハックされてるだけ。


4 :名無しのひみつ:2008/10/14(火) 09:31:04 ID:XqCrMXmz
でも、結局は温度を下げるんだな。


5 :名無しのひみつ:2008/10/14(火) 09:32:06 ID:zcgYcTh3
冷やせば良いってモンだからな…


紙飛行機よ 宇宙 へ飛べ 福山のメーカーがNASAへ  





trd0810072323003-p1_convert_20081010093050.jpg
 宇宙から地球に向けて飛ばす「宇宙用紙飛行機」計9機が、広島県福山市の精密部品メーカー「キャステム」で完成し7日、スペースシャトルの打ち上げ基地がある米・ヒューストンに向けて発送された。

 米航空宇宙局(NASA)の許可が得られれば、来年2月にスペースシャトルへ搭乗予定の宇宙飛行士、若田光一さんに国際宇宙ステーションから地球に投げてもらう。

 同社と東京大、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の共同研究。宇宙用紙飛行機(長さ38センチ、幅22センチ、重さ29グラム)は、繊維の強いサトウキビのA2判の紙(厚さ0・2ミリ)で製作し、特殊な耐熱・耐水加工を施した。

 地球のどこに落ちても発見できるように、機体には「この紙飛行機は宇宙から帰還しました。拾われた方は、JAXAまでお知らせ下さい」と、日本語など10カ国語で書かれている。

 今年1月に東京大で行われた実験で、大気圏突入時の熱などに耐えられることは実証済みで、地上から約300キロの位置にある国際宇宙ステーションから、この紙飛行機を投げた場合、2日ほどで地上に到達するという。

 「日本折り紙ヒコーキ協会」の会長も務める同社の戸田拓夫社長(52)は「紙飛行機は、日本独自の文化。この計画が実現すれば、日本の技術の独自性というものを、世界に広くアピールできるのでは」と話している。

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/081007/trd0810072323003-n1.htm




4 :名無しのひみつ:2008/10/08(水) 21:08:20 ID:YdV1skOy
人間の生息面積って地球全体からすると小さいような気がする…
海に砂漠に南極北極中国とか、人間がいない所が大きすぎるんだな。



5 :名無しのひみつ:2008/10/08(水) 21:18:07 ID:MEHoc2sV
韓国に落ちて難癖つけられて、謝罪と賠償するに1394ウォン。


6 :名無しのひみつ:2008/10/08(水) 21:29:18 ID:vSWE8qXX
紙飛行機なら燃えるよな?
燃えない加工したら、既に紙飛行機ではない…



13 :名無しのひみつ:2008/10/08(水) 21:45:02 ID:NjaQKEKN
>>6
再突入でコロンビアは壊れたが、手帳が残ったのがきっかけらしい。



26 :名無しのひみつ:2008/10/08(水) 21:56:40 ID:Jy4pUPQi
>>6
燃えない「紙」で出来た神非行危なんだよ、たぶん。


7 :名無しのひみつ:2008/10/08(水) 21:35:21 ID:z0Cgt7o1
紙飛行機でさえ宇宙へ行くのに、お前らときたら・・・


コンクリートを完全再利用、強度も向上 東大が新技術  





 コンクリートを鉄やアルミのように完全再利用できるようにして、強度もアップ。こんな次世代技術を東京大グループが開発、広島県東広島市であった日本建築学会で発表した。コンクリートに含まれる砂利などの「骨材」をセメントと分離し、9割以上を回収できたという。

 コンクリートはセメント、骨材を水と混ぜ合わせてつくる。国内では建設現場で年間約5億トンが消費されているが、古くなった塊から骨材をきれいに取り出すことが難しいため、再利用はおもに道路の路盤材に限られている。

 東京大工学系研究科の野口貴文・准教授らは、電子レンジで使われるマイクロ波による加熱に着目した。骨材の表面にあらかじめ酸化鉄を吹き付けておき、酸化鉄がマイクロ波で加熱されれば、周囲のセメントからはがれやすくなると考えた。

 酸化鉄を吹き付けた骨材で「再利用コンクリート」の塊を試作。マイクロ波で加熱後に砕くと、セメントがきれいにはがれ、骨材が容易に回収できた。酸化鉄に加えてシリコンやコンクリートの微粉末を吹き付けると、コンクリートの強度が従来より1.25倍高まることも確かめた。

 今後は大手建設会社と協力して、この技術の実用化に向けた研究を進める。野口さんは「新たに使える骨材の原料には限りがある。リサイクル技術が確立すれば、環境対策につながる」と話す。

朝日新聞
http://www.asahi.com/science/update/0922/TKY200809220295.html




2 :名無しのひみつ:2008/09/23(火) 19:27:44 ID:Y3nq6+PD
菊川怜がいたところか。


3 :名無しのひみつ:2008/09/23(火) 19:27:53 ID:Hqu9ogdX
こういう地道な研究が評価されるべき、なんか良く分からないけど。


4 :名無しのひみつ:2008/09/23(火) 19:29:43 ID:nuE2CuaD
>>3
採算が合わないんじゃね?


5 :名無しのひみつ:2008/09/23(火) 19:29:52 ID:cdzWdy4J
加熱に必要な電力がどれくらいとか、逆に、これが主流になった時にマイクロ波兵器とかあったら倒壊の危険性出てくる?


13 :名無しのひみつ:2008/09/23(火) 19:59:52 ID:XupAa/4s
>>5
そんな兵器があったら、倒壊を気にする前に中の奴が死ぬと思う。


6 :名無しのひみつ:2008/09/23(火) 19:30:45 ID:WlmscGEW
中国に廃コンクリートが運ばれて行く構図が出来るんじゃないか?


空中発射 型戦略レーザー兵器 「エアボーン・レーザー」 の地上発射 実験に成功  





888888_convert_20080910092057.jpg
 ボーイングと米ミサイル防衛庁は8日、改造したB747機「YAL-1A」実機を用いて空中発射型戦略レーザー兵器「エアボーン・レーザー(Airborne Laser)」の高出力レーザー砲の地上発射実験に初めて成功したことを発表した。

 実験の詳細は明らかにしていないが、ボーイングでは10ヶ月に渡る実装作業の末、高出力レーザー砲のB747機への搭載が完了し、B747機に搭載された高出力レーザー砲を使った初の地上発射に漕ぎ着けたと述べている。

 ボーイングでは今後、更に地上でのレーザー発射実験を繰り返した上で、2009年中にも飛翔中のミサイルをレーザー砲で破壊する実験段階に移行する予定だと説明している。

 エアボーン・レーザーは戦略ミサイル防衛構想の一環として飛行中の航空機から弾道ミサイルの迎撃を行うために開発が続けられている戦略レーザー兵器システム。

 戦略ミサイル防衛構想では、ブースト段階、ミッドコース段階、ターミナル段階の3段階で戦略ミサイルの迎撃を行うことが想定。この中、既にミッドコース段階の戦略ミサイル迎撃に関してはスタンダードミサイル2(Standard Missile 2)を使ったイージスシステム(Aegis BMD)で、ターミナル段階に関しても地上発射型のパトリオオットミサイル(Patriot Missile)やイージスシステムを使った迎撃実験に成功。

 しかし、これまでの固体ロケットなどを用いた迎撃ミサイルなどの場合、ブースト段階の戦略ミサイルを迎撃するためには遅すぎるため、ブースト段階の戦略ミサイルの迎撃手段を確保することは最後の課題として残されてきた。

 画像は飛行中のYAL-1A。機体の先頭に取り付けられている巨大な「目玉」状のものが高出力レーザー砲の回転砲座。機体の先頭上部に取り付けられているアンテナ状のものは目標補足用高出力レーザー。

Technobahn
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200809092116



2 :名無しのひみつ:2008/09/10(水) 00:00:54 ID:CPkInVpu
今使わずにいつ使う、さっさと北朝鮮に向かえ。


3 :名無しのひみつ:2008/09/10(水) 00:00:56 ID:H9Cact23
B-2の残骸のほうが気になる。


4 :名無しのひみつ:2008/09/10(水) 00:03:58 ID:MEGK8pIp
レーザーは実用段階に着たかな。
米国の次世代は発電能力が異常に高い、大型には順次配備可能かもな。



6 :名無しのひみつ:2008/09/10(水) 00:09:45 ID:k4OP1s2+
原発3基建てて安定化実験していた時代も今や昔か・・・


7 :名無しのひみつ:2008/09/10(水) 00:16:03 ID:bb+KtbYn
なんだい、空中で撃ったんじゃないのかい。
で、こいつがガンシップに積まれて、対地攻撃に使われるのはいつ?



39 :名無しのひみつ:2008/09/10(水) 06:18:29 ID:Yv2uNp23
>>7
小型版をV-22に載せてガンシップ化させる計画はある。


4300年前の最古の 鉄剣 の謎、解明・・・原料は 隕石  





 トルコで発掘された約4300年前の世界最古の鉄剣は、鉄隕石を原料に作られたとみられることが、東京理科大と中近東文化センターなどの共同研究で分かった。人類が製鉄技術を確立する数百年前のもので、これまで製法は謎だった。10日から福岡市で開かれる日本分析化学会で発表する。

 鉄剣はトルコのアンカラ郊外の王墓で70年前に発見された。全長約30センチ(刀身約18センチ)で、柄と鞘は純金製。死後の世界で使う道具として作られた。

 研究グループは、地球の鉄にはニッケルがほとんど含まれないが、隕石の鉄には約5%以上含まれることに着目。鉄剣を所蔵するアナトリア文明博物館(アンカラ)の協力を得て、X線で成分を詳しく分析した。

 その結果、鉄剣にはニッケルが約7%含まれることが判明。地球の鉄鉱石から製鉄したものではなく、鉄隕石から作られた可能性が高いと判断した。

 分析した東京理科大の中井泉教授(分析化学)は、「鉄隕石を切り出し、打ち延ばして作ったのではないか。鉄は当時、金よりも貴重だった。人類と鉄の関係を考える上で非常に意義深い」と話している。

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080903/trd0809030129000-n1.htm


3 :七つの海の名無しさん:2008/09/03(水) 06:00:29 ID:Z9HsoFrr
にらぎ鬼王丸?


7 :七つの海の名無しさん:2008/09/03(水) 06:14:27 ID:cauMr4SB
>>3
俺もそれを思い出した。


4 :七つの海の名無しさん:2008/09/03(水) 06:01:53 ID:VgPoJqML
鉄鉱石や砂鉄から鉄を抽出する技術の無い時代の隕石鉄剣は、所謂ファンタジーの「神剣」「魔剣」の類のモデルらしい。


別次元の切れ味と強度だからね、青銅器の剣とは。



10 :七つの海の名無しさん:2008/09/03(水) 06:29:04 ID:kUjTUQBZ
>>4
この剣だって、王の為の特別な剣だものな。


5 :七つの海の名無しさん:2008/09/03(水) 06:08:34 ID:Gn6Bhybg
ルパンの石川五右衛門の斬鉄剣の原作Ver.の流星か。


14 :七つの海の名無しさん:2008/09/03(水) 06:41:40 ID:uEaJgiqJ
>>5
俺も流星を思い出した。



27 :七つの海の名無しさん:2008/09/03(水) 10:26:52 ID:LNPqsziy
>>14
流星ラムを思い出した。


「 Page Up 」 「 Page Down 」 キー操作、マイクロソフトが 特許取得  





aaaa.jpg JISやANSI規格のキーボードに標準装備されている「Page Up」「Page Down」を使ったドキュメントのスクロール操作に関してマイクロソフトが申請していた特許(US Pat. 7,415,666)が8月19日付けで認められていたことが明らかとなった。

 この特許は2005年3月4日付けで米特許局に特許申請が行われていたもので、特許のアブストラクトでマイクロソフトは「『Page Up』『Page Down』キーを押すことによってユーザーはページ内のどんな位置にあったとしても前のページか次のページに進むことが可能となる」と、「Page Up」「Page Down」に関わる、ごく当たり前のキーボード操作を示している。

 JISやANSI規格のキーボードに標準装備されている「Page Up」「Page Down」キーは元々、1981年に発表となったIBM PCのキーボードに装備されていたものが元となっており、一般的な操作方法に対して特許権を主張する行為は波紋を呼びそうだ。

Technobahn
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200809011914


2 :名無しのひみつ:2008/09/02(火) 04:23:04 ID:5IiIxyEm
これは酷い。


3 :名無しのひみつ:2008/09/02(火) 04:24:01 ID:HRdYnh/N
で、この特許は権利行使の為?それとも防衛の為?


16 :名無しのひみつ:2008/09/02(火) 06:10:45 ID:pBDzptPw
>>3
実際は「防衛」だろうな、法務の調査室が同特許を申請しようとしている厄介な特許売買企業の動きを察知したんだろ。



19 :名無しのひみつ:2008/09/02(火) 06:39:55 ID:Kj9N7PJ/
>>16
寧ろこういう場合は防衛の為に今後特許にはならないという申請が出来れば良いんだよな。ハイエナ企業と疑われるし


4 :名無しのひみつ:2008/09/02(火) 04:24:57 ID:Eg/0bvSx
うちのキーボードはROLL UPとROLL DOWNキーだから無問題です。
ROLL UPを押すと下に、DOWNを押すと上に画面スクロールするのは仕様です。



5 :名無しのひみつ:2008/09/02(火) 04:29:34 ID:lRVYx0+P
M$「うちに特許料を払わないメーカーはPage Up/Page Downキーを取れよ、
もちろん、ソフトウェア側でもこのキーを使う会社もなw」

    
    
6 :名無しのひみつ:2008/09/02(火) 04:37:41 ID:VP+eaQvt
俺 「shutdown」キーの特許申請してくる・・・


東大阪の町工場が開発、人工衛星 「 まいど1号 」 筑波宇宙センターへ  





1111_convert_20080827163322.jpg 大阪府東大阪市の町工場などでつくる東大阪宇宙開発協同組合(今村博昭理事長)が開発に取り組んでいた小型衛星「まいど1号」(SOHLA―1)が完成した。

 26日午後、トラックで茨城県つくば市の筑波宇宙センターへ出発、最終点検を受ける。まいど1号は、一辺50センチの立方体で重さ約50キロ。大型ロケット「H2A」で打ち上げられ、雷雲の観測データなどを地上に送る予定。打ち上げ目標時期は今年度中。


 今村理事長は「技術の確かさを宇宙で実証したい」と話している。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080825-OYT1T00626.htm


2 :名無しのひみつ:2008/08/26(火) 00:33:43 ID:LMzbHK48
折角の技術が、名前のせいで・・・・


6 :名無しのひみつ:2008/08/26(火) 00:44:31 ID:anzhTjzJ
>>2
それは偏見ですよ、成功を祈っております。


4 :名無しのひみつ:2008/08/26(火) 00:40:04 ID:9rWmjVz1
名前のせいでいい加減に造ったように見えるw


5 :名無しのひみつ:2008/08/26(火) 00:42:27 ID:iGzJ5ooD
ちゃんと「オチ」はあるんだろうな。


7 :名無しのひみつ:2008/08/26(火) 00:45:13 ID:4UGDfBLN
これが、ひまわりの後継機か。


8 :名無しのひみつ:2008/08/26(火) 00:51:29 ID:mIKdlHxE
大阪って何で、方言とか地名とかをそこまで主張するの?


大根引き抜き楽々!?農作業ロボットスーツ開発  





013c-02_convert_20080824135306.jpg 東京農工大学共生科学技術研究院の遠山茂樹教授らは、超音波モーターを用いて、農作業の負担を軽減するパワーアシストロボットスーツを開発した。量産時には1着10万円前後を目指し、高齢化が進む農家の作業効率アップと医療費削減に役立てたい考え。

 遠山教授は、最近のオートフォーカスカメラレンズなどに使われている超音波振動によって回転するモーターを自作している。超音波モーターは反応が素早く、電流を止めれば固定する原理のため減速機がいらずサイズや重量がコンパクトに収まる。「ロボットスーツというと電磁モーターで強いパワーを出すというイメージを持たれるが、実際には動作をアシストできればよく、強い力が出るスーツは何かあると危険だ」(遠山教授)と、超音波モーターの優位性をアピールした。

 2007年度から3年間の農水省の助成を受けており、「実際にはまだ半年」の成果。残り2年でサンプル出荷までこぎ着け、安全検証などをしたうえで4年後に1台50万円程度での販売を目指す。その後、量産効果で10万円前後にまで下げたい考えだ。

 今回製作した1・2キロの超音波モーターを8台使用したためスーツ全体で18キロと重いが、20キロの力を出せる。今後、一回り小さい最新式超音波モーターに換え、全体の重量が6キロで10キロの力をアシストできるタイプでの実用化を目指す。スーツは足まで一体で、すべての重量が体にかかるわけではないという。

FujiSankei Business i
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200801100008a.nwc


4 :名無しのひみつ:2008/01/10(木) 22:31:57 ID:uA5oQhmn
年寄りにいつまでも働かせるという発想もどうかと思うが・・・


5 :名無しのひみつ:2008/01/10(木) 22:35:25 ID:kK7HNrJu
これが普及すれば少子化でも国力を維持できる気がする。


6 :名無しのひみつ:2008/01/10(木) 22:37:14 ID:DuU3JfS3
JA農協とかホームセンターで売り出すんか?軽トラに乗っけてるのを見かけるのが、当たり前の世の中になるのはすごい未来だな。


9 :名無しのひみつ:2008/01/10(木) 23:12:18 ID:9lgTCs7B
海自のアームスーツか。


10 :名無しのひみつ:2008/01/10(木) 23:19:28 ID:7MRHTezC
問題は動力をどうするかだ。
あんなケーブル繋がったままじゃ仕事にゃならんわな。



18 :名無しのひみつ:2008/01/11(金) 00:31:52 ID:As59Bvar
動力源は、無限軌道付き動力車でもつなげるのかね?またはエヴァンゲリオンの第三新東京市みたく、農地の各所にコンセント配置するとか。


テラヘルツ 電磁波の超高分解能画像化に成功  





 JST基礎研究事業の一環として、理化学研究所の河野行雄研究員は、電波天文学・材料科学・生体分子分光学などの基礎学術分野から、セキュリティ、情報通信、環境、医療などの実用分野に至る幅広い分野での応用が期待されているテラヘルツ(THz)電磁波の超高空間分解能イメージングに成功しました。

 THz電磁波は可視光を通さない物質を適度に透過すること、光子エネルギーがm(ミリ)eVでさまざまな材料の重要な領域(半導体、超伝導体、有機導体などの電子励起状態)に属することから、この電磁波の強度分布を空間的にイメージングする技術は、セキュリティ(食品検査、封筒内の毒物検査、建築物内壁の欠陥検査など)や材料・生体検査(半導体LSI断線検査、超伝導体の電流分布や生体分子のダイナミクスのイメージングなど)などへの応用が可能です。

 しかし、THz電磁波イメージング技術の実用化を進めていく上で立ちはだかっている難問は、可視光より波長が2~3桁長いこと、光ファイバーに相当する実用的な導波路が存在しないこと、市販レベルでは高感度な検出器が存在しないことなどです。

 本研究では、光(電磁波)の回折限界を超える近接場光技術をTHz電磁波領域に適用し、近接場光測定に必要な全ての要素をワンチップに一体化した半導体デバイスとして作製しました。これによって、空間分解能の波長による制限を超える9μmという超高分解能、かつ高感度のTHz電磁波イメージングに成功しました。

 本研究成果は、2008年8月10日(英国時間)に英国科学雑誌「Nature Photonics」のオンライン速報版で公開されます。

以下、省略

科学技術振興機構
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20080811/index.html


2 :名無しのひみつ:2008/08/11(月) 17:57:40 ID:+uWWvT9O
つまり、どういうこと?

    
6 :名無しのひみつ:2008/08/11(月) 18:02:06 ID:fG1sJLG6
>>2
1秒間に送れるビットが増えたって事じゃないかな?


7 :名無しのひみつ:2008/08/11(月) 18:04:20 ID:6g85VYRi
>>2
群盲象を撫でるということだな。


5 :名無しのひみつ:2008/08/11(月) 18:01:35 ID:fmUAkJsx
何、このしょこたんスレ。


10 :名無しのひみつ:2008/08/11(月) 18:12:03 ID:KWG0nHTI
毛細血管までイメージングできるって事か。


11 :名無しのひみつ:2008/08/11(月) 18:14:23 ID:Smxazp3p
レントゲンの代用かな?
これの応用型に複合使用で人体・物体を内部から破壊する為の・・・



12 :名無しのひみつ:2008/08/11(月) 18:19:05 ID:rJEz8nys
テラヘルスwwwww 健康すぎ。


月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。