ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

スポンサーサイト  





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネアンデルタール人と、現生人類は混血していた? ゲノム比較で推定  





 約3万年前に絶滅した旧人「ネアンデルタール人」のゲノム(全遺伝情報)を骨の化石から解読したところ、現生人類とわずかに混血していたと推定されるとの研究結果をドイツのマックス・プランク進化人類学研究所や米バイオ企業などの国際チームが7日付の米科学誌サイエンスに発表した。



 旧人と現生人類は数十万年前にアフリカで共通の祖先から枝分かれした近縁種で、ある時期、地球上で共存していたとされる。混血の有無は人類学上の論争の一つで、これまでは無かったとする説が有力だった。今回の研究では、両者のゲノムの比較で現生人類だけに特徴的な遺伝子も判明。今後、人らしさとは何か、絶滅と拡大の命運を分けた鍵は何だったのかという理解が進みそうだ。

 研究チームは、クロアチアの洞窟で見つかった約4万年前の旧人女性3人の骨粉標本を分析し、ゲノム全体の約60%を解読した。一方でアフリカの南部と西部、フランス、中国、パプアニューギニアの現生人類5人のゲノムも解析。旧人と比較した結果、枝分かれの地であるアフリカの人より、それ以外の現生人類の方が旧人のゲノム配列に似ており、ゲノムの約1~4%が旧人由来と推計された。

共同通信
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010050601000793.html



3 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 05:30:25 ID:hZgAB5dG
神話の時代でもストライクゾーンの広いやつっているんだね、やっぱり。

4 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 05:55:39 ID:oZh12+PY
>>3
ネアンデルタール人の男系の子孫はいるのかな。
女がホモサピエンスの子を産むのはあり得るとは思うがね。

93 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 11:16:07 ID:dI6RVwrn
>>3
黒人は、金髪碧眼の白人女を抱けるんだぜ?
普通は自分の人種に似てないと抱けないが、黒人は女ならチンコが立つ



5 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 05:57:31 ID:VTj8vDwh
赤毛はネアンデルタール人の特徴の一つらしい。

98 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 15:05:09 ID:9t04K7Eq
>>5
赤毛を魔女と結びつける迷信は、ネアンデルタール起源かもしれないのか。
ネアンデルタールとの混血の赤毛の子が苛められてたわけだ。



6 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 06:06:01 ID:CuGjzonX
繁殖できるから、獣姦ではないんだな。


8 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 06:21:57 ID:xssti0g7
オリバーカーン
17a39e24.jpg


9 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 06:22:57 ID:q2uCo9R3
似非科学の匂いがプンプンするぜw

83 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 02:40:09 ID:bfVHYgOs
>>9
確かに固有のハプロタイプは確認されてないからね。旧人側の男が新人側の女性のみ残して交雑し、その集団が新人側から同様の事をされた場合、綺麗に新人側のハプロタイプに書き換わってしまう。

何度かそういう事が繰り返されたとすれば、結果的に新人側が優秀だったから旧人側の情報は相殺されてしまったのかもしれん。



11 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 07:16:43 ID:IJP1zo8A
かなり混血の割合が高いな。
今までは、ほとんどないとかいう説が強かったのに。


13 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 08:07:05 ID:PVRdBIH4
混血の時期によっては、当時の旧人と俺らの祖先の外見上の差は、
今の現生人類内での差より小さかったりして。

15 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 08:57:53 ID:4wlfR7fp
>>13
新モンゴロイドの分化がおよそ2万年前といわれている。それ以前のネアンデルタール人との交雑による形質は普遍化して、人類共通に見られる"らしさ"として埋没しているのかも知れない。

氷河期の総人口も其れ程多かった事は無いだろうし。簡単に生活集団が全滅する事もあっただろう。
だとすれば混血が一人居ただけでも、影響は大きく広くなると思われ。



14 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 08:17:43 ID:Ack9lrww
子孫を残せぬ一代雑種(ラバとかライガーみたいな)じゃなく、ちゃんと子孫残せたんだ?
現生人類と旧人の間にある種の壁は、ロバと馬、あるいはライオンと虎より低かったのかな。




16 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 09:02:06 ID:jTFTIWtI
これは直接証拠じゃないでしょ?
混血していても、矛盾はないという程度のもの。

20 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 09:58:06 ID:vCU8rVQg
>>16
だが、もっと直接の女系系統図であるミトコンドリアDNA系統樹では、すべての系統がミトコンドリア・イブ以下の16万年程度の系統に入ってしまっている。つまり、人類との混血にネアンデールの母はいない。

矛盾とまでは言わないが、今回の結論は非常に疑わしい。平行進化論の残党が、変なところで疑似科学を始めた…と、邪推されてならない。

25 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 10:56:50 ID:Fi2oIYVV
>>20
なんでそういう結論になるんだよ? 現在の人類の直系の母方はミトコンドリアイブしかいない、ってだけで、ミトコンドリア・イブ以前の人類の母方にはネアンデルタールもあり得るぞ。

ミトコンドリア・イブ以前にホモサピエンスの母がいなかった訳ではないのと同じ事。

28 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 11:23:09 ID:IJP1zo8A
>>20
単系統のミトコンドリアやY染色体は、偶然の浮動によって、頻度が大きく変わる。
人類全員調べたわけでもないし、常染色体に少し混血の形跡があっても、それほどおかしくは無い。

33 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 12:30:44 ID:4Djh2RrF
>>20
ネアンデルタールのミトコンドリアは、ミトコンドリア・イブとは違う事の証明が必要。

31 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 11:51:03 ID:4wlfR7fp
>>20
ミトコンドリアイブは原生人類共通の母方祖先であって、ミトコンドリアイブ以外の母方祖先の遺伝子全てが途絶えている事を意味しない。「イブ」という表現に問題があるのだが。

34 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 12:34:51 ID:vCU8rVQg
>>33
それは証明されてたはず、ソースは直ぐ出せないけど。あと、ごく少数の遺伝子が共通なだけなら、混血以外にも偶然の同位置の変異とか、ウイルスによる転座とか他の候補もいろいろありうるんじゃね?

38 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 13:03:23 ID:4Djh2RrF
>>34
それらの可能性も有り得る、混血は遺伝子共通の説明の1つの候補に過ぎない。
遺伝子の共通部分が連続的だと、突然変異説やウィルス説は分が悪くなる。

61 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 22:54:52 ID:NhKEgLp1
>>20
> すべての系統がミトコンドリア・イブ以下の16万年程度の系統に入ってしまっている。

正しくは「全人類はある女性の血が共通して混じっている」ということだよね。例えば、ミトコンドリア・イブから生まれた男性がネアンデルタール人の女性とSEXして生まれた子供からの子孫が現在も続いてる可能性もある。

65 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 00:00:34 ID:/bRbFA2B
>>61
ミトコンドリアは母親からしか遺伝しないから、その子孫はイブのミトコンドリアを持ってないんだよな。

そりゃ世界中の人間を調べた訳じゃないからそういう奴がいる可能性は否定できないが、現に見つかってないからミトコンドリア・イブ説が唱えられたんだろ?



22 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 10:06:18 ID:/3ldXJ7X
DNAが安定してくると数万年に一回ぐらいで、DNAが不安定になって異種間交配できるようになるとか。
そんな設定を神様がしてくれていたら、面白いのにな。

82 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 01:39:28 ID:4QQieC1C
>>22
進化論の今の主流は、そういう感じだね。断続平衡説だったか。
ある時期に一気に多様化して、環境に適応したのが残っていくという。

360quilibriuvg.png



32 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 11:54:39 ID:nx6IGo2k
今生きてる人間の中で、やたら野性的なやつってネアンデルタールの血をひいてるのかもね。


35 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 12:43:59 ID:vjKBhC0T
ネアンデルタール人の復元像を見るたびに思うこと。白人を基準としたら黒人よりもネアンデルタール人の方が外見的には近い。白人と黒人だってたくさん混血を作ったんだから、ネアンデルタール人くらい楽勝だろう。

我々の中にもネアンデルタール起源の遺伝子があるとしたら、ネアンデルタール人は現生人類と別の種じゃなく、[現存する各人種と並ぶ古代の人種]という位置付けになるんじゃないか。

38 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 13:03:23 ID:4Djh2RrF
>>35
現世人とネアンデルタールが混血していたらなら、亜種、または、亜種から別種へ分化中かと。
また、現世人は、同一種から亜種への分化中、または亜種ということでは?

39 :名無しのひみつ:2010/05 /07(金) 13:13:24 ID:NKXFse+w
>>35
それ、同じ高緯度地方に住んでたんだからネアンデルタール人も、白人と同じように白い皮ふの色をしてたんだろうって推論に基づいてネアンデルタール人の復元をしてるだけだから。



36 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 12:54:30 ID:C7SfPYg/
脳の容積自体は、クロマニヨンよりもネアンデルタールの方が大きいらしい。
しかし、前頭葉の部分がかなりクロマニヨンよりも劣っていた。好戦的なのは、クロマニヨン。

40 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 13:40:19 ID:vCU8rVQg
>>36
好戦的というか、言語コミュニケーション能力を格段に上げたのが現生人類という説は見たことがある。言語のもつ、時間と空間を超えた性質を扱うために、脳の前頭葉部分の統合機能が強化されたタイプが、クロマニョンだとか。



44 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 15:43:19 ID:/KNGrg1w
人類皆兄弟じゃなかった!
これが事実なら人種差別が合理化されてしまう、ヤバイヤバイ。

45 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 15:49:00 ID:23rAwU2z
>>44
家畜人ヤプーだな。
4886721249.jpg



47 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 16:00:55 ID:jikilr1U
もともと現生人類はアフリカで出現して、つまり黒人しかいなかったわけだろ? 色白のネアンデルタールと交雑したことで、現生人類がアフリカ以外にも広がって行けたって、考えられないかな。

もし、そうならネアンデルタールの遺伝子が、現代人に寄与してる部分は、割合は少なくても、その価値はとっても大きなものになると思うんだけど。

55 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 16:39:01 ID:sydYar7s
>>47
ホモ・サピエンスの中での人種は三毛猫と白ネコ程度の差。
肌の色や体系は数千年ですぐ変わる。

85 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 03:16:34 ID:UlT+2v34
>>47
皮膚の色はそんな永続的なものではないよ。
インドに侵入したアーリア人はもともと色白だったそうだよ。

94 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 11:49:29 ID:P6INAtTe
>>85
インド人の肌の色は混血によるものだから、そういう話題で出すもんではないね。「パンジャブのシュードラはベンガルのバラモンより肌が白い」という言い方がある。北西ほど肌が白く、南東ほど黒いってこと。

悪名高いカースト制度も、あくまでも身分重視で肌の色は関係ないし。

96 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 12:49:15 ID:9H3cZmx8
>>94
色白のアーリア人が黒いドラヴィダ人と混血して黒くなったという…

メラニン多い方が優勢だから、黒いサピエンスが白いネアンデルターレンシスと混血しても黒くなるだろうし、欧州人が白っぽい理由にはなりそうもないね。アメリカの黒人だって大方白人の血が入ってても黒いわけだし。



53 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 16:23:27 ID:IqnkRLgs
ちょっと質問! 原始人ってすべて絶滅したんでしょ? それって異常だと思うんだけど。
他の動物は,進化したものもあれば昔のまんまのものもあるわけだし。

54 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 16:31:22 ID:NlCa7mqi
>>53
多くの生き物は絶滅するんだから原始人だって絶滅する。
絶滅が早いっていうなら、それは人類が関わったせい。これも今の時代みても分かるだろ。



60 :名無しのひみつ:2010/05/07(金) 22:50:45 ID:0WQNmKAD
西洋人やアジア人は旧人類の猿モドキとの混血、黒人こそが純血種ってワケか。

66 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 00:02:05 ID:7u1HJIpi
>>60 
アメリカの黒人は、少なからず牧場主の白人の血が入ってるだろ。



71 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 00:29:21 ID:/Hzqn5HS
ネアンデルタール人の生息地域が、現在のコーカソイド系人種(ヨーロッパ・中近東・インドとか)の地域とほぼ重なるという記事を読んだ事があったので、血が入ってるかもしれないとは思ってたんだよな。

ネアンデルタール人とコーカソイド系人種では顔の彫りが深いという共通点もあるしね。


75 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 01:18:51 ID:W9imiJZh
比較対象にアボリジニが入ってないのが不思議。
ホモサピエンスとして特異な人種なので、比較対象に入れるべきだろ?

77 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 01:20:09 ID:YRGaJglY
>>75
別に特異でもない。人種差は個人差より小さい。
まあ骨なんか食い物や生活スタイルで変わるけどな。



86 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 03:25:28 ID:UlT+2v34
ネアンデルタールは別として、アフリカと非アフリカの差が興味深い。
アフリカに残った人々は文明を作り出せなかった、出た人々は、ユーラシア各地の文明を作った。

87 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 04:10:39 ID:CVy7B2sn
>>86
同じ事思った。

89 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 04:58:42 ID:vLdrmpEt
>>86
エジプトとかアフリカじゃないもんな。



90 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 08:13:04 ID:OvvK+hMO
アフリカを先に出たか後に出たかだろ?
1~4%てその間に出来たDNAの差異に過ぎないんじゃないのかね。


91 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 10:07:20 ID:lV7GgVIv
旧人が新人より、知的活動面で全てに渡り劣っていたかどうかは何とも言えない。
それ前提で話すやつが多いけど。


95 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 12:47:30 ID:4MkFYCZC
受精して子孫残ってるなら獣姦じゃないよな?
外見も変わらなかったんじゃないのかw

97 :名無しのひみつ:2010/05/08(土) 14:28:39 ID:56qn66Am
>>95
こんなデカイ哺乳類で繁殖可能なんだったら、そもそもネアンデルタールとクロマニヨンってのが、
ほとんど同じ種類の動物だったって事だよな。

せいぜい家畜の品種の違いみたいなもんで。



関連エントリー
ダチョウ卵の殻に幾何学模様? 6万年前の地層から多数見つかる
53万年前の障害児 見捨てずに育てた?
「ホビット」はヒトの新種 米英の研究者が論文で指摘
関連記事



16715 :  2010.05.12 Wed 12:07  

( ФωФ)y~ ↑のブログパーツ、複眼からとってフクガンrssに決まりました。
ただ、レンコンrssも捨てがたい・・・手洗ってこよう。
  • #-
  • 中の人◆OZ3bFThwrE 
  • [URL]
  • [Edit]

16717 :  2010.05.12 Wed 12:40  

おれは何だかんだ言って、人類が歩いてきた道とかその過程での交流とかもっとすごく複雑なものじゃないかと思ってる。
だから多分これからも、人類の過去についてはいろいろ定説が覆されると思う。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

16719 :  2010.05.12 Wed 13:06  

クラスに一人くらいは居たよな?
こいつネアンデルタール人じゃね?って奴。それだよそれ。
  • #-
  • 名無しさん 
  • [URL]
  • [Edit]

16720 :  2010.05.12 Wed 13:08  

ここまであーちゃん無し
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

16721 :  2010.05.12 Wed 13:19  

イリアッドって漫画思い出した。
うろ覚えだけど、ホモサピエンスの祖先とネアンデルタール人が共存した時代があって、ネアンデルタール人は人類にとって最初の神だったんじゃないかって説がほんのり出てた。
  • #-
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

16722 :  2010.05.12 Wed 13:27  

人類ってのはどうやって発生したんだろうな
類人猿みたいなのからある時期に一人人類の原型になるような奴が生まれてそいつの遺伝子が広まったのか
それとも同時期にあちこちで人類の原型になるような奴が生まれたのか・・・
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

16723 :  2010.05.12 Wed 13:33  

今、アフリカに住む黒人には、ネアンデルタール人の血は混じってないと言うことだよね。
白人、アジア(黄色人種)には、混血の跡があると言う話では、新たな差別の発生につながらないか?
  • #-
  • キ 
  • [URL]
  • [Edit]

16724 :  2010.05.12 Wed 14:14  

オリバー・カーンの写真があるが、あれは全然ネアンデルタール的ではないな。
まずネアンデルタールは頤(おとがい)がない。頤とはアントニオ猪木のような顎の先端の尖った部分のこと。
カーンは顎が尖ってるし、そもそもよく見れば全人類が尖ってる。
それにカーンには額があるが、ネアンデルタールはほとんど額がない。
眉毛のすぐ上から頭頂部に向かって傾斜しているのがネアンデルタール。

よってごつい顔つきの人を「ネアンデルタールのようだ」というのは、
ほとんど間違いなんだよな。
  • #-
  • q 
  • [URL]
  • [Edit]

16725 :  2010.05.12 Wed 15:12  

ナショナルジオグラフィックでこのニュースを見たときに、
>>86と同じことを思ったわ。
新しい差別につながりそうだから、口には出さなかったけど。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

16727 :  2010.05.12 Wed 15:17  

>>93が馬鹿すぎてワロタ
この世にどれだけの種類のハーフがいると思ってんだ
  • #-
  • 創造力有る名無しさん 
  • [URL]
  • [Edit]

16728 :  2010.05.12 Wed 15:19  

>>86みたいな奴が進化論のうちの他地域進化説とか唱えて白人・ヨーロッパ優越説を正当化してきたんだよな……
科学に思想を混ぜ込む奴は害悪。
科学的に正しいってんなら仕方ないけど、憶測で語るべきではない。それはもう思想や哲学の領域
  • #-
  •    
  • [URL]
  • [Edit]

16729 :  2010.05.12 Wed 15:20  

※16725
アフリカに関しては本当に文化が育たなかったのかわかんないんじゃね?
だいぶ前から国境無茶苦茶にされたり奴隷として健康な人間持ってかれたり、文化を継続してはぐくむには最悪のコンディションにあったし。
単純比較ができないから難しい。
  • #-
  • 創造力有る名無しさん 
  • [URL]
  • [Edit]

16730 :  2010.05.12 Wed 15:25  

花を死体に手向けたネアンデルタール人を殺した
私たちクロマニヨン人は罪深い人種なのだ
…と言って人類に贖罪を求めるエセ人類学者の
類いは、どうにかならないものなのだろうかね

混血していたのが事実なら、そういう奴らも
多少は静かになるのではないかと思うけれど
それとも今度はレイプしたんだとでも言うのかな
  • #t.g1Q/p.
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

16731 :  2010.05.12 Wed 16:44  

旧人は声を出せなかったと言う話はどうなるんだ?
意思疎通のできない相手と子供を作る事はできるのか?

或いは旧人が現生人類からの枝分かれである可能性についてはどうなる?
かつて「恐竜→鳥」と言われていたのが「鳥→恐竜」に変わった様に。
  • #fZZVeMag
  • 創造力有る名無しさん 
  • [URL]
  • [Edit]

16732 :  2010.05.12 Wed 18:05  

黄色人>>>>白人>>>>賢い猿>>>黒人
  • #-
  • のぶ 
  • [URL]
  • [Edit]

16733 :  2010.05.12 Wed 20:17  

Wikipediaで「アフリカ史」を見てみろ。
近代はヨーロッパの支配下であったが、それ以前はエチオピアなど様々な歴史があったことがきちんと記されているぞ。
現在だけを見て文化がないとか言うんじゃない!
  • #nEx7PFYA
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

16734 :  2010.05.12 Wed 20:21  

種が違っても交雑できるってことは
今も現生人類に交じって新人類が潜んでる可能性があるってことだよな?
数万年後には現生人類絶滅or奴隷化させられてるかも…おお怖い怖い
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

16735 :  2010.05.12 Wed 20:32  

※16733
そうだな、確かに短絡的な考えだったわ
おまいさんが正しい
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

16736 :  2010.05.12 Wed 21:00  

声のコミュニケーションなんて意思疎通の手段としては、現代人ですらよっぽど後発だろ

なに言ってんだw

  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

16737 :  2010.05.12 Wed 21:51  

とりあえず86は「銃・病原菌・鉄」を読むべき
  • #Ock1GnUU
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

16739 :  2010.05.12 Wed 23:56  

今も昔も文化のない人種なんてあり得ないんだが…

差別的な意味じゃないが、オランウータンにも文化はあるさ
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

16741 :  2010.05.13 Thu 03:22  

とりあえず>>86は無知なのがわかった
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

16742 :  2010.05.13 Thu 08:41  

>>16737

結果を淡々と書いてるから学術書としては素晴らしいが、あれは
なれない人が読むと辛いぞw。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

16743 :  2010.05.13 Thu 08:43  

大地の子エイラ思い出した
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

16795 :  2010.05.14 Fri 22:34  

 アフリカ(黒人)文明の代表はエジプト文明だろ。
 ギリシャ文明も初期は、エジプト&フィニュキア人の共同統治で、中核
民族は黒人だったという説もあるくらい。(ギリシャ神話で、ライオンをくびり
殺したヘラクレスも黒人だと考えれば、地域的にも納得がいく。)

 人類という「種」は一種類だが(すべての民族で混交可能)、滅亡した原人
たちと、現生人類を分けた重大な差は感染症に対する耐久力が一番大きな
ファクターだったと考えられる。
  • #-
  • ジャギ様 
  • [URL]
  • [Edit]

16798 :  2010.05.14 Fri 23:55  

>アフリカ(黒人)文明の代表はエジプト文明だろ。

>感染症に対する耐久力が一番大きな
ファクターだったと考えられる。

ネタ?w
感染症なんてどっから持ってきたんだよw

  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

21400 :  2011.08.21 Sun 15:47  

レンタル屋に行ったらアフリカ製の映画があって、
普段見慣れたハリウッドの混血黒人俳優と違う
純黒人な容貌に「おおっ」ってなんだか感動した
イギリスや北欧にいる、ザ・白人な感じの白人も
モンゴルあたりのザ・蒙古な感じの人も「おおっ」ってなる

純血という表現だとあまり正確じゃないが、近世代で混血してなさそうな人、
数千年単位で環境に適応してきた人間の容姿というのはなんか心にクる
進化とか生命の神秘みたいなもんを感じる
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

月別アーカイブ

テスト

Copyright © 中身

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。