ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

蜘蛛の糸は水不足の救世主?優れた「集水」の仕組みを解明  





近い将来、「クモの巣」が雨の少ない地域で水不足解消の新技術として活躍するようになるかもしれない。

CropperCapture[471]Thumbnail



 クモの糸は強度の高さで知られているが、中国科学院の研究チームはこのほど、この糸が空中の水分を集める際に発揮する優れた機能を解明し、3日の英科学誌ネイチャーに発表した。

 研究チームは、タイリクウズグモの糸を電子顕微鏡で精査した。すると、糸は湿気に触れると構造変化を起こし、節くれだった紡錘状のこぶが幾つも作られることがわかった。

 こぶの間には細く滑らかな接合部がきれいに整列していた。クモの巣に凝結した水分は、ある程度まで溜まると、表面張力に従って滑らかな接合部の表面を伝ってこぶに集まり、蓄えられて大きな水滴となっていた。

 研究者らは、この仕組みを応用することで、空中の水分の収集・蓄積が可能な人工フィルターが開発できると期待を表明している。ポールに張ったネットなどで風に含まれる湿気をとらえて水を収集する技術は、南米アンデスの海岸地方で開発されており、NGOなどが地球温暖化により生じる水ストレスを解消するための有用なツールとして推奨している。

AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2690758/5275548





2 :名無しのひみつ:2010/02/05(金) 09:08:01 ID:Lo4jwAEG
カンダタ(カンジタではない、間違えないように)


6 :名無しのひみつ:2010/02/05(金) 09:50:35 ID:ZVFD9Nrk
日本も頑張ってるよ?スパイバー株式会社 - Spiber Inc.


7 :名無しのひみつ:2010/02/05(金) 10:37:26 ID:XyCQAyVW
雨も降っていないのに、なぜ蜘蛛の巣だけが朝露にぬれて光っているのかな?と、不思議だった。


8 :名無しのひみつ:2010/02/05(金) 11:29:54 ID:rsBxmwP1
空気中の湿気を大規模に集めると、風下で干ばつが起こったりしないのかな?


12 :名無しのひみつ:2010/02/05(金) 13:16:17 ID:IETE5Jni
もう、オムツの吸収剤が砂漠緑化に貢献しています、中国には情報が入っていないのでは?


14 :名無しのひみつ:2010/02/05(金) 13:34:15 ID:TzVwbWNd
蜘蛛の糸は汎用性高いね、今のうちに養蜘蛛会社でも作るか?嫌いだから適性ないんだけども…



15 :名無しのひみつ:2010/02/05(金) 13:48:32 ID:qdV1zH/V
上空にその水分がいかなくなって、余計雨が降らなくなるんじゃないか?


16 :名無しのひみつ:2010/02/05(金) 14:57:01 ID:e4H93v09
カンダタこぶんをカンダタこんぶと、読み間違えてたのはいい思い出。


18 :名無しのひみつ:2010/02/05(金) 15:46:39 ID:0Fskm1PW
蜘蛛の糸が降りてきたーら、僕は誰よりも早く昇ろう。



23 :名無しのひみつ:2010/02/08(月) 03:40:15 ID:vIa72bfw
蜘蛛の糸といえば、芥川って馬鹿だよな。
お釈迦様は極楽浄土にいねーつーの、極楽浄土にいらっしゃるのは阿弥陀如来だろ?


25 :名無しのひみつ:2010/02/09(火) 18:57:19 ID:1jEnRQkR
蜘蛛の巣がなぜ水を集めやすい構造なのか…粘着性や強度の維持のため?


26 :名無しのひみつ:2010/02/09(火) 19:39:09 ID:hgl2+fFZ
砂漠の緑化に使えればいいな。

30 :名無しのひみつ:2010/02/11(木) 00:45:50 ID:Fr+bp9Lf
>>26
1千mクラスの万里の長城みたいのを作れば大気循環が乱され、雨が降る要因になる。

大きな砂丘ですら白雲ができる原因になりえるわけで、雨が降るにはそれだけの熱均衡のバランスを崩して上昇気流を作ってあげればいい。費用は話にならんけどな。



27 :名無しのひみつ:2010/02/09(火) 22:53:45 ID:+bldWkQC
朝露を集めるなら、蕗の葉みたいな撥水性のがいいと思うけどな。
ちょっと振動与えれば中央に集まってくるんだし。

tm_gtOCqw.jpg


29 :名無しのひみつ:2010/02/11(木) 00:37:08 ID:BMADmTpG
こんな科学的な遊びを仕事にしてネーチャー出すとは、中国の科学もかなり進んできてるよな。
関連記事



14010 :  2010.02.22 Mon 18:52  

子供のころ、雨上がりの蜘蛛の巣がはっきりと見えるものだから、キモくてコワくてトラウマ。
あの白さと形は不自然過ぎる。
  • #-
  • 名無しさん 
  • [URL]
  • [Edit]

14011 :  2010.02.22 Mon 18:53  

素人考えだけど、乾燥しきった環境だったら、これ無意味だよね?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

14012 :  2010.02.22 Mon 18:54  

クモでも雨水を抱き集められるというのにお前らときたら…
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

14015 :  2010.02.22 Mon 19:50  

強度もあるしすごいな
  • #mQop/nM.
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

14016 :  2010.02.22 Mon 20:02  

スパイバーを立ち上げたのは慶應義塾大学理工学部生命情報学科卒の博士二人
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

14017 :  2010.02.22 Mon 20:08  

あれ、日本かと思ったら中国だった。
やっぱ研究も競争の世界だなー。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

14018 :  2010.02.22 Mon 20:12  

あれ?これ何年も前に実用化してるんじゃなかったっけ
山岳地帯での水確保のやつでまる見えかなんかで見た記憶があるが
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

14019 :  2010.02.22 Mon 20:14  

オムツは保水で蜘蛛の巣は集水?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

14021 :  2010.02.22 Mon 20:50  

※14010
むしろテンションが上がるだろ

あんなでかいのを一匹で作る蜘蛛は凄いよな
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

14022 :  2010.02.22 Mon 21:31  

>14018
目の細かいネットを設置して水を集めてる、山岳の村はあったな
  • #/ZyVyp1I
  • カオスな名無しさん 
  • [URL]
  • [Edit]

14024 :  2010.02.22 Mon 22:50  

 中国もやるな、でも昼夜の温度差が激しく且つ内陸に浜風が
吹く場所でなければ水利利用の実用化は「?」であろう。

 それでもユージロー風に言えば、「美味く料理すれば食える」
技術やもしれん。
 除湿機の結露パネル部分の表面構造を改質したり、遺伝子
組み換えした蚕の糸に効果的に海水の希少金属を吸着させたり、
排ガス・汚水の有害物質を除去するのに使えるやも知れん。
  • #-
  • ジャギ様 
  • [URL]
  • [Edit]

14026 :  2010.02.23 Tue 00:17  

納豆のネバネバもなんか処理したら物凄い保湿力があるらしいとかなんとか
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

14051 :  2010.02.24 Wed 03:35  

これと似た原理で、海からの潮風から真水を取り出すでかい装置を作るだか作っただかってあったろ
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

14058 :  2010.02.24 Wed 13:53  

結局、

「中国のパクリっぷり」

という話題でしたとさ。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

14076 :  2010.02.24 Wed 15:20  

ただのパクリではネイチャーには載らんよ。
いつまでもチャイナクオリティwで笑ってられると思わない方が賢明。
  • #-
  • A.N.Other 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身