ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

恐竜の色を初めて特定 「中華竜鳥は赤褐色」 遼寧省で発見された白亜紀前期の羽毛恐竜  





 中国東北部・遼寧省で発見された白亜紀前期(1億2000万~1億2500万年前)の恐竜の羽毛に2種類のメラニン色素が存在することを中国科学院などの研究チームが突き止めた。



 チームが電子顕微鏡を使って化石を調べた結果、羽毛恐竜「中華竜鳥」では、赤茶色の色素「フェオメラニン」が首筋から背中にかけてと、尾の羽毛から見つかった。尾は、しま模様だった可能性がある。ほかの羽毛恐竜からは黒色の「ユーメラニン」も確認できた。

 これらの色素が入った粒は直径が1000分の1ミリ・メートル以下と微細なため、従来の研究では汚れなどと区別するのが難しく、恐竜の色は現在の動物などから類推するしかなかった。

 鳥類はメラニン色素以外の色素も使い多彩な体色となっている。恐竜もメラニン色素だけで体色を確定できないが、国立科学博物館の真鍋真研究主幹は「恐竜の色は分からないという常識を覆した」と意義を語る。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100128-OYT1T00005.htm





6 :名無しのひみつ:2010/01/28(木) 09:07:20 ID:8N27Jjn+
ケラチン状の皮膚って手触りどんな感じなんだろ?


7 :名無しのひみつ:2010/01/28(木) 09:25:45 ID:shTcfCYx
構造色のある古生物は見付かっているけど、それ以外では初めてのケース?


8 :名無しのひみつ:2010/01/28(木) 10:06:12 ID:WJER88zZ
もっとたくさんの色が分かれば、再現図の色はどんどん地味になっていきそう。
鳥だってほとんどは地味な色してるからな。

38 :名無しのひみつ:2010/01/30(土) 09:51:11 ID:Z8mRhuo2
>>8
雄は派手かもな。



9 :名無しのひみつ:2010/01/28(木) 10:18:01 ID:1GwBrsm2
「中華鳥竜」じゃなくて「中華竜鳥」って言うのか?これじゃ鳥じゃないか。


10 :名無しのひみつ:2010/01/28(木) 10:35:53 ID:k5e1p3VU
一匹一匹色が違う可能性もあるのかな?


13 :名無しのひみつ:2010/01/28(木) 13:47:58 ID:w7+vwH4Z
他の色素が分解しただけかもな。


14 :名無しのひみつ:2010/01/28(木) 14:02:44 ID:Yyy8Wsz4
今まで色が分からないから、好き放題にいろんな色を付けられてたよな。


15 :名無しのひみつ:2010/01/28(木) 14:07:45 ID:rhZulkVU
鳥に見えない。脳内補正すれば、ギリ禿げたヒヨコのように見えなくもないか。


16 :名無しのひみつ:2010/01/28(木) 14:54:26 ID:KxjIM4E3
可愛い、ペットとして欲しい。手がある鳥は居ないものか?

21 :名無しのひみつ:2010/01/28(木) 21:39:55 ID:DazDrev6
>>16
前足が退化した鳥のほうが少数派だと思うが…

23 :名無しのひみつ:2010/01/28(木) 22:48:42 ID:zeS5/ugh
>>16
雛の時だけ翼に爪が生えた奴ならいた気がする。



17 :名無しのひみつ:2010/01/28(木) 15:09:37 ID:YbmabcnA
意外と無難な色。20年前の地味な配色ばかりの恐竜図鑑が、正解に近かったのかな?
CropperCapture[454]


19 :名無しのひみつ:2010/01/28(木) 15:39:20 ID:sPpgXl/9
現代の鳥だって、地味なスズメも居れば華やかなオウムも居るわけで…


20 :名無しのひみつ:2010/01/28(木) 21:07:59 ID:egfeSWyB
恐竜と聞いてまずイメージするティラノサウルスとか、トリケラトプスとかには羽毛は生えてないよな?

27 :名無しのひみつ:2010/01/29(金) 09:04:03 ID:qOJaNctX
>>20
ティラノサウルスは幼体に限って保温のために羽毛が生えてた説が有る。原始的なティラノサウルス類である、ディロングの化石から羽毛の後が見つかったことと、動物は幼いあいだは原始的な特徴が色濃く出たりするから結構俺も支持してる。

しかし、この前ダコタの縞模様にびっくりしたばっかりだってのに、今度は色そのものか…これだから恐竜のニュースを見るのは辞められない。



24 :名無しのひみつ:2010/01/28(木) 23:42:49 ID:jvBML/pO
ドラゴンってどっからきた意匠なんだろ?

28 :名無しのひみつ:2010/01/29(金) 10:28:23 ID:9F0MGKxy
>>24
wikipによると東洋はワニ、西洋は大ヘビ、クジラ、トカゲ、ワニなんかの大きい水棲生物が語源だそうだ。

37 :名無しのひみつ:2010/01/29(金) 22:58:13 ID:kWkx/Lrb
>>24
聊斎志異って何百年か前の中国の志怪小説に砂漠に龍が埋まってて現地の人間は掘り起こして食ってるって話が有る。

39 :名無しのひみつ:2010/01/31(日) 20:37:46 ID:6O7Zs9Cg
>>24
ドラゴンの祖形となったグリフォンなら興味深い説がでてます。あんまり確かな証拠もない説なんだが誰かThe First Fossil Huntersの邦訳出してくれ。



Adrienne Mayorさんは民間伝承の研究者なわけだがプロトケラトプスがグリフォンの元ネタ説。グリフィンの神話は古い起源があり、発祥の地ははモンゴル、中国北西部のゴビ砂漠あたり。

ここは当時の金の通商ルート上にあった可能性がある所であり、状態のいい恐竜の化石が見つかる場所でもある。その中でもよく見つかるのがプロトケラトプス一部のグリフィンのデザインの特徴がプロトケラトプスとかなり一致する(頭のフリルは翼に変った?)

古代にモンゴル地方を移動した、金の通商人が保存のよいプロトケラトプスの化石を目撃、金を守護する神獣グリフォンが生まれたのではないか?後に紀元前7世紀にギリシャ人が遊牧民スキタイの文化を知ってグリフィンのデザインが西欧に伝わり今に至る。

40 :名無しのひみつ:2010/01/31(日) 23:20:45 ID:JSZQ7Vi3
>>39
鳥葬があるのはチベットでモンゴルではないんだっけ?
ハゲワシだかハゲタカみたいなのを見て、それをモチーフにしてるんじゃないの?



25 :名無しのひみつ:2010/01/29(金) 04:06:37 ID:tBzcckCF
ティラノサウルスは羽毛恐竜だけど、羽毛痕跡はでてないみたいだね。


29 :名無しのひみつ:2010/01/29(金) 11:49:11 ID:yh8cqo50
こっちの記事だと少し写真が大きい、シマシマな尻尾がカワユス。


32 :名無しのひみつ:2010/01/29(金) 19:08:16 ID:uNeFdDaz
毒のあるカエルみたいな色。



33 :名無しのひみつ:2010/01/29(金) 19:23:03 ID:tBzcckCF
色素の分子てベンゼン環が二つ連なってたりする分子が普通だと思うんだけど、リン酸カルシウムすらケイ素酸化物などに置き換わる状況で安定していられたてトンデモじゃないの?

36 :名無しのひみつ:2010/01/29(金) 20:03:14 ID:a7P1IS+d
>>33
>>1を読む限りでは色素を検出したわけではなくて、色素細胞の構造を顕微鏡で確認し多分褐色と想像していると読める…その方法でどの程度の信頼性がある推定ができるのか、あるいはちゃんと分子レベルまで同定できているのか。どうなんだろうな。



34 :名無しのひみつ:2010/01/29(金) 19:29:44 ID:cDQFPPuD
支那は化石捏造した前科があるんだけど今回は本当?


関連画像
HOB-FIG-9104.jpg


関連エントリー
恐竜の色、調べる方法を発見
関連記事



13329 :  2010.02.02 Tue 13:01  

ファンタジーとかならまだしも、図鑑やらなんやらの彩色は現存する類似生物(と思われる物)をモデルにしてる
好き放題は言いすぎだな
  • #-
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

13330 :  2010.02.02 Tue 13:19  

ドラゴンの元は世界中にある羽根の生えた蛇の伝説だと聞いた。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13331 :  2010.02.02 Tue 13:53  

           ____      ) 『 恐竜がカメレオンみたいな肌だったらたらどうなるの?』っと、
        /⌒  ⌒\    ) 
      /( ●)  (●) \  )/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y丶
     / ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
    |      |r┬-|     |
     \       `ー'´     /
     ノ            \
   /´               ヽ                 カ
  |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   カ    タ
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
      ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
   ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13332 :  2010.02.02 Tue 13:59  

恐竜はみんな鳥に進化したって話だが
原始的な爬虫類もまだ生存してるわけだし水中の恐竜とか
なんで恐竜に限っては一匹もいなくなったんだろうな
  • #-
  •    
  • [URL]
  • [Edit]

13333 :  2010.02.02 Tue 14:35  

>>13332
一応、進化論の矛盾書いとく。

(1)現代の年代測定法は正確さに欠ける。
(2)化石ってのは無酸素、密閉高圧力でできてしまう。
(恐竜のような巨大生物は現在の気圧では立つ事すらできない。)
ということは、過去に(3)2気圧以上の時期があったということ。
そして、(4)世界中に地層があり洪水伝説がある。
(5)大量の化石燃料がある(生物の死骸が一気に高圧力の生成される)
(6)世界中に宗教がある(神の存在を知っている)
(7)聖書創世記にある水の膜が地球を覆っていたとする説
(これにより気圧が高かったとされる)
(8)現代に発見されたアイスマン(アウストラロピテクス)の遺伝プールが人間と関連がない。
(9)進化したとされる生物の中間生物の欠損
(10)カンブリア大爆発の進化論では矛盾する。原始に存在した種の多さ。
(11)遺伝子の一部が他種に類似しているだけで祖先とするこじつけ論
(12)DNA解析ができる以前から引きずっている見たままで祖先とする決め付け論
(13)エネルギーや固体は必ず劣化する。エントロピーの法則。
(高次へは行かない。)
(14)他の種同士では子孫を残せない。メンデルの法則。
まだまだたくさんある。
  • #-
  •           
  • [URL]
  • [Edit]

13334 :  2010.02.02 Tue 14:46  

でも、それこそ派手な色彩のやつもいてもおかしくない
特に小型の恐竜とか
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13335 :  2010.02.02 Tue 14:58  

進化論に矛盾があるってんなら「進化論と創造論についての第一掲示板」
ででも話してきたら。そんな矛盾と称する点はとっくに論破されてるけど。

しかしキリスト教系の創造論のすごいところは何がすごいって、
蛇が人間と会話するおとぎ話を事実として話してるってところだよね。
  • #CtWoh.26
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13336 :  2010.02.02 Tue 16:55  

が、ガッチャピン?
  • #-
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

13337 :  2010.02.02 Tue 17:07  

進化論も創造論もどっちも大差はないんだろうよ
ただ前者はわかんない部分を神様のせいにした説であって
後者はわかっている部分を神様のせいにした説なんだろ
性質が悪いのはその神様って部分が万能すぎて一種の真理とも言えること。羽毛恐竜の羽が赤褐色なのは論理的且つ合理的な理由があった為であり、その赤褐色も非の打ち所も無い理由があり、何故分子配列や波長がそうなったのかも納得の説明があり…、まとめれば奇跡と言う名の神技なんだろ。理由を突き詰めるとまだ回答不能な結果を人は神のせいって言うんだな、でも結果(神のせい)からスタートした神話などは理由を突き詰められない、ゴール(真理)から出発した話しなのかゴール(真理)に到達する途中の話なのか、違うのはそこだけ。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13338 :  2010.02.02 Tue 17:33  

恐竜おもしろいわ~
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13339 :  2010.02.02 Tue 18:30  

よぅ! 逆さ枝の兄弟。
  • #u6qxw2UI
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13340 :  2010.02.02 Tue 19:27  

まずコンピュータ上にジーンナビゲーションをシステムを展開してだな…
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13341 :  2010.02.02 Tue 19:44  

なんだか香ばしいヤツがいるなwww
  • #-
  •            
  • [URL]
  • [Edit]

13342 :  2010.02.02 Tue 19:48  

13337
創造論で神が出てくるのは最初
進化論の紙が出来たはエジプト
大差ないって言い寄らないで
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13343 :  2010.02.02 Tue 21:08  

>(6)世界中に宗教がある(神の存在を知っている)
>(7)聖書創世記にある水の膜が地球を覆っていたとする説
>(これにより気圧が高かったとされる)

正直意味プーさん
宗教絡むと人間ここまで頭悪くなれるんだな
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13344 :  2010.02.02 Tue 21:19  

1日目 光あれと仰りそのようになった。昼を作った。
2日目 水を空の上と下に分けた。海を作った。
3日目 昼をつかさどる太陽と、夜をつかさどる月を作った。その他の星も作った。

地球の海を作った後に太陽と月と星(他の恒星いっぱい)作ったり
光が最初に作られた後で二日もあとに太陽作ったり
そういうのは「わかっている部分を神様のせいにした」とはいわん。
ハッキリ言ってまるででたらめ。子供でも分かる。
それをこじつけてあってると主張するのが創造論ってもの。
  • #CtWoh.26
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13345 :  2010.02.02 Tue 21:38  

恐竜よりも雪男の方が神秘ですぞ
  • #-
  • 依存症さん@_@ 
  • [URL]
  • [Edit]

13346 :  2010.02.02 Tue 22:52  

13333

14項目のうちの殆どが既に論破されてるか、最新の研究で
説明出来そうになってる。11と12の項目は遺伝子解析の進
歩によって既存の分類が大きく改められだしたので、矛盾と
は言えなくなったぞ。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13348 :  2010.02.03 Wed 02:02  

創造論と違って、進化論の内容確度は科学にしたがって進歩していくからな。
創造論ももっとこう…、一からネタを作り直したほうがいんじゃね?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13349 :  2010.02.03 Wed 02:26  

というか、一神教圏でもなければ、
聖書をきちんと読んだ人間も少数派だろう国で
なにを必死に主張しておられるやら
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13350 :  2010.02.03 Wed 02:53  

>>13335
悪魔が蛇に姿をかえてそそのかした。とあるので蛇が悪魔というのは中世の人と同様の間違い。

>>13343
ノアの大洪水があったという事実に基づくならすべてが理にかなっている。
世界中に宗教と洪水伝説があるのは
神と神の裁きを知るノアの末裔が世界中に分布したから。
洪水前は地球上空に水の膜があったことで
生物が巨大化し、また、その体躯を支えることができた。
現在の気圧ではあれほど巨大化しないし、また支えられない。
(ノアの箱舟後は現在でも確認されているが現物は
当時の共産ロシアによって隠滅されたとされているが)
頭がおかしいというならこれらをお前が説明しろよ。

大洪水によって多くの生物は死滅し化石燃料となり、地球上に地層ができた。
地質学者がいうように塵がふり、幾重にも重なって地層ができることはない。
それでは化石燃料も生成されない。
洪水後、生物は小型化する。そして地球へ降り注ぐ宇宙線にさらされ病気にかかりやすくなり寿命も洪水前に比べ、短命になった。
>>13346
ここでカンブリア大爆発も中間種の欠落も説明できるやつはいないだろう?それで論破とはどういうこと?
年代測定のいい加減さしってる?なんで地球の年齢48億年なのか知ってます?
DNA解析でアウストラロピテクスと関連がなかったともされているけど?
猿ゴリラが、96~99%人間に近いといっても
ウニやハエでさえ人間と50%以上も同じくらいだから生物自体が皆、似通っているわけで
T-レックスの消化酵素が人間と同じだったから祖先
というようなこじ付け論までも信じてしまうんですか?
>>13348
おまえも勘違いしてるようだけども、科学では現象を捉えることしかできない。
アミノ酸から蛋白質合成すら証明できない。
科学でDNAを作成して生物を生み出せたのか?
また、進化させることができたのか?

おれには科学オンチなおまえらが哀れでならんよ。
馬鹿だのアフォだのいってねーで具体的に説明しろや。
  • #-
  •               
  • [URL]
  • [Edit]

13351 :  2010.02.03 Wed 03:03  

そういえばガチャピンって恐竜だったね
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13352 :  2010.02.03 Wed 04:07  

>>13350
そんな風に長文になるとうざったいから自分で調べろって言ってるんじゃないの?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13353 :  2010.02.03 Wed 05:59  

>>13350
聞きかじった生半可な知識を「真実」とカンチガイしてるお前のほうが哀れでならないw
リア厨か? ロクに勉強してないからすぐ騙されちゃうんだねえ
とりあえずもっと本を読んで勉強しろw
  • #-
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

13354 :  2010.02.03 Wed 07:57  

>>13350
地球に隕石が落ちれば
質量が変化して気圧や重力が変わる
自転の速度も変わる

質量保存の法則で地球上に生命体が増えるほど
生物の肉体構成は脆くなる、環境変化に耐えられず鳥類に進化した
ピヨピヨひよこちゃんは恐竜の末裔である、頭が高い

人類はアフリカ起源、中東経由、世界分布が正解
有色人種が劣等種扱いされてるが、実際には、ユダヤ系コーカソイドの有色人種が
ゾロアスター教の起源、白人涙目

硫化水素と有機物を試験管に入れて
何億年振っても生命体は産まれない、生命誕生はこの条件下で起こる筈なのに産まれない
じゃあどうやって出来たんだよ、研究者は産まれるまで試験管振ってろ

宇宙から飛来した隕石に
生命体の構成物が付着していたと考えるのが合理的だ
ある意味思考停止だ、それ以前に生物と植物がどういう原因で枝分かれしたのか聞きたいね

人間が進化してDNAを作ったのではなく、DNAの完成図を元に人間を組み立てたが正解
地球をリセットして、もう一度最初からやり直しても、また人間が出来る
不思議ですね
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13355 :  2010.02.03 Wed 08:13  

んで、蛇が喋ったのは「事実」というんだろ?
それで巨人がいたりとか。ロバとか豚もしゃべったりとか…

まず大洪水なんてなかった。中世の科学者があったはずと思って
探しまくったが年代も規模もばらばらで(これ、中世でもハッキリわかるレベル)ないという結論しか出せなかった。あったんならその時点で
言ってるわな。
水の層だの気圧が高くて巨大化だのは「そうだといいな」レベルで
まずその論に根拠もない

ところでT-レックスが人間の祖先なんて言ってる学者現実にいるのか?
チキンジョージはそう言っていたが…
  • #CtWoh.26
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13356 :  2010.02.03 Wed 08:28  

それ言うんなら日本にも
土蜘蛛や鬼とか言う妖怪変化が練り歩いてたけどなw
ただの洪水を天変地異みたいに勘違いするのもよくある話でしょ
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13357 :  2010.02.03 Wed 09:52  科学の場所にでしゃばる無礼をお許しください。

どうやらキリスト教に誤解が生じそうなので、言っておきますが、宗教は信じるものです。納得させるものではありません。そういった意味で、信仰を受け入れない人に持論の押しつけをすることは誉められたことではありません。それは他者への理解と寛容から最も遠いものです。

また、神話や奇跡の物語を信じることでしかキリスト教を信仰できないなら、それは余りに貧弱な信仰だと言わざる終えません。

今、宗教は科学と逆行するように見えますが、かつて中世ヨーロッパ、また世界各地では神の物語を確固たるものとする事によって始まりました。今の、科学に支えられた世界は、神を否定する傾向ににあるように思われます。

何らの信仰無しには人は社会を築けず、ままならない世界が続いたことでしょう。今は科学や様々な学問が社会を支えています。つまり科学を信じること、これもまた信仰です。異なる信仰は容易には受け入れられないでしょう。


しかし、かつてもこれからも、最も重要なのは愛です。父なる神への愛、キリストへの愛、隣人に愛、敵に愛。また他の信仰にも「敵を虐げ押さえつけろ」とは無いはずです。
愛なければ、科学も信仰も血の通わないエゴの押しつけ合いです。
そのことを忘れることこそ、真の冒涜である、と考えています。

長長と、しつこいでしょうが…一人でも「愛と寛容」を持つことを思い出していただければ、と思わずには居られません。
  • #7VsxN01Q
  • キリスト教者 
  • [URL]
  • [Edit]

13358 :  2010.02.03 Wed 10:40  

きもい
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13359 :  2010.02.03 Wed 11:17  

>>13354

>宇宙から飛来した隕石に
>生命体の構成物が付着していたと考えるのが合理的だ

ちゃんと「生命が誕生しやすい環境と、発育しやすい環境というものがあり、地球は後者ではあるが前者を満たす場所ではないから」と言わないと。
まあ現在ではここで言及は止まってしまうんだがな。

>>13337

なあ、思想的に「世はすべて事もなし、どうせみんな大差無い」なのはどうかしてると思うんだ、が、その前に主語を定めろな?ニヒリズム気取るには哲学観が浅すぎる
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13373 :  2010.02.03 Wed 19:20  

>>13354
そんな重力や自転を変えるほどの巨大隕石が墜落したら現存の生物は生存はできんよ。
地軸や軌道までも狂う。
地球がなぜ奇跡の惑星か。自転、地軸傾斜角、太陽との距離、軌道。
これらが絶妙のバランスを保っているから生存可能であって
それほど巨大な隕石が墜落したとしたら
隕石痕もアメリカ沿岸部の比じゃないだろね。

また、太陽光をさえぎり、多量の粉塵が降り注いだとしても
莫大な量の化石燃料は絶対に生成されることはない。
ここの説明が抜け落ちている。

質量保存の法則といっても過去に存在していた生物のほうがはるかに多いし。
カンブリア大爆発の補足説明すらなっていない。

人類分布はアフリカ起源説がもっとも信憑性が高い
が、その先が不明で猿人との関連も証明されていない。
そこをぜひ証明し、説明してもらいたい。

研究室に限らず、どんな状況下でも素材のアミノ酸から生物が自然発生することはない。

隕石飛来説が合理的とはね。
有機体が無酸素状態で何億年かしらんが宇宙空間を超高速で移動し
地球突入時にも燃え尽きないで衝突時のすさまじい超高熱にも耐えうる。
こんなものが存在するものか。すごいな、おまえ。

設計図がなければ製品ができないように。DNAがなければ生物を生み出せない。
単純なバクテリアでさえ百科事典1億ページ分の情報量。
機械よりもはるかに高度で精密な生物のDNA。
進化論ではこれが勝手にできあがってしまったというのだからさぁ驚き。
さっさと証明しろよ。
  • #3NqxkAWg
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13375 :  2010.02.03 Wed 19:45  

隕石にバクテリアがくっついてたってニュースがあった気がするが
それが外来のものか、にわかには信じがたい。
海底噴火口にも高熱に耐えるバクテリアがいたともいうが
上の飛来の過程を考えてもまぁ生存は不可能だろ。
詳しいやつは説明してほしい。
  • #3NqxkAWg
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

13378 :  2010.02.03 Wed 20:35  

こういう馬鹿どもは、どうにかならんものか。

ここは科学サイト。
宗教サイトにでも行ってくれ。
  • #-
  •            
  • [URL]
  • [Edit]

13389 :  2010.02.03 Wed 22:27  

>単純なバクテリアでさえ百科事典1億ページ分の情報量。
機械よりもはるかに高度で精密な生物のDNA。
進化論ではこれが勝手にできあがってしまったというのだからさぁ驚き。

いや…創造論とやらではこれより比べ物にならんほどの
人間もありとあらゆる機械も全宇宙も凌駕した
全能で全知の神さんが試験管振ることもなく
なぜか
最初からいたってんだろ。それに比べりゃ
そんなものなんてことないよ。
  • #CtWoh.26
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身