ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

スポンサーサイト  





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大脳皮質の神経細胞が大人でも新生? 脳再生医療に期待  





 大人になると増えないとされてきた大脳皮質の神経細胞が、成長してからも新しくできることを、国立循環器病センター研究所の柳本広二・脳血管障害研究室長らが発見した。脳卒中などで傷付いた脳を修復する再生医療につながる成果で、25日の米医学誌ストローク電子版に発表する。



 大脳皮質は知覚や思考など脳の高度な機能をつかさどる。柳本室長らは、ラットの脳表面に塩化カリウム溶液を48時間にわたり少しずつ注入。すると脳に微弱な電気的な波が生じ、表層にある星状膠という細胞が一斉に分裂を始め、1-3日後には脳皮質の広範囲に移動。6日後には新たに生まれた若い神経細胞が観察された。

読売新聞
http://osaka.yomiuri.co.jp/science/news/20090925-OYO8T00759.htm





2 :名無しのひみつ:2009/09/25(金) 21:14:22 ID:L/H24dxz
塩化カリウム溶液って、安楽死するときに静注する奴?

10 :名無しのひみつ:2009/09/25(金) 22:35:58 ID:XT2mwxh2
>>2
アメリカで死刑の時に使ってなかったか?



4 :名無しのひみつ:2009/09/25(金) 21:24:59 ID:gbJ7zMFQ
元々備わってるわけじゃなくて、薬品によって再生したりするって話?

5 :名無しのひみつ:2009/09/25(金) 21:33:25 ID:ZuaMQddX
>>4
劇薬で眠っている再生能力を目覚めさせるのか。



6 :名無しのひみつ:2009/09/25(金) 21:33:41 ID:pC50DViE
減る一方とされていた脳神経が、電気的刺激に誘導されて新生するのが分かった。
つまり、後遺症を伴うような脳障害を、治療出来る可能性が出てきたということ。


7 :名無しのひみつ:2009/09/25(金) 21:34:21 ID:fhjrmMAw
もしかして、脳卒中とかだけじゃなくて、馬鹿も治療できるようになるのか?

9 :名無しのひみつ:2009/09/25(金) 22:18:34 ID:sBHF0ePE
>>7
馬鹿は脳回路の問題だろ?容量なんて皆変わらない。
麻薬やって脳が減った人や事故で失った人とかに有効だと思う。



8 :名無しのひみつ:2009/09/25(金) 22:17:13 ID:2v/KEy+I
ということは、可塑性による病気の原因にもなるということだな。


14 :名無しのひみつ:2009/09/25(金) 22:53:38 ID:iRm6ohXU
> 星状膠という細胞

これってアストロサイトのこと?つまりグリア細胞で、これが増えると神経細胞が生まれるわけ?
なんか英語のWIKI読むと昔の知識とは、ずいぶん違うことが書いてあるな…

15 :名無しのひみつ:2009/09/25(金) 23:11:56 ID:Z601+vs6
>>14
神経幹細胞由来のグリアは、受容体が発現していることが知られるようになってからは、それ自身が神経細胞と強調した情報処理機能を担っているらしいと言われ続けてきた。

脳梗塞などで組織が死んだ後、アストロサイトが何かのシグナルを出していて、それが神経細胞の増殖を促しているらしいという話は、実は1993のNHKスペシャル(人体2)でちょこっと触れられていたりする。



16 :名無しのひみつ:2009/09/25(金) 23:22:29 ID:OKIL1hM0
経口ではカリウムは脳に届きますか?

20 :名無しのひみつ:2009/09/25(金) 23:53:26 ID:s0riUnFF
>>16
届くというか、神経伝達物質の一つだから無いと死ぬ。
でも、摂取しすぎるど高カリウム血症になるんじゃね?



17 :名無しのひみつ:2009/09/25(金) 23:42:35 ID:tlBBUit1
馬鹿って脳細胞が足りないから馬鹿なのか?

26 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 01:55:27 ID:lb9sL/me
>>17
たぶん、細胞数より「ネットワーク量」だろうね。
いかにシナプスを形成するか、馬鹿は神経回路が単純なんじゃない?


30 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 07:19:45 ID:y67yi8Tb
>>26
生まれたての子供はシナプスがやたらめったら形成されていて、そこからシナプスを間引いていってまともな計算回路に刈り込むのが普通です。



18 :名無しのひみつ:2009/09/25(金) 23:43:35 ID:FUogASdl
俺頭が悪いんだけど、この技術で賢くなれるかな?

22 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 00:12:17 ID:LI9QgKAl
>>18
血中に塩化カリウム投与すると心停止で死んじまうから、投与経路は少量ずつ脊髄からいれるんだろうけど、賢くなるためにそこまでやるかい?



21 :名無しのひみつ:2009/09/25(金) 23:59:11 ID:XisenD3h
マジかよ?ほんとだったら歴史な発見だよ。


24 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 01:33:33 ID:IzusRrj2
「広範囲に新しい神経回路が出来る=別人になる」ってことだよね?このラットも以前とは別の行動パターンとかになったのかな?それとも新しい神経細胞は使われないまま放置されたとか。


25 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 01:52:20 ID:lb9sL/me
不思議なのは未だに「一度死んだ脳細胞の機能は取り戻せない」的な常識が変わらないことだね。


27 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 02:54:57 ID:IxNU20JT
注射器で培養した脳細胞を欠損部分に注入!みたいなことはでけないの?ダメなの?イヤなの?

28 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 06:44:53 ID:2o6Z6/pC
>>27
ブラックジャックはスプーンで掬って移植していたから、たぶん出来るはず。



29 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 06:53:15 ID:F7d7gNx2
これは脳より、脊椎の損傷部位にできたグリア瘢痕でやると、神経繋がるんじゃね?

31 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 07:20:37 ID:y67yi8Tb
>>29
神経幹細胞があるかどうかが鍵ではないですか?
既に分化したグリアが分裂して、神経細胞になるのは難しい気がしますが…


32 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 07:26:34 ID:F7d7gNx2
>>31
脊椎反射レスはやめれ。



33 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 08:18:25 ID:Eb56ma/M
全然関係ないけど、銀河と銀河の繋がり方の図を見てたら脳細胞の繋がりとソックリ。


35 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 13:39:04 ID:JKeDWDKJ
もし中高年に10代の記憶力と思考力を回復させられるなら画期的だな。
組織の老害問題も一気に解決。

38 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 14:04:03 ID:LBFD/v3S
>>35
肉体の老化は阻止できないから悲惨だぜ?


39 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 14:17:06 ID:hSFwoRF5 ?2BP(1028)
>>35
奴等の10代がどんなだったか知らないのか?



37 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 13:55:34 ID:uBBxzB2X
天才パターンを印刷した硬膜を移植したら、天才になったりして。


38 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 14:04:03 ID:LBFD/v3S
切断された神経系がくっ付くのもこんな感じなのかな?
細胞が破壊されてK放出されて局所的に分裂開始、とか妄想してみる。

42 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 17:44:40 ID:LMFB6auB
>>38
クローンが作れるんだからいけるだろ。



40 :名無しのひみつ:2009/09/26(土) 14:41:55 ID:2fqjd5l0
こんなの結構昔から言われてなかったか?「大脳皮質の」ってところが新しいポイントなのかな。


43 :名無しのひみつ:2009/09/27(日) 01:01:08 ID:sQPifewP
神経細胞を作るだけならiPSでできるだろうけど、機能的なネットワークを作るというのが、たぶん難しい。

この実験でも、神経細胞が死んだというのは麻痺なんかを見れば分かるだろうけど、その後に再生した神経細胞が本当に機能しているのか、つまり、麻痺が治るのか?というのが興味深い。

45 :名無しのひみつ:2009/09/27(日) 01:10:58 ID:/cPjmsVu
>>43
欠けた部分は治るはず、損傷部位の機能を別の部位に代替させることができるんだから、とりあえず発生の過程を追おうぜ。周囲の機能に合わせて回路構築されてるんじゃないかな。


46 :名無しのひみつ:2009/09/27(日) 01:29:04 ID:sQPifewP
>>45
機能の代替はそんなに簡単に起こることじゃないですよ?一度失った神経細胞は、普通は取り戻すことができないから皆困ってる。長嶋茂雄の右手が未だに動かないのも、代替が働かないから。



51 :名無しのひみつ:2009/09/28(月) 21:05:00 ID:n3CoemWM
ボケ老人の判断能力も回復する?


関連エントリー
「かゆみ」感じる脳部位特定 痛みと別のメカニズム
怖い音楽は、目を閉じて聴くともっと怖い? 扁桃体の活動は目を閉じているとき活発に
脳内の「記憶」を映像として撮影することに成功
お年寄りは若い人に比べ、過去がバラ色に見えやすい  米デューク大
関連記事



9774 :  2009.10.01 Thu 12:08  

脳細胞だけ増えたって情報が蓄積しなきゃ馬鹿なまんまだろ
諦めて勉強しろ勉強(´ω`)
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

9775 :  2009.10.01 Thu 12:15  

ざわ・・・・ざわ・・・・
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

9776 :  2009.10.01 Thu 12:23  

大脳新皮質に新生ニューロンがいるって話は結構前からあったはずだが、どこが新しい発見なのか記事からではよく分からん。
塩化カリウムを脱分極刺激として入れて、刺激があるとニューロンの新生が起こるってのがこの話のキモだと論文読まずに予想。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

9777 :  2009.10.01 Thu 12:26  

この技術でカーチャンのアルツハイマーが治療できるようになるといいなあ・・・
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

9778 :  2009.10.01 Thu 12:29  

アカギはアルツハイマーになって、自殺の為に塩化カリウム打ったんだよな…
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

9779 :  2009.10.01 Thu 14:33  

頭蓋骨に蓋付きの穴開けて目薬みたいにぽたぽた注したいな
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

9780 :  2009.10.01 Thu 15:27  

20歳以上になると、脳細胞は減る一方みたいな常識は
少しずつ否定されてきてるみたいだね
記憶を司る海馬は40、50になっても増殖することが確認されてるし

そもそも、「脳細胞が減る=馬鹿になる」という理屈が間違いで
余分な細胞を削ぎ落として最適化しているんだという説も有力になってる
(以上は、池谷裕二の「進化しすぎた脳」の受け売り)

何にせよ、いくつになっても自分の頭がもっと良くなる可能性が
残されてるという事実には希望を感じるな
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

9781 :  2009.10.01 Thu 15:35  

バッファロー理論か
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

9782 :  2009.10.01 Thu 17:09  

再生医療がなければ本当の意味での不老不死も実現しないからな
生きてるうちにそこまで技術が辿り着かないかね
永遠に生きたいとは思わないけど、人の人生はあまりにも短すぎる

  • #-
  • VIPPERな名無しさん 
  • [URL]
  • [Edit]

9784 :  2009.10.01 Thu 18:25  

カリウムはナトリウムチャンネルを破壊するから危険なわけでして。神経回路を截断するサリンみたいなもんだ。
神経細胞が増えてもネットワークの再構成は大変だろうね
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

9785 :  2009.10.01 Thu 18:26  

老いた体で若者のようにはっきりとした意識を持っても逆に悲惨なだよなあ
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

9786 :  2009.10.01 Thu 18:46  

※9785
そこはホレ、サイボーグ技術でなんとか
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

9787 :  2009.10.01 Thu 19:40  

※9784 初めて聞いた。ソースくれ。
塩化カリウム自体は生物の生存に必要な物質だよ。

細胞内は細胞外に比べてカリウムイオンが濃くなるように維持されていて、イオンの濃度差を電気的に釣り合わせるように膜電位が発生する。カリウムイオンが細胞外液に入ると濃度差が小さくなり膜電位が浅くなる(脱分極)。膜電位が閾値を超えて脱分極すると神経or筋は活動電位発生。
血管にカリウム入れるとマズイのは筋活動を適切に制御できなくなるからだと思ったが。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

9788 :  2009.10.01 Thu 20:43  

 こういう技術で老化が抑制され、120歳くらいまで老人が健康を享受できる社会を、おそらくこの板の人々は肯定的には考えないと思う。

 しかし考えてみよう、若さへの嫉妬と虚無感にとらわれた老人が、十数年の溌剌な人生を約束されたらどのような行動をとるか。
 実際にはアンチエイジングではなく、理想的な環境下にあれば全うしたであろう人生と身体機能を取り戻すだけなのだが...。
 癌、三大成人病、難病、精神疾患etc...。私たちも将来、この手の病気に侵され、苦しむかもしれない、しかし完治させる方法も見つかるかもしれない。
 老人病棟へ行くと尊厳ある死など嘘だと理解できる。人間は戦場でも病気でも死ぬべきではない。心優しき人々に看取られ、静かに老衰で死ぬべき生き物だとと常々思う。
  • #-
  • ジャギ様 
  • [URL]
  • [Edit]

9800 :  2009.10.02 Fri 17:00  

義体化技術まだー?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

15099 :  2010.03.24 Wed 10:01  

>>9788

ペリー・ローダンで出てきた、細胞活性装置みたいなのが出来たら
世界は大きく変わるだろうがね・・・。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。