ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

液体水素を燃料に使う世界初の 「予冷ターボジェット」 新エンジン実験成功  





 【大樹】宇宙航空研究開発機構(宇宙機構)は17日、大樹航空宇宙実験場で、液体水素を燃料に使う世界初の「予冷ターボジェットエンジン」開発事業で、エンジンを実際に稼働させるための地上実験を行い、成功した。来年度以降は、エンジンを装着した極超音速実験機を高々度の大気球から投下して、マッハ2の超音速飛行実験に挑む方針だ。(山本哲朗)

e00b.jpg



 同機構はマッハ5の極超音速ジェット機の実用化を目指す。現在のジェット機の実用速度はマッハ3が限界で、これ以上の速度では吸い込んだ空気の熱でエンジンが壊れる。このため同機構は、空気を氷点下253度の液体水素で冷却した上、その液体水素を燃料に使う「予冷ターボジェットエンジン」の開発に取りかかり、昨年は大樹で地上燃焼試験に成功した。

 17日の実験は午前0時から3時間ほど行い、大気球打ち上げ装置に実験機を縦につるし、液体水素に模した液体窒素を注入するなどした。これは大気球に実験機をつるす形になる次の段階の実験を想定したリハーサルで、本番さながらに安全性など確認した。

 来年度以降に大気球を使って行う極超音速飛行実験は、開発中のエンジンを長さ4・6メートルの実験機に装着し、高々度から落下する間にエンジンを始動させて飛行。これにより、音速突破時の衝撃波も地上に届く前に消滅する。大気球を使った超音速飛行実験は例がなく、実験手法が確立すれば日本の航空宇宙開発に寄与するという。同機構宇宙科学研究本部の沢井秀次郎准教授は「実際に大気球で打ち上げるまでの過程を確認できた」と話した。

どうしんウェブ北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/177961.html
http://www.ard.jaxa.jp/res/atc/e00.html



*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




3 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:29:08 ID:wJHIX4OZ
車につけたらどうなるの?

13 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:48:45 ID:StWpEnmv
>>3
よく読め!!現在のジェット機の実用速度はマッハ3が限界で、これ以上の速度では吸い込んだ空気の熱でエンジンが壊れる。


28 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 00:11:40 ID:VQRL+nf7
>>13
そこは微妙に嘘か勘違いだろうな。M3以上に耐えられる機体が難しいだけ。
ジェットエンジンでM3.5なら、30年以上前に達成してる。


29 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 00:16:11 ID:Q+QIeWPe
>>28
軽い機体(外壁が薄い)だから耐えられないだけでは?難しいのではなくて、強度のある機体にすると、燃料効率が下がるってことじゃね?



4 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:31:22 ID:TbzkjBn+
こういう時、JAXA職員の周りにはいつの間にか、フェラの上手い尽くす女が現れるんだよな。
気をつけてくれよな。

5 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:35:59 ID:CDHQrFgW
>>4
ありえる話だから怖い…



6 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:38:23 ID:sK/q+Ood
日本純正の戦闘機開発に一役かったな。


11 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:45:58 ID:RxnV/tT3
次世代コンコルドは、JAXAの技術だっけか。


12 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:46:55 ID:OePSs1xW
どの辺が実験成功なのかよく分かりませんが…地上で気球に吊るしてみたが問題なかったということですか?


15 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:51:26 ID:oqB08NAA
水素燃料のラムジェットエンジンということか。


16 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:52:31 ID:sK/q+Ood
マッハ5なんてどの戦闘機でも撃墜できないだろ?
とうぜん追尾も出来ないし、最強の戦闘機が出来ると思うよ。

32 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 00:21:49 ID:vde42QOg
>>16
ロケットモーターのミサイルには、速度限界がない。
昔から配備されてるミサイルです。

R-37(NATOコードネーム:AA-X-13 Arrow) 飛行速度マッハ6
http://ja.wikipedia.org/wiki/R-37_(ミサイル)



17 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:53:03 ID:6rFLh4DA
スクラムジェットエンジンはどうなったんだ?

35 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 00:32:04 ID:YsAgC0sE
>>17
縁故の大学研究室に予算配分できたし、その結果無理かもってことでこっちもやってるんでない。
しかし、遷音速~超音速での後退翼上のDNS計算もまだできねーのかJAXAは?

エンジンの目途が立っても翼が無きゃ意味無いわけで、自前の数値風洞があるんだからさっさとやれよ。
NASAが10年以上前に既に通った道だぞ。



18 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:55:32 ID:+80zBXj+
実はもう日本は、ジェット機のエンジン技術も世界一なのかも…

19 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:57:03 ID:Jgg4gA3i
>>18
液体水素を燃料に使う技術なら、日本が世界一だろうな。



20 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:57:33 ID:ZbMx/Wwc
宇宙との往還には使えないの?

22 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:59:11 ID:oqB08NAA
>>20
そっちが本目標だろう、液体水素はかさばるんで戦闘機(笑)とかには無理だ。



21 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:58:49 ID:clLtQf4j
戦闘機というか戦略爆撃機用途に使う場合には、普通のジェット燃料じゃないとねぇ。
この技術は主に、宇宙往還機、TSTOの母機に使う予定です。


23 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:59:25 ID:wKEJcU5S
マッハの壁を超えるとき、マッパになるって噂ホントにホント?


24 :名無しのひみつ:2009/07/18(土) 23:59:50 ID:xASNjEwC
空気を加圧すると発熱するんで、どんどん温度が上がって壊れちゃう。だから液体水素で空気を冷やして熱破損を防止し、密度も上げて効率もあげちゃおう。ついでに液体水素は燃料にもしちゃおうってことだろ。


26 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 00:04:49 ID:UG3a8L5k
心神にも応用可。


27 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 00:07:07 ID:3qaZSiLN
LNGが使えれば、より実用度は高くなるんだろうけどねえ。


31 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 00:18:54 ID:oNKnD4XE
マッハ5とは言わんが、マッハ2クラスで戦闘機用として使えるかな?

33 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 00:24:41 ID:K0uBqtEB
>>31
推力がどの程度かだな、どんなにスピードが出ても馬力がないと戦闘機には使えない。


38 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 00:38:34 ID:euyYGHta
>>31
マッハ2ならF-4でも出せる、戦闘機は速ければいいというもんではない。



34 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 00:31:22 ID:w1qX+i3h
液体水素か、よく燃える飛行機が出来そうだな…


39 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 00:56:49 ID:Q+QIeWPe
高度500mぐらいでマッハ2だしたら機体が壊れるだろうな、空気が薄いから出せる速度ってもんだし。


36 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 00:33:47 ID:dWCzXL2O
エンジンが耐えられても、機体が持たないんじゃない?
あと、このエンジンは完全単独での宇宙往還船に改造可能なのかな?

41 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 01:02:47 ID:3qaZSiLN
>>36
予算があれば可能、もうそういう技術的なレベルにたっしている。しかし日本は敗戦国家なので、アメリカが霞んでしまうようなものを作ることが出来ない、という縛りがある。


44 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 01:08:04 ID:dWCzXL2O
>>41
そりゃないだろう…ナノカーボン成型製造とかで日本よりデカイ窯、アメリカでも持ってないし、超合金の精製でも日本って結構トップブランドだし。ただ、原料がないのでそこんとこが弱点ではあるが。

ところで、このエンジンが可能なら、燃料に水素の変わりにウランとか使えないのかな?


45 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 01:10:52 ID:euyYGHta
>>44
ウラン?直接サイクルでも使うのか?w


49 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 01:25:56 ID:3qaZSiLN
>>44
重力制御の仕組みでも解明できないかぎり無理だな。基本的に航空機は、なんらかしらの気体を利用して飛ぶしかないんで大気中は空気を利用、宇宙空間では燃焼ガスを利用。



47 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 01:17:38 ID:dWCzXL2O
んでも、単位面積辺りのエネルギー量が大きい物質って水素以外になにがあるんだろう?

48 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 01:25:36 ID:1dHBcYFh
>>47
面積?体積、あるいは質量あたり、で比較すべきだな。

飛行機やロケットの推進には、エネルギー源と推進剤の2つが必要。通常の飛行機やロケットは、燃料+空気がそのまま両方、エネルギー源と推進剤になる。

ウラン使うなら、ウランがエネルギー源で、別途推進剤が要るね。昔アメリカで、原子力ジェット機とか作ったけど、あまりに危険なので中止した。水素って体積が無駄に大きいので、飛行機には向いてない。巨大なタンク背負う必要があるんだよ。



50 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 01:27:43 ID:eha+NS2M
-253℃まで冷却された液体水素を、単に燃料としてだけでなく、吸入空気を冷却圧縮して酸素反応量を増やすことに使うのがこの技術のキモだよ。

51 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 01:31:41 ID:dWCzXL2O
>>50
酸素反応量を増やすってことは、反作用用の質量を多く取り込める、っていう理解でいいのかな?


56 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 01:39:25 ID:qcPD3cpG
>>51
大筋間違ってはいないと思うが、なんか誤解していそうな気がしてならぬ。



52 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 01:32:54 ID:3qaZSiLN
たしかロケットでも燃料を冷却に使ってるよな。
ノズルスカートの冷却とかに燃料を循環させてなかったかな?

55 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 01:39:02 ID:MjE2N0Rh
>>52
再生冷却。


61 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 01:51:54 ID:3qaZSiLN
>>55
そういやシャトルの打ち上げ映像見て思ったけど、ノズルスカートから出てくるガスは何?


63 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 01:55:42 ID:EeUVRWno
>>61
ガマン汁



54 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 01:35:49 ID:UkxnnG82
重力も論理的にはエネルギーで制御可能だから、予算と人材があればいづれ・・・


57 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 01:42:47 ID:dWCzXL2O
扇風機を投げつけられたから、扇風機に投げつけるっていう発想と同じ方法と使ったんだが。


62 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 01:54:01 ID:EeUVRWno
あ、素朴な疑問だけど、JAXAがジェットエンジンを何に使うの?宇宙にいくの?平和を守るの?

65 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 02:00:47 ID:dWCzXL2O
>>62
将来的には宇宙往還船用の第一ブースターとして使う目的なんだが、それ単体だと予算下りないので、デリバティブとして超超音速ジェット用のエンジンとして設計してみた。


67 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 02:06:32 ID:euyYGHta
>>65
最後の行は要らん、何か勘違いしてないか。



68 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 02:06:52 ID:dWCzXL2O
ところで旅客用として安全ですよと言われてもマッハ5以上で飛ぶ旅客機に乗りたいか?みんな?
なんか朝のガスパール思い出して、嫌な予感がするんだが。

72 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 02:11:54 ID:euyYGHta
>>68
安心汁。コンコルドはとっくに引退した。
このエンジンだって旅客機になんか使うアホはいない、元が取れん。



73 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 02:15:45 ID:3qaZSiLN
マッハ5以上の航空機となると、剥がれない耐熱タイルのようなもので機体を構成するしかないだろうな。
まあ、元取れないわな。

77 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 02:40:26 ID:vde42QOg
>>73
耐熱設計のために大型なのに座席が20しかないらしい。


75 :名無しのひみつ:2009/07/19(日) 02:24:34 ID:dWCzXL2O
>>73
熱圏スレスレくらいならそんなこともないんじゃないか?
いや、そんな高さで飛んだことないから、よく分からんのだが…






レーザーを集光して、ガソリンエンジンを着火に成功 明星大
石油、石炭もういらない!? マグネシウム・エネルギー社会
道産ロケット「カムイ」 初の事業化で打ち上げへ エンジン部品の性能試験
航空機にロケットを取り付けて、上空で衛星を打ち上げる「空中発射」とは?
関連記事



7696 :  2009.07.19 Sun 14:28  

JAXAって防衛省管轄になってくれないかな・・・
他国への流出がすごく心配
とくに近隣
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7697 :  2009.07.19 Sun 14:44  

昔、ターボ車のインタークーラーのフィンにフロンガスを吹き付ける装置つけて吸気温度をガンガン下げる改造してた奴がいたな
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7698 :  2009.07.19 Sun 14:44  

はやそうだけど、
やっぱりバードストライクで堕ちるんですか?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7699 :  2009.07.19 Sun 15:03  

ジェットエンジンって言葉が誤解を産んでるなw
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7700 :  2009.07.19 Sun 15:10  

7698 <逆にその条件で堕ちないジェットエンジンがあれば教えて欲しい
  • #Jls67mN6
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7701 :  2009.07.19 Sun 16:17  

水素燃料ののターボジェットって言葉そのままじゃん
なんでラムジェットやら複雑に誤解するかね
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7702 :  2009.07.19 Sun 16:35  

ひっしで作って
あっさり盗られる

('A`)
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7703 :  2009.07.19 Sun 16:43  

開発しても使いこなす予算が無い
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7704 :  2009.07.19 Sun 17:14  

図がRPGに見えた
  • #-
  • VIPPERな名無しさん 
  • [URL]
  • [Edit]

7706 :  2009.07.19 Sun 17:37  

※7696
防衛省のオープンさ加減舐めんなよwwww
日本の極秘資料なんか韓国あたりにとっちゃ作戦立てる上での大前提だろうよwwww

7707 :  2009.07.19 Sun 18:12  

コアエンジンの燃焼排気を酸素リッチな状態に保って
更にラム燃焼室って奴に燃料を噴射して燃やすのか?
なんだかアフターバーナー付きのターボジェットに似た構造だな。

そうすると水素で余冷する技術はむしろ
後付け的な何かに見えてしまう…
  • #-
  • 蒸発した名無し 
  • [URL]
  • [Edit]

7709 :  2009.07.19 Sun 19:48  

※7704
俺も図がRPGに見えたわww
  • #-
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

7710 :  2009.07.19 Sun 20:31   

速度が出るのはいいと思うんだけど
人体が耐えれるのか?
中身とか出たりしないんだろうか・・・
  • #aIcUnOeo
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

7711 :  2009.07.19 Sun 21:35  

*7709はレベルが上がった
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7713 :  2009.07.19 Sun 23:04  

>7710
エーテル流がどうしたって?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7714 :  2009.07.19 Sun 23:28  

水素燃焼の発生熱量って純粋酸素じゃなくて空気と燃焼させた場合って、1mol辺りガソリンの1/3とかじゃなかったっけ?
何か効率悪いんじゃね? とかいう感想を持った記憶があるんだが……
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7715 :  2009.07.20 Mon 01:35  

>>39
機体はともかく地上が地獄になりそう
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7730 :  2009.07.20 Mon 17:43  

実験では、水素の見立てた窒素で代用と書いていたが・・・。
実際の水素を圧縮した圧力に耐える(しかも、摩擦熱による膨張を防ぐための断熱もしなければならない)ようなタンクを付けるのは、現行の方法と比較してどうなの
戦闘機では、マッハ5で旋回とかしたらパイロットがもたないのでは?
直線飛行での使用しかできなから、宇宙用なのでは?
2016年にステーションを破壊するというし、宇宙開発そのものの意味も薄れつつあるような・・・。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7741 :  2009.07.21 Tue 00:04  

※7714
カロリーを何で割るかによってずいぶん意味が変わる。(molだったり、kgだったり)
後ロケットエンジンに関してはどれだけガスを高速で後ろに押し出すことができるかというのも重要で、水素を燃やす方法だと効率がよくなる。

…具体的には持っていく燃料が10分の1にすむとかなんとか。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7802 :  2009.07.22 Wed 13:17  

M5の戦闘機は微妙だな。直線野郎にしかなれない気がするぜ。
方向転換したら中の人がミンチになりかけるんじゃないかと。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身