ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

海中での長距離水平通信実験に成功  





海洋開発を進める上で難題の一つになっていた水平方向での長距離水中音響通信を精度よく可能にする実証実験に、海洋研究開発機構の研究チームが成功した。

志村拓也・技術研究主任らが用いた手法は、位相共役通信と呼ばれるもので、時間を反転した信号を発信するところがポイント。録画したビデオ映像を逆再生すると時間が反転した映像が見られるのに似た、音響の時間反転信号を利用することで、反射波や屈折波など邪魔になる信号を巧みに消してしまうことができる。

実証実験では、伊豆小笠原海域で海洋調査船「かいよう」から4,000メートルの深さに送信装置を降ろし、300キロ離れた受波器アレイに向けて水平方向に信号を発信した。通常では数百キロ離れると海底や海面で反射する波や、海洋中が一様でないために屈折して来る波が相手に届けたい直接波に重なって受信され、データの区別がつかなくなってしまう問題があった。

しかし、実験の結果、反射波や屈折波が集まって元の波面が再現される形となり、容易にデータの識別ができ、精度よい通信が可能になることが確かめられた。

将来、海洋探査などで活躍する自律型無人探査機のリモートコントロールにこの通信法を利用できるようさらに遠距離での通信試験を進めたい、と海洋研究開発機構は言っている。

SciencePortal
http://scienceportal.jp/news/daily/0906/0906161.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 18:45:28 ID:LmO0MW/3
なんだかとっても凄いから、米帝とか中共に盗られませぬように。

5 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 18:51:34 ID:S6CKU292
>2
なにげに海洋開発機構の持っているものは結構凄いものがある、例えば「うらしま」とかは完全自立航法で300km走る、深度も3500m

これを魚雷のように使えば、300kmはなれた敵を潜水艦も防げない深海を通って攻撃できる。



4 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 18:48:44 ID:zZMbS9VX
水ケーブルの歓声?


6 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 18:55:04 ID:LXGqfxn/
300Km先へ送る場合の通信速度はどのくらいなんだろ?

7 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 19:00:40 ID:JmecPegS
>>6
海中だとマッハ5だから1.8km/s 直進じゃなくて反射等あるだろうから…
300km先まで200秒くらいかかるかな。



8 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 19:07:15 ID:w2IpzPlH
戦略原潜用とするなら、せめて数千キロ通信可能じゃないとな…


9 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 19:09:33 ID:imctq2DK
軍用にしたら凄いな。


10 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 19:23:31 ID:Ren8DP1J
位相共役と時間反転の違いについて教えてくれ。


11 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 19:24:00 ID:w2IpzPlH
しかしまあ、軍事用に転用されるネタを、バカ正直に発表してもらってもな…
日本の法整備が遅れていることと、特殊法人の悪いとこが出たな。


12 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 19:24:13 ID:MPgmBzo5
これ魚雷の誘導に使えるんじゃね?有線誘導要らなくなる。


13 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 19:31:23 ID:uNAmcGPp
海の中が喧しくなる。


14 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 19:33:03 ID:Ren8DP1J
送信信号 → 伝達関数 → 受信信号。これはあたりまえ。
送信信号 → 伝達関数の逆処理 → 伝達関数 → 受信信号。ウマ。
そのことを言っているのかな?

伝達関数は、分からないのが普通。しかしそれを知る方法はある。
その辺なのかな。あんまり言うと…あっ、誰かgyhujiko

18 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 20:12:24 ID:f65ieHo8
携帯電話にも使ってみたくなる。

>>14
現在の携帯電話
送信信号 → 伝達関数 →伝達関数の逆関数をDSPで推定 → 受信信号

位相共役だと 
相手からの送信信号 → 伝達関数 → 受信 → 時間反転波作成
0を返信したい時は、時間反転した0信号を相手に返信
1を返信したい時は、時間反転した1信号を相手に返信
あとは、位相共役波の性質により相手側にクリアな信号が届く

なんじゃないかと思う。


19 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 20:14:52 ID:f65ieHo8
位相共役波の性質により、逆関数の推定が不要になり高価なハード不要に。
既存携帯チップメーカがヤバイことになったりしてw



15 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 19:39:20 ID:7cIUutay
もちろん軍事利用も進めますからね。


17 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 20:08:02 ID:UbsdO7C5
やはり軍事利用か。
潜水艦に装備だな、情報公開しないほうがいいな。


20 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 21:49:29 ID:Mz1GJl6u
またクジライジメか。食うだけじゃ足りんのか。


21 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 22:18:01 ID:dfaiKG+O
超光速長距離通信に成功したと聞いて…
関連記事



7109 :  2009.06.27 Sat 21:38  

ここが一日で記事二つって珍しいな
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7128 :  2009.06.28 Sun 18:37  

無人潜水艇の技術の促進だな
でも水中音波通信だからめちゃくちゃdB高いやつ飛ばすんだろうな
微細な音波でも長距離通信できる技術を作れよ
クジラの耳がいかれる
オーストラリアやアメリカみたいにクジラ殺しまくるなよ
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身