ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

スポンサーサイト  





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーザー核融合「衝撃点火」 実証に成功  





 大阪大学の村上匡且(まさかつ)准教授、疇地(あぜち)宏レーザーエネルギー学研究センター長らと浜松ホトニクス、ロシア、米国などの国際共同研究グループは16日、レーザー核融合の新たな点火方式である「衝撃点火」の実験で、中性子を100倍増幅させることに成功したと発表した。未来のエネルギー源といわれるレーザー核融合による発電を、衝撃点火で実現する道を開いた。19日付の米物理学誌フィジカル・レビュー・レターズに掲載される。

 衝撃点火は重水素と三重水素の入った球状の微小カプセルを複数のレーザー光で圧縮し、これに秒速1000キロメートル以上に加速した燃料小片をタイミングよくぶつけて点火させる仕組み。欧米で主流の点火方式に比べ10分の1のエネルギーで核融合反応を起こせるなどの利点がある。

日刊工業新聞
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0620090617eaai.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 17:30:07 ID:n1fhSDEY
まだイオン加速器のほうがいいじゃね?


3 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 17:33:00 ID:GnkxBK4R
あれ?衝撃点火実験できるような装置、もうできてたのか。
何にせよ凄いな。


5 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 17:36:38 ID:9p/NF0Pn
ちゃんと研究進んでるな。


6 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 17:36:48 ID:Z16NZIqM
核融合スレと、スパコンスレは荒れる…


11 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 18:01:05 ID:NuTXakS5
> 村上匡且(まさかつ)准教授、疇地(あぜち)宏
変わった名前だな。

15 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 18:48:02 ID:Zy7PGL++
>>11
愛知県によくある苗字のようだ>疇地



13 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 18:15:21 ID:LmO0MW/3
あとは研究者10人ぐらいが、ハリセンでタイミング良くターゲットを叩けば核融合ですね。

40 :名無しのひみつ:2009/06/20(土) 22:00:02 ID:e3YJZT8D
>>13
原理的にはそれも不可能じゃ無いんじゃね?全ての衝撃が完璧に同タイミングで集約されれば…


41 :名無しのひみつ:2009/06/20(土) 22:36:18 ID:/sapHEFy
>>40
大昔は重水素を吸蔵させた金属ターゲットを、銃で撃って核融合反応を起こす実験とかやってたな。



16 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 18:48:33 ID:mexEJ6NU
浜ホトはなんで絡んでるんだ、レーザー用光学材料関係か?

35 :名無しのひみつ:2009/06/19(金) 15:23:36 ID:K5XZAzjZ
>>16
計測器じゃないかな?ストリークカメラとか。NIFだってハマホトとホヤガラスの協力があったからね。



18 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 19:49:14 ID:XuJu7Syf
またいつもの人が来るかな?

19 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 21:11:27 ID:mexEJ6NU
>>18
いつもの人って、レーザー方式絶対主義のキチガイか?w
そのうち来るだろ。10時半頃には。



21 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 22:21:34 ID:3JJAPHnV
何に対して100倍増幅したんだ?

22 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 23:34:08 ID:rgIdfzcj
>>21
以前の方法に対してだろ。


23 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 00:15:28 ID:yLbCO4ek
>>21
当社比。



24 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 03:42:23 ID:oTtnxcL+
衝撃点火方式というのは、高速点火方式より新しい核融合点火方式だよ、阪大が発明した。
最終的にこれが核融合の決定打になるかもね。


25 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 09:01:34 ID:vUUpdMMl
何にせよ十倍は凄いね、核融合炉から電気を取り出す仕組みが今一想像できないけど。

27 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 10:02:23 ID:hi0tPLsJ
>>25
核融合で発生する熱でお湯を沸かしてタービン回す、火力や原子力と同じ。


37 :名無しのひみつ:2009/06/19(金) 16:46:14 ID:YoyA1dTQ
>>27
磁場の構想でも同じような感じだったような、炉容器内壁付近に流体(水か液体金属)を循環させて、高温になって出てくる、流体で(or熱交換させた二次循環系で)タービン回すということなのだろうけど、それってホントに成り立つのかいな?とずっと思ってる。

生じるエネルギーの大部分は構造物(炉容器内壁)へのダメージに変わってしまうんじゃなかろうかと思う、まず内壁に当たるし。

ブラッグピークみたいに流体に都合良くエネルギーデポジットを集中させたりするんじゃろうか。


90 :名無しのひみつ:2009/06/22(月) 12:20:40 ID:WywhXelL
>>27
どんな超科学でも「お湯+タービン」は必須なのか。
北斗の拳みたいに、たくさんの人間の力でタービンを回せないもんかね。



26 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 09:48:45 ID:oy2hg9pf
臨界まであとどれぐらいなの?この技術の延長上で実現可能なの?
それとも、未来のテクノロジーによるブレイクスルーが必要?


28 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 10:29:55 ID:oTtnxcL+
2010年に行うNIFの核融合は高速点火方式、衝撃点火方式の有効性が証明されればNIFは死亡。

49 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 08:35:04 ID:5xjt8po7
>>28
高速点火の設備があれば、衝撃点火にもすぐ対応できるよ。


54 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 12:33:53 ID:JAFCV1QC
>>49
できない、アメリカ人は衝撃点火の正確な理論を知らないと思う、阪大にしか理論はないね。


57 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 13:55:10 ID:bZs9sXDG
>>54
ポカーン…


61 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 14:55:34 ID:JAFCV1QC
>>57
紙に書いてある論文を読めば、それを再現できるってものじゃないでしょう?衝撃点火方式の理論的蓄積が、現時点で阪大にしかないというのは事実だと思うよ。


62 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 16:00:18 ID:5xjt8po7
>>61
まずまだ阪大チームだってそこまで正確な理論なんてもの持ってないと思う。“衝撃点火”に応じた数値計算で高速点火加熱を上回るという、定性的な結果を得て、実験で同様の結果を得たということじゃないの?(まだ件のPRLの記事読んでないから自信ないけど)

恐らくPRLの記事には実験条件それなりに詳しく書いてあるはずだよ、追証実験ができるように。
それが“学術研究”の成果発表ってものだから。

この成果はすごいけど、日本(阪大)チームとしての優位を約束するものじゃないよ。これが有望なら間違いなく他の高速点火設備でも実験される。計算・実験から、恐らく阪大チームより強力に、最適化されていくんじゃないかな。(組織・予算・設備、、マスパワーで海外のチームにやっぱり劣ってる)

日本の設備で世界初の点火!とか期待しないほうがいい、きっとそれはNIFだ。中の人も今後十年以内に阪大で点火できると考えてない、点火はFIREX-II以降だ。ただ、今回のように要素要素のブレイクスルーを編み出したり、日本人が海外の実験に参加したりして、業績に食い込んでいくことはできる、ってかビッグサイエンスてそんなもんだ。


63 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 16:35:55 ID:JAFCV1QC
>>62
NIFが核融合に『点火』したところで、その核融合がすぐに止まるんじゃ意味ないわな。それに、こういうものにはマンパワーがいくらあってもしょうがない、技術がなきゃ。


64 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 17:05:34 ID:bZs9sXDG
>>61
阪大でも、ようやく実験にこぎ着けただけなのにか?


65 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 17:25:33 ID:JAFCV1QC
>>64
今のアメリカに、衝撃点火方式の専門家が1人でもいるのか?衝撃点火方式の重要性を政府に訴えて、NIFの実験を衝撃点火方式に方向転換させられるロビー活動をできる熱意を持った人がいるの?

組織なんてものは、世界のどこかで優れた理論が発見されれば自動的に現在のやり方を放棄するなんてことはしないよ。

アメリカは、もうしばらく阪大の研究を横目に見ながら従来の研究を続けるかも知れん。でもそれが何年かすると直ぐには追いつけない差になってくるんだろう。


66 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 18:02:11 ID:5xjt8po7
>>65
NIFに高速点火設備(追加熱レーザー)が既にあるのかは知らないけど(NIFは中心点火を前面に出してる、水爆の爆縮研究メインだからか?)既に設備持ってる所(オメガEP/ロチェスター大)とかは、高速点火用ペレットに少し変更(でも作るの大変、たぶん手作りw)加えたらすぐできると思うよ。

確かに研究計画とかマシンスケジュールとかあるけども、PRLに載るような、こんなに面白いもの、絶対にすぐに追いかけてくる。それぐらいの裁量は研究者に与えられている。

高速点火との実験環境の差異はそんなに大きくない、でも顕著な結果を出した。目から鱗、いわれてみれば合理的で、概念・実現手法がシンプルな所も、(重ね重ねPRL読んでないけどw ただ報道記事程度の内容でも結果が納得できる)この研究の素晴らしさだと思う。

あと俺が>>62で言いたかったマスパワーは、数字の力だ。マンパワーも含むけど、組織規模・人員、装置性能、予算。全て数字、つまるところお金だ。俺はこの分野で、日本の研究者のソフトパワーが劣ってるなんて絶対思わない。


67 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 18:31:43 ID:bZs9sXDG
>>65
お前、>>54に自分で書いたことを忘れたのか。

> アメリカ人は衝撃点火の正確な理論を知らないと思う。
それが、ロビー活動をする専門家?何を言ってるんだ?


68 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 20:52:10 ID:ErrhQZtY
>>54
ICFの研究者で理論を知らない人間なんていないだろ、初学者の学生ならともかく。多分実験ノウハウとか装置ノウハウのことを言いたいんだろうけど、そんなのはつい今し方実験を始めたばかりの阪大でも似たり寄ったりだし。


69 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 21:51:01 ID:JAFCV1QC
>>68
衝撃点火方式は、阪大が2000年代に発明した極めて新しい理論。


73 :名無しのひみつ:2009/06/22(月) 02:24:26 ID:ctmv4319
>>69
9年前で自分の研究分野の有名な話題を知らない研究者がいるとか、どんだけアンテナ低いんだよ。
そんなアホが、競争の激しいアメリカで研究者やってるかよw


75 :名無しのひみつ:2009/06/22(月) 02:37:41 ID:Qzb39pqQ
>>73
これが日本で生まれた理論だからだよ。
日本では注目されている理論だけど、アメリカでも同じだとは限らない。


77 :名無しのひみつ:2009/06/22(月) 02:53:08 ID:ctmv4319
>>75
は?ICFの世界なんて超狭い村なんだから頻繁に交流もあるし、国際会議でもほぼリアルタイムで発表されてますが?おまけに今回の>>1の元ネタなんてPRLじゃねーか、知らないわけ無いだろ。



29 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 11:08:51 ID:C1WdnaZV
ヘリウムでは核融合できないのか。

30 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 11:34:57 ID:OxypISQn
>>29
DやTよりHeのが貴重な希ガス。


31 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 12:44:14 ID:C4g4cUSu
>>30
4HeならTの方がよほど貴重だと思うぞ。

貴重度、こんなとこか?
3He>T>>>4He>D>>>>H



42 :名無しのひみつ:2009/06/20(土) 22:41:06 ID:j5sfcT0C
「地上の太陽」へ第3の道=レーザー核融合「衝撃点火」-実証に成功・大阪大
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009062000197


44 :名無しのひみつ:2009/06/20(土) 22:44:24 ID:4SvLlSmA
> 秒速1000キロメートル以上に加速した燃料小片をタイミングよくぶつけて点火させる
どこのオーバーテクノロジーだよ。


46 :名無しのひみつ:2009/06/20(土) 23:31:09 ID:yOLUf3Q5
ペレットを連続で正確に撃ち込み続けるには、まだまだ高い壁があるな。


49 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 08:35:04 ID:5xjt8po7
> 核融合反応で発生した中性子の数は従来方式の100倍に増幅し、衝撃点火の概念が実証

・爆縮レーザー
・爆縮レーザー+追加熱レーザー(インパクター生成)
で前者に対して後者が中性子発生量が100倍ってことだろな、たぶん。

ちゃんと書くべきってか、わざと暈してる気がする。
高速点火と比べたらどの程度多いのだろ?


50 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 08:40:55 ID:UFQBkOO6
これ凄くね?もう入力電力より出力電力の方がでかくなりそうな。

51 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 09:51:54 ID:b+RFx+wZ
>>50
中性子100倍といっても、元のレベルがわからんからな。レーザーの所要電力と、その100倍になった中性子のエネルギーの比がどれくらいなのか分からんと。



52 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 11:00:36 ID:8uZg9NqE
だから商業発電は最初から無理だよ、アメリカが力を入れているのは核兵器開発のため。

53 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 12:22:10 ID:244yVDc+
>>52
これ以上強い核なんか作ったって、しょうがないだろ。



56 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 13:08:46 ID:7cTJBuOZ
やっぱ、どう贔屓目に考えてもレーザー(慣性)核融合だな。磁場が「その他方式」になりました。
スタートは変わらなくても、磁場で「100倍に増幅!」ってのをとんとみないし。


58 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 14:19:15 ID:vRLNVNMI
核融合って人間が追求し始めてまだ30年ぐらいだろ?案外簡単なんだな。

60 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 14:43:01 ID:6mfKzL+d
>>58
俺の餓鬼の頃の読んでた書物によると、もう核融合炉が実現してるはずなんだがw
そんなに簡単じゃないでしょ、商業利用への道は…



59 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 14:30:37 ID:AlsRXfG/
聞いた話だと、2010年頃高速点火方式で核融合がおこるはずだったんだって。

70 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 22:33:29 ID:b+RFx+wZ
>>59
起こっているという意味ではもう今でも起こっているだろ。
臨界、もしくは臨界を達成する見込みの結果が出るかどうかが問題。



72 :名無しのひみつ:2009/06/22(月) 02:14:16 ID:Qzb39pqQ
アメリカとアメリカに追従した国で衝撃点火が発明されず、NIFのような大規模なレーザー核融合施設を建設しようとしなかった。日本で衝撃点火の理論が生まれたことは偶然じゃない。

レーザー核融合はまだまだ理論を練るべきときだったんだ。手柄を急ぎすぎて莫大な予算を『建設』にあてちゃったから新しい理論が生まれなかったんだよ。

78 :名無しのひみつ:2009/06/22(月) 03:17:08 ID:uYOCIeC5
>>72
高速点火に必要不可欠なチャープパルス増幅法はアメリカの教授が発表だぞ?その理論で実現が可能になったレーザーによる高速点火の発表(論文発表ね)もアメリカの研究所。

日本の教授の学内発表会の「こんなのできたらいいね!」的な高速点火の発表の方が速いが、あんなの科学論文でもなんでもないし、ドライバーもないときの絵空事的なもの。

高速点火の基礎理論はすべてアメリカベースです。実験での優位性が阪大に”あった(過去形)”のは認める。衝撃点火は日本の教授が理論も実験も出してるが、それもどうなることやら。なにせ予算が桁違いですからね。予算規模が3桁、4桁違うのを挽回できるとは思えん。


91 :名無しのひみつ:2009/06/22(月) 12:30:05 ID:Qzb39pqQ
>>78
俺は高速点火の話はしてないし。衝撃点火の話をしている。今のアメリカは、高速点火によるレーザー核融合炉の建設にエネルギーを費やしてしまったから衝撃点火の理論を生み出すことができなかったといっている。何か間違っているか?



79 :名無しのひみつ:2009/06/22(月) 03:52:29 ID:Mn9PVxtQ
やっぱり、PRL投稿の前にNature、Scienceに挑戦したのかな?高速点火はNatureに掲載されたけど。


80 :名無しのひみつ:2009/06/22(月) 04:25:30 ID:uYOCIeC5
なんにせよ、圧縮のためのビームは必要なわけで、その大規模設備を持ってるアメリカは強いな。

日本は国力の1/3もつかってない、レーザー方式への研究投資は1/10以下だろ?10/10にしても今からアメリカに勝てるかも分からんのに1/10のままじゃな…9/10使ってる磁場は何やってんのかと。

84 :名無しのひみつ:2009/06/22(月) 10:48:44 ID:eQbTL+Yc
>>80
アメリカと日本は、国家として目指すところが違うからな。アメリカは覇権を維持しようとするためだけに核融合を利用しようとしてるのに対して、日本は核融合できなくても原子力で代替するつもりだろ。


89 :名無しのひみつ:2009/06/22(月) 11:32:09 ID:0pbdnkqF
>>84
覇権維持っつーか、核戦力の維持という側面が大きいからな>NIF
間接照射を中心にするのもそのせいだし。



81 :名無しのひみつ:2009/06/22(月) 04:38:41 ID:uYOCIeC5
2009年3月時点の世界各国事情 設備・計画がわかる。

NIFが10年 LMNが13年 P22 P23
http://www-jt60.naka.jaea.go.jp/wakate/pdf/wakate_12/0317-a2_NakamuraVG.pdf


83 :名無しのひみつ:2009/06/22(月) 04:53:56 ID:uYOCIeC5
サテライトトカマク(JT‐60SA)の製作が本格化
http://www.jspf.or.jp/Journal/PDF_JSPF/jspf2009_03/jspf2009_03-133.pdf

さすが日本で主流の磁場は、お金がたくさんでますね。


85 :名無しのひみつ:2009/06/22(月) 11:03:12 ID:hTkYSAlf
核融合で覇権維持できるの?核燃料売ってビジネスにしようってのは聞くけど…
まぁ、最初に開発して特許でもとればいいだろうけど。

88 :名無しのひみつ:2009/06/22(月) 11:17:56 ID:eQbTL+Yc
>>85
アメリカが中東でイスラエル使って石油の利権を確保してるのは、アメリカの覇権政策の主要な要素じゃないか。エネルギーと食料を制するものが世界を制すがアメリカの覇権政策の主要な項目の一つだったはず。

中東で徐々にアメリカの存在感が落ちてきたから、核融合に国力を注いだのでは?

関連記事



7041 :  2009.06.24 Wed 12:55  

サイサリスのアトミックバズーカができるようになったな。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7043 :  2009.06.24 Wed 13:06  

なるほど、日本の研究チームが実働段階に入るまで先行していくのを期待して待ってればいいのか。
  • #F93Lpuzw
  • 知の 
  • [URL]
  • [Edit]

7044 :  2009.06.24 Wed 13:10  

それにしても熱で水蒸気出してタービン回すというのは変わらないのなw
なんつーか原始的だがこれが一番効率よいのかね
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7045 :  2009.06.24 Wed 13:15  

何気にすごい話だな。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7047 :  2009.06.24 Wed 14:48  

最先端の学問領域においてもアホらしい学閥や権利・利権争いはついてまわるというのが良く分かるスレ。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7048 :  2009.06.24 Wed 15:55  

実用成功したらダメリカが貿易ちらつかせながら技術ふんだくりに来る
  • #YhxRTNrk
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7049 :  2009.06.24 Wed 15:57  

核融合はタービン方式の他に、プラズマから直接電気を取り出す方式も考えられてるぜ。プラズマからどうやって効率よく取り出すかは知らないけどね・・。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7060 :  2009.06.24 Wed 19:45  

産業スパイに気をつけろ。
あと日本ごと乗っ盗られないように気をつけろ。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7061 :  2009.06.24 Wed 20:23  

ITERってプロジェクトはだいぶ進んでるんだが。
  • #qhSJh0z2
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7065 :  2009.06.25 Thu 02:15  

プラズマから電気を直接取り出すってのは雷から電気を取り出すのと同義
今のところプラズマ熱に耐える素材は存在しないし
電磁誘導で極一部の電荷を移動させるにも電子一個分の穴のある核融合を圧さえることのできる磁場の殻を作れるほどの技術もまだ完成してない
  • #-
  • 創造力有る名無しさん 
  • [URL]
  • [Edit]

7074 :  2009.06.25 Thu 18:25  

発電にタービン使うのそろそろやめられないのかね
どう考えても二度手間なきがするんだよ
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7080 :  2009.06.25 Thu 22:40  

これだけ技術が進んでも最終的に電気にするのが手でモーターをぐるぐる回すのと同じ方法ってのがな……
そういえばスターゲイトのナクアダジェネレーターも内部で蒸気を発生させてモーターぐるぐるだった
ここをなんか新しい技術に置き換えればものすごい効率化になりそうな気がする
  • #JRF4jLPA
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

Trackback

http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/tb.php/557-b5db3f99

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。