ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

文化はDNAに組み込まれている? 「隔離された鳥の歌」 実験  





キンカチョウ(英名はZebra Finch)は、通常はその複雑な求愛の歌を父親から習う。しかし独力でも、わずか数世代を経るだけで、自発的に発展させて同じ歌を歌うようになることがわかった。

2009061623-1_convert_20090618101043.jpg



オスのキンカチョウは通常、その複雑な求愛の歌(MP3)を、父親や親戚のオスから習う。歌の手本となる者が周囲にいない場合は、従来の歌からかけ離れた、メスのキンカチョウにとって耳障りな歌になってしまう(MP3)。つまり、どの鳥たちも父親や親戚のオスから習わなければならないわけだが、遡っていくと、いちばん最初の歌はどこから生まれたのだろうか。これは、古典的な「卵が先か鶏が先か」という問題だ。

ニューヨークのCold Spring Harbor Laboratoryに在籍し、『Nature』オンライン版(5月3日付け)で発表された研究の共同執筆者であるPartha Mitra氏は、「今回の研究のケースでは、文化は、かなりの部分がゲノムに組み込まれていることがわかった」と述べる。

Mitra氏の研究チームは、隔離された鳥が独自の集団を作ったときに何が起きるかを突き止めようとした。予想されたとおり、防音装置を施した箱の中で育てられた鳥たちは、耳障りな歌を歌うようになった。

続いて研究チームは、この隔離された鳥たちに、新しく孵化した幼鳥に対する「歌の教育」を行なわせた。その結果明らかになったのは、幼鳥たちが真似た歌は、少し調整が加えられて、野生の状態で聞かれる歌に近い形になっていたということだった。これらの幼鳥たちが成長して教える側になったとき、学ぶ側の鳥たちの歌でも引き続き同じことが起きた。少し調整されたのだ。

***

鳥が歌を社会的な交流を通じて伝えるのは、人間が言語や踊り、料理などの文化的要素に関して行なう方法と同じだ。鳥と人間はたどってきた進化の経路が明らかに異なるとはいえ、鳥の鳴き声の文化は、人間の文化の理論を知る手がかりになるだろう。

世界にはおよそ6000の異なる言語があるが、そのすべてが、何らかの構造的・構文的要素を共有している。言語が自発的に発生するときでさえ(1970年代にニカラグアの聾学校の生徒たちの間で、こういった発生が起きている)、このような人間の言語の特徴を踏襲しているのだ。

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200906/2009061623.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 05:06:57 ID:R44fozpS
なるほど、半島人もやはり…すっげー納得した。

30 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 16:27:20 ID:UjtPR/bA
スレタイ見て勇んできたら、>>2で終わらすなや。



6 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 05:31:00 ID:eZCFuBLc
強姦するかの文化も二世三世を経て…


8 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 06:24:14 ID:xZj6Wcz6
1匹だけで隔離して育てたのに、どうして2代目3代目が産まれるんだよ?プラナリアかよ。

39 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 20:12:13 ID:84jrhaCV
>>8
繁殖相手を隔離ケージに連れてきたんだろ。



9 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 06:32:54 ID:JPdhdBY1
ジャイアンのリサイタルに付き合わされた奴らは、それによって歌の才能が鍛えられてるって事?


11 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 07:22:12 ID:tPWnxLrS
我々は文化を取り戻した!


13 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 07:54:56 ID:pif6M3QS
生きてる動物が飯食うのと、同レベルの行動だって事だろ?数世代餌付けしようが野生に帰れば生き残った連中は父祖と同じ行動様式でえさ食うよ。そういうのは文化って言わないわけだが…


15 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 08:23:09 ID:m/0pyVaq
声帯の遺伝的な癖…かな?


16 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 08:45:39 ID:tCbwt8/b
鳥の詩は杉田かおるより、西田敏行が歌った方が好きだ。

41 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 20:36:58 ID:olG8dBs7
>>16
鳥の詩ならLiaだろ、西田敏行ってなんだよ。



18 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 08:49:04 ID:ns5S2Vde
生物に自由意志なんてないんだろ?勝手に決められたことを、自我と思い込んでるだけなんだよな。


20 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 10:19:36 ID:RL/SPybt
解剖学的な進化は痕跡が残るから判りやすいけどけど、行動様式の方はよく分からねえしな…


22 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 10:40:33 ID:EYY+btp0
> 鳥の鳴き声の文化は、人間の文化の理論を知る手がかりになるだろう。
なんと力強い言葉だ!かの事象を説明してあまりある。


23 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 13:48:23 ID:FTxi7zFt
歌わせているのはDNAではなくて、集合的無意識に決まってるだろ。


25 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 14:49:44 ID:7NuoHxpb
歌はヒトには文化だが、鳥たちには文化ではない。もとからDNAに組まれており、それが発現しただけではないか?もちろん、親鳥の歌があればより早く高度に歌えるようになるだろう。


26 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 15:20:42 ID:sbbOdRz+
おまえらスティーブン・ピンカーも読んだこと無いだろ?言語活動は本能に根ざしているんだよ。

27 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 15:50:08 ID:svjp66bk
>>26
ピンカーとこの記事の関連は?馬鹿なの?死ぬの?


31 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 17:10:55 ID:hQ7DT4oq
>>26
言語自体は文化だから隔離状態では、どの現存の言語も再生しないけどな。



34 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 17:45:02 ID:w9EFqcpJ
アメリカで韓国人の養子を貰うと、教えなくても勝手にキムチを作り出すって話があったな。

35 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 17:58:35 ID:+zI1B1hx
>>34
ねえよw



36 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 18:08:32 ID:2wnWQ4Qh
不思議だ…この歌、ずっと昔に聞いたような気がする…何故だ…!


38 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 18:39:25 ID:9zqaiU6n
我々にも文化が蘇るのか。


39 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 20:12:13 ID:84jrhaCV
いや、学習能力高いだけじゃないの?


40 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 20:21:59 ID:TfO9D1/w
元の論文では、言語には言及されていないのかな?言語の生得的基盤の論争はかなりあると思うが。


43 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 20:58:53 ID:MaCJCTTl
鳥の歌文法や人間の言語文法は、飛行運動や手や体の制御パターンを流用したものっていう説が有力だな。飛行や、体の制御には逸脱できない一定の流儀が必要な以上、鳥の歌や人間の言語にも、普遍文法が存在する。


44 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 20:58:57 ID:t8g0mTjy
白鳥でも実験しておくれ、先天的に白鳥が白鳥の歌をうたえるものかどうか。


46 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 21:02:39 ID:GSNDws4I
どういう音に興奮したりリラックスしたり性欲をかき立てられたりするのか、DNAに組み込まれてるのは確かだと思う。で、発声器官が単純だと、奏でられる音のバリエーションが限られる。なので、演奏していて自分が好ましく感じる方向に修正していくと似たような曲になるんだろうな。


47 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 21:07:17 ID:hQ7DT4oq
ピンカーは人間の脳が長年の進化で言語向きな構造になってるってのを明かしたんだな。人間も言葉が話せない集団を無人島で生活させてら、まあ、5世代もあれば衣食住にかかわる新しい言語が自然発生する、単語数を辞書にすると数ページ程。

日本語や英語くらいまで発展するには、現代人の脳を起点にしてもでもやはり数千年は必要だろうな。


49 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 21:09:03 ID:rxroURY4
英語でママ、中国でマーマみたいに、身体的特徴で出やすい言葉は決まっているんだろう。
それもDNA由来といえば由来だが…


55 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 22:51:04 ID:Fud8OWwj
ルパード・シェルドレイクの、「形態形成場理論」を今こそ検討するべきだな。


56 :名無しのひみつ:2009/06/17(水) 22:56:25 ID:DZN206ft
お前らがエロスだと思って見てるエロ画像は、単に代謝の指標。美だと思っているものは健康。
関連記事



6894 :  2009.06.18 Thu 11:57  

団塊どもが切り崩した日本の文化も
いずれ子や孫の世代を経て、再生していくのか
希望が湧いた!
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6895 :  2009.06.18 Thu 11:59  

つまり親の世代での間違いを正すシステムがゲノムに組み込まれてるって事か。
まぁ何が正しいかって言うのは別の次元の話だけど。
  • #-
  •              
  • [URL]
  • [Edit]

6896 :  2009.06.18 Thu 11:59  

>>6894
なんか感動したw
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6897 :  2009.06.18 Thu 12:04  

するってぇと、姦国がレイプレイ国家なのは、下がってきた出生率を上げるための種の保存本能なのか。
そうなると、レイプを禁止するとかの国は滅びると(ゴクリ
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6898 :  2009.06.18 Thu 12:05  

>>6894
そういえば、学生服も話題になってたよね。
勘違いした世代が、廃止したけど結局制服に落ち着いたってやつ。


  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6899 :  2009.06.18 Thu 12:17  

デカルチャー!
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6900 :  2009.06.18 Thu 12:58  

そういえば、中世のヨーロッパで似たようなことを試みた皇帝だか王様がいたらしいな。いろんな国の赤ん坊を一切声もかけずに育てたらどんな言葉を話すのか、と疑問に思ったらしい。そして、ラテン語を話すだろうという予測に反して赤ん坊はみんな何も話せず、死んでしまったらしい。
  • #-
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

6901 :  2009.06.18 Thu 13:52  


その国滅んだろ
  • #-
  •       
  • [URL]
  • [Edit]

6902 :  2009.06.18 Thu 13:55  

*6900
言葉ってのは文化だから、教えられないと無理。
団塊世代が物語ってる。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6903 :  2009.06.18 Thu 14:28  

本能と文化はどこで区分けしようかね?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6904 :  2009.06.18 Thu 14:29  

>>34の話ってほんとだったんだな・・・
ttp://www.geocities.co.jp/HeartLand-Keyaki/3147/DATA/chigayobu.html
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6905 :  2009.06.18 Thu 14:36  

こういうネタでも韓国・中国いうひとって、ちょっとかわいそうだな。
とりつかれすぎ。
  • #-
  • [URL]
  • [Edit]

6906 :  2009.06.18 Thu 14:47  

歌そのものが直接DNAに記録されてるわけではないんじゃないの?
声帯の構造とか肺活量とかその生物にとって気持ちのよいリズムや音の好みだとか、単純な音を発生させることから始まって、
そこから代を重ねて発展させていった結果、複雑な音色を獲得していったんじゃないの?
鳥だって学習・応用能力はちゃんとあるんだしさ。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6907 :  2009.06.18 Thu 15:10  

ウタヲ…ヤメロ
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6908 :  2009.06.18 Thu 15:18  

セルフオーガナイズドカルチャー
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6909 :  2009.06.18 Thu 16:06  

なんとなく文化的なものとかその民族・一族の性質って言うのは
遺伝するんじゃないかとは思っていたが
これで実証されたわけだ
  • #-
  • 名無しさん 
  • [URL]
  • [Edit]

6910 :  2009.06.18 Thu 16:25  

>(『QuickTime』を使うのが最適だ)。
この時点で胡散臭い
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6912 :  2009.06.18 Thu 17:16  

言葉を話せない人達を集めて隔離して生活させたら自然にいつか言語が生まれてくる

この理論にすげー納得した
例え一度言語を全て忘れようと人はまた話し始める

今自分にあるものを使って何かをより良い形に作り上げようとするのは
生物の持つ指向性なんだろうな
良い勉強になったわ
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6913 :  2009.06.18 Thu 17:23  

数日前に同じ話題がはてなで盛り上がってたけど、話してることの余りの落差にワロタw

つーか管理人は半島人ネタとか面白いの?他のとこで半島ネタ出されても違和感ないけど、一応ここは科学ニュースサイトなだけになんか残念
  • #-
  •    
  • [URL]
  • [Edit]

6914 :  2009.06.18 Thu 17:44  

*6913
はてなは、はてな
2ちゃんは、2ちゃん

他所さんと一緒だと、多様性に欠けるのでは?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6915 :  2009.06.18 Thu 18:24  

>>54
デブ専ゲイの俺は一体・・・
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6916 :  2009.06.18 Thu 18:38  

ど素人が必死に反証しようとしてるのが面白いね
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6917 :  2009.06.18 Thu 19:36  

そういやアメリカで韓国人養子の犯罪が一時期大きく取り上げられたよな
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6918 :  2009.06.18 Thu 20:00  

これは動物文化の話だろ?
無理矢理人間に当てはめんなよ。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6919 :  2009.06.18 Thu 20:04  

スレタイだけで、思いっきり納得いくわ
  • #-
  • VIPPERな名無しさん 
  • [URL]
  • [Edit]

6922 :  2009.06.18 Thu 22:29  

マクロススレになると思ったがそうでもなかった
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6923 :  2009.06.18 Thu 23:04  

ちょっとまて!
その理論が本当だとすると世界中に散らばり続けてるあの民族を
駆逐しないと生態系に多大な損害をあたえるぞ!!!!
  • #-
  • pkapika 
  • [URL]
  • [Edit]

6924 :  2009.06.18 Thu 23:39  

ドーキンスの「ミーム」で盛り上がると思ったのに・・・
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6925 :  2009.06.19 Fri 02:17  

人間も動物も変わんないし(本能的に)
  • #-
  • 名前は未定です 
  • [URL]
  • [Edit]

6926 :  2009.06.19 Fri 05:27  

これ、繁殖に必要な求愛の歌だろ?
どっちかっつーと、その種のオスが発声可能な音階の中からその種が聞いて心地よい音のみ選択されて残ったって感じだが。
発泡スチロールこすり合わす「キュシュシュシュ~」って音より雨音の方がまだマシという感じでw
まあこの記事だけでは生理的反応なのかどうかいまいち違いが見えないけど、原文は正確に解説しているのかも知れん。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6937 :  2009.06.19 Fri 23:36  

録音した声を聴かせる鳥を1個体にするか集団にするかで意味が変わってくる気がするな。

人間の言語は脳神経の構成からある程度影響されるんじゃないかとは思ってた。
ならば遺伝子の作用にも影響力は少なからずあるはずだ。
ただし、人間の言語の場合は複数の固体の間で生み出される。
そのため集団の性格を反映した形に発展するのでは?
基本部分は遺伝子が、発展部分は集団の性格が決めているんじゃなかろうか。

個人的には言語も遺伝子も平行移動するし、似ているんじゃないかなと思うんだよな~。
  • #oPiqAFzQ
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

6957 :  2009.06.20 Sat 19:58  

マクロス(ry


こうなると地球外から命の種が来たって説も面白く思う
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7017 :  2009.06.23 Tue 16:48  

おお…デカルチャー!
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7075 :  2009.06.25 Thu 18:25  

これが金科玉条というやつか
  • #eLnC4.eo
  •          
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

Trackback

http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/tb.php/551-a394b328

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身