ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

スポンサーサイト  





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【宇宙ヤバイ】 オリオン座のベテルギウス、この15年で15%の 謎の 「縮小」   





オリオン座の赤い一等星「ベテルギウス(Betelgeuse)」の大きさが過去15年間で15%以上も縮小しているとの研究結果が、米カリフォルニア州パサディナで9日開催された米天文学会の会合で発表された。縮小の理由はまだ解明されていないという。

 ベテルギウスは赤色超巨星で、その直径は太陽から木星軌道にまで及ぶ長さになるとされる。だが、1993年以降の15年間で太陽から金星軌道までに相当する距離が縮小したことが、南カリフォルニアのウィルソン山頂上にある米カリフォルニア大学バークレー校)の赤外空間干渉計による計測で明らかになった。

 1964年にレーザーの発明でノーベル物理学賞を受賞した同大のチャールズ・タウンズ教授によると、縮小は徐々に進んでいるが、年がたつにつれその速度は速まっているという。また教授は、近年になってこの星の表面に非常に明るい部分を確認しているが、星の変形は今のところ観測されていないという。

 また、縮小にもかかわらず、光度の大幅な減少は見られないという。

 赤色超巨星は、質量の大きい星が内部崩壊を起こして大爆発を起こす、いわゆるタイプ2型の超新星になると考えられている。

15684.jpg



 ベテルギウスは、全天で最も明るい星のベスト8に入るが、こうした星で測定が行われたのは、ベテルギウスが初めて。ハッブル宇宙望遠鏡による観測も行われている。

AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2610062/4249165




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:12:57 ID:12pR3vAi
超新星爆発くるか?


5 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:18:50 ID:Nax7j4Ai
実況スレが必要だな。
【宇宙ヤバイ】爆発するまでベテルギウスの縮小を観察するスレ

33 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:52:05 ID:X4BWW4g9
>>5
何年続けるつもりなんだよw



6 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:19:11 ID:EqezRRRI
ひょっとしたら超新星爆発見れるかもな、凄い楽しみだけど、あと何十年かかるんだ?
速度が上がっているって話だけど、さて寿命がもつかどうか…


7 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:19:59 ID:nBs+fwMG
ベテルギウスの超新星爆発見たいな…今年の冬に起きてくれ。


8 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:21:31 ID:JBiTXyA/
確かベテルギウスって、そんなに遠い星じゃなかったよね?
ベテルギウスが超新星爆発したら、地球もタダでは済まんかな?

22 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:35:19 ID:fJo3Zw75
>>8
600光年も離れていたら、少なくとも地上には大した影響は無いと思う。
大気圏外はどうだか知らないが。



9 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:22:08 ID:nBs+fwMG
あ、そっか。ベテルギウスの距離なら真昼間でも、光ってるの見えるな。
昼間の大空の異変も良いかもね。

22 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:35:19 ID:fJo3Zw75
>>9
最大値で満月並、最小値で三日月並らしいので、影はできるかもですね。


56 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 15:16:33 ID:34bHTuCA
>>22
夜空に月2個見えるのか、俺が生きてる内に爆発しないかなぁ…



10 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:22:42 ID:/6hZ6459
末期を迎えた超巨星は自重で縮小して内圧上がる → 核融合反応が促進して膨張の繰り返しだろ。
当たり前の現象なんじゃねぇの?

12 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:27:44 ID:aAyw0vKC
>>10
通常は星ごとに一定の周期がある(不定期な星も一部にはあるが)
今回の縮小は今までの周期から考えると異常値。


17 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:30:41 ID:FuM+S5T5
>>10
確かにその通りだがペテルギュウスは長期型変光星として知られてる。その周期にあてはまらない収縮であり、加速しているのが…恐ろしい。太陽が二つになるくらいの天変地異が…

生きてる間か、100年以内にⅡ型超新星爆発かもしれんぞ?恐ろしい事になる。



13 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:28:09 ID:T/qbXhVk
観測精度がよくなって、正確に大きさが測れるようになっただけだろ。


15 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:29:30 ID:88BuerBv
wikkpediaによると大した被害はなさそうだな。

19 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:34:25 ID:nBs+fwMG
>>15
極超新星だとペテルギウスの距離でもヤバイけど、それほどの爆発はしないだろ。
ペテルギウスの質量なら。



16 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:29:53 ID:8k2UcdK1
タウンズがまだ生きてたどころか現役って事に驚愕。確か90歳過ぎてるんじゃ…


18 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:33:57 ID:FuM+S5T5
ちなみに我々の太陽と太陽系はオリオン星雲・星団の方向から流れてきた。
ある意味、ペテルギュウスは兄弟になる。

26 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:39:18 ID:fJo3Zw75
>>18
ベテルギウスは、オリオン・アソシエーションとは赤の他人ですが?


30 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:44:29 ID:zMz4RkEM
>>26
おっしゃる通り親戚程度です。

電磁波領域では影響は少ないだろうが、数年後に到達する荷電粒子群や中性子を初めとする重素粒子群はただでは済まないだろ。半径1000光年の放射能の雲が将来到達する。


32 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:48:11 ID:gM9snVZB
>>30
爆発でどんな影響が分からないけど、どんな影響か予想できたところで今の人間では対応の仕様がないよ。なるようになるだけだ。



21 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:34:49 ID:QY+59tVt
25,6年前だったかな。朝日新聞の元日号特集で“50年後の朝日新聞”とかいうのをやってて、コールドスリープや超高速旅客機とならんで「ベテルギウスついに爆発か?」って空想記事書いていた。

43 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 14:07:27 ID:QrxsgzTj
>>21
>“50年後の朝日新聞”
未来の話だけあって、とっても夢のあるお話ですね。



23 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:37:37 ID:EqezRRRI
てか、600光年なら既に現地では爆発してるような…


28 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:41:34 ID:WysxdNgS
これはステルヴィアの創設を急ぐべきだな。


29 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:44:06 ID:dHDkX13P
爆発で影響ないとかいってるやつら、変光星なんだぞ?


34 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:53:42 ID:nBs+fwMG
かに星雲で7000光年か、人類史上未曾有の事態であるのは確かだな。


36 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:54:13 ID:S006WLQr
太陽の心配しろよ、氷河期くるよ?


37 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:54:45 ID:cHn2HqWm
600光年も離れてりゃ大きな影響はなさげだな。宇宙にいる人はどうかわからんが…夜、月見上げててたまに思う。いきなりギラギラと輝きだしたら、太陽が爆発したんだな、と。

クラークのSFで、そんなシーンがあったような無かったような…太陽系最後の日かな?

38 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 13:57:43 ID:WysxdNgS
>>37
それはたしかニーヴンの無常の月



39 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 14:02:55 ID:eIQ896Qd
安土桃山時代の頃に爆発し終わってたりして。


40 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 14:03:57 ID:gy/+xr3p
赤色巨星だとばかり思っていたが、もしかして赤方偏移で地球から高速で遠ざかっているだけでは?w

50 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 14:55:31 ID:aRGMFnr0
>>40
赤方偏移は、スペクトル解析などと複合させて判断しているから、その手のマチガイは少ないと思う。
ってか、単にセファイド認定でおkのような気が…



42 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 14:06:26 ID:pnnPuCym
超新星爆発が見られたと、いってもすでに600年も前に既に終わってたことがやっと光の情報として届くだけなんだな…なんだか不思議だ。

44 :名無しのひみつ :2009/06/10(水) 14:11:11 ID:fJo3Zw75
>>42
んな事言ったら、太陽だって8分前の太陽だし、月だって1.5秒前の月だ。



48 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 14:51:45 ID:BZr8rX85
いたがきは ベテルギウスを ばくはつにらみで こうげき
ベテルギウスは バラバラになった


49 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 14:53:07 ID:5diMxUVb
すでに今爆発してて、地球に先にたどり着くのは光?衝撃波?いつ??どのくらい影響ある?

53 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 14:59:59 ID:w0+xxMcm
>>49
ニュートリノが一番最初、次が光で相当遅れて衝撃波。


54 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 15:06:37 ID:Maf+cGzd
>>53
馬鹿かお前は?


55 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 15:11:32 ID:gy/+xr3p
>>53
オマイの頭がタキオンだなw


57 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 15:20:32 ID:aRGMFnr0
>>53
>>30の意見に近いと思う。ただ、アノ質量の崩壊だと、爆発エネルギーで電子や中性子を原子核がとらえきれず、また、あのへんの領域に霞がかかったような状態が続くようになるんじゃないかな。


62 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 15:28:19 ID:GN/6f63c
>>54-55
光子は物質と相互作用しまくりなので、意外と時間がかかっちゃう。ニュートリノは光速で飛んでこれるので、相対論とあまり矛盾しない。太陽の中心部の核融合で発生した光子が太陽表面に出てくるまで100年かかるとか言われてる。


66 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 15:46:08 ID:w0+xxMcm
>>62
恒星の中心部はプラズマの濃厚な塊なんで、光子は電磁相互作用して吸収・再放出を繰り返して出てくるので恒星の表面に出てくるまでに時間がかかる。その後は光子は光速で、ニュートリノも(質量がわずかにあるだろうとされているとはいえ)ほぼ光速で走る。


> 太陽の中心部の核融合で発生した光子が太陽表面に出てくるまで100年かかる

オーダーが…研究者によって違うけど、1万年~5千万年とかいわれているはず。ちなみに超新星の場合は星全体が吹っ飛びながらだから太陽みたいには時間は掛からないけど、SN1987Aのときにニュートリノが光より3時間早く観測されたことが分かっている。


70 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 16:04:19 ID:gy/+xr3p
>>66
ちょっと勉強になったぜ。



52 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 14:58:52 ID:N007Zyvd
リアル超新星メギドか…


59 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 15:26:20 ID:mNlBTEKl
大好きなオリオン座の形が、変になってしまう。

67 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 15:52:21 ID:PqYFX3nQ
>>59
だねぇ。その後もやっぱり”オリオン座”って言い続けるのかな。



60 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 15:27:21 ID:bnoM9TnT
超新星ごときで生態系に影響が出るなんて、トンデモの出処はどこよ?


61 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 15:28:04 ID:i01QjBs7
宇宙怪獣が卵を産んでるんだよ。


63 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 15:28:21 ID:YRJqXjFf
俺らの板垣さんが、ペテルギウスを粛正するらしい。何やったんだろ?


65 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 15:43:22 ID:DfV5m8S/
普通にガスが飛散して体積が減っただけだったりして。


68 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 15:53:20 ID:w0+xxMcm
> 縮小にもかかわらず、光度の大幅な減少は見られないという。

脈動変光星は収縮するときには、表面積の減少よりも表面温度が上がる効果の方が大きいから、光度は普通増加する。でも、この記事では光度の減少にを論じているところが不思議なんだけど、直径の減少以外に表面温度についてのデータとかもあるのかな?


69 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 15:54:39 ID:4OF+28iH
スーパーカミオカンデでニュートリノの観測が増加したら、各地の天文台で、飛んできた方向を観測して超新星爆発が始まる前から観測することもできるかもしれないと。


71 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 16:09:18 ID:0SkcA5Wc
>>30,57で意見が一致したようです。wikkpediaでも直後の電磁波領域の被害は少ないとみています。せいぜい太陽が2個です。それも半年程度。問題は数十年後の放射線・放射能の嵐…人類の存亡に関わるとおM割れます。wikkpediaではわざとこの問題に触れてませんね。

72 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 16:15:01 ID:fJo3Zw75
>>71
放射線と放射能の区別は付けよう、「放射能」であれば、到達は数十年なんて短期間じゃない。


74 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 16:39:05 ID:emaBK5GF
>>72
光が届いてから数十年後だとすると、衝撃波が光速の約90%って事でいいのかな?そんなに速い訳ないんで今爆発が見えても俺らには関係ないか。しかし単純な明るさはどの程度だろうね。その時の季節によっても生活に与える影響が違ってくるし。



73 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 16:15:37 ID:y+RwwUP8
早く「るくしおん」建造しないと間に合わんぞ。


76 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 16:48:19 ID:JHWl8ejn
拍動してるんじゃないの?


78 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 16:54:36 ID:8k2UcdK1
中性子を初めとする重素粒子群って、どうやってそんな距離からとどくんだよw
中性子の寿命わかって言ってるのか?みーんな崩壊してもっと単純なものに変わってらあ

82 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 17:01:56 ID:aRGMFnr0
>>78
貴殿の論理だと、CMB放射の説明がつかない。
中性子の認識についても、重素粒子群の認識についても。



79 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 16:57:25 ID:mYGYhdUI
爆発の観測ができた時点で衝撃波も届くのかな?


81 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 16:59:32 ID:/6hZ6459
wikkpediaに載ってただけなので確証はないが、最新の研究では超新星爆発には指向性があって、それがたまたま地球に向いてたりした日には、エライことになるそうだ。

86 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 17:07:44 ID:fUyrF5hQ
>>81
> 近年になってこの星の表面に非常に明るい部分を確認しているが
まさか、銃口がこっち向いてたりして…



83 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 17:03:19 ID:7INkONMx
ニュートリノを体で感じたら、すぐに避難した方がいいようだな。

85 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 17:04:30 ID:+mZ9uJWW
>>83
ニュートリノってあらゆる物質を貫通してしまうんです。


89 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 17:39:11 ID:ftMylOo6
>>83
固く目をつむるとチカチカと光が見える時が有るが、あれがそうなのか?


90 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 17:43:06 ID:aRGMFnr0
>>89
脳に腫瘍があったりで、眼圧が高いヒトもそうなる。



87 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 17:20:36 ID:6hyYQNrl
beetle juice
虫の汁、か。


91 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 17:48:07 ID:/6hZ6459
アルファケンタウリの位置で、太陽20倍の超新星爆発が起きた場合のシミュレートをNスペでやってた。

爆発から数年間は真夏の日中のような明るさになり、同時に有害な放射線が降り注いでほとんどの生物が死滅する。だいぶ後になって猛烈な衝撃波が襲い、地球の大気が剥ぎ取られて死の惑星と化す。

94 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 18:15:25 ID:emaBK5GF
>>91
もしそうなった場合は爆発の起きた方向が大事にならない?方向によっては自転によってほぼ地球全体が丸焼け。逆に自転軸の方向なら反対の面は放射線が遮られる事になるのかな?衝撃波が襲うまでは生き延びられるのだろうか?


96 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 18:21:08 ID:2s5E5SSx
>>94
SN 1987Aだってまだ光り続けてるだろ。


98 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 18:33:22 ID:ftMylOo6
>>94
直撃する側とその裏っ側で、絶望する間の有無見たいな差が付くとは思えんな。
大気を剥ぎ取る衝撃波、テポドンとはチト違うと思われ。




99 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 18:48:14 ID:tTDZKDTI
お前ら、距離600光年で安心するなよ?
ビリヤードの3ショットみたいな効果が千年単位で後世にくるかもしれないのだからw


100 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 18:55:58 ID:/TqWWQ2f
世界の予言は2012年に集中している、宇宙から災厄が降りてくるとかなんとか。

102 :名無しのひみつ:2009/06/10(水) 19:02:54 ID:N23oUCEt
>>100
一応ここは科g(ry

関連記事



6781 :  2009.06.13 Sat 13:10  

おれの生活には関係ない話ですね。
  • #-
  • ななし 
  • [URL]
  • [Edit]

6783 :  2009.06.13 Sat 13:31  

数百光年離れてたら地球への影響を考えるのが馬鹿らしくね。
その頃に人類が生きているとはとても思えん。
  • #-
  • 杯 的に考えた名無し 
  • [URL]
  • [Edit]

6784 :  2009.06.13 Sat 13:42  

*6783

例えば、590光年前に超新星爆発していれば、10光年後に観測できる。
俺らにも関係あるよ?



  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6785 :  2009.06.13 Sat 13:43  

これは、あれだ、あれ、トップをねらえ!の宇宙怪獣の仕業だ。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6786 :  2009.06.13 Sat 13:53  

こうならないためにも板垣さんが地面を見ないことを祈るばかりだな
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6787 :  2009.06.13 Sat 14:04  

15パーセント縮小変化が突発的な異常値と言うのは解るが、まだ正常値の範囲内という見方もある。数年、データが加速化縮小傾向を辿れば超新星爆発も視野に、は本格化する。
  • #-
  • 知の歴史 
  • [URL]
  • [Edit]

6788 :  2009.06.13 Sat 14:06  

6784

590光年前・・・
590光年前・・・
590光年前・・・

お前は1万光年前からやり直して来い
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6790 :  2009.06.13 Sat 15:52  

とりあえず、バスターマシンの製造を始めようぜ。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6791 :  2009.06.13 Sat 15:58  

ハッブルハッブル
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6792 :  2009.06.13 Sat 16:04  

※6784
影響っていうのは天体観測できるとかいう意味ではなく、
爆発による衝撃波とかそういう類の影響のことですよ。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6793 :  2009.06.13 Sat 16:37  

15年で15%の縮小か
どうやら俺のチンコと連動してるようだな 
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6794 :  2009.06.13 Sat 17:08  

相変わらず何言ってるかさっぱりだぜ
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6795 :  2009.06.13 Sat 17:10  

爆発したらネオグランゾンの縮退砲みたいになるの?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6796 :  2009.06.13 Sat 17:17  

そんなたいしたことじゃない。星辰が揃いつつあるだけだ。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6797 :  2009.06.13 Sat 17:23  

ん? これは超能力者が目覚めるな
  • #lLB/m9.w
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6798 :  2009.06.13 Sat 17:30  

こういう宇宙の話は好きだけど天文オタクってどうして断定すんの?
天文学なんてわずかな観測からの推測の推測だろ?
  • #-
  • b 
  • [URL]
  • [Edit]

6799 :  2009.06.13 Sat 17:47  

別に明日辺りに一報が届いてもフシギじゃない
まあ人類は絶滅するだろうが特に問題はないよな
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6800 :  2009.06.13 Sat 17:53  

米6795
どっちかってぇとビックバンウェーブ

600光年だと地味に影響出るだろ化学的に考えて…
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6801 :  2009.06.13 Sat 18:44  

板垣ー!早くきてくれー!
  • #-
  • 依存症さん@_@ 
  • [URL]
  • [Edit]

6802 :  2009.06.13 Sat 21:06  

※6797
サイコプラスかよw懐かしいぜw
  • #LkZag.iM
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6803 :  2009.06.13 Sat 21:35  

※6800

乗るしかない このビッグバンウェーブに
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6804 :  2009.06.13 Sat 22:01  

>>6803
ちょっとクスッときた
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6806 :  2009.06.13 Sat 23:09  

ベテルギウスが爆発したら本気出す
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6807 :  2009.06.13 Sat 23:12  

ビートルジュース
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6808 :  2009.06.14 Sun 01:28  

>>6790

マイナス1兆2000万℃(←なぜか有効数字6桁)の冷凍光線で冷やしてみるか?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6812 :  2009.06.14 Sun 12:55  

ん?
15%縮小したんじゃなくて
15%ぐらいになっちゃった
だろこれ?
  • #-
  • まさ太郎 
  • [URL]
  • [Edit]

6816 :  2009.06.14 Sun 14:55  

※6812
いやいやw大きさが過去15年間で15%以上縮小だよww
星がたった15年で15%になったら確実に崩壊するよ

てか本文
>ベテルギウスは赤色超巨星で、その直径は太陽から木星軌道にまで及ぶ長さになるとされる。だが、1993年以降の15年間で太陽から金星軌道までに相当する距離が縮小した

でけーよペテルギウスw大阪・東京間とかそんな規模じゃねーなw
収縮した距離うまい棒で誰か説明してくれwwwwwww
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6821 :  2009.06.14 Sun 16:22  

縮小してるんじゃない、俺達が…おや?だれか来たようだ
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6936 :  2009.06.19 Fri 23:05  

速度的に考えれば問題は電磁波だな。
この場合波長の異様に短いものは基本的に地上まで届かないが、量が多ければどうなるか分かったものではない。
また、放出量が多ければ紫外~電波の影響でえぐい事になるかもしれん。
推定放射量と地球までの距離を考えればどの程度の電磁波が地球に降り注ぐか算出できるのではなかろうか。

あと荷電粒子がそんなに早く地球に到達するとは思えん。
せいぜい光速の50%くらいじゃないの?
そしたらあと600年あるし対策も立てられるでしょ。

>>6816
写真見れ。星の大きさと木星軌道と地球の軌道が比較されとる。
  • #oPiqAFzQ
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

7144 :  2009.06.30 Tue 04:09  

放射線を専門にやっている立場からすると、72にも放射能と放射性物質の区別をつけてほしいな。
「放射能が到達する」という表現は、「電荷が到達する」というのと同じような不正確な表現だ。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

12742 :  2010.01.11 Mon 01:19  

爆発したら、地球では凄いオーロラが見れそうですね
その前に満月並みの明るさになるとか言ってるから、
夜空の光景すら一変させるんでしょうね、
害が無いならぜひ生きているうちに起きて欲しい
  • #UP6Poous
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

21358 :  2011.01.31 Mon 21:06  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • #
  •  
  • []
  • [Edit]

21359 :  2011.01.31 Mon 21:09  

俺の父ちゃんが謎の光を見た
これじゃねえよな

21360 :  2011.01.31 Mon 21:10  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • #
  •  
  • []
  • [Edit]

21421 :  2011.11.08 Tue 01:51  

お前たち馬鹿だろw

超新星爆発の後の衝撃波で被害は無いだろうが
クエーサーとかになって、X線やγ線のビームが地球に一瞬でも
あたれば、半球の全人口は一瞬にして癌になってしぼんぬw

序にオゾン層もすべて消滅するから、紫外線の直射でさらに地球全体がしぼんぬw
  • #-
  • やさう 
  • [URL]
  • [Edit]

21430 :  2012.01.03 Tue 18:27  超新星ベテルギウス

確かに超新星ベテルギウスが15%縮小しているには間違いないだろう、地球から600光年離れているなら
とっくにもう、爆発しているとおもう
ただ、まだ爆発の光が地球に届いていないだけなのだろう。しかし、ベテルギウスが本当に爆発すると、地球になんらかの影響が及ぶのは間違いないだろう。
あって欲しくはないが、マヤの予言のように
爆発の影響で、人類滅亡してしまうような
強大な威力をもっているねは、ベテルギウス大きさからしても確かだろう。
  • #-
  • 北斗七星 
  • [URL]
  • [Edit]

21431 :  2012.01.07 Sat 15:10  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • #
  •  
  • []
  • [Edit]

21436 :  2012.03.05 Mon 17:49  

ベテルギウスと地球の距離640光年(つまり現在見ているのは640年前のベテルギウス)、15年で15%の収縮、縦軸を直径、横軸を時間(年数)で放物線をなぞっていくと、あと15年でベテルギウスの直径はゼロになります、ゼロになる時が爆発する時とは限らずそれ以前に爆発するかも知れませんが、ベテルギウスはどんなに遅くても15年後には爆発シーンが地球で見れます。

ということは625年前にはベテルギウスは爆発していたということになり、その爆発光景を見れるのが遅くても15年後ということになります。
早ければ12年・・・。

また、地球への被害はベテルギウスの地軸が20度ずれているためガンマ線バーストによる被害はないとされているが、重力崩壊していく過程で地軸にブレが生じないとは限らない、均等に重力崩壊してくれるといいのだが・・・。



  • #zhEHspJU
  • 計算屋本舗ちゃん 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

Trackback

http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/tb.php/546-bcad8830

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

356. - - 

管理人の承認後に表示されます2009.06.15 13:29

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。