ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

火星の磁場消滅、原因は巨大な小惑星  





 科学者たちの研究により、火星の磁場が消滅したのは巨大な小惑星の衝突が原因だったことが判明した。その小惑星は、恐竜を絶滅させたと考えられている天体の数倍の大きさがあったとみられる。

090511-mars-asteroid_big_convert_20090518094149.jpg



 現存する大規模なクレーターの数から判断して、初期の火星は約1億年の間に15個ほどの巨大な天体が衝突していたと考えられている。

 今回新たに作成されたコンピューターモデルから、火星の磁場は、特に規模の大きかった4回の天体衝突でしだいに減衰し、5度目の衝突がとどめとなって完全に消滅したことが示唆された。

 アメリカのメリーランド州にあるジョンズ・ホプキンス大学応用物理学研究所に在籍し、今回の研究にも参加したジェームス・ロバーツ氏は次のように解説する。「5度目の衝突で作られたのが、約41億年前の衝突に起源を持つ直径3300キロのユートピア平原という大規模なクレーターだ。その前の4回の天体衝突で既に磁場は大幅に脆弱化しており、ユートピア平原を作った天体衝突が最後の決定的な一撃となったのだろう」。

 地球にある磁場を作り出しているのは、ひとつには対流している溶融状態の外核と、その外側にある比較的温度の低いマントル層の間で行われる熱伝導である。この両者の温度差が、天体磁場を長期にわたって安定させる“ダイナモ効果”を生み出すのである。

 しかし太陽系形成の初期段階には、後期重爆撃期(LHB)と呼ばれる激動の時代があった。この時期には、惑星形成時の残骸である大型の小惑星が、若い惑星であった火星、地球、金星、水星などにいくつも衝突していた。

「ユートピア平原が形成され、火星の磁場が消滅したのも同時期であると考えられる」と、前出のロバーツ氏は話す。この研究成果は「Journal of Geophysical Research」誌の最新号に掲載されている。

 新しいコンピューターモデルによると、ユートピア平原を作った天体衝突の影響で火星のマントルに大量の熱が伝わり、ダイナモ効果を生み出す温度差が大幅に縮小したようである。「温度が上がり過ぎると、マントルは核を効率的に冷却することができなくなり磁場は消滅することになる」と、ロバーツ氏はナショナル ジオグラフィックニュースに語っている。

 磁場を失った火星は太陽風を直接浴びることになった。太陽風とは、太陽から継続的に放出されている荷電粒子の流れのことである。太陽風の影響で火星の大気はゆっくりと希薄になり、最終的にはガスが周囲にかすかに残るだけの状態になった。その後ほどなくして強烈な気候変動が起こり、現在のような乾燥した火星ができあがったと推測される。

「同様の衝突によって地球の磁場が消滅する可能性もある。しかしそれは、火星の磁場にとどめを刺した天体よりはるかに巨大な天体が地球に衝突すればの話だ」とロバーツ氏は言う。地球のマントルの厚さは火星のマントルの2倍あり、地球の核は火星よりはるかに活発に動いている。したがって、もっと大きな衝撃を受けない限り、磁場を作り出すダイナモ効果が停止することはない。

 金星も惑星規模の磁場は存在しないが、それはマントルが比較的乾燥していて硬いため、熱が効率的に流れないことが原因だと考えられている。

 カナダ、トロント大学の地球物理学者サビン・スタンレー氏は第三者の視点から、「小惑星の衝突で磁場が消滅するという発想自体は別に新しいものではないが、綿密なコンピューターモデルが作成され、磁場消滅の原因と考えられるクレーターが指摘されたのは今回が初めてのことだ」と述べている。

NATIONALGEOGRAPHIC
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=42104563&expand




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




5 :名無しのひみつ:2009/05/12(火) 23:26:25 ID:EhgdYyDw
簡単に言うとどういうことでしょうか?

22 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 00:06:55 ID:JJgig1X5
>>5
惑星の中心には磁場を生み出すエンジンがあり、その周りに冷却装置が付いてる。火星は昔、小惑星と何度も衝突したせいで、冷却装置の冷却剤が熱くなり、エンジンがあぼーんした。

地球は冷却装置がでかいので小惑星の衝撃ぐらいではびくともせず、地球のエンジンは常に冷却されて正常に動いている。金星は冷却装置がでかいが、冷却剤が固まってしまって、やはりエンジンがあぼーんしている。

こんな感じでどうでしょう?



9 :名無しのひみつ:2009/05/12(火) 23:37:49 ID:fnyKsk/v
たかだか数個の小惑星の衝突程度で、マントル対流が乱されたりするんだね。


10 :名無しのひみつ:2009/05/12(火) 23:38:10 ID:0MGJ2zwW
どっちが北かわからなくなったら困る。


11 :名無しのひみつ:2009/05/12(火) 23:42:10 ID:zYtfz3f/
この衝突がなかったら、火星には今頃沢山の生物がいたんじゃとか妄想してみる。


13 :名無しのひみつ:2009/05/12(火) 23:45:09 ID:HM+4skzx
火星の磁場を復活させるっていうのは可能なことなの?
火星に移住する計画があるなら、それは必要なことじゃないの。

38 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 13:44:17 ID:Pt5EmDP5
>>13
磁石で同じ方向に何度もこすればいけると思う。



15 :名無しのひみつ:2009/05/12(火) 23:52:32 ID:iLjgEhfX
火星の磁場にトドメを刺した巨大天体が、地球に落ちたとしても地球の磁場を崩すほどの力はないということは分かったが…それ以前に、地上の生物を絶滅させる力ぐらいあるんじゃねーのか?


16 :名無しのひみつ:2009/05/12(火) 23:52:32 ID:RvxfkLQJ
火星に複数に小惑星が落ちたのに、地球に小惑星が落ちないのは天狗の仕業か?

53 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 10:13:26 ID:q1L7G/nx
>>16
マジレスすると、地球は親星に釣りあわないほど巨大な”月”をもってるので、両者を合成した重力中心は地表を離れ、宇宙空間にある。しかも公転周期が早い。

なので、もし両者に引かれた天体があれば、その空間目指して落ちてくるし、たまたま接近した天体は地球・月の両者に揺さぶられ、軌道を乱される。まさしく 「ラッキースター」 なわけだ。


54 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 12:56:19 ID:zx/W88+M
>>53
嘘を言うなよ。
地球月の重心は地球の中心とはだいぶずれてるが、それでも地球の地表の内側だ。


59 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 19:51:30 ID:r/cyGncx
>>54
生命体における二重惑星の優位性とか、SF的には結構面白いんだけどね。



18 :名無しのひみつ:2009/05/12(火) 23:56:37 ID:dDgmgYY2
> マントル
マンション トルコの略、これ豆知識な


21 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 00:05:21 ID:iU5gNtUx
地熱と放射線から巨大電力を得る技術と、火星を覆う程の極太コイル群と膨大な金と時間があればできるんじゃね?まあ火星資源開拓後の話だね。


23 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 00:11:38 ID:h6SbjmUw
マントルとダイナモが、怪しい関係になったのか。


24 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 00:14:07 ID:ie4ktw/T
火の鳥2772


25 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 00:21:45 ID:9sHrQeiY
> ユートピア平原が形成され、火星の磁場が消滅したのも同時期であると考えられる
火星の岩石を調べたワケでもないのに、何故時期が特定できるんだ?


27 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 00:26:58 ID:EvlJ/y3c
つまり火星では何処に行っても青木ヶ原樹海?


29 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 00:34:42 ID:24puTeWs
磁場が消滅する前は生命が存在してたのかな?


31 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 00:39:08 ID:XXH6/b0/
火星を周回してるフォボスとダイモスを、上手く利用して磁場の復活を図れないのかな?


32 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 01:19:31 ID:PuErgleq
マントルの方が外側にあるんだから、一時的にマントルの温度が上昇しても、いずれは冷めてもとの状態の温度差が回復すると思うんだけど?そうすると磁場も回復しそうなものだけど…温度差が乱れると核の運動も変化して二度と元には戻せないとか?いうことなのかな。


33 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 02:43:57 ID:MKh72+a1
同じく磁場が無い金星のが太陽風に強く晒されるはずだが、あの気圧。
一方の火星の大気は極めて希薄、何が違った?

34 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 04:51:04 ID:JJgig1X5
>>33
多分、重力の大きさと火山活動の有無かと。


40 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 15:02:43 ID:MKh72+a1
>>34
重力はそうだが、金星の火山活動って活発?


45 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 20:04:32 ID:JJgig1X5
>>40
今から約5億年前までは全球規模の火山活動があったみたい。実際金星には溶岩地形がたくさんあって、クレーターも少なく8億年以上前より古い地形が見当たらない。

今の金星の火山活動は地球よりも少ないか、全く無いみたい。火山ガスに起因するとみられる大気中の硫黄化合物の増減など、間接的な証拠はあるんだけど、噴火の直接観測はできてない。


46 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 20:07:34 ID:MKh72+a1
>>45
昔は活発だったらしいが、今は不活発と。硫酸の雲から硫酸の雨が降るが、地上到達までに蒸発だから、土壌浸透等で大気中の硫黄化合物が増減するのはなさげだね。



35 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 06:10:16 ID:8jd3Mk6w
火星の重力って、激しく小さい水星とほぼ同一だったよな?


36 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 08:32:23 ID:HnzysD/G
核を使って磁場を…


37 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 08:41:05 ID:icCmtj8f
重力が足りなきゃ、μブラックホールでも生成してマントル放流するとかw


39 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 14:14:01 ID:QrTFqEQ1
地球は奇跡の星だな。


41 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 15:25:45 ID:/MHHibqP
巨大な小惑星 = 惑星ではないのか?


42 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 16:40:15 ID:uZbOvwhl
地球って太陽と木星の引力のお陰で隕石や小惑星の衝突が少ないんだよね。 火星って地球の近くなのに、アウトだったってことは地球の位置が絶妙だったんだ。


43 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 18:09:27 ID:eatWiMsk
後期重爆撃期って、なんかカッコイイ。


47 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 20:11:53 ID:FUkDvvXz
頻繁に小惑星と衝突していた割には、火星には月のような巨大な衛星は出来ず、フォボス・ダイモスみたいな小さな衛星しか出来なかったんだね。

51 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 02:24:26 ID:4VGZAUV6
>>47
ほぼ地球に匹敵する大きさの金星に、衛星が無いのも何となくすわりが悪い。
火星の二つは、大きさからいっても捕獲衛星なんだろね。


52 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 02:27:29 ID:E7EE8Z2J
>>47
原始地球とごっつんこして月の元になった天体は今の火星くらいの大きさだと言われてるからな。
ちまちま突っつかれるより、玉砕覚悟のアタックの方が嫁をゲット出来るという事だろうか。



48 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 01:12:54 ID:8nUAvotL
磁場は惑星が自転することによって生じたものじゃないの?
>>1の理論じゃあ、霞のように惑星のまとわりついてて、吹けば飛ぶような存在になっちゃうじゃん

50 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 01:57:29 ID:ouTpL/qu
>>48
>>1の理論をもう一度よく読んでくれ。



56 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 13:56:54 ID:iO4Mlfhj
地球がフレミング左手の法則で回ってるって事?


57 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 19:06:00 ID:E7EE8Z2J
星も人間も熱が冷めちまったら淋しいもんさね。


58 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 19:14:37 ID:orOfjb3z
国際地球回転事業
http://www.technobahn.com/news/2008/200812091943.html

64 :名無しのひみつ:2009/05/15(金) 10:55:29 ID:bReOXux6
>>58
毎度のテクノバーン語かと思ったが…
国際地球回転事業 の検索結果 約 118,000 件中 1 - 20 件目 (0.25 秒)



60 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 20:34:51 ID:It6J7njD
地球の中心部の熱エネルギーってどっから来てるの?
いつかエネルギーを使い果たす日が来るの?

62 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 23:03:11 ID:E7EE8Z2J
>>60
ヒント:密度と圧力


63 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 23:06:59 ID:E7y/ktqv
>>60
地球自身が重力で収縮しようとする時に解放されるエネルギーと、存在する放射性物質が崩壊する時に生じる熱エネルギーからきてるはず。というわけで、収縮しきって放射性物質も崩壊し尽くせば当然エネルギーはなくなり、地球は地震も火山活動も起こさない地学的に死んだ星になる。

当然温泉も湧き出ることはないし、地熱?何それ状態。



61 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 21:23:15 ID:orOfjb3z
表面は冷えたけど、中はまだ熱いという状態じゃないの?


65 :名無しのひみつ:2009/05/15(金) 21:59:13 ID:dOw1A7S5
地磁気のダイナモ効果って不思議だよね。温度差は確かにあるだろうからマントルの動きは理解できるとしても電流も流れて磁場ができるなんて。


66 :名無しのひみつ:2009/05/16(土) 06:46:25 ID:xrFV8xET
地球には北極が2つある。南極も2つある。地球の自転軸を基準にした北極点。そして地磁気の北極(北磁極)だ。地球は、北極をS極、南極をN極とする巨大な磁石であるが、その中心は自転軸からずれた位置にあり、年々少しずつ移動している。

地球が誕生して以来、磁極の向きは何度か逆転をしており、その際磁場が消滅し、生物が絶滅してきたと言われている。

67 :名無しのひみつ:2009/05/16(土) 06:57:07 ID:rK9H2GVz
>>66
過去7600万年の間に171回の反転があったんだが?太陽の磁極の反転は11年ごとな。





関連記事



6198 :  2009.05.18 Mon 11:57  

巨大なのに小惑星とな
  • #KI9OsvPY
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6199 :  2009.05.18 Mon 12:15  

テラフォーミング開始
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6201 :  2009.05.18 Mon 12:40  

あらあら、うふふ。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6204 :  2009.05.18 Mon 13:15  

火星移住計画の必要性が全く感じられない
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6205 :  2009.05.18 Mon 13:20  

巨大な小惑星

って言葉に違和感を感じた
意味はわかるんだが。な。
  • #-
  • VIPPERな名無しさん 
  • [URL]
  • [Edit]

6206 :  2009.05.18 Mon 14:15  

>>6205
それは単なるゆとり
惑星は人間からすればどう考えても巨大なモノ
惑星は種類が分かれている。だから、そう表記せざるをえない
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6207 :  2009.05.18 Mon 14:27  

生命が存在するもしくは生存し続ける惑星の条件としてハビタブルゾーンに位置することがよくあげられるけど
その次に重要なことは軌道の外側に木星土星のような巨大な惑星とそばに月のような衛星を持つことらしい
どちらも隕石や小惑星の衝突のリスクを軽減してくれる役目を果たしてくれるのと
月のような巨大な衛星はそれだけでなくその引力によって地球に様々な恩恵をもたらしてくれる
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6208 :  2009.05.18 Mon 14:38  

英語だとアステロイドだから、巨大なアステロイドで何の違和感も無いんだけどな。
  • #-
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

6209 :  2009.05.18 Mon 16:01  

>>6205
それよりもお前の言葉に違和感、というか明らかに変。
句点の使い方がおかしい。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6210 :  2009.05.18 Mon 16:24  

びっくりするほどユートピア
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6211 :  2009.05.18 Mon 16:33  

>>22に感謝しよう
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6212 :  2009.05.18 Mon 16:57  

リアルタイムで起こったのかと思ったじゃないかw
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6213 :  2009.05.18 Mon 17:30  

アステロイド帯から小惑星がやってきて衝突?
まさか幻の第5惑星が破壊されたかけらが衝突した?
て考えると地球に巨大小惑星?がぶつからなかったこともわかる~かな?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6214 :  2009.05.18 Mon 19:05  

火事場のクソ力の原因が巨大な小惑星と思ってしばらく読んでやっと気付いた
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6216 :  2009.05.18 Mon 19:30  

俺も最新ニュースだと思ってたまげたわwww
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6219 :  2009.05.18 Mon 21:55  

ここまで地球滅亡CGなし
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6220 :  2009.05.18 Mon 22:58  

テラフォーミングのテラをスラングと勘違いしてるやつがいたな
テラフォーミングwww
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6221 :  2009.05.19 Tue 04:15  

磁極が反転か。リニアモーターカーでも動かすつもりか
  • #uPSz3z/g
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6222 :  2009.05.19 Tue 07:47  

唐突に
小さな巨人ミクロマン!!
を思い出した
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

6223 :  2009.05.19 Tue 09:31  

一億年で15個衝突って異常な回数って思う方が異常なのか?
  • #-
  • VIPPERな名無しさん 
  • [URL]
  • [Edit]

6236 :  2009.05.20 Wed 05:47  

だから地球に向かって飛んできたやつはアルカンフェルが体当たりで粉砕したんだってば
ってネタがここまで出てこないとは(´・ω・`)
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7952 :  2009.07.28 Tue 01:24  

こえーな
今度磁極が反転するのはいつだ?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

8968 :  2009.09.02 Wed 19:43  

ゼーベック効果か。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

9115 :  2009.09.05 Sat 14:48  

The CORE を思い出した。

と言うかこの理論をもとにエンジンとか作れないかな?
地球理論模倣駆動機関(アースドライブ)とか


無理か
  • #LkZag.iM
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

15094 :  2010.03.24 Wed 01:52  

オリンポス山を丸ごと掘鑿して、その構成元素を分解、空気と熱量に原子変換・熱変換して、熱量を目的の空間に転送、マントル対流を起こし、大気圏も再構成、惑星全体の温度調整。剰った物質は水に変える。

とか、できるかなあ?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

Trackback

http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/tb.php/518-17c3b24f

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身