ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

スポンサーサイト  





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未解読のインダス文字を、人工知能で解析  





 多くの考古学者の挑戦を退けてきた古代文字が、人工知能にその秘密の一部を見破られた。4000年前のインダス文明で使われていた記号をコンピューターで分析したところ、これらの記号が話し言葉を表している可能性があることがわかったのだ。「含まれている文法構造は、多くの言語で見られるものと共通しているようだ」と、ワシントン大学のコンピューター科学者、Rajesh Rao博士は語っている。

 インダス文字は、紀元前2600年から紀元前1900年に今のパキスタン東部からインド北部にかけて使われていた文字で、エジプト文明やメソポタミア文明と同じくらい洗練された文明に属していた。しかし、残されている文字は他の文明と比べて非常に少ない。考古学者がこれまでに見つけ出したのはおよそ1500種類で、陶器や平板や印章のかけらに彫られていたものだ。最も長いものでもわずか27文字しかない。[インダス文字は、テキストが印章のような短文がほとんどであることと、ロゼッタ・ストーンのような2言語以上の併記がないことから、解読が難航している]

中略

 「機械学習の主要なテーマの1つは、限られた量のデータからどのようにして規則を一般化するのかということだ。たとえデータを読み取れなかったとしても、そのパターンを見つけ出して、そこにある文法構造を知ることはできる」とRao博士は言う。

 Rao博士の研究チームは、マルコフ・モデルと呼ばれる手法で計算を実行するパターン分析ソフトウェアを使用した。これは、システム・ダイナミクスにおいて使用される演算ツールだ。

 Rao博士らはこのプログラムに、まず4種類の話し言葉(古代シュメール語、サンスクリット語、古代タミル語、および現代英語)のサンプルを入力した。次に4種類の、話し言葉ではない伝達システム(人間のDNA、フォートラン、バクテリアのタンパク質配列、および人工言語)のサンプルを入力した。

 プログラムは、各言語に存在する規則性のレベルを計算した。話し言葉ではない言語は、高い規則性を持つもの(その記号と構造に一定の法則性がある)か、まったく秩序がないものかのどちらかだった。一方、話し言葉はその中間だった。

 次に、インダス文字のサンプルをこのプログラムに入力したところ、記号配列のパターンに基づいた文法的規則が検出された。これらは、話し言葉と同程度の適度な規則性だという。

 インダス文字の権威であるヘルシンキ大学のAsko Parpola氏は、この研究を有益だと述べたが、文字の意味的理解をこれまでより進めるものではないと述べた。サンプルが少なすぎて、仮説を検証することができないという障害は変わらないという。

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200904/2009042421.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 18:12:42 ID:wkgWphrM
日本の古代文字の読み方。
http://homepage3.nifty.com/utukusinomori/newpage3-3.html

8 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 18:22:09 ID:gbhdph7D
>>2
それ近世以降に捏造された、神代文字だろ?


14 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 18:32:45 ID:L9I1ibkX
>>2
やっぱり漢字も日本語だったのね。
老師か誰かの言葉で、そう記録されてる本があるらしいじゃん。



3 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 18:16:02 ID:PC8kiuMS
結局なんて書いてあったんだ?

18 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 18:42:04 ID:W88d0+Sa
>>3
ぬこはかわいい。



4 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 18:16:21 ID:wGQRy2hI
読めないんだす。


5 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 18:18:57 ID:fbs2rCr7
鳩摩羅什呼んでこれば、すぐに解析される。


6 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 18:20:21 ID:yNoRLn5N
「どうやら話し言葉らしい」ことが分かっただけでも、進歩ってことか。


9 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 18:23:13 ID:Ukf1xK1i
この人工知能を2chやニコ動に使ってみたいな。
傍目から見れば、意味不明な文字列のやり取りをどう判断するのか…


10 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 18:27:24 ID:2a/fcJHr
ゼントラーディ文字やゼビ語の解析に使ってくれ。


12 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 18:31:34 ID:za9Ix7jc
スレタイに騙されかけた、なるほど「解明」じゃなくて「解析」ね。


13 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 18:32:09 ID:ZJ+xVmQI
法則とか見つけるのにはいいだんろうけど、人工知能じゃ閃きがないんではないの?


15 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 18:35:25 ID:6/tWRmJJ
解読に成功したぞ!「逝ってヨシ」「オマエモナー」
なんだこれは…


16 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 18:38:58 ID:S/+DmA4a
スプリガン懐かしいな。


17 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 18:39:17 ID:3MzauVUk
コンピューターのこの手のものって簡単に信用できないんだよな。適当に創った文字列とかを計算させても、なんらかの規則性を持つって答えをだしちゃうかもしれんし。


19 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 18:42:43 ID:NxA2cjJJ
> 現存するインダス文字は政治的、宗教的な象徴を表すものにすぎない
案外、これが正解でねえの?


21 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 18:51:30 ID:YpHgCY0f
神の言葉であって、人間には理解できないのかもしれないね。


25 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 19:09:07 ID:4Qj/BX6E
竹内文書みたいなものか?


26 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 19:14:37 ID:zVDFiUm7
> 最も長いものでもわずか27文字しかない。
短いってことは、書かれてるのは「名前」なんじゃないかね?

50 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 21:40:22 ID:S1iFBRI4
>>26
俺もそう思う、ブランドな。



27 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 19:17:23 ID:QXIw9J+Y
乱数表を読ませても解読できるとかってオチじゃねーだろうな?


28 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 19:22:04 ID:YpHgCY0f
だいたい古代文字って、宗教がらみのことが書いてあるに違いない。


29 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 19:22:48 ID:0URZKiW5
ポリネシア語以外にも、六つばかり古い言葉を準備して、ぼくは仕事を開始した。またしてもコンピューターは、ぼくが予想もしていなかった《古代文字》のありえない構造をはじきだしてきたのだった。

それによると、《古代文字》の関係代名詞は、なんと一三重以上に入り組んでいるらしかった。 人間は、関係代名詞が七重以上入り組んだ文章を理解することができない、というのに、だ――

47 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 21:20:09 ID:ImYOoAiJ
>>29
神狩りだっけ?



31 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 19:29:03 ID:4Qj/BX6E
「最近、若者のインダス文明離れが著しい」って書いてあるよ。


33 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 19:43:11 ID:bV05Yl5V
文字って、昔はごく限られた人しか読み書きできなかった。そういう立場の人って、神官とか僧侶だったろう、だからそういう話が多いのは必然だろうな。散文とかは洋の東西を問わず、10 ~ 15 世紀くらいにならないと一般化しなかったのではないか。源氏物語はかなり早い時期だね。


34 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 19:44:16 ID:P717qpq+
ヒント、ドラビダ語


38 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 19:56:12 ID:lRIZAuT9
朝鮮文字、ハングルは世宗大王(400年ほど前)に作られたとされてる。しかし原型は対馬にあったと聞いたことがある。誰か知らない?

40 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 20:21:30 ID:uXCwYa/h
>>38
アヒル文字だろ? 


62 :名無しのひみつ:2009/04/25(土) 00:12:32 ID:TU4CAf5Q
>>38
ハングルはパスパ文字のローカライズで、ほぼ確定してる。



39 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 20:06:17 ID:4JFDxBIK
この研究も凄いけど、先生方の名前も凄いよね。


49 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 21:35:55 ID:riv8nUm3
同じく未解読なんだがイースターのロンゴロンゴも解読される日が来るのかな?年代的にも距離的にもありえないんだが、どうもインダス文字そっくりな文字があるんだよね。

http://www.damninteresting.com/?p=710

ロンゴロンゴ文字
rongorongo5_convert_20090427112753.jpg

56 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 22:56:57 ID:ffl/oEb0
>>49
その文字見てたら、ウルトラマンが居たのかと思った。


81 :名無しのひみつ:2009/04/26(日) 00:35:09 ID:/kwiuj5z
>>49
ロンゴロンゴとインダス文字は直接は関係無いと思う。楔形文字が、ある一定期間、ある程度の地域で、複数の言語の記述に用いられていたのと同様に、違う言語ではないかと思われ。

つまり現代でいうと同じ「アルファベット」体系で記述されている「ドイツ語」と「フランス語」や同じ「漢字」体系を用いている「中国語」と「日本語」を比較する様なもの。



51 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 21:44:29 ID:44VvhWX1
文明って、文字の発達以降急速に発達したよな?逆に文字がない時代はぜんぜん進歩しなかった。
つい5000年前に開発した文字で、アホみたいに文明が進歩しだした。


53 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 22:10:28 ID:itMqGWam
いま解読しようとしてるMYSTのドニ数字を、人工知能で解析してくれないかな。


54 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 22:16:30 ID:Cwtxz7t6
人工言語をぶち込んで(おそらく)高い規則性があることになって、古代語・現代語の話し言葉だと規則性有り無しの中間だった。文系の素人が言わせてもらうが、その解析ソフトがこの仕事させるには馬鹿すぎただけなんじゃないのか?

60 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 23:42:56 ID:w6KP5qhF
>>54
文系でも「エントロピー」って聞いたことあるでしょ?
同じような考えを当てはめて計算したんだと思われる。



58 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 23:24:17 ID:V7x7j86u
ラオ博士って…実在してたのかよ。


59 :名無しのひみつ:2009/04/24(金) 23:39:35 ID:lGJKVfwT
囲碁だとモンテカルロアルゴリズムが、人工知能そのものだからなぁ。


63 :名無しのひみつ:2009/04/25(土) 00:18:27 ID:SPIJbOck
4000年後にも残っているようなインダス文字というのは、恐らくは普通に使われていたインダス語とは違うだろう。つまり現代日本文化でいえば、墓石に彫られた文字だけが出てきたようなもの。

27文字というのは文章としては短すぎる、インダス語を知る手がかりとみるのは間違いではないだろうか?墓石に刻まれた文字だけから日本語を知ろうとするようなものだろう。


65 :名無しのひみつ:2009/04/25(土) 01:35:16 ID:AodubVTp
ヴォイニッチ写本も解読してくれよ。


66 :名無しのひみつ:2009/04/25(土) 01:45:54 ID:YD/+WMxK
名古屋出身なのか大阪なのか。 ラオ博士「インダスとりゃぁ、ええ愛や」


71 :名無しのひみつ:2009/04/25(土) 19:01:16 ID:Jh0NnUQB
未解読のインダス文字一覧

解読のしようがないだろ。


77 :名無しのひみつ:2009/04/25(土) 23:48:11 ID:7Ro3jYuu
実は解読できてるんだけど、その内容が、

「お、お兄ちゃんの凄く大きくなってる」
「あっ…、お兄ちゃんがアタシの中に入ってきた…」

教育的見地から解読出来なかったコトにしてるとかw

79 :名無しのひみつ:2009/04/25(土) 23:52:11 ID:Sg4MJ13h
>>77
古事記もそんな感じじゃね?






関連記事



5721 :  2009.04.27 Mon 14:49  

内容が充実した良スレだね
じっくり読ませてもらうわ
未解読文字ってロマンがあるよなあ・・
  • #-
  •    
  • [URL]
  • [Edit]

5722 :  2009.04.27 Mon 15:26  

未解読の文字…

グロンギゴゾゴロギダギダ
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

5723 :  2009.04.27 Mon 15:46  

あら、解明じゃないくて解析なのな。
どうやら話し言葉っぽいってだけなのね。
…ふんてこわ!
  • #t.g1Q/p.
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

5724 :  2009.04.27 Mon 15:50  

古事記の動画見たけど面白くて見入っちゃったよ
  • #-
  • VIPPERな名無しさん 
  • [URL]
  • [Edit]

5725 :  2009.04.27 Mon 16:16  

       ~三年後~

人工知能「ZIPパス解析とか本業じゃないんだが…」
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

5726 :  2009.04.27 Mon 16:40  

オンドゥルウラギッタンディシカー ダディバナサン
  • #BsqUATt6
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

5727 :  2009.04.27 Mon 19:42  

神狩り、面白かったなぁ。
2は無かったことにしてもう一度ちゃんとした続編を書いて欲しい。
  • #-
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

5728 :  2009.04.27 Mon 19:42  

※5726
書こうと思ったら・・・こいつめ・・・
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

5729 :  2009.04.27 Mon 22:11  

文字のおかげで
その場に居なくても情報が伝達できる。
全く知らない昔に死んだ人の知識が現在も継続できる

>>51はそう考えると必然だろうね
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

5731 :  2009.04.28 Tue 00:17  

ロンゴロンゴ文字がどうみても人間のせいk(ry
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

5732 :  2009.04.28 Tue 01:47  

ここまでヤーマ無し
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

5734 :  2009.04.28 Tue 12:32  

オンドゥル語があってなんか和んだ。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

5745 :  2009.04.28 Tue 14:46  

一方俺はグロンギ語の会話が完全に訳せるようになっていた
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

5753 :  2009.04.28 Tue 21:03  

>49 のロンゴロンゴ文字が・・・

一行目の中央から右端までの大意は、
「ち●こは最初はぐったりしていますが、まんまんに接近すると、このように上向きに立ちます↑」
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

5754 :  2009.04.28 Tue 22:00  

インダス文字ってなんかキモいね
規則正しすぎる
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

21476 :  2012.11.11 Sun 23:36  

「インダス文字とロンゴロンゴ文字」なら似てて当然だね・君達がトンデモと言って否定する・レムリア(ムー)滅亡後に・インドに行った「ドラヴィダ人とイースター島の住民」は・同じレムリア(ムー)文化圏に属していたから・「縄文人」だってレムリア(ムー)と混血してるし・神武に消された初期の天皇は・レムリア(ムー)の神(宇宙人)だった・神武はシュメール系の流れならしいけど・其のシュメールの支配者を・レムリア(ムー)滅亡後に・地球の地底に逃れた神(宇宙人)が誘拐して・遺伝子操作で作ったのが「イルミナティの先祖」だ
  • #-
  • 名無しさん@ニュース2ちゃん 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

Trackback

http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/tb.php/496-e65ee7d3

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。