ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

スポンサーサイト  





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本での継続的な天文観測は、飛鳥時代前半の7世紀初頭?  





 日本での継続的な天文観測は推古朝(飛鳥時代前半)の7世紀初頭に始まっていたとする研究結果を、国立天文台のチームが日本書紀の分析からまとめた。日食などの観測が必要となる暦づくりは皇帝の独占事業で、中国は影響下にあった周辺国に禁止していた。日本に律令制が芽生えたのは680年ごろとされるが、その半世紀以上前から、独自の暦づくりへ、布石を打とうとしていた可能性があるという。

 天文台の谷川清隆特別客員研究員らは日本書紀に記録がある日食、月食、彗星(すいせい)、月が星を隠す現象などについて中国の記録と比較した。

 その結果、620年にオーロラが記録されたのが最初でそれ以前には天文記録がないこと、620年以降には、日本でしか観測できない現象が2件、中国でも観測可能だが中国には記録のないものが1件あった。また、同年以降、中国と日本の両方で観測された彗星が5個あるが、記述の作法が違い、中国の記録の引き写しではなく、日本独自の観測の可能性が高いという。

 昼間に突然暗くなる皆既日食は誰でも気づくが、部分日食やオーロラなどは、観測の知識と技術がある専門家が空をずっと監視していないと記録できない。そのため、620年ごろから継続的な天文観測が始まったと結論づけた。

 古代、中国と主従関係を結んだ周辺国は、貢ぎ物を贈り(朝貢)、中国の暦を使う義務があった。5世紀の日本が倭(わ)国王として朝貢していた記録が中国にある。だが、607年に派遣された遣隋使は「日出づる処の天子」で始まる対等な国家とも取れる国書を持参したとされる。

 谷川さんは「国書を独立宣言と解釈すれば、暦づくりのために独自の天文観測が必要になったのではないか」と話している。

 律令体制下では、天文や占いをつかさどる役所「陰陽寮」が置かれ、専門職の天文博士、暦博士が天文観測と暦づくりを担当するようになった。

朝日新聞
http://www.asahi.com/culture/update/0307/OSK200903060083.html



*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/03/07(土) 12:56:51 ID:++1OeRrF
望遠鏡もない時代によくやったな。


4 :名無しのひみつ:2009/03/07(土) 13:09:14 ID:wGqFZemG
日本でもオーロラ見れたんだ。


5 :名無しのひみつ:2009/03/07(土) 13:10:04 ID:3ufOj/2Q
北海道でもないのにオーロラ見れることなんてあるのか?
と、思って調べてみたら1958年に関東や北陸で見れたなんてこともあったのね。


6 :名無しのひみつ:2009/03/07(土) 13:26:33 ID:u5uhIQ+P
また朝鮮人がファビョりそうな記事を…


7 :名無しのひみつ:2009/03/07(土) 13:35:53 ID:yZ+ujxsG
>>6
日本人に天文観測の仕方を教えたのは、百済から来た朝鮮人というのは紛れもない事実。
なので、火病したりしません。


9 :名無しのひみつ:2009/03/07(土) 13:55:09 ID:Thmku2ko
>>7
百済時代の人骨と今の韓国人の遺伝子を調べて、確認してから言いたまえ。


10 :名無しのひみつ:2009/03/07(土) 13:58:59 ID:xOcEG9CP
>>7
この頃の朝鮮半島は、中国の命令に逆らって天文観測してたの?


11 :名無しのひみつ:2009/03/07(土) 16:45:43 ID:NW1XhsqF
有名なのはカニ星雲の超新星爆発があるな。
あれの記録を世界中の科学者が捜したが、見つかったのは日本と中国の文献だけ。


13 :名無しのひみつ:2009/03/07(土) 16:49:19 ID:eKkZWtEN
>>11
ヨーロッパの歴史も、無理して背伸びしてるからなw


37 :名無しのひみつ:2009/03/08(日) 14:51:13 ID:6hNU7i7Z
>>11
超新星爆発が肉眼で見れたってのも羨ましい限りですな。


12 :名無しのひみつ:2009/03/07(土) 16:47:46 ID:KgYfHcHa
日本と中国は記録文化だからな。


19 :名無しのひみつ:2009/03/07(土) 22:32:52 ID:TLNjVUOR
>>12
官僚制のおかげだな。


21 :名無しのひみつ:2009/03/07(土) 22:40:05 ID:byxdoqKA
>>12
それはそうだが、日本の場合は飛鳥以前の記録は全消去されている。中国は何度も消去されているわけだが、奴らの優良な古典は日本にある写本が最古。

しかも、1000年以上追記され続けた注釈がついていたりして、中国人が自国の古典を学ぼうと思ったら日本に来るのが一番と言うのが現状だったりする。


22 :名無しのひみつ:2009/03/07(土) 23:02:50 ID:wY5E0DmL
>>21
確か法隆寺かなんかが落雷で焼けた時の記録に、
「仕舞ってあった古い書物も全て燃えてしまった」って記述があった筈。


14 :名無しのひみつ:2009/03/07(土) 17:17:24 ID:i4QXqV8q
日本には昔から保存マニアが居て、中国で散逸した書物が宮内庁の書庫にあったりする。しかし、記紀万葉以前の日本のまとまった記録が無いのは日本版焚書坑儒があったから。


15 :名無しのひみつ:2009/03/07(土) 17:28:21 ID:aGQhkW4a
蘇我入鹿みたいなのが円盤に乗って現れたとか、そういうのも研究して欲しい。


16 :名無しのひみつ:2009/03/07(土) 17:53:08 ID:LiJpOxDH
日本て、もう縄文時代からたいしたもんだったし。


20 :名無しのひみつ:2009/03/07(土) 22:37:00 ID:DbbgKDdK
昼間の太陽を肉眼で観測し続けるのは無理だよね?
なんかサングラスみたいな機能のものを使ったんだろうか、それが見つかれば信憑性高まるんだが…


25 :名無しのひみつ:2009/03/08(日) 00:57:12 ID:oDuIeqOa
>>20
どうやって日食を観測してたのかは謎らしい。
水面に映して見たんじゃないかとか説はあるらしいけど?


31 :名無しのひみつ:2009/03/08(日) 06:40:10 ID:E1cEjj0U
>>25
ピンホール的なものを使った可能性もある、例えば日食中の木漏れ日は日食の形になって投影される。これに気付けば応用も可能だろう。


23 :名無しのひみつ:2009/03/08(日) 00:37:01 ID:lpDi97vk
>>20
当時の半透明なものなら動植物だから、もう見つからないかも…
しかし日本は凄い国だよ、何気に。


36 :名無しのひみつ:2009/03/08(日) 14:32:22 ID:xbdsV8ZY
>>20
桶に水を張って墨汁を垂らせば良い。


40 :名無しのひみつ:2009/03/08(日) 15:39:30 ID:F1/T2dOn
>>20
普通に失明していました。
詳しくは下の文献をドウゾ、カリブの海賊が片目に眼帯をしている所以だな。

経度への挑戦 一秒にかけた四百年 (単行本)


46 :名無しのひみつ:2009/03/09(月) 10:39:58 ID:5KfJKe8Z
>>40
カリブの海賊を、馬鹿にし過ぎ。眼帯は、夜目説もあるぜ。
明るい所から暗い所に入ると、なんも見えないだろ?前もって眼帯で成らして置くわけ。


26 :名無しのひみつ:2009/03/08(日) 01:10:30 ID:rp9wtA2O
風土記は記紀以前の書物じゃね?文字らしい文字が無かったのは不思議だけど…
黒曜石を綺麗に割れば薄いグラサン石が出来そうだけど無理かな?


29 :名無しのひみつ:2009/03/08(日) 01:35:25 ID:cO8tlQy4
>>26
古事記 712年完成
風土記 713年編纂の命令
日本書紀 720年完成

命令された時点で、そのとき知っている古いネタを集めたという点では、記紀とほぼ同年代。


30 :名無しのひみつ:2009/03/08(日) 01:49:10 ID:cO8tlQy4
>>26
記紀以前というと、稗田阿礼が暗誦したという帝記・旧辞のほか、聖徳太子と蘇我馬子が編纂した天皇記・国記が620年に書かれたとされている。

推古朝のお話ね。乙巳の変の時に、焼けたとも、一部が持ち出されたとも言われている。文字だけなら、坊さんがお経を読んでいるわけで、飛鳥時代から使っていてもおかしくはないでしょ。


27 :名無しのひみつ:2009/03/08(日) 01:11:24 ID:1233aUxm
文字よりも天文観測のが先だろ?現代人は三日月は特定の時間帯と方角にしか見えないことも忘れているが、古代では時計もカレンダーもないかわりに星で時間や季節や方位を知ったのだから。


28 :名無しのひみつ:2009/03/08(日) 01:22:30 ID:tPbMnH3P
いや>>1のニュースは天体観測自体の歴史じゃなくて、日本独自の天体観測でかつ事業として記録されてるものを対象にしてるようだから。これはこれでいいんじゃないのかい?


32 :名無しのひみつ:2009/03/08(日) 13:09:38 ID:lpDi97vk
こう考えると古事記が日本的情感の発露とするなら、日本書紀ってのも文字通り日本的知性の真髄だね。


33 :名無しのひみつ:2009/03/08(日) 13:12:00 ID:qVD0gEZY
>>32
日本的感性の集大成 だったら 万葉集 だと思うぞ。


35 :名無しのひみつ:2009/03/08(日) 14:02:37 ID:lpDi97vk
別の文明である南米の今のメキシコやペルーの天文学も異色だね。
まともな文字も車輪さえ無かったのにね。


38 :名無しのひみつ:2009/03/08(日) 15:05:31 ID:L1yzaJth
天智天皇の水時計はこの後か。


39 :名無しのひみつ:2009/03/08(日) 15:14:13 ID:/Hywm5Ub
そこで竹内文書ですよ。


42 :名無しのひみつ:2009/03/08(日) 22:00:30 ID:cO8tlQy4
柳生十兵衛とか伊達政宗とかとは、別の理由だったのか…<カリブの海賊


43 :名無しのひみつ:2009/03/09(月) 01:36:23 ID:zDR5SUsV
>>42
伊達政宗が、眼帯してたなんて記録はない。


45 :名無しのひみつ:2009/03/09(月) 10:06:27 ID:MIHPsQ98
>>43
そりゃぁ実際には眼帯をつけてたとしても禁句だっただけだろ?
死んだ後でさえ両目で描けと命令してた訳だし。


44 :名無しのひみつ:2009/03/09(月) 08:10:38 ID:1P+fJRs4
Dの眼帯ですねってへうげものか。





関連記事



4632 :  2009.03.09 Mon 13:14  

となりの国のおかげでこういう歴史記録を誇りに思えなくなっちまった
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

4633 :  2009.03.09 Mon 13:21  

↑今の半島に住んでる人と、百済の人は別人ですぜ。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

4634 :  2009.03.09 Mon 13:26  

歴史

1054年に出現した超新星(SN 1054)は、中国の記録『宋史』「天文志」に客星(突然現れた明るい星)として記され、仁宗の治世である至和元年五月己丑(1054年7月4日)に現れ嘉祐元年三月辛未(1056年4月5日)に消失したとある。日本でも、藤原定家が自身の日記『明月記』に記録をひいている[1]。また著者不詳の『一代要記』にも記録が残っている。さらに、1000年頃にアメリカ・インディアンによって描かれたアリゾナの壁画に残されている星の画を、この超新星とする説もある。超新星の出現当時は、金星ぐらいの明るさになり、23日間にわたり昼間でも肉眼で見えた。夜間は後2年間も見えていた。


藤原定家すげええええええええ
百人一首の選者は何もかもすばらしいですな
使われた歌は駄作だとか聞くけど
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

4635 :  2009.03.09 Mon 15:51  

隣の国は森羅万象の創造主らしいし
  • #-
  •      
  • [URL]
  • [Edit]

4636 :  2009.03.09 Mon 16:54  

間違いなく豆の板垣のご先祖様
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

4637 :  2009.03.09 Mon 17:10  

縄文時代って、どんぐりで味噌造ってたり
ちゃんとした櫛とか綺麗な髪飾りとか出土してるよね。
河豚の骨なんかも出てきてるから、かなりのグルメだったみたいだね。
  • #-
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

4639 :  2009.03.09 Mon 20:26  

リアル眺めるのが仕事
  • #-
  •     
  • [URL]
  • [Edit]

4640 :  2009.03.10 Tue 01:56  

>>4633
百済は多民族国家で中国人や日本人も住んでた、って
中国の歴史書には書かれてるんだよね
支配階級と被支配階級は別の民族だった、とも

支配階級は新羅の侵攻のときに日本に亡命してるから、
今の半島人は被支配階級の子孫ってことになるんだろうか
  • #wr80fq92
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

4641 :  2009.03.10 Tue 08:48  

朝鮮は文化の通路であって発祥はまずないしな
それにしても>>7がすでにファビョってるように見えるのは俺だけですか?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

4647 :  2009.03.10 Tue 14:29  

百済は日本人街もあったと記録にあるそうだから、当時から交流
が盛んだったんだよな。支配層に扶余人がいたという説もあるし
朝鮮云々は気にしなくてもいいと思う。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

Trackback

http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/tb.php/446-fc6deb0c

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。