ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

スポンサーサイト  





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「飛騨牛」元祖のクローン牛誕生…冷凍保存の精巣で  





 岐阜県特産「飛騨牛」の元祖とされる牛と同じ遺伝子を持つクローン牛を、死後13年間冷凍されていた精巣を使って誕生させることに、近畿大学と県畜産研究所の研究チームが成功した。

 米科学誌「プロスワン」に8日、発表した。

 内閣府食品安全委員会の作業部会は、クローン牛が食品として安全なことを認める方針を固めており、すでに死んだ牛から肉質のよいクローン牛を量産することに道を開く成果だ。

 使われた牛は、約4万頭の飛騨牛を誕生させ、そのブランドの立役者となった「安福(やすふく)号」。1993年9月に死んだが、精巣が凍結保存されていた。

 佐伯和弘・同大教授(家畜繁殖学)らの研究チームは2007年1月、精巣を解凍し、生きていた一部の細胞を培養。

 増殖させた細胞の核を、核を除去した別の牛の卵子に入れて、子宮に移植した。同年11月~08年7月に4頭が生まれ、このうち2頭が今も育っている。

 マウスの死体からクローンマウスを作ったことがある理化学研究所の若山照彦チームリーダーは、「凍結した牛から生きた細胞が見つかったのは画期的だ。スーパーで販売されている凍結した肉からも、クローン牛が作れるかもしれない」と話している。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20090108-OYT1T00642.htm



3 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 21:24:02 ID:F2hEsrFw
TBSのニュースで見たが、諸手をあげての歓迎ぶりな報道姿勢。クローン羊が出来たときは、倫理観を振りかざして反対姿勢だったのに。


9 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 22:13:22 ID:nU2f0Fxs
>>3
でもさ、これって結構上手い商売にならね?


4 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 21:26:21 ID:H5ekhEVP
>使われた牛は、約4万頭の飛騨牛を誕生させ
男の鑑だ…



13 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 22:33:33 ID:d+GhYTkc
>>4
でも、オッサンに毎回絞りとられるんだぜ?



33 :名無しのひみつ:2009/01/09(金) 09:38:40 ID:u1pnDIb9
>>4
毎日交尾して11年か…


6 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 21:30:48 ID:ahZrwIxd
精子じゃないのか。



8 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 22:07:43 ID:OVRsR9kM
クローン動物って何故か寿命が短い、その辺りの解明はどうなっているんだ?


19 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 23:08:56 ID:RTm3Ssvo
>>8
DNAが保存段階の年齢に相当している、とか言ってなかったっけ?



22 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 23:21:20 ID:oOdz7BQF
>>19
じゃあクローンを使った養殖で、三代目が全滅した菜種の謎は?



23 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 23:29:59 ID:RTm3Ssvo
>>22
初めて聞いた、除草剤耐性組み換え作物での話ではなくて?



24 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 23:31:43 ID:oOdz7BQF
>>23
10年くらい前だったか、菜種のクローン実験で1~2代目とも異常は見当たらなかったのに、3代目がただの1本も実を結ばなかったってやつ



26 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 23:40:04 ID:RTm3Ssvo
>>24
確かに謎だ、植物で解決してないのに哺乳類に技術移行したんだね。
てっきりテロメアだけで片付く話だと思ってたよ。


10 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 22:22:27 ID:oERZQs6+
金輪際飛騨牛は、食べません。


11 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 22:28:58 ID:efDCoq/L
つーか、一卵性多胎児は自然界が作り出したクローン。明確な危険性も挙げられず全否定する非科学ヲタは、ここに来なくてもいいとも思うが?


21 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 23:13:09 ID:H5ekhEVP
>>11
反対する理由は>>3で挙げられてるような倫理上の問題じゃないの?


16 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 22:38:44 ID:OVRsR9kM
染色体制御技術が確立すれば、凍結精子・卵子とかを使って、夢の掛け合わせも、原理的には可能なんだな。


17 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 22:43:29 ID:fPigpVy6
簡単に買えたらブランド落ちるだろ?「高い金を出す」ことにも意味がある。


20 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 23:09:17 ID:LswOx6st
美味しいから買うわけじゃない、安全であると信じて買っているのです。
味なんかオージー牛と変わらん。



25 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 23:38:35 ID:IWhV2ap5
マンモスの復活も可能になったな、はじめ人間の世界が今蘇る…


29 :名無しのひみつ:2009/01/09(金) 00:56:38 ID:1ZBmziBL
>>25
冷凍マンモスの遺伝子はブツ切れでだめらしいぞ、ただ、現代の象にマンモスの遺伝子組み込む方法でならいける見込みがあるらしい。遺伝的にはマンモスの象が出来るとか。


27 :名無しのひみつ:2009/01/08(木) 23:54:34 ID:n99HfPhs
安福ならまた精子を保存して利用するんだよな。クローンそのものを食品にするにはコストが掛かるし、今後も有名な種牛の復活が中心になる気がする。出回るのはクローンの精子と通常の母牛から生まれた牛では?


30 :名無しのひみつ:2009/01/09(金) 01:18:37 ID:6P9ZP2tT
>>27
種付け価格相場の低下や優良個体の遺伝子保存量の増加や、希少遺伝子を増やす事でバックアップ体制が安価にとれたりする。


ま、畜産農家にゃ朗報だが、一般人にはほとんど関係ない罠。



34 :名無しのひみつ:2009/01/09(金) 10:11:40 ID:DgNXrSub
>>30
前から気になってたんだけど、個体差ってそんなに激しいの?わざわざオリジナルのクローンを使って種付けするってそうとうな手間だし。



57 :名無しのひみつ:2009/01/10(土) 07:36:10 ID:wgq3j92z
>>34
随分違う。ブランド化による畜産物としての実体のない利益も少なくないが、肥育速度や肥育効率、上級部位の生産比率が図抜けていた。具体的にどのくらい差異があったかの数値データが、検索すると今でも直ぐでてくるから興味があったら調べてみるといい。


38 :名無しのひみつ:2009/01/09(金) 14:41:57 ID:Sj5xkb78
金玉からできたので、金太郎と金二郎と名付けよう。


41 :名無しのひみつ:2009/01/09(金) 15:15:20 ID:Uc1Fb2Ze
納豆や豆腐でさえ遺伝子組み換えだと食べないくせに。


44 :名無しのひみつ:2009/01/09(金) 15:55:44 ID:2NZnpFNx
どうせ宗教か抜粋知識の安全主義者がデモって、食肉利用は凍結の流れ。
よっぽど飢餓状態にならないかぎり日本での実用化は無理。



45 :名無しのひみつ:2009/01/09(金) 19:31:40 ID:qZvvSIca
>>44
飢餓状態になったら、牛の肥育なんて無理っぽい。
草だけ食って痩せこけた牛なんかでも、真っ先に狙われる。


46 :名無しのひみつ:2009/01/09(金) 20:03:58 ID:kMxgTuqc
オグリキャップのクローン出来ないかな?


47 :名無しのひみつ:2009/01/09(金) 20:33:11 ID:tfRROswC
論文読むと精巣である必要性は無い。精子以外の生殖細胞が入っていない組織を使ってるし。たぶん、精巣が利用価値が高いと思って凍らせたのだろう。もちろん精巣だったから上手くいった可能性もあるけど。


epithelial cellだから体中にあるし、Discussionでもどこでもいけるって書いてあるし。
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0004142



48 :名無しのひみつ:2009/01/09(金) 20:51:00 ID:/+W2qgBb
クローンなんか作ってどうすんだ?市場にかってに出回ったらいい迷惑だぞ…
いつものグラム100円の牛肉で十分だ。



57 :名無しのひみつ:2009/01/10(土) 07:36:10 ID:wgq3j92z
>>48
これは純粋にクローンだから、市場に出回っても消費者はなんら迷惑しない。遺伝子操作とクローンは別物というか、これがダメめってなら、今ほぼ市場の全てを占める人工授精の肉牛も全部アウトだ。


クローンは精子を使わず他の細胞から遺伝子を取り出して使用する以外は、基本的な理屈は人工授精と一緒。


50 :名無しのひみつ:2009/01/09(金) 20:58:33 ID:UM8GfphG
別の体外受精卵とすり替えたって、分かるものか。


51 :名無しのひみつ:2009/01/10(土) 00:28:19 ID:g5PepuI+
精巣の中の精原細胞を減数分裂させて、新しく精子作ったんじゃないの?精原細胞の培養と減数分裂をコントロールしてたんなら、クローンじゃ無いよね…


52 :名無しのひみつ:2009/01/10(土) 00:32:45 ID:g5PepuI+
>>1を良く読んだら、卵子の殻に雄のDNAぶち込んでるのか…完全なクローンだな。クローンをそのまま肉にしないで、こいつをまた種牛にするって手もあるんだよね。もし、店頭で売られている肉に生きた細胞があったら(無いかw)、種牛の価格が暴落しかねんし、種基準でブランド化する事が不可能になるな。


57 :名無しのひみつ:2009/01/10(土) 07:36:10 ID:wgq3j92z
>>52
最初からそのつもり。産業的には交配と種付けの為だけで、まんま肉牛にする気は全くない。というか、いくら優秀でもクローン牛をそのまま肉にしては生産効率が悪すぎる。


まあ、定期的にクローンして遺伝子情報の保存と蓄積を目指すっていう学術的目的もあるけど。


54 :名無しのひみつ:2009/01/10(土) 01:09:53 ID:fsWwg36K
生物学の常識に立ちかえって考えてみろ。哺乳類の受精卵でできるなら、当然、鳥類、魚類、昆虫類などの受精卵でも、長期凍結保存後に繁殖できるわけだが…


56 :名無しのひみつ:2009/01/10(土) 02:29:32 ID:vRY7iYVW
>>54
別に受精卵が凍結されていた訳じゃないし…


58 :名無しのひみつ:2009/01/10(土) 10:11:29 ID:f/X5/Xez
エジプトのファラオ達はそろそろ、復活のときなのかな。

関連記事



3533 :  2009.01.10 Sat 15:51  

体細胞クローンと一卵性双生児の違いがわからないやつがいるなんて。。。
  • #-
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

3534 :  2009.01.10 Sat 16:11  

人間はどこまで進んで行くんだろうか・・・
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

3535 :  2009.01.10 Sat 16:31  

死ぬまで精子搾り取られて死んだらクローン復活させられてまた搾り取られるとか恐ろしいな
  • #l6QF2lfE
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

3536 :  2009.01.10 Sat 16:32  

*1
みのもんたが「危ない牛肉」って叩けば、それまでです。
って、あいつギャラ高すぎてクビになったんだっけ?w
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

3537 :  2009.01.10 Sat 21:54  

NHKは何とか某っていう自称専門家が批判的な意見を言ってたな、2~3人に意見を取らないと中立とは言えんだろ。
  • #-
  • 略して、名無しさん 
  • [URL]
  • [Edit]

3538 :  2009.01.10 Sat 23:07  

で、うまいの?
  • #-
  •     
  • [URL]
  • [Edit]

3539 :  2009.01.11 Sun 03:09  

>>20
ドンだけ味覚オンチなんだよ。全然味ちがうだろ。
オージービーフがマズイとか言う意味ではなく、全然肉質ちがう。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

3540 :  2009.01.11 Sun 10:37  

飛騨牛はマジうめぇぞ!
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

Trackback

http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/tb.php/385-1ff1f583

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。