ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

「単細胞が迷路解く」 粘菌研究で中垣氏らイグ・ノーベル賞  





200810051018_convert_20081005102415.jpg
 ユーモアにあふれた科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が2日、米マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大で開かれ、アメーバのような動きをする単細胞生物「真正粘菌」が迷路の最短距離を導き出すことを発見した研究で、北海道大の中垣俊之准教授ら6人が認識科学賞を共同受賞した。


 人間にとっても難しい迷路の探索を、脳も神経もない粘菌ができることを発見した点が評価された。受賞あいさつで、中垣氏が「日本の辞書で単細胞は頭が悪いと書かれているが、単細胞はわれわれが考えてきたよりずっと賢い」と話すと、数百人の観客から拍手と歓声を浴びた。

 中垣氏らの研究では、3センチ四方の迷路に粘菌を置くと、最初はすべての道に体を伸ばす形でふさいでしまうが、迷路の入り口と出口に食べ物を置くと、最短距離だけを結ぶようになった。

47News
http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008100301000200.html




2 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 17:08:30 ID:+HehvPsG
俺も、単細胞生物になりたい。


3 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 17:10:07 ID:qEiUMJgF
一部では粘菌コンピュータとか話題になってるけど、日本人が発見した原理だったのか 米国かと思ってたよ。


4 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 17:11:51 ID:HzU620tC
単細胞のニートが、迷路解く。


7 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 17:15:32 ID:zEUgwPXt
単細胞のニートは、路頭に迷わないって事ですね。


8 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 17:24:11 ID:VmOsVETy
熊楠さんも喜んでおられるだろう。



9 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 17:36:41 ID:7l0xL35i
かがく探検隊コーステップ


ラジオ第17回:2006年2月4日
「中垣俊之先生の研究室を小学生が訪ねて質問」 ポッドキャストで聞けるよ。
http://costep.hucc.hokudai.ac.jp/project/radio/list.php?p=12



10 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 17:43:21 ID:pSJBkP75
きっと、もやしもんを読んで思い出したように研究したに違いない。


11 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 17:55:04 ID:pP7mTmpA
これに知性というなら、最小面積を形成するシャボン玉の洗剤にも知性が…


12 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 17:55:11 ID:miX1wHcD
もやしもんの粘菌の迷路解きは、何がソースなんだ?
農大では常識だったのか。



19 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 18:50:13 ID:he2CIi1Y
>>12
Natureにのったのが2000年で、そのとき新聞の科学面、科学雑誌なんかでも紹介された記憶があるから、まさしくこれが元ネタじゃないの。
もやしもんが描かれたのそれ以前じゃないよね。


13 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 17:56:35 ID:RQVRqeTr
なんで粘菌に迷路解かせようって思ったんだろ?


15 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 18:16:46 ID:L3/ksWr0
>>13
>>1
> 高等生物は神経系で情報処理をして活動を行いますが、神経系を持たない単純な生物はどのようにして情報を処理しているのか未だ解明されておりません。今回、中垣・山田両研究員は、簡単に手に入りかつ、複雑な構造がないため生理実験やモデル化に適している粘菌を使うことによって、神経系を持たない生物の情報処理能力を明らかにすることを試みました。



18 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 18:25:39 ID:RQVRqeTr
>>15
有難う。


14 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 18:11:06 ID:oh4pNeow
http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2000/000926/p2.gif
この論文の写真の説明、bとcが逆じゃね?



16 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 18:19:49 ID:7G6kMQ5B
粘菌研究といえば昭和天皇。


17 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 18:21:23 ID:kHIidwdr
>>1
かもすぞ!



20 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 18:52:16 ID:vhMIgvw/
> 高等生物は神経系で情報処理をして活動を行いますが、神経系を持たない単純
> な生物はどのようにして情報を処理しているのか未だ解明されておりません。


これって複雑系の学問のモデルで解明されたと聞いたけど、複雑系は学問でも科学じゃないから相手にされなかっただけ?



21 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 18:52:22 ID:/224wM4F
初の現役国立大学の教授が受賞じゃないか。
日本人の独創性が世界に認められることは、メデタイことだ。



22 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 19:01:57 ID:Gk/aUK0F
イグ・ノーベル賞って一般で言われるノーベル章の認識でおk?


23 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 19:43:05 ID:G6TKww3C
こんなまともな研究に「イグ・ノーベル賞」は失礼だろ。


26 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 21:26:52 ID:Q890oIaw
菌が迷路をって、単に空気の流れに沿って増殖してるだけじゃねえの?


29 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 21:53:55 ID:9xtsQ84e
>>26
それが最短経路でゴールするから凄い。



35 :名無しのひみつ:2008/10/05(日) 04:38:24 ID:QxZUtEX7
>>29
いったん全体に広がった後で、無駄な脚をひっこめてるだけ。



36 :名無しのひみつ:2008/10/05(日) 05:55:02 ID:d6tokYbn
>>35
これ最初に全体に広げておかないと、最短経路で到達しないだろ…
もともと誘導済み、乙であります。



39 :名無しのひみつ:2008/10/05(日) 06:30:49 ID:H+6rmNdY
>>35,36
でも最短の形態をとるんだぜ?



38 :名無しのひみつ:2008/10/05(日) 06:29:45 ID:JZmpVUwN
>>36
迷路問題は、変形体を、迷路の各部分に最初に全体に広げた上で、2つの餌を任意の出口?においた場合に、各餌を結ぶ相短距離の上だけに変形体が集まるってことです。
http://www.naturechannel.jp/ane/L010index.html
この作品の中でも、今回の迷路問題が取り上げられていますよ。



42 :名無しのひみつ:2008/10/05(日) 08:47:11 ID:BCGA9Jqq
>>39
でも、果たして「解いた」って言えるのか?
3カ所出入り口がある迷路の、それぞれの場所に餌をおいて、それで最短の経路のみ残るか実験してほしいな。


27 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 21:31:13 ID:YycB2b9i
シャボン玉と同じってのは、なんか説得力があるな。


32 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 22:53:11 ID:I0m0rL5F
何故こんなまともな研究にイグ・ノーベル賞が?
もっとムダな研究探せよ。



33 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 22:59:34 ID:0IbjKR0o
イグノーベル賞(Ig Nobel Prize)とは、
「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる賞である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E


34 :名無しのひみつ:2008/10/04(土) 22:59:59 ID:nzEyHFPg
イグノーベル賞とノーベル賞の同時受賞でも俺は認めるよ。
これこそが、バイオテクノロジーの将来像だよ。



37 :名無しのひみつ:2008/10/05(日) 06:04:39 ID:bygkx2Yv
確かに、考えさせられる。


40 :名無しのひみつ:2008/10/05(日) 06:56:00 ID:vvYy9TEb
状態ベクトルの収束だな。


41 :名無しのひみつ:2008/10/05(日) 08:33:43 ID:MlRhhPWg
何ヶ月か前NHKの番組でやってたな。初はあらゆるルートに満遍なく進むのが、徐々に最短距離へ収束してくるのだそうだ。


44 :名無しのひみつ:2008/10/05(日) 09:40:54 ID:wWvmIT0G
これこそ「単細胞」の成せる「業」なわけだが…
まあ、この程度ならイグノーベルだわな。



45 :名無しのひみつ:2008/10/05(日) 09:51:27 ID:3p+bPxc7
巨大迷路に1万人の人間を放り込んで入口と出口に食料を置いたらどうなるか?
東京ドームで実験して欲しい。



46 :名無しのひみつ:2008/10/05(日) 10:36:53 ID:MTQW7w9I
>>東京ドームか。
入り口と出口に、我先にと食料を奪い合うGHQ世代が目に浮かぶよ。










関連記事



1956 :  2008.10.05 Sun 13:29  

イグノーベル賞は自分で論文を送らないといけないんじゃなかったかな?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

1957 :  2008.10.05 Sun 13:44  

この人って随分昔にディスカバリーで取り上げられてたよね
  • #-
  • 名無し!! 
  • [URL]
  • [Edit]

1960 :  2008.10.05 Sun 18:53  

米32
全くだ
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

1989 :  2008.10.08 Wed 12:39  

※1
自薦他薦なんでもありだよ。
半分ぐらいは恥ずかしくて授賞式に行けないような受賞だしなw
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

Trackback

http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/tb.php/290-5e7ab88e

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身