ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

スポンサーサイト  





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山中教授のiPS細胞作製法、国内特許成立 京大発表  





 京都大学の山中伸弥教授らが開発した万能細胞(iPS細胞)について、作製方法の特許が国内で成立したと京都大は11日発表した。マウスだけでなく人も対象にした「根幹の特許の一つ」としており、実用化への一歩を踏み出した。iPS細胞作製関連の特許成立は国内初。今後は、国際特許が取得できるか、どこまで権利が及ぶかが焦点になる。

 成立した特許の内容は皮膚などの体細胞に4遺伝子を導入して作る方法で、この方法で作る細胞にも権利が及ぶという。京大は「対象には、人も含むと解釈している」と強調する。今後は、京都大と金融3社が作った特許管理会社がライセンスを提供する。非営利機関は無料。産学連携推進担当の寺西豊教授は「基本特許の一つが成立したことで、研究のすそ野が広がる」と期待する。

 今回の特許は、05年12月に国内出願した後、06年12月に国際出願した。20を超える国と地域での審査の結論はまだ出ていない。京都大は国内で特許を早く成立させるために、18項目にのぼる国際特許出願の一部を、分割して今年5月に特許庁に出願した。

 そのため特許の権利が及ぶ範囲は限定的だ。世界では、今回の方法以外に、三つの遺伝子や二つの遺伝子と化合物での作製法の開発も進んでおり、今後、特許争いも予想される。今回の特許で主張できる権利の範囲について、松本紘・京都大理事は「最終的には司法の判断だが、今後、ほかの権利も積み重ねて幅広い強い特許を確保していきたい」と話す。

 山中教授は「今回は第一歩で、今後もiPS細胞の本態解明や創薬への活用、細胞治療の実現化に向けた研究に全力投球し、関連する知的財産を積み重ねていくことで、実用化や治療応用の加速化に結びつけていきたい」とコメントした。

 政策研究大学院大学の隅蔵康一准教授は「今回の特許で基本技術をすべてカバーすることはできない。だが、主要特許を一つでも持っていれば、他機関との取引材料になる。今後は研究競争が激しい海外での特許取得を進めることが課題だ」と話している。

朝日新聞
http://www.asahi.com/science/update/0911/OSK200809110091_01.html




2 :名無しのひみつ:2008/09/12(金) 20:19:10 ID:OjAn228e
iPS実験に成功して、今は米国に引き抜かれた医薬品会社の人いなかったっけ?


3 :名無しのひみつ:2008/09/12(金) 21:44:04 ID:mwH0HyQ6
どんどん進めてくれ。


4 :名無しのひみつ:2008/09/12(金) 21:47:41 ID:RQLQRi+D
第三者が先に特許を取って、金を要求するような事態を阻止したってこと?


5 :名無しのひみつ:2008/09/12(金) 21:53:11 ID:hutuGI/+
>>4
ですな、海外からはキッチリ頂く予定もあるそうです。


6 :名無しのひみつ:2008/09/12(金) 23:06:28 ID:UlqI88Ve
私は前から特許を取れると、思ってました^^



8 :名無しのひみつ:2008/09/12(金) 23:52:41 ID:Cxm132KA
特許が取れるか・・・これからが本当の地獄だ・・・


9 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 05:31:47 ID:XLz4vxLz
もっと人員を、もっと資金を。強力に推し進めてくれ、iPS細胞による再生医療の最先端地がこの日本に成りますように。


10 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 05:55:32 ID:pVy58phf
>>9
残念、もう既に米国に抜かれつつ有ります、大学などに投入する金額が国民一人当たり10倍以上差が有るので無理です。その代わり、道路作ったり減税するので許して下さい。



15 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 15:40:49 ID:2JmoijnE
>>10
道路を造ってくれるんなら、しょうがないな。



19 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 17:15:09 ID:XLz4vxLz
>>10
いらねえ、道路もうそ臭い減税もいらねえ。
これから金になることに金を使わないと結局同じ、やるなら相続税・宗教法人課税・増税で予算ひねり出して 他国を振り切るべき。


11 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 11:04:40 ID:uK80GcX0
先を越された韓国涙目w


12 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 11:17:43 ID:E1RTU/6q
技術供与受けた企業が、外国企業に買収された場合はどうするのかねえ?


34 :名無しのひみつ:2008/09/24(水) 02:22:23 ID:HfRrv5TW
>>12
洋禿は傷だらけで、企業買収所じゃないんだよね。
傷が浅かった和禿だけが元気。


13 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 11:23:59 ID:qG3USLfp
日本にでは、理系は負け組。


16 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 15:55:33 ID:l4Eg75Lc
タカラバイオのiPSはどうかな?


17 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 16:18:09 ID:lUtTeskG
これって国内なんだろ?
国外だったら意味無いんじゃね、弁理士出てきて説明しろ。



25 :名無しのひみつ:2008/09/14(日) 15:32:57 ID:E5Bpqttc
>>17
この特許は日本国内のみ有効。米国などの国外では別途その国での審査があり、現時点で帰趨は不明。 ただし、日本で取れれば外国でも特許とれる可能性は高いはず。


18 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 16:41:08 ID:pHbARBtm
ドイツのバイエルン社だっけ?
が、先に作製に成功していた、という話はどうなったの?



19 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 17:15:09 ID:XLz4vxLz
>>18
まだ揉めてるんじゃなかろうか、理系の弁護が出来るように研究者から弁理士を養成すべき。
後は政治家の屁理屈をマスターすれば国際舞台で戦える。


20 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 17:59:11 ID:MaZrpJ/E
減税って言っても選挙が終わればどうなるかわからない定額減税でしょ?
そんなものより国民の需要と将来性がある、再生医療の研究に金使ってくれ。



21 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 19:09:44 ID:BY3sn2p2
流石、世界の山中。


22 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 20:24:45 ID:0ro4xpj+
何処かの国は嘘細胞を作り恥をかく。
見栄っ張り民族だったりする、世界中で嫌われている民族とは・・・



23 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 20:45:25 ID:FJtwyOp5
>>18
山中チームと米国のチームが作成に成功して、昨年のサイエンスに論文が同時掲載された時点で世界で10程度のチームが作成に成功していた。


論文が載った早い順だから開発者の栄光は山中チームと、米国チームに与えられる。実際山中チームは2008年に論文提出予定だったのを、米国チームの動向をみて2007年に前倒したぐらいだから。


ただ、特許はまた別物だから揉めるだろーね。



24 :名無しのひみつ:2008/09/14(日) 09:16:08 ID:KV3DV/Rs
>>23
え、10チームも同時期に?容易に信じがたいんだけどソースある?



32 :名無しのひみつ:2008/09/17(水) 00:40:40 ID:GnCGeqER
>>23
10数チームが一気に作製できるようなものなら「困難性」や「新規性」は無いとして、特許が認められないかもな。


26 :名無しのひみつ:2008/09/14(日) 17:44:31 ID:rEt4nvp/
4遺伝子の特許を取っても今更なら何になるのでしょうか? すでに改良型が主流なのに、権利行使も、ライセンスの材料にもならない。3遺伝子特許出願の公開がないのですが、もしかして出願していない?と したら、これは国に対する背任行為?


特許庁も簡単に特許与えすぎ!山中先生自身が発明者の核内初期化因子の スクリーニング方法に関する住友製薬の出願が、先行技術としてISRに掲載され、進歩性なしと判断されていたのに、早期審査後3ヶ月で特許を 付与してしまうなんて!妥当な審査が行われていたかが疑われる。


特許公報が発行されたら、審査経過を覗けるので、以下のサイトに 2008-131577を入力して審査経過を見よう!

http://www.ipdl.inpit.go.jp/Tokujitu/pfwj.ipdl?N0000=118
審査経過に疑問を感じて、財力のある方は挑戦できます。 無効審判は誰でもできますので、瑕疵ある特許の不当な存続を許さないために!



27 :名無しのひみつ:2008/09/14(日) 18:12:36 ID:E5Bpqttc
4遺伝子研究発表:2006年8月 同特許出願:2005年12月 同公開:2007年6月

3遺伝子に関しても同程度のスケジュールだとすると、
研究発表:2007年12月 同特許出願:2007年4月? 同公開:2008年10月?
ってことで、まだ未公開の可能性が高い(公開は、出願から1年半)
まぁ、3遺伝子についてはもうちょい待ってみようや。


ところで、住友製薬の公開広報から容易と考えるなら、どんな論理でやるの?



28 :名無しのひみつ:2008/09/14(日) 21:01:02 ID:rEt4nvp/
進歩性が争点でしょうね。


ISAの見解(日本特許庁が行ったISRに基づく特許性の見解)では、住友の出願では、核内初期化因子をスクリーニング方法がメインですが、特許発明はその方法によって同定された因子から、最適の4因子を特定しただけで、発明の進歩性 がはたしてあるの?と指摘されています。


おそらく京大側は、その発明の効果を審査段階で主張していると思いますが、国家的なプロジェクトとして進行しているという事実が形成されてしまっている状況は、進歩性を肯定させるのに大いに影響したと思います。ただ、審査経過を見なければ、分かりませんが、面接などではそのような記録 が十分に記録として残されないことが多いので、真相はわからないでしょう。


無効審判も、事実上、国を相手にするわけなので容易ではないでしょう。



29 :名無しのひみつ:2008/09/14(日) 21:07:05 ID:rEt4nvp/
3遺伝子の出願はされていないと予測します。4遺伝子研究発表をする前に、基礎出願しておかないと、その発表によって、進歩性クリアの障壁が相当に高くなります。京大側も、その 危険性をおそれて、その前に出願するはずです。


とすると、'08年02月には国際公開されていても可笑しくないはず。



30 :名無しのひみつ:2008/09/15(月) 20:24:17 ID:+IW9oA84
進歩性の評価って既存の報告を見れば未知の要素がなく、その発明が実行できることは100%明らかってくらいじゃないと「進歩性がない」ってことにはならないという印象があるな。


拒絶された場合に「文献AにはBという記述があるものの、このことからはCが重要であるということは明らかでない。よって進歩性がある。」みたいな反論をして特許が通るのは良くあること。ある程度、審査官にもよるんだろうけど・・・










関連記事



1707 :  2008.09.24 Wed 11:47  

どこぞの国の偉大で誇らしい
民族の英雄的科学者第一号
ファン・ウソツク教授も
国民も日本にいる同胞も
涙目wwww

特許認められてサwセン(爆

  • #3un.pJ2M
  • [URL]
  • [Edit]

1708 :  2008.09.24 Wed 12:03  

数日前の日経で読んだが
海外では自国の利益を優先させたいから
特許取れない場合もあるらしいよ
  • #-
  •    
  • [URL]
  • [Edit]

1709 :  2008.09.24 Wed 12:04  

※1001

奴らは息をするように嘘を吐く。
その結果がこれだ。

擁護する気はないが、欲に駆られず真面目に研究すれば今頃どうなってたか分からんよ。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

1710 :  2008.09.24 Wed 13:07  

お前ら本当に韓国好きだよな
  • #-
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

1712 :  2008.09.24 Wed 13:48  

*4
好き嫌いじゃなくて、再生医療はアイツのせいでどんだけ迷惑したことか・・・
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

1713 :  2008.09.24 Wed 14:24  

まあ、海外の専門家が論文の一部を読んだからって、すぐに実用化はできんだろう。やはり本家の協力は必要だ。
  • #-
  • VIPPERな名無しさん 
  • [URL]
  • [Edit]

1714 :  2008.09.24 Wed 15:00  

そろそろ奴らが

<ヽ`∀´><共同研究(技術提供の要求)するニダ♪

って言い出す頃だ、で必ず日本側は技術をパクられた挙句起源をとられる、万葉集、空手たありとあらゆる伝統文化や産業技術、医療技術その他のように・・・。
  • #-
  • [URL]
  • [Edit]

1715 :  2008.09.24 Wed 15:13  

国内特許以外に海外の特許取らないと意味ないな・・・
頑張れ!!
  • #-
  • 名無し超速報! 
  • [URL]
  • [Edit]

1716 :  2008.09.24 Wed 15:32  

この件で政府も危機感を抱いたのか、有望な研究者や研究内容へ
短期集中的に資金を注入する政策が最近日本でも出て来てたような。
国際競争からの視点では非常に力強い支援だと思うけれど、
官僚と関係が強い研究室にだけ注入、という結果を危惧してしまう。
公正に注入出来るといいんだけど。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

1717 :  2008.09.24 Wed 15:35  

お願いですから僕が禿げる前に完成させて下さい
お願いです

もう禿かけてきてるんです
急いでくださいお願いです
あと数年で手遅れになるんですお願いします
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

1718 :  2008.09.24 Wed 20:03  

>1010
なんて言うかその・・・
めげるなよ・・・
  • #-
  •   
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

Trackback

http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/tb.php/279-dba93b0b

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。