ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

143km 離れた ハワイ諸島間 で 太陽光 の 転送実験 に成功  





44444444_convert_20080922150555.jpg
 米研究者グループが143km離れたハワイ諸島間で太陽光の転送実験に成功していたことが明らかとなった。

 この実験を行ったのは米宇宙太陽光協会のジョン・マンキンス博士を中心とする研究グループ。

 研究グループは宇宙太陽光発電の実用性を紹介する実験の一環として、米科学専門放送局、ディスカバリー・チャンネルの資金提供を受けて、太陽光を集積してレーザービーム変換する装置と、レーザービームを受光してそれを電力に変換する装置を製作。その上で、その2つの装置をハワイ諸島間に設定し、143km離れた地点で集光した光を使って発電を行うことに成功した。

 今回、使われた集光装置は9枚のパネルから構成され、パネル1枚あたり20Wの電力を発電する能力があるものが使われたが、FAAの規制のため、実験にあたってはパネルあたりの出力を2Wに抑えて実施された。

 今回の実験にかかった費用は約100万ドル(約1億円)。

 マンキンス博士は宇宙空間に実用システムを構築するためにはこれをはるかに上回る費用が必要になると述べている。

 宇宙太陽光発電に関しては既に米国防総省は昨年、100億ドル(約1兆円)の費用を投じて10年以内に実用化させるとの開発計画案「Phase 0 Architecture Feasibility Study」を公開し、注目を集めていた。

 米国防総省案での発電能力は5~10MW。この規模でも軌道上に現在の国際宇宙ステーションの10倍もの大きさの施設を建造することが必要となる見通しだ。

 この実験成果は、米東部/太平洋標準時で9月12日午後10時から放送された米ディスカバリー・チャンネル「オービタル・パワー・プラント」で紹介された。

Technobahn
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200809151644



3 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 11:54:13 ID:zGkX2d2f
ちょっと待て>>1の写真を見るとアンテナが並んでいるんですが?


50 :名無しのひみつ:2008/09/21(日) 22:07:30 ID:7W/U/9YP
>>3
Technobahnはいい加減、アメリカの原文を見てもレーザーなんて書いていないのに記者の程度が低いのではないか?(マイクロ波送電)


宇宙太陽光発電は、電波だと送る電力密度は電子レンジと比較にならないほど低い、地上での太陽光発電は、天候や夜の問題がある。また、砂漠では太陽発電パネルが、砂で削られてしまいそれを維持するのが大変。


マイクロ波を受けるならば基本的に針金の集まりからなる受電系で大丈夫(砂漠においても大丈夫)


4 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 11:54:30 ID:OlFkh88v
これで、ラナちゃんやラオ博士に会えるのぉ~


5 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 12:01:58 ID:AdTh9v8N
太平洋戦争時、局地に電気を送れないかと指向性の強いアンテナを、八木・宇田博士が研究開発。


それが、TVの八木アンテナになった(八木宇田型空中線)らしい。



6 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 12:04:11 ID:aA+g5LwW
人が送信機と受信機の間に入ったら、焼け死ぬんだろうか?



7 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 12:04:54 ID:nwKEqs/S
見せてあげよう、ラピュタの雷を!


8 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 12:23:00 ID:mpSx/Wly
ソーラレイだな。


9 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 12:25:50 ID:zigHQU4h
こういうところは流石だな、米国。
素直に感心する、日本も官僚の無駄遣い辞めてこういうことに予算使え。



10 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 12:32:01 ID:WObJm+t8
つか、レーザー光を太陽電池に照射して発電しただけだろ?
しかもたった2W、小型モーターひとつ動かないよ?余り画期的とも思わないが。


11 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 12:46:53 ID:gc9DwTZe
>>10
出力=規模なので、2Wだろうが0.2Wだろうが実験の価値とは無関係。そして出来ると判っていても、やったことのない実験は画期的、実証実験とはそういうもの。


14 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 13:09:28 ID:dF9xK06l
これは多分兵器開発だな。


15 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 14:05:24 ID:tco5CgPV
宇宙の太陽光をレーザー光に変換、地上へ 阪大など開発
こんなニュースもあったね。



16 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 14:15:07 ID:iqo3jmUK
> 国際宇宙ステーションの10倍もの大きさの施設を建造することが必要
国際宇宙ステーションの建設費用、約500億ドル(5兆円)



17 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 14:30:02 ID:jG/j/kyr
>>16
単に大きさのことじゃない?ソーラーか反射板か知らないけど。



28 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 16:15:10 ID:tlEgVIjC
>>16
石油もウランも有限なんだし、こういう事も実験おかないと・・・


18 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 14:34:21 ID:B/QxnPaE
SOL秒読み開始!


19 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 14:45:50 ID:3E4jTvHc
建設資材は宇宙ステーションから、ロープで引っ張り上げればOKだな。


20 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 15:09:36 ID:EfrKmg92
FAAの規制を曲げない限り、高い出力が作れても、規制を超えられなければ無意味だろう。兵器ならいいだろうけど、平和利用じゃ危険でFA。


22 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 15:16:42 ID:MpDvXE5z
神戸大学の研究者も参加している模様。大阪湾を挟んだ実験も申請中だとか。

太陽エネルギーを150km無線伝送:「宇宙太陽光発電」への第1歩。
http://wiredvision.jp/news/200809/2008091623.html



23 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 15:39:35 ID:slZ98mKP
地球側での受け取り実験てこと?


24 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 15:41:29 ID:oVA7ROaZ
宇宙発電所のコンピュータにハッカーが侵入して、地球に全長3000キロの 「チンカス」 の落書きで1000万人死亡と。


25 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 15:52:21 ID:RV0m/fcG
一国に頼らず世界規模で資金集めてやれよ、またエネルギー利権が発生するじゃねーか、アラブ系ですらソーラー開発に投資してんぞ。


31 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 16:59:57 ID:bqPHKkj2
大気中を通すなんて、無駄もいいとこじゃないの?


32 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 17:15:48 ID:lrl0Kmf/
>>31
24時間365日発電出来るメリットの方が大きいかと思われ。


33 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 17:30:57 ID:bqPHKkj2
この実験は、月面での応用として良いな。


36 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 21:53:54 ID:1wkJ8xXl
月は出ているか?


37 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 22:01:33 ID:bRxGejRT
1億円で180Wの発電設備・・・、5.6億円/kW・・・イラネ


38 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 22:08:58 ID:mpSx/Wly
>>37
何言ってんだ。
こいつは実験だけで、実用品じゃねーだろ。


39 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 22:21:23 ID:V8R2Ujib
デブリにやられるだろ、それを防げるなら将来的に面白そうだな。


40 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 22:44:31 ID:EfrKmg92
地上の利用だと効率が悪いとか天候に左右されるとか言っているけど、衛星打ち上げコストで赤字でしょ?損失の回収不要な軍事利用ぐらいかと。


41 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 22:52:57 ID:jG/j/kyr
エネルギーの回収とかどうでもいいんだ、問題はコストだよ。


42 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 22:56:55 ID:JLWa36He
>>41
> エネルギーの回収
衛星造らずに製造原料と製造エネルギーを、そのまま使えばいい。


43 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 23:16:14 ID:j2xox2Hy
実際の実験をやったのは日本の大学のグループで、測定協力はディスカバリチャンネルのクルー、米国人はアイディア出しただけだったよ、実際にはそのアイディアも既に日本で存在していたみたいだったけど。


45 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 23:41:26 ID:ejBMesZc
ガンダムOOは10月3日からだ、このニュースは少し早かったな。










関連記事



1661 :  2008.09.22 Mon 17:53  

記事読むと宇宙で太陽光を集中させて地球に送り地球で電力に変換みたいに書いてありますが,>>50さんのレスでは宇宙で発電した電力をマイクロウェーブに変換し地球で受電となっていますがどっちなんですか?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

1662 :  2008.09.22 Mon 18:00  

マイクロ波でしたら後者だと思います。考え方自体は昔からあります。
  • #mQop/nM.
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

1663 :  2008.09.22 Mon 18:13  

将来、電気がタダの世界がやってきます。
  • #-
  • 蒸発した名無し 
  • [URL]
  • [Edit]

1666 :  2008.09.22 Mon 18:40  

これは夢がある話。アトム世代が無駄金出してASIMO作ったみたいに、
ガンダム世代が宇宙ステーション建設を頑張ってくれそうな気が。
コロニー落しで地球を攻撃出来るような時代がすぐそばに。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

1667 :  2008.09.22 Mon 19:05  

サテライトキャノンが出てないことに驚いた
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

1669 :  2008.09.22 Mon 19:52  

マイクロ波発電所でシムシティーの時代が来るか
  • #-
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

1670 :  2008.09.22 Mon 19:56  

マイクロウェーブ、来る!!
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

1673 :  2008.09.23 Tue 02:21  

つまり、メーサー砲を作ったんですね。
でも怪獣はいませんから~残念~
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

1702 :  2008.09.23 Tue 21:20  

これがガンダムXか
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

Trackback

http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/tb.php/276-b0d848da

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身