ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

スポンサーサイト  





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然発生? 遺伝子の変異で、BSE ( 牛海綿状脳症 ) 発症  





d3f8e82e_convert_20080916113637.jpg
 BSE(牛海綿状脳症)の病原体である異常プリオンが、外部から感染しなくても、遺伝子の変異によって牛の体内で作られ、発症につながる例もあることが、米農務省国立動物病センターなどの研究で分かった。

 研究したユルゲン・リヒト現カンザス州立大教授は「BSEがないと言われているどの国でも、この病気は発生しうる」と指摘、専門誌プロス・パソジェンズに11日発表した。

 遺伝性のBSEが見つかったのは、アラバマ州で06年に発症した当時約10歳の雌牛。

 牛肉の輸入再開をめぐる日米交渉が続く中、感染源が注目されたが、同省などの疫学調査では手がかりがつかめなかった。同センターで遺伝子を解析した結果、異常プリオンを作る変異が初めて見つかった。人間にも同じタイプの変異が知られ、遺伝性のクロイツフェルトヤコブ病(CJD)を引き起こすという。

 BSEは1980年代に英国で急拡大した。その始まりについては、遺伝性の異常プリオンが肉骨粉などの形で牛のえさになった――という説があり、リヒト教授らは「今回の発見がその説を支える証拠になる」としている。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080912-OYT1T00760.htm



3 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 01:14:47 ID:8M2xDd97
だから洩れは、牛肉・牛乳・バターを摂らない。


30 :名無しのひみつ:2008/09/15(月) 17:37:55 ID:iHqL4Yrc
>>3
チーズは?w


4 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 01:16:29 ID:8M2xDd97
日本で狂牛病が確認されて以来、スキヤキも食べてない。


5 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 01:19:28 ID:8M2xDd97
神戸牛でも三田牛、松坂牛、淡路牛でも食べないことにしている。肉屋は肉屋のテクニックで、三笠フーズのように偽装してるからな。


6 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 01:27:48 ID:9rR7awBK
牛のゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー症候群みたいなもんでしょ。
そりゃあ遺伝性の異常プリオン病もあるでしょうねえ・・・



7 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 04:48:32 ID:ogSvvRfM
>>6
致死性家族性不眠症 もあるがね・・・
絶対罹りたくない病気の一つだよなぁ。



8 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 05:35:44 ID:G7MmzKjL
>>1
後天的に遺伝子が変異した場合でも、「遺伝性」と言うの?



9 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 07:40:48 ID:9rR7awBK
>>8
後天的な遺伝子変異とは>>1には無いね。



23 :名無しのひみつ:2008/09/14(日) 14:18:54 ID:wy6OmbP1
>>8
それが子孫に遺伝すればね。


10 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 08:08:33 ID:royGl2yO
驚くようなことなのか?


11 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 08:38:43 ID:9rR7awBK
驚くべき事でもないとは思うけど、肉骨粉等を与えなくても自然発生するという、現在の感染予防措置ではどうしようもない現実が科学的に認識された。


また、遺伝している系統がいるという、新たな問題が分かった。



23 :名無しのひみつ:2008/09/14(日) 14:18:54 ID:wy6OmbP1
>>11
遺伝していると分かったら、その系統を淘汰するだけっぽいよね。


12 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 14:33:15 ID:w0lBfP2k
牛個体群を隔離しまくっても、突然変異によってBSEが供給されちまうのか。
結局全頭検査しかないんかね?



13 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 15:00:43 ID:+tS1F+LP
BSEが極少数自然発生する事実と、BSEに汚染されてるものを喰うと罹患率が増大するのは別問題じゃないか?


14 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 16:25:39 ID:ZL3hNcRN
>>13
こいつ業者だろ?
僅かでもBSEにかかる可能性は、全て排除する必要がある。



15 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 18:12:51 ID:9rR7awBK
>>13
別問題ではあるけど、自然発生が極少数でも、遺伝するならば個体数は急激に多くなる可能性は高い。 肉質の良い子を作る精子は、多くの雌で受精させるし。


そうなると、異常プリオンタンパクを摂取する可能性は増え、 罹患率が増大する可能性も上がる。BSEおよびvCJDの感染経路が解明されてないので、可能性の段階だけどね。


そして伝染病でもある以上、基本的には>>14の言うとおり。



16 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 18:22:00 ID:OeFI3A0J
>>14
それなら牛肉は一切禁止するしかないじゃん。どんな検査したってミスの可能性があるんだから、牛肉食を排除するしかない。当然牛の育成も厳禁しないと駄目だ。


>>13の言うように、全然別のメカニズムで起こってることなんだから別々の対策が必要だ。全部クソミソにして「BSEの可能性があるから禁止」ってのは思考停止以外の何者でもない。



17 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 18:49:20 ID:9rR7awBK
検査でわかるのにそのミスの可能性とか・・・それ言い出したらミスで農薬残留する可能性も有るから何も食べれない。


極端な例だと、なんかの間違いで毒ガス散布される可能性もあるから息も出来ないね。考えられる全ての予防措置をミス無く行えば、BSE牛肉が食卓まで上がる可能性はゼロだよ。そしてそれを日本は実行してる。


後、>>13には相関関係が無いとは書いていない。BSEの発生とvCJDの感染経路の解明は別問題と言ってるに過ぎない。 そもそも、個体の遺伝子変異(BSE発生原因のひとつ)に対策は無い。だからこそ、まずは感染経路の遮断が先決。 感染経路が解明され、無駄な遮断が行われていたと判明したなら、その経路を開けばいい。



18 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 19:05:43 ID:InFhHevV
>>17
本当に実行してると思ってるの?



20 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 22:40:16 ID:9rR7awBK
>>18
本当にしているかどうかは、問題ではないよ?


19 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 20:59:57 ID:/3puNmOd
米国はもう手遅れだろ・・・
アルツハイマーの発病率が、半端なく増加し続けてるもんな。



21 :名無しのひみつ:2008/09/13(土) 23:51:26 ID:Y7zMNAYo
アサヒの携帯ニュースだと、2千分の1の極めて少ない異常だってさ。


22 :名無しのひみつ:2008/09/14(日) 01:00:59 ID:7/yLL25C
そりゃエイズだって極めて少ない数だったろうが。


23 :名無しのひみつ:2008/09/14(日) 14:18:54 ID:wy6OmbP1
>>22
感染経路が極めて、感染を防ぎ難いものだったからだね


23 :名無しのひみつ:2008/09/14(日) 14:18:54 ID:wy6OmbP1
人間で言う家族性CJDだろ、孤発性もあるし発症のメカニズムと予防法が分からなければ牛など食べても食べなくても一緒だよね。


これをもって反牛肉作戦は、上手くいかないと思うぜ?



24 :名無しのひみつ:2008/09/14(日) 15:38:27 ID:WHrczUyg
>>23
業者乙



25 :名無しのひみつ:2008/09/14(日) 20:16:48 ID:wy6OmbP1
>>24
君も植物しか食べずに頑張っても、運が悪ければ孤発性CJDにはなるよ。



26 :名無しのひみつ:2008/09/15(月) 10:49:10 ID:XZgcsNTN
>>23
孤発性もあるし発症のメカニズムと予防法が分からなければ、食べなくても一緒だよね。



27 :名無しのひみつ:2008/09/15(月) 17:08:23 ID:7hDhpCX/
>>26
「分かっている」 感染経路は遮断した上での話ですがね。



28 :名無しのひみつ:2008/09/15(月) 17:14:28 ID:XZgcsNTN
>>27
分かってる感染経路なんぞ、一つも無いわw
分からんから遮断しとるんだろ?



29 :名無しのひみつ:2008/09/15(月) 17:16:55 ID:XZgcsNTN
おっとすまん
人→人の感染経路は分かってるな、>>28は牛→人の意味な。



31 :名無しのひみつ:2008/09/15(月) 18:30:37 ID:7hDhpCX/
>>28
なんだ、じゃあ感染経路も分からず騒いでいるのか。


32 :名無しのひみつ:2008/09/15(月) 18:46:53 ID:jsZMyJiO
抗生物質入りの穀物を食わせている牛は危険ということか?


33 :名無しのひみつ:2008/09/15(月) 19:15:35 ID:NaeYKgGZ
すると1980年代以前もBSEはあったが、単に見逃されていたということか?


36 :名無しのひみつ:2008/09/15(月) 21:55:16 ID:XZgcsNTN
>>33
BSEと同一かは知らんが、1960年代にイギリスで亜急感染性海綿状脳症の患蓄40万頭が処分されたというデータはある。この辺に詳しい人が来てくれるといいが。


34 :名無しのひみつ:2008/09/15(月) 19:39:53 ID:VD1GiX8d
「詳報・BSEの遺伝子発症についてのアメリカ研究チームの論文」
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/?p=885


おっ、新聞記事よりも詳しいな。



35 :名無しのひみつ:2008/09/15(月) 19:51:32 ID:XRzxXf0R
よく分からないんだけど、遺伝子ってうつるのか?


36 :名無しのひみつ:2008/09/15(月) 21:55:16 ID:XZgcsNTN
>>35
分からないから、騒いでる。


37 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 10:30:47 ID:i+XiceP7
「眠れない一族」って本を読むと、ヒトの遺伝性プリオン病は食人以外にもある「特殊な性習慣」によって広まっていくことが分かる。


38 :名無しのひみつ:2008/09/16(火) 10:57:09 ID:zzq0rzOj
孤発性のヤコブを食って広まるといえば、クールー病かw












関連記事



1496 :  2008.09.16 Tue 22:23  

空恐ろしい。要は暫く絶対にBSEの覚悟なくして牛が食えなくなる話か。結局、専門的な議論をしていても消費者にとっては感染源が“何なのか”がわからない以上、牛肉の安全性を保証できる話ではないということだな。
  • #82hE.uEY
  • 知の歴史 
  • [URL]
  • [Edit]

1497 :  2008.09.16 Tue 23:05  

牛肉なんて月一回食うか食わないかだから、大丈夫だよね・・・?。

ところでさ、BSEの研究は食肉業界の影響(圧力)をかなり受けてると聞いてるんだが、この研究はそれを排除して厳密に科学的に実験した結果なら受け入れられるんだけど、そうでなければ何か裏がありそうで俄かには信じられないんだよな俺。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

1498 :  2008.09.17 Wed 00:39  

汚染された牛肉食って10年後ぐらいに発症する確立と、明日通勤途中に撥ねられて死ぬ確立と、
リーマンの余波で会社が傾いて線路に飛び込む羽目になるのと・・・いろいろ妄想してたら眠くなったな。
人間死ぬときは死ぬんだから悔いが残らないように牛肉食っとけよ。
  • #-
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

1499 :  2008.09.17 Wed 00:44  

クローン技術も死ぬまでに完成しそうだしなw
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

1500 :  2008.09.17 Wed 01:24  

近所の松屋、リニューアルにつき休業中
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

1505 :  2008.09.17 Wed 14:02  

あれ?BSEって外部感染は確実に証明されたのだっけ?

病気が遺伝子異常発現だけによるのなら、肉骨粉も復活しちゃっちゃうんでない?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

1530 :  2008.09.18 Thu 00:51  

クジラくおーぜ
狂牛肉はグリーンピースに消費してもらえばいいんだからさ
  • #-
  •    
  • [URL]
  • [Edit]

2604 :  2008.11.12 Wed 07:07  

> わからないから、騒いでる。

は、>>31宛てですよ。
  • #-
  • 36 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

Trackback

http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/tb.php/265-e3b20df4

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。