ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

スポンサーサイト  





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生時代の 盾 に 緑色顔料 東アジアで最古、鳥取の遺跡  





 鳥取市の青谷上寺地遺跡で出土した弥生時代後期(1-3世紀)の盾に塗られた緑色顔料の「緑土」が、東アジアでは最古の使用例だったことが分かり、鳥取県埋蔵文化財センターが3日発表した。

 弥生時代の顔料はこれまで朱の赤、漆の黒が知られていたが、大陸の顔料が伝来する以前の日本独自の色彩を知る貴重な史料となりそうだ。

 緑土が塗られていたのは1998年に出土した盾2枚の一部。1枚は長さ約88センチ、幅8・5センチで、もう1枚は長さ40センチ、幅約10センチ。厚みはいずれも約1センチと薄く、祭祀用とみられる。短い破片は赤と緑、長い破片は緑一色だった。

 緑土は鉄分を含んでおり、朝鮮半島の高句麗に築造された徳興里古墳(平壌、408年)の壁画で用いられていたのが、これまでで最古だった。

 センターによると、同時期に中国の後漢では銅のさびで、より鮮やかな緑青を緑色顔料として利用。緑青は6世紀前半の仏教伝来の際、日本にもたらされたようで、高松塚古墳(奈良県、7世紀末-8世紀初め)の極彩色壁画や法隆寺金堂壁画(同、8世紀初めごろ)にも使われている。

47News
http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008090301000463.html



4 :名無しのひみつ:2008/09/03(水) 22:36:46 ID:C20FZmTw
グリーンダヨー!


24 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 14:06:47 ID:fjocwUUK
>>4
イインダヨ


5 :名無しのひみつ:2008/09/03(水) 22:38:01 ID:US/jf8fI
そういえば、ゴッドハンドの人はどうなったんだ?


6 :名無しのひみつ:2008/09/03(水) 22:38:17 ID:9FjQxX0q
>東アジアで最古
気に入らないニダ。



7 :名無しのひみつ:2008/09/03(水) 22:39:39 ID:zE0l+dEk
>>6
まあ世界最古の蓄光塗料は「南倭」で発明されたんだけどね。


9 :名無しのひみつ:2008/09/03(水) 23:14:48 ID:UpowSBkt
顔料の起源は韓国ニダ
盾の起源は韓国ニダ
弥生時代の起源は韓国ニダ




10 :名無しのひみつ:2008/09/03(水) 23:36:12 ID:DScLNt4K
当時は、「緑」と「青」どっちを表現したんだろうか?


25 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 19:45:05 ID:9gvX69qY
>>10
古代色としては青色も緑色も「青」。
青、赤、黒、白の四種類しか表現がない。
白は漂白だから青発見で全て揃った事になる。


11 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 00:02:33 ID:TDHzEtCI
> 弥生時代後期(1-3世紀)
これは古い凄い発見だな、なんというか浪漫だ。



13 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 00:53:56 ID:NwUQQjmR
海緑石かね。


16 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 04:25:57 ID:/Zo5X6cF
また1つ、鮮人の「教えてやった」が否定されましたね。
古代日本固有の日ノ本文化として、世界に知られていくでしょう。



18 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 06:15:17 ID:nDmUNHaQ
テールベルトのことだな、渋い色使ってたんだな。


19 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 06:40:43 ID:Ro1VFRdG
赤、緑、黒、これだけあれば色彩表現でかなり遊べるね。


21 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 08:04:19 ID:dOBN4wL1
迷彩柄だと思われる。


23 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 13:48:15 ID:agy1dEuR
緑の盾か。
光学迷彩みたいにして敵を待ち伏せる戦士たちをちょっと想像した。



26 :名無しのひみつ:2008/09/10(水) 23:57:45 ID:+H3WAwVD
でも、
> 同時期に中国の後漢では銅のさびで、より鮮やかな緑青を
> 緑色顔料として利用。

のほうが上のような気がする。



28 :名無しのひみつ:2008/09/11(木) 09:18:07 ID:zFeN04ta
>>26
そらそうよ。


27 :名無しのひみつ:2008/09/11(木) 00:23:56 ID:95x4vPfW
稲作文化の流入=稲作文化圏からの人口の大量流入
という説が否定される日も、そう遠くなさそうだ。



29 :名無しのひみつ:2008/09/12(金) 21:59:06 ID:R8LmTPsy
始皇帝陵の兵馬俑に使われていた緑色の顔料(緑青)は無視?


31 :名無しのひみつ:2008/09/12(金) 22:58:41 ID:rx5D9u6h
青カビが生えたんじゃないの?











関連記事



1491 :  2008.09.16 Tue 11:09  

どっかの古墳みたいに文部省がだめにする
  • #-
  • [URL]
  • [Edit]

1492 :  2008.09.16 Tue 12:01  

>29 :名無しのひみつ:2008/09/12(金) 21:59:06 ID:R8LmTPsy
>始皇帝陵の兵馬俑に使われていた緑色の顔料(緑青)は無視?

記事のタイトルも良くないが、あくまで「緑土の使用例が」東アジア最古ってだけ。
緑青を含め顔料の使用は当然中国が圧倒的に古い。
  • #-
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

1493 :  2008.09.16 Tue 12:05  

教えてやったのは...と言い出すのか
それともわが国のものは秀吉に打ち壊されたと言うのか。
  • #o3AWGij.
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

1494 :  2008.09.16 Tue 12:06  

>>3
カナダ人チャートで決まるだろ。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

Trackback

http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/tb.php/264-e6aece78

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。