ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

 http://www.scienceplus2ch.com/ 引っ越しました

スポンサーサイト  





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体積の60倍のCO2を吸収する新化合物 「 ZIF-69 」  





2008021822-1_convert_20080824123654.jpg 製薬会社で新薬を探す際に通常に用いられる技術を応用して、発電所から発生する困りものの二酸化炭素(CO2)を捕捉する新しい化合物が発見された。

 これはZIF-69と呼ばれるスポンジのような物質で、自分の体積の60倍分もの二酸化炭素を取り込むことができると期待されている。二酸化炭素は言うまでもなく、温室効果ガスを研究する科学者たちから気候変動の主要原因とみなされている物質だ。



 ZIF-69は、化学物質を超並列的にテストする『ハイスループット・スクリーニング』と呼ばれる技法を使って、24種類の類似の化合物とともに発見された。この新しい化合物は、発電所が石炭、ガス、あるいはバイオマスを燃焼したときに発生する二酸化炭素の回収に利用できると考えられている。

 二酸化炭素を捕らえるには、CO2分子を他の粒子から取り出せるようにしなければならないが、この点が非常に難しい。従来の取り組みでは、二酸化炭素粒子を捕らえるのに熱を必要とした。熱を発生させるにはエネルギーが必要で、エネルギーにはコストがかかる。

 ZIF-69は、さまざまな形状の分子をふるいにかけて二酸化炭素だけを吸収することができる。この化合物に圧力をかけると、二酸化炭素を吸収し、そのままとどめて放出しない。圧力を減らせば二酸化炭素が放出されるため、捕捉された二酸化炭素を貯留システムに廃棄することができる。

 このような性質のおかげで、二酸化炭素を捕捉する効率性を大幅に高めることができるとみられている。ただし、実環境での有効性は未知数だ。Yaghi教授は、まだ数年は実地試験を行なうのは難しいと考えている。

* 一部省略

Wiredvision
http://wiredvision.jp/news/200802/2008021822.html


6 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 20:00:34 ID:IvzR1F1I
回収した二酸化炭素は、何に利用するんだろう?


7 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 20:03:24 ID:buYXcE8A
こんなの、宇宙での炭酸ガス除去ぐらいにしか使えないだろ。


8 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 20:05:15 ID:PIqd1ATX
地球温暖化問題は終了!


9 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 20:06:56 ID:buYXcE8A
> 従来の取り組みでは、二酸化炭素粒子を捕らえるのに熱を必要とした。


太陽熱使えばんなに難しくないだろ。
圧力かける時点で熱をかけるのとどこが違うんだ?



11 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 20:18:39 ID:mm6+qxse
>>9
ドライアイスのリサイクルが出来そうだね。



12 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 20:25:03 ID:jGmQCeSm
>>9
発電所から出るCO2を分離してCO2ハイドレートにして海中投棄するってアイデアがあるんだけど、この物質で分離に必要なエネルギーが減れば、CO2ハイドレートの案も現実味が出てくる。



13 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 20:28:47 ID:5tu0wYKz
CO2の放出量を削減するちまちました努力をするより、大気中のCO2を吸収して除去する方法を考えた方がよいと思う。



15 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 20:43:19 ID:xsaU+nFX
イスカンダルへ行ってコスモクリーナーと共にCO2クリーナー を貰ってきた方が早いような・・・大和に発進命令すぐ出さんと。


16 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 20:56:03 ID:KyThBjJ3
生物吸収させれば 相当体積圧縮するだろうが 22.4L → 5ccとか。


17 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 21:06:44 ID:SKEOFvL/
ZIFでくれ。


18 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 21:08:46 ID:wk4s31CL
CO2を回収したんだから、それを使って燃料を作ればいいじゃないの?


19 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 22:56:42 ID:5k89Hi2X
ドライアイス作りまくって温暖化対策か。


20 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 23:01:22 ID:Hqqp1naQ
理系に聞きたいんだけどCO2って、プラズマで炭素と酸素に分離できないの?


22 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 23:10:11 ID:???
できますよ、問題はコストです。


「ガストンネル型プラズマジェットを用いた二酸化炭素の分解」の論文
この方法のCO2分解能力は60g/kWh程度だそうです。



23 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 23:14:04 ID:???
「電気1kWhを使用する際に排出される二酸化炭素量は0.36kgである」
と、言われています。


これだと分解した以上にCO2を排出することになりますね。



24 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 23:14:32 ID:awWYVrnX
> 科学者たちから気候変動の主要原因とみなされている物質だ。


その辺のマスゴミとは違って、二酸化炭素説がちゃんと仮説になってる。



25 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 23:25:04 ID:6lvGqFHm
これは地球を救う救世主では?


26 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 23:26:01 ID:QqwAZfTj
炭酸ガスの地中・海底への廃棄に有効な技術だ!
ついでに農場に供給して、植物の育成にも使えますね。



27 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 23:31:24 ID:hozmytoF
この物質を生産するためにずいぶんco2が生産されたなんてことはないの?


29 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 23:37:01 ID:g/WMevqm
>>27
研究のために多少?のエネルギーを使うのは必至。
そういう問題は、大量生産・実用化する段階で出てくる。



32 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 23:53:08 ID:y2+cihIn
回収してコーラが作り放題、ピザに吉報。


33 :名無しのひみつ:2008/02/18(月) 23:55:35 ID:jFycxpr7
Yaghi教授って、八木さんとかの日系かな? 写真見たけど、分からん。
http://www.chem.ucla.edu/dept/Faculty/images/yaghi2.jpg



34 :名無しのひみつ:2008/02/19(火) 02:55:45 ID:nUW7n6yw
>>33
Omarだから中東系だろ。


35 :名無しのひみつ:2008/02/19(火) 03:33:35 ID:lFhu1oE8
余ったCO2は野菜工場とかで使えるよね。


36 :名無しのひみつ:2008/02/19(火) 03:58:52 ID:i1WmzvKZ
強炭酸缶ドリンクに仕込めば面白いと思う。


37 :名無しのひみつ:2008/02/19(火) 04:11:40 ID:rp3sJGtV
木を大量に植えたほうが早いよ。


41 :名無しのひみつ:2008/02/19(火) 10:46:06 ID:PFA3nL9W
科学って生活を楽にするもんだけど、 こういう物質ができたから大量にCO2を排出をしても良いってもんじゃないよね。


42 :名無しのひみつ:2008/02/19(火) 20:09:40 ID:ElR0pfvJ
>>41
核融合か宇宙で太陽光発電してマイクロウェーブ送電か分からないけど、カーボンフリーなエネルギー源で今の化石燃料置き換えることができるまでの繋ぎとしては必要だと思う。


46 :名無しのひみつ:2008/02/20(水) 10:50:12 ID:zC8evfRG
高校のとき、なんかこういう研究してる研究所に見学に行ったときに、


「こんなのやるより、なんで木を植えないんですか?」 って質問したら、
研究員が黙ったな・・・木以上にCO2を吸収できる便利なものはないだろ。



50 :名無しのひみつ:2008/02/20(水) 12:56:43 ID:TBUYbnsz
>>46

木植えるのは結構金かかるから。日本は人件費高いし土地も高いし、広くて人件費安い国はこんどは水が足りなかったり土地が痩せてたり。



47 :名無しのひみつ:2008/02/20(水) 10:55:56 ID:kOhAUT3V
それは研究員が馬鹿だな・・・
木より効率の良い方法を探す為に、色々するんだろ。




53 :名無しのひみつ:2008/02/21(木) 00:18:25 ID:xASQD93h
体積じゃだめだろ 60倍の質量のCO2を吸収するものじゃないと・・・


55 :名無しのひみつ:2008/02/21(木) 01:35:14 ID:4Kg8D8FK
樹木のCO2固着量ってたいしたことないんでは? 樹木が重量1㌧分成長しても大気中の炭素は重量分の数パーセント。しかも、それだけ成長するにはウン十年かかるわけで 樹木1本分の効率は極めて悪い。


関連記事



819 :  2008.08.24 Sun 17:22  

( =3=)y~~ 安価の色、思案中です。
  • #-
  • 中の人 
  • [URL]
  • [Edit]

820 :  2008.08.24 Sun 17:49  

そういうのができたらおまいらますます植物を大事にしなくなるよな?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

821 :  2008.08.24 Sun 18:23  

アクアリウムショップで馬鹿売れしそう
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

822 :  2008.08.24 Sun 19:30  

研究員反応薄いよ、何やってんの!
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

823 :  2008.08.24 Sun 19:34  

> ZIFでくれ。

アクアリウム板で、流行りそうだな。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

824 :  2008.08.24 Sun 19:35  

回収した二酸化炭素火星に持ってけば火星ですめるんじゃね?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

825 :  2008.08.24 Sun 20:05  

これの温室効果で集めた熱を電気エネルギーとかにすればいいんじゃない?できるのかできないのかはわからないけど。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

826 :  2008.08.24 Sun 21:05  

植物ならば光と水と微量の栄養素を与えれば糖分とかに変換してくれる
二酸化炭素をただ貯蔵して、ドライアイスにでもする気かい?
製造コストは下がるかもな そのZIFとやらが稀少でなければ
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

827 :  2008.08.24 Sun 21:41  

木は生長しきったら殆ど二酸化炭素は吸収しない
そして木が枯れるときに二酸化炭素を出す
と聞いたんだけど
  • #-
  •    
  • [URL]
  • [Edit]

842 :  2008.08.25 Mon 00:20  

メタンハイドレード実用化?

一気に資源大国だな
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

847 :  2008.08.25 Mon 03:22  

>08.24(Sun) 20:05
熱から電気は取り出せなくも無いけど効率が悪い。
電気にしようとせず熱として利用する方法を考えた方がいいと思う。
  • #-
  •   
  • [URL]
  • [Edit]

849 :  2008.08.25 Mon 08:06  

吸う事は出来ても放出は出来ないのか?
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

852 :  2008.08.25 Mon 10:34  

ドライアイス沢山作って、宇宙船に積み込んで
月に捨てればよくないか
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

855 :  2008.08.25 Mon 15:50  

月が重くなってって地球と衝突してしまうだろjk
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

858 :  2008.08.25 Mon 16:22  

おいおい木はCO2固定以外の役割がいっぱいあるだろw

もともと大気中になかったものを
固定しなおすだけだし必要になれば加工できる。
宇宙に捨てる云々言うの絶対出るけどコスト考えろよw
資源にできる可能性もあるわけで、それをすてるなんてとんでもない。

そもそもシダ植物隆盛になる前の地球は今の何倍も
CO2濃度が高かったわけで。
それに近い将来人工石油も人工ハイドレードもできるよ。
  • #-
  • VIPPERな名無しさん 
  • [URL]
  • [Edit]

989 :  2008.08.29 Fri 16:30  

これと組み合わせたら最強!!
ttp://kuromacyo.livedoor.biz/archives/485588.html?1219994911
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]

7473 :  2009.07.11 Sat 06:24  

酸素濃縮機に使われてるゼオライト(モレキュラシーブ)も酸素吸着だか窒素吸着だかして、実用化されてるから、多分その二酸化炭素版だな。
酸素濃縮機が家庭の室内用に使われてるのを見ると、もしかするとこの物質も家庭の室内用に使われ、
締め切った部屋の二酸化炭素濃度を低くする装置に応用される可能性はある。

高気密住宅だと暖房の熱を逃がさないため換気せず、また都心部なら排気ガスが入るから中の空気は空気清浄機を使ってクリーンにするというような家は結構あると思う。
そういう家でも酸素不足は酸素エアコンのようなやつを使えば何とかなるが、二酸化炭素濃度の増加はどうしようもない。
この物質ならそれが解決するのではないか。
炭酸ガス除去エアコンというのが将来的に人気になるだろう。
  • #-
  • 名無し隊員さん 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

ブログパーツ

Trackback

http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/tb.php/216-f2bc9029

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

月別アーカイブ

テスト

Copyright © 中身

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。