ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

Date : 2010年01月

人類が走る最高速度、平均時速50キロ(秒速14メートル)が限界か 足の接地時間が制約  





 人類が走って出せる速度の限界は、平均時速にして約50キロ(秒速14メートル)、瞬間的には約69キロ(同19.3メートル)との試算を、米サザンメソジスト大などの研究チームが26日までにまとめ、米生理学会の専門誌電子版に発表した。

618YF5EEqyL.jpg



 速く走れば走るほど、足が地面に接している時間が短くなるが、地面をける力を強くする限界より、この接地時間を短くできる限界の方が影響が大きいという。陸上100メートルの世界記録は、ジャマイカのウサイン・ボルト選手が昨年8月の世界選手権で樹立した9秒58で、平均時速は約37.6キロ(秒速約10.4メートル)。トップスピードは時速40キロ台半ばに近い。

 研究チームは、7人の運動選手にランニングマシン上で、できるだけ速く走ってもらった。また、ベルトをける力の限界を調べるため、連続して片足で跳ぶ実験も行い、ける力や足がベルトに接している時間などを測定した。

 その結果、走ったときに一歩でける力がベルトに伝わっている時間は0.11秒前後と判明。一歩でける力は、片足跳びの場合に出せる力が最高と仮定すると、走る速度の限界は平均時速50キロになるという。

時報ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?key=%c0%dc%c3%cf&k=201001/2010012600047





3 :名無しのひみつ:2010/01/26(火) 17:08:21 ID:gcGZ4qQY
限界速度で走れれば、水面でも走れるのじゃないか?



4 :名無しのひみつ:2010/01/26(火) 17:09:15 ID:P+bWMdM2
むしろ時速50キロが夢のまた夢だから、制約と言われてもピンとこない。

人の血を吸うトコジラミ(南京虫)は、宿主を性転換させる寄生バクテリアからビタミンを貰う  





 人の血を吸う昆虫のトコジラミ(別名、南京虫)が、共生している細菌から栄養素として必要なビタミンB類の供給を受けていることを、産業技術総合研究所が確かめた。トコジラミ対策に応用できる可能性もある。近く米科学アカデミー紀要で発表される。

南京虫



 トコジラミは殺虫剤の普及で一時激減したが、近年、被害が再び増えている。体内に細菌のボルバキアがいることは知られていたが、なぜかは不明だった。

 深津武馬・生物共生進化機構研究グループ長らは、日本と豪州のトコジラミ105匹からDNAを抽出、すべてでボルバキアの遺伝子を検出した。トコジラミに抗生物質入りの血液を与えてボルバキアを除くと、卵の孵化率が激減し、幼虫はほとんど成虫に育たなかった。ボルバキアがトコジラミの成長や繁殖に重要とわかった。

 トコジラミのえさである血液にはビタミンB類が少ない。血液にビタミンB類を補充すると、ボルバキアを除いたトコジラミも普通に成長したため、ボルバキアがその供給役だと考えられた。

 ボルバキアは昆虫の6~7割に寄生しているとされるが、「トコジラミでは必要な栄養素を供給する相利共生関係にあることを初めて実証できた」と深津さん。共生するボルバキアを標的とすれば、他の昆虫や哺乳類に影響の少ない薬剤を開発できる可能性があるという。

朝日新聞
http://www.asahi.com/science/update/1223/TKY200912230122.html





9 :名無しのひみつ:2009/12/23(水) 12:37:42 ID:Sx6+qwWu
なんか凄そうだけどよくわからん。

14 :名無しのひみつ:2009/12/23(水) 13:18:34 ID:0BZ+mMde
>>9
極めてクリアな話だと思うが?



10 :名無しのひみつ:2009/12/23(水) 12:54:53 ID:4+XA2sFC
つまり血液に抗生物質を入れとけば、南京虫を撲滅できるわけか。


13 :名無しのひみつ:2009/12/23(水) 13:01:44 ID:KD+8ypVi
万年床だが見たこと無いな。

宿主を性転換させる寄生バクテリア  魔改造を宿主に行うことで、ほかの寄生生物より優位に立つ  





 急速にその数を増やしている寄生バクテリアがいる。このバクテリアは、宿主を性転換させて単為生殖化を引き起こすだけでなく、宿主を“気味の悪い怪物”に変身させてしまう。このような大惨事ともいえる生殖異常を引き起こす仕組みが最新の研究で解明された。その方法とは、免疫系を停止させることだという。



 キョウソヤドリコバチをはじめとする寄生ハチ3種のゲノムを初めて解読した研究者チームによると、バクテリアの一種であるボルバキアはハチの遺伝子を操作し、バクテリアの侵入に対して警報を発するタンパク質を抑え込んでしまうという。バクテリアに対する防御機構が機能せず、ボルバキアは悪事を働くことができる。

 この仕組みは、ボルバキアが宿主とするダニやクモ、線虫などの昆虫への感染でも使われている可能性がある。これらの生物すべてにおいて、宿主の生殖システムが改造される現象が起きているのだ。その結果は実に奇妙で、明らかにオスを不要とする生殖戦略が取られている。

 ボルバキアに感染したオスは、生殖能力のあるメスに性転換するか命を奪われる。メスの場合はオスを必要とせず、単独で子を作らせる。また感染したオスの精子は、非感染のメスと交配しても正常に受精できず子孫を残せない。

ナショナルジオグラフィック
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100127002&expand





8 :名無しのひみつ:2010/01/27(水) 20:01:17 ID:Ik4CZ0EW
性転換好きホイホイですか?


9 :名無しのひみつ:2010/01/27(水) 20:02:28 ID:h/RCjguw
生物界ではかくも熾烈なザイバルが繰り広げられているというのに、お前らときたら…
ボルバキアの天敵が見つかるといいな。


11 :名無しのひみつ:2010/01/27(水) 20:46:29 ID:mf4vXuFJ
要するに、昆虫の世界では急速に単性生殖化が進んでるということか?性の概念が必要なくなるわけだな。
人間にも感染するようになれば、女しか存在しない「それなんてエロゲ?」が実現するわけか。

60 :名無しのひみつ:2010/01/29(金) 09:58:57 ID:R5irqrE5
>>11
性の概念が消えると多様性が失われ絶滅まっしぐら。微生物なら繁殖速度が半端ないので、それほど驚異ではないが…もしかすると、ある種を絶滅させる為の粛正装置的な働きをしてるのかもしれん。

昆虫が減り、それを栄養としていた微生物が減り、植物、動物が減り、しまいには人間がとか…



13 :名無しのひみつ:2010/01/27(水) 21:16:21 ID:8/Z18i7d
同人系エロ漫画ではよくあるネタだよな。

14 :名無しのひみつ:2010/01/27(水) 21:17:25 ID:9cOFgjVW
>>13
百合好きって事?


淡い茶色の野生パンダ発見 中国で  





 中国で、黒い部分が淡い茶色をした野生の赤ちゃんパンダが見つかったと、英科学誌ネイチャー電子版が報じた。原因は謎に包まれ、専門家の間で論争になっている。

baby-brown-panda-345ds111109.jpg



 見つかったのは中国中央部にある陝西省・秦嶺山脈の自然保護区。昨年11月の発見当時の体重は約2キロで、生後2カ月未満という。そばに白と黒の赤ちゃんパンダがいた。

 茶色いパンダは85年に初めて見つかった。場所は秦嶺山脈で、その後も確認され、今回で7例目。必ずしも偶然と言えなくなった。他地域での報告はなく、両親とも茶色でなければ生まれない可能性がある。一部の専門家は「生息域が限定され、近親交配ではないか」と推測する。

 一方で、秦嶺山脈のパンダで近親交配が進んでいるという遺伝子解析はない。同地域にすむ黒と白のパンダで、胸の辺りが茶色い毛も確認され、環境要因説まで浮上している。

侮日新聞
http://mainichi.jp/select/today/news/20100124k0000e030017000c.html





2 :名無しのひみつ:2010/01/24(日) 19:02:35 ID:3W/tRc8Q
人は、それをクマという。

9 :名無しのひみつ:2010/01/24(日) 19:17:01 ID:A9bnv1W7
>>2
空気読めよw



3 :名無しのひみつ:2010/01/24(日) 19:03:31 ID:s4qmJOZ2
モフモフしたいお…


7 :名無しのひみつ:2010/01/24(日) 19:13:12 ID:PYJ3v1LI
汚れているだけじゃないの?


10 :名無しのひみつ:2010/01/24(日) 19:17:25 ID:6GYBSvuH
なんでも子供可愛いね。

政府間パネルIPCCは、「ヒマラヤの氷河 2035年消失」 科学的根拠がなく誤りだったと陳謝  





 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は20日、声明を発表し、2007年の第4次報告書で「ヒマラヤの氷河が2035年までに解けてなくなる可能性が非常に高い」とした記述は科学的根拠がなく誤りだったと陳謝。



 世界中の科学者が協力して作成した報告書は信頼性が高く、IPCCはアル・ゴア元米副大統領と2007年にノーベル平和賞を受賞したが、地球温暖化の懐疑派は「報告書の信頼は揺らいだ」と攻勢を強めている。

 欧米の気象学者らが20日、独自に発表した分析によると、報告書は問題の部分を世界自然保護基金(WWF)のリポートから引用した。WWFは英国の一般向け科学雑誌ニュー・サイエンティストが1999年に掲載したインド人研究者についての記事を引用した。しかし、この研究者の論文は未公表で、氷河消失の時期も予想していなかった。

 「2035年」という時期は、別の文献の「2350年」を写し間違えた可能性があるという。分析は「査読を経た論文を基礎に置くという科学の基本を守れば回避できた間違い」と指摘している。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20100121-OYT1T00347.htm





2 :名無しのひみつ:2010/01/21(木) 17:07:24 ID:LTZB7lA3
地球温暖化と言うけれど、凄い寒いぞコンチクショウ…


3 :名無しのひみつ:2010/01/21(木) 17:07:51 ID:Rb9nOSOJ
2350を2035とねえ…

9 :名無しのひみつ:2010/01/21(木) 17:27:10 ID:vAYs0IO1
>>3
理系は数字に弱いな。

36 :名無しのひみつ:2010/01/22(金) 01:18:18 ID:Mk84gL4P
>>9
IPCCなんて完全に政治的な意図を持って動いてるわけだから、理系というのは無理がある。



5 :名無しのひみつ:2010/01/21(木) 17:11:56 ID:Dp1dBMh4
はあ?科学的根拠なしって、IPCCってなんなの?

低コスト波力発電実験に成功 上下の揺れをジャイロで回転運動に変える新しい装置を導入  





 波の力を利用する「波力発電」は太陽光発電などに比べ開発が遅れていましたが、神戸大学などの研究グループは、コストを実用化に近いレベルまで抑えた新しいタイプの波力発電の試作機をつくり、和歌山県沖で発電の実験に成功しました。



 波力発電の実験は、神戸大学や兵庫県の企業などが和歌山県すさみ町の沖合に試作機を浮かべて、今月から行っています。試作機は10メートル四方の浮きの上に発電機が載せられ、波で揺れると発電するもので、これまでの実験で、目標としていた40キロワット、一般の家庭30世帯から40世帯分の電力の発電に成功しました。波力発電は、発電量のわりに費用がかかることが課題ですが、今回の試作機は波の上下の揺れを回転運動に変える新しい装置を導入し、構造を簡単にできたことから、電力量1キロワットアワーあたりのコストを30円台と、波で圧縮空気をつくって発電する従来のタイプの7分の1以下に抑えることができたということです。

 波力の利用は太陽光などとともに注目されていて、海外では波力発電の実用化にむけた開発競争が進み、コストが20円台の発電機も開発されているということです。神戸大学の神吉博名誉教授は「目標の性能を達成し、実用化が見えて来た。今後は、装置の信頼性を高めるとともに、さらにコストダウンできるよう改良を加えていきたい」と話しています。

NHKニュース
http://www.nhk.or.jp/news/k10015160521000.html





3 :名無しのひみつ:2010/01/23(土) 23:49:01 ID:AfVHfPX7
一方ロシアは、原子力発電船を浮かべた。


4 :名無しのひみつ:2010/01/23(土) 23:50:58 ID:Npyx0Zkz
むしろコスト20円台の方が気になる。
その海外の発電方法は、どんなもんなんだろう?

23 :名無しのひみつ:2010/01/24(日) 09:58:58 ID:epLAgRxj
>>4
コストの差は、その国の人件費が安いからじゃないのかな?



9 :名無しのひみつ:2010/01/24(日) 00:19:14 ID:YOrPyyrk
円換算でコスト計画している研究は、ものにならないのは定説。


10 :名無しのひみつ:2010/01/24(日) 00:39:40 ID:JNwwxKID
みんなで一斉に使うと波が止まります。

世界初の人工豚肉の生産に成功? 培養液で育て筋組織を作る  





 アイントホーフェン工科大学の研究者は生きた豚の細胞から人工肉を作り上げた。この研究では生きている豚の筋肉細胞を採取し、培養液で育て筋組織を作ることに成功したという。筋芽細胞は動物の胎児の血液からの栄養分で増殖した。

3cbd4f2a.jpg



 今回作られた人工肉は1.5cmx0.5cmの小さいもの。研究者によれば味はほとんどしないという。しかしこの実験の成功は将来的には消費のための人工肉大量生産に結びつく大きな一歩である。実現すれば1頭の家畜から100万頭分以上の食肉を作ることも可能になるとのことで、温室効果ガス削減にも効果があるとのこと。 また屠殺やひどい環境での飼育を伴わないため倫理的な反論もない。

IBTimes
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/091204/45605.html





2 :名無しのひみつ:2009/12/04(金) 18:28:32 ID:PJSGF8sJ
蘭学も進歩したな。


4 :名無しのひみつ:2009/12/04(金) 18:29:24 ID:jOP5oog0
将来の食料は、全部工場で生産されるようになるだろう。


5 :名無しのひみつ:2009/12/04(金) 18:29:27 ID:2GjlAAMK
そのうちプラスチックからパンとか作るんだろ?インダストリアで。


28 :名無しのひみつ:2009/12/04(金) 18:40:30 ID:qW36T7n6
>>5
そのあたりの研究なら、第二次大戦でできてるかと。



12 :名無しのひみつ:2009/12/04(金) 18:31:42 ID:rX2R8vLX
やっぱり味はしないのか、本当SFの世界だな。

チンパンジーは名前を呼ばれると反応する 脳波で実証  





 自分の名前を呼ばれたチンパンジーの脳波が他の言葉を言われた際とは違う反応を示していることが、滋賀県立大や林原類人猿研究センターなどの共同研究で明らかになった。チンパンジーに自己認知が存在することは知られていたが、脳活動の結果として裏付けられたのは初めて。



 研究を進めた同大学の上野有理・准教授によると、通常、チンパンジーの脳活動を調べるためには麻酔が必要で、音声を利用した研究は実現困難だった。今回は、同センターのスタッフとチンパンジー「ミズキ」が強い信頼関係を築き、麻酔なしでも長時間の安静状態を維持することが可能となったため、実現した。

 ミズキの頭皮に電極を付け、(1)自分の名前(2)群れの他の名前(3)未知の名前(4)「ミズキ」に似た非音声の4種類の音を一定間隔でランダムに聞かせた。その結果、(1)についてのみ、特異な波形が確認されたという。

 研究結果は、英文学術誌「バイオロジー・レターズ」の電子版で発表したほか、2010年9月に京都で開かれる国際霊長類学会でも一部を発表する。上野准教授は「これまで行動レベルでは判断できなかったことを脳波を通じて発見できるようになるなど、知性の進化に関する新たな研究分野を切り開いていくうえで重要な一歩になると思う」と話している。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100123-OYT1T00210.htm





10 :名無しさん@十周年:2010/01/24(日) 14:14:15 ID:3odsavOF0
猫ですら名前呼ばれたら普通にニャーと返事するよ。


15 :名無しさん@十周年:2010/01/24(日) 14:15:24 ID:WRvSv3DHi
犬も猫も名前に反応するよな?
経験則レベルでは確実に「自分を読んでいる」と理解してると思う。


16 :名無しさん@十周年:2010/01/24(日) 14:15:32 ID:SN4eguyW0
犬や猫やチンパンジーなどどうでもいいだろ?
いま日本で注目に値する問題は、鳩がどう反応するかということだろ。

22 :名無しさん@十周年:2010/01/24(日) 14:16:58 ID:QMVFmXfW0
>>16
そっちは諦めてるから…


金髪の女性は好戦的な傾向? 「プリンセス効果」  





 とかくおとなしいと言われる日本人からすると、普段の行動や恋にも積極的に見える欧米人。国の文化や環境から来る、物事に対する考え方の違いが大きく影響しているのはもちろんだが、加えて女性に関しては、髪の色も影響を及ぼす可能性があるようだ。先日、米国のある研究者が女子大生156人を調査し、「金髪女性は、褐色や赤毛の人よりアグレッシブな傾向がある」と発表。この影響は金髪に染めた人にも見られるそうで、持って生まれたものとは違う個性が形成されるという。



英紙タイムズによると、この研究は米カリフォルニア大学のアーロン・セル氏が実施。米国科学アカデミーが発行する「Proceedings of the National Academy of Science」の中で発表された。セル氏はカリフォルニア大学の女子学生156人に聞き取り調査を実施。すると金髪の女性は褐色(ブルネット)や赤毛の人に比べ、大学の中で好戦的な振る舞いを見せる傾向があったそうだ。   

同時にセル氏は、男子学生たちに対象の女子学生の魅力を評価するよう質問すると、金髪の女性たちが高得点を記録することも判明。これらの結果から「金髪の女性はほかの女性より良い扱いを受けやすく、アグレッシブになりやすい」と、セル氏は結論付けている。

さらに、金髪に染めた女性にもこの傾向は見られるなど、生来の性格に左右されない影響らしい。欧米人が持つ潜在的な金髪への「ブランド意識」の表れとも言え、それは「金髪からほかの髪の色に染めている人が少ない」との調査結果からも確かめられるという。

また、セル氏はこの傾向を「プリンセス効果」と説明。「(良い扱いをされることに慣れてしまい)自分の思い通りにしたいとき、金髪の女性は好戦的になりやすい」(英放送局BBCより)としている。

ナリナリドットコム
http://narinari.com/Nd/20100112941.html





5 :七つの海の名無しさん:2010/01/22(金) 00:59:07 ID:FGiR8nCE
ウクライナの毒ガス女も、金髪に染めているしな。


7 :七つの海の名無しさん:2010/01/22(金) 01:24:41 ID:Hxndt99D
日本人の血液型信仰も度し難いが…
毛唐の対面人物判断は髪とか肌とかだからな、始末に終えん。

13 :七つの海の名無しさん:2010/01/22(金) 02:33:58 ID:S1vh9UM5
>>7
なるほど確かにそんな感じですな。
白人連中では金髪はバカという印象があるらしい。

赤髪は暴力的で、黒髪は知性的なんだとさ。



12 :七つの海の名無しさん:2010/01/22(金) 02:18:40 ID:L0CF+EC5
女は総じて凶暴だよ…

7000年近く前に外科手術?止血、感染症予防など医療処置も施された、前腕切断の人骨発見  





 フランスのパリ南方70キロのセーヌエマルヌ県内で、左腕がひじ関節上部で直線的に切断され、前腕のない推定6700~6900年前の成人男性の骨が見つかった。仏国立予防考古学研究所(INRAP)がエックス線検査などで調べた結果、切断は重傷の男性を救うための外科手術によるものと結論付けられた。

49cdfc2a.jpg



 同研究所の人類学者らが英考古学誌アンティクイティの昨年12月号に発表した論文によれば、これは「フランス最古の切断手術の成功例」。外傷で破損した関節の残存部分が切除され、止血、感染症予防など高度な医療処置も施されたらしい。当時の欧州は新石器時代で、手術は鋭利な石器で行われたとみられる。

 遺骨は2005年、砂利採取場の拡張に伴い遺跡の有無を調べる調査で、地下1.5メートルの縦穴式の墓内から発掘された。歯が抜け落ちており、高齢だったらしいが、手術後も数カ月から数年間は生存していたもようだ。

時事通信社
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201001/2010011900064





3 :名無しのひみつ:2010/01/19(火) 09:53:30 ID:L1tE8Lqj
当然、麻酔無しだよな…

4 :名無しのひみつ:2010/01/19(火) 09:56:28 ID:faR8Qi4M
>>3
麻薬に類する物はあったと思われる。



5 :名無しのひみつ:2010/01/19(火) 09:57:23 ID:CmjpuZ0N
腕の先が潰れて壊死したのを悪魔が取り付いてると思って、ばっさり切り落としたとかじゃないの?
もちろん、その人が死ぬ前提で悪魔が広まらないように無理やり切断とかだろ。


6 :名無しのひみつ:2010/01/19(火) 09:57:56 ID:b+2S61Lt
頭を棍棒で殴って、気絶させ静かになったところで腕を切断する。


7 :名無しのひみつ:2010/01/19(火) 10:02:55 ID:iEcWTkdc
泥棒したから腕を叩き切ったんじゃないのか?

南極隕石隊、快挙続々 これまでに500個近い隕石を発見  貴重なユレーライト・鉄隕石なども  





 51次南極観測隊の隕石隊8人が、セールロンダーネ山地(セルロン)で探査を始めて10日余り。これまでに500個近い隕石を発見した。貴重なユレーライトや鉄隕石などもあり、予想を上回る成果をあげている。

 隕石は、日本に持ち帰った後、国立極地研究所などで解析する。隕石は46億年前に太陽系とともに生まれ、変化していない。南極に降ったのは数千年から10万年前で、極地研などは、太陽系の誕生と成長の謎を解くカギとなると期待している。



 隕石隊が、セルロンのバルヒェンにベースキャンプを置いたのは今月3日。昭和基地から約500キロ西に離れた標高約1200メートルの高地で、季節は夏だが、気温は零下10度前後、吹雪と強風で体感温度は零下20度くらいになる。クレバスが広がる氷原をスノーモービル7台が約50メートル間隔で横一列になり、時速5~10キロで走りながら探す。

 5日には一気に169個の隕石を発見。117個がまとまっていた。ダイヤモンドなど炭素質物質が輝石やカンラン石のすき間を埋めているユレーライトも見つかっている。世界でも数十個しかない貴重な隕石で、見つかったのは、濃い茶色ででこぼこした表面、おはぎくらいの大きさと形だ。

 同時に見つかった鉄隕石は天体がバラバラに壊れた時にできたかけらだと考えられている。表面は滑らかで茶色がかかった黒、縦横約5センチと3センチで丸みがあった。地球に降って来た隕石の1%程度しかなく、隕石隊の小島秀康リーダー(極地研教授)は「これまで日本が集めた南極隕石1万6201個のうち数十個程度しかない」と喜んだ。

 隕石隊は、隕石が集まりやすいところを狙い、周囲の石と見比べながら探す。これまで日本の観測隊は月と火星の隕石を見つけたが、「水星や金星の隕石も見つけたい」と小島教授は意気込む。探査は1月下旬まで続く。

朝日新聞
http://www.asahi.com/science/update/0119/TKY201001190205.html





4 :名無しのひみつ:2010/01/22(金) 09:45:16 ID:Q9W2HcQg
トレジャーハンターだな。
しかし、こんな金になる話は韓国か中国に回したいから、日本は仕分けだな。

5 :名無しのひみつ:2010/01/22(金) 09:45:48 ID:uPSFm2/g
>>4
実際に仕分けしてるし。

7 :名無しのひみつ:2010/01/22(金) 09:48:17 ID:rhm7M6yX
>6
隕石は学術的価値以外は無い、資源ではない。
韓国が収集するのと、日本が収集するのとでは意味が違う。



8 :名無しのひみつ:2010/01/22(金) 09:48:28 ID:dOmebWhE
月の火星の隕石を見つけたというのは?
月や火星に隕石が衝突して、破片が南極に飛んできたってことかな?

トラフグを水温調節だけでオス化する技術を開発 高級珍味「白子」を増産  





 近畿大学水産研究所(和歌山県白浜町)が、水温調節だけで養殖トラフグの8割以上をオスにする技術を世界で初めて確立した。同研究所はクロマグロの完全養殖に世界で初めて成功したことで知られている。3月に神奈川県で開かれる日本水産学会で発表する。高級食材であるトラフグの白子(精巣)が多少、身近になる可能性がある。

608846.jpg



 サケやマス、ヒラメなど魚類の一部は環境の変化で性が変わることが知られている。トラフグの場合はふ化後2~6カ月で性別が確定する。研究所はこの特徴を生かし、通常は1対1のオスの割合を増やす研究を、富山県射水市の富山実験場で続けてきた。

 その結果、富山湾の水深100メートルからくみ上げた通常の養殖より5~8度程度低い12~17度の海水で、ふ化後65~105日間飼育すると、最初からオスとして生まれたものも含め8割以上がオスになることが分かった。06年産から3年連続成功したことで技術を確立したと判断、学会に発表することにした。

 白子が取れるオスは、メスの2倍程度の価格で取引される。ホルモン投与や染色体操作によりオスを増やす実験例はあるが、食用としては安全面で問題がある。13日に東京都内で会見した富山実験場の沢田好史教授は「水温調節だけなので安全。白子生産のコスト減にもなる」と自信を見せる。地元の堀岡養殖漁協と共同で今年11月から市販化する予定だ。

侮日新聞
http://mainichi.jp/select/science/news/20100114k0000m040052000c.html
http://www.kindai.ac.jp/news_event/2010/01/-80.html





2 :名無しのひみつ:2010/01/13(水) 20:43:01 ID:ngEr2os5
卵巣も食えばいいじゃない?差別はよくない。

6 :名無しのひみつ:2010/01/13(水) 20:59:13 ID:W3sOXL6e
>>2
河豚の卵巣は猛毒。元々は 黄河周辺で豚肉代わりに食べていたので 黄河豚と呼んでた魚がいつのまにか河豚と呼ばれるようになった。ちなみに黄河に生息してたキイロフグは、絶滅したそうです。

9 :名無しのひみつ:2010/01/13(水) 21:20:29 ID:ngEr2os5
>>6
なあに、かえって免疫力がつく。



7 :名無しのひみつ:2010/01/13(水) 21:05:55 ID:W3sOXL6e
むしろ1匹の雄にたくさんの雌のほうが、たくさん繁殖していいじゃない?

コンニャクの500倍の強度 高分子化合物を開発 水に混ぜるだけで高強度素材  





 水に微量を混ぜるだけで、透明で強度のある素材に変化させる高分子化合物を東京大などのチームが開発した。特別な設備を必要とせず、すぐに作れるため、医療現場などで使う素材への応用が期待される。論文は21日付の英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。



 東大大学院工学系研究科の相田卓三教授らは、水中に溶けた粘土の粒子と結合し、粘土を「足場」にして立体構造を作る有機高分子化合物を開発。この化合物を、粘土を溶かした水に入れてかき混ぜると、数秒でコンニャクのように固まる。

 この素材は透明で、95%の水分を含んでいるが、コンニャクの約500倍の強度があり、透明性を犠牲にすればさらに強度を高められるほか、ゴムのような弾性を持たせることも可能だという。

 相田教授は「化合物の基本的な骨格は、安全性が確認されている。混ぜるだけでいいので、再生医療などの現場で医師が使える素材になり得る」と話している。 

時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100121-00000017-jij-soci





2 :名無しさん@十周年:2010/01/21(木) 03:52:48 ID:0qyccW310
喉に詰まるから、製造は禁止。

3 :名無しさん@十周年:2010/01/21(木) 03:53:04 ID:pXXs3gzs0
>>2
マンナンライフに希望の光が!



5 :名無しさん@十周年:2010/01/21(木) 03:53:16 ID:RVd4kskW0
なぜか食べるやつが出てくると見た。


10 :名無しさん@十周年:2010/01/21(木) 03:53:55 ID:VuBxdR+i0
ギブスとか一瞬で作れる?


13 :名無しさん@十周年:2010/01/21(木) 03:55:29 ID:K7y/gcX70
オナホの材料か。

小惑星探査機「はやぶさ」、地球引力圏を通過する軌道に帰還  





 「はやぶさ」は、先週からまた一歩地球に接近する軌道へと移りました。最接近距離は、約140万kmです。面外からの接近状況も計画通りに推移しています。地球の引力圏を通過する軌道へのったということは、「はやぶさ」が地球への往復飛行に一応の区切りをつけたこと、帰還できたことを示しています。



 今後は、月軌道半径を通過する軌道へと移行し、また、地球大気への再突入、そして地上でのカプセル回収と、一歩一歩進めていく計画です。地球まで約6000万km。イオンエンジンによる航行もあと2ヶ月となりました。

ISAS
http://www.isas.jaxa.jp/j/enterp/missions/hayabusa/trj.shtml





92 :名無しのひみつ:2010/01/14(木) 17:00:20 ID:1gleXc+x
正直こんな苦労するぐらいだったら、
シンプルに安く作って2,3個飛ばしたほうが早かったんじゃねーの?

94 :名無しのひみつ:2010/01/14(木) 17:01:36 ID:VpIrE89o
>>92
十分安く造って、安く打ち上げていると思う。

95 :名無しのひみつ:2010/01/14(木) 17:01:47 ID:DZ6Fp68r
>>92
金無いから、安く作って1個しか作れなかったの。

99 :名無しのひみつ:2010/01/14(木) 17:11:02 ID:4bLupjQc
>>92
そう思うのも無理は無いが、日本では同時に2機作る余裕があるなら、
1機分他のプロジェクトに回せと言われる。



97 :名無しのひみつ:2010/01/14(木) 17:04:16 ID:DZ6Fp68r
蓮舫 「人工衛星が飛ぶと我々の生活が良くなるんですか?」

ヒッグス粒子とダークマター、正体は同じ?阪大教授が新理論  





 ノーベル賞を受賞した南部陽一郎博士の理論からその存在が予測されたヒッグス粒子が、宇宙を満たす謎の暗黒物質(ダークマター)と同じものであるという新理論を、大阪大の細谷裕教授がまとめた。



 “二つの粒子”は、物理学の最重要テーマで、世界中で発見を競っている。暗黒物質は安定していて壊れないが、ヒッグスは現在の「標準理論」ではすぐに壊れるとされており、新理論はこれまでの定説を覆す。証明されれば宇宙は私たちの感覚を超えて5次元以上あることになり、宇宙観を大きく変える。

 ヒッグスは、質量の起源とされ、普段は姿を現さないが、他の粒子の動きを妨げることで、質量が生まれるとされる。一方、衛星の観測などから宇宙は、光を出さず安定した暗黒物質で満ちていると予想されている。細谷教授は、宇宙が時間と空間の4次元ではなく、5次元以上であると考え、様々な粒子が力を及ぼしあう理論を考えた。その結果「ヒッグスは崩壊せず、電荷を持たない安定した存在」となった。

 欧州にある世界最大の加速器(LHC)では最大の課題としてヒッグスの検出実験が行われる。ヒッグスが不安定なら、崩壊時に観測が可能だが、細谷理論のように安定だと観測できない。ただ、新たな実験手法で検証は可能という。

 一方、暗黒物質候補も09年末、「発見の可能性」が報告されたが、細谷理論と矛盾しないという。細谷教授は昨年8月に欧州の物理学誌に新理論を発表。秋に来日した南部博士にも説明した。南部博士は「今まで誰も気づかなかった見方で、十分あり得る」と評価したという。小林富雄・東京大教授(素粒子実験)の話「美しく素晴らしいアイデア。数年で新理論を検証できる可能性がある」

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20100104-OYT1T01341.htm





10 :名無しのひみつ:2010/01/05(火) 04:21:07 ID:PQuPQiHR
凄い理論らしいが、さっぱり分からん。8月に発表して今日まで放置されていたのか?
南部さんのお墨付きや昨今の成果がないと、ただの突拍子も無いアイデアだったと言うことかな。

17 :名無しのひみつ:2010/01/05(火) 05:18:43 ID:UtWViqOy
>>10
反証が出ないか待ってたんじゃない?

35 :名無しのひみつ:2010/01/05(火) 08:32:07 ID:R6KDB87M
>>10
理論自体は昔からある。ただ、ようやく実験で検証できる時代になったから注目されている。この理論に限らず、これまでに検証できなかっため野放しにされてる新理論ってのが既に無数にあるんだけどね。

47 :名無しのひみつ:2010/01/05(火) 10:53:03 ID:LKPljzYx
>>35
てことは、この理論が証明されても、細谷はノーベル賞受賞できないってことか。


光が一瞬の磁石を作り出す? X線パルスによる分子磁性と分子構造変化の検出に成功  





 東京工業大学大学院理工学研究科の腰原伸也教授らは、高エネルギー加速器研究機構(KEK)や科学技術振興機構(JST)と協力して、光によって分子内に100億分の1秒の間だけ出現する分子磁性と分子構造の変化を直接観測することに成功した。光が一瞬の磁石をつくり出す様子をとらえたもので、新たな光触媒や超高速光磁気デバイスの開発のための基盤的な測定法として期待される。

20100119zu1_convert_20100119101702.jpg



 今回の成果は、100ピコ秒(ピコは1兆分の1)幅のパルスX線を用いた「時間分解X線吸収微細構造(XAFS)」法という手法を使い、高速に時間変化している物質の状態を動画のように測定した。具体的には溶液中で任意に分子配列した分子が光によって、700ピコ秒という短い間に一瞬だけ分子磁石へと変化し、すぐに戻る様子をとらえた。
 この手法では試料形状を選ばないため、固体だけでなく、液体や気体のように結晶でない試料にも適用できる。

日刊工業新聞
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720091230eaab.html
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20091215/index.html





2 :名無しのひみつ:2010/01/01(金) 23:23:34 ID:XvSnqJhb
俺に理解できるように言い直してくれ…

4 :名無しのひみつ:2010/01/01(金) 23:34:27 ID:+Ackc1L9
>>2
応用するとハードディスクならぬ、液体で構成されたハード液たる物が作れるかも?かな。

51 :名無しのひみつ:2010/01/05(火) 00:27:35 ID:r+bHz4vq
>4
その場合、ハード液でなく液ディスクではないだろうか?



5 :名無しのひみつ:2010/01/01(金) 23:38:52 ID:Xnl3G18w
電子レンジも、そのぐらいの周期の電波使っているのだろ。


6 :名無しのひみつ:2010/01/01(金) 23:42:39 ID:f7urVTvG
光によって励起され、極性を持った一瞬の分子構造を捉えたって話しだよな?


7 :名無しのひみつ:2010/01/01(金) 23:43:39 ID:yswfk2W+
分子磁石ってなんぞ?分子自体が磁力を持った状態ってコト?

土星北極の謎の気流 「六角形構造」 その大きさは地球2個分  





 米航空宇宙局(NASA)の土星探査機『カッシーニ』から、土星の北極付近を流れるジェット気流からなると見られる、奇妙な正六角形の渦状構造を写した素晴らしい画像が送られてきた。

 この渦状構造は、1980年に『ボイジャー1号』によって初めて発見された。天文学者たちは、その美しい構造の正体を解き明かせぬまま、別の画像を見られる日を約30年もの間待ち続けていた。[土星北極の六角形構造は、2007年のカッシーニによる赤外線観測でも確認されており、今回の観測は可視光でのもの。以下は赤外線による画像。幅約2万5千km、高さ100kmのこの構造は、自転方向と同じ反時計回りの回転を行なっている]



カッシーニ・プロジェクトの研究者であるカリフォルニア工科大学のKunio Sayanagi氏は、NASAのリリースでこう書いている。「地球の気象現象の規模が数週間程度であることを考えると、この六角形構造の寿命の長さは特別な現象だ。これは、木星の大赤斑を形成する不思議な気象条件に匹敵する謎だ」[木星の大赤斑は、木星に存在する高気圧性の巨大な渦。発見以来少なくとも350年以上にわたって一定の形状を維持しつづけている]

六角形構造は、土星の北緯77度付近を周回しており、その大きさは地球2個分より大きい。この気象現象については、ほとんど何もわかっていない。まず、なぜ六角形構造になるのかがわからない。次に、ジェット気流が鋭角的に曲がっていることも奇妙だ。地球の大気がこのような幾何学的な構造を見せることは滅多にない。

今回、55枚の撮影画像をつなぎ合わせて、ジェット気流が動く様子を再現する3フレーム・アニメーションが作られた(下図)。中央の黒い輪から、先のとがった黒い三角形が突き出しているのは、画像処理による影響だ。

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200912/2009121122.html





5 :名無しのひみつ:2009/12/13(日) 01:00:06 ID:4NeWXJ2r
相転移、粘性、流体力学、自転、このへんだろうな。
浮遊大陸かもしれんが…


6 :名無しのひみつ:2009/12/13(日) 01:02:21 ID:Y9y50PXL
モノリスじゃないのか?


8 :名無しのひみつ:2009/12/13(日) 01:05:13 ID:V/7GVGak
カルマン渦では?
karman01.gif


9 :名無しのひみつ:2009/12/13(日) 01:06:25 ID:i2sRPgJ0
地球のジェット気流だって蛇行しとるじゃないか
たまたま蛇行6回の周期と、ジェット気流が通る緯度の距離が一致しただけだろ?

67 :名無しのひみつ:2009/12/14(月) 08:35:53 ID:aBCE3IQZ
>>9
だろうね、たまたまこんな形になっただけだろう。


マイクロ波でロケット発射に成功 東大が実験、燃料を節約  





 電子レンジなどで利用される電磁波の一種「マイクロ波」を照射し、そのエネルギーで模型のロケットを発射することに小紫公也東京大教授(宇宙推進工学)らのチームが成功し15日、神奈川県相模原市で開催中のロケット開発のシンポジウム(宇宙航空研究開発機構主催)で発表する。



 今回は初歩的な実験だったが、実用化できればロケットに搭載する燃料を激減させ、機体の小型化、低コスト化につながるとしている。

 ロケット下部の凹面鏡のようなへこみにマイクロ波を下から照射し、一点に焦点を結んだマイクロ波が空気を瞬間的に約1万度まで加熱し、爆発的に膨張した空気がロケットを押し上げる仕組み。実験では、電子レンジの約千倍の電力に当たる600キロワットのマイクロ波を当てたところ、重さ126グラムの金属製ロケットが1.2メートルの高さまで跳ね上がった。

 実用化までにはより高出力のマイクロ波の照射方法や機体の姿勢制御の手段など検討課題は多いが、理論的には宇宙への輸送手段として十分に利用可能だという。小紫教授は「今後20年以内に、高度3万6千キロの静止軌道に約100キロの物を運べるまで性能を高めたい」と話している。

47News
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010011401000587.html
http://www.kml.k.u-tokyo.ac.jp/press/pr1001.htm





2 :名無しのひみつ:2010/01/15(金) 11:08:04 ID:ivUnijYt
アメリカかどこかが実験してるのをテレビで見た覚えがあるけど、日本ではようやく実験成功ですか。

52 :名無しのひみつ:2010/01/15(金) 16:19:49 ID:ryYYSARa
>>2
原研がとっくの昔に成功させてるよ。
世界最大出力のジャイロトロンは原研と東芝で作ってますんで

53 :名無しのひみつ:2010/01/15(金) 16:28:45 ID:KgqjoIME
>>52
JT-60用のだったね。
宇宙へ飛ばすのは、東京工業大学のグループがレーザー。今回のはマイクロ波というところでしょう。



3 :名無しのひみつ:2010/01/15(金) 11:09:46 ID:seGGwthD
地上から当て続けるわけ?人工衛星に平面鏡付ければマイクロ波兵器の出来上がりだな。

62 :名無しのひみつ:2010/01/15(金) 22:25:15 ID:t8CmMR0y
>>3
元々「メーザー」が有る。
240px-Hydrogen_maser.jpg



5 :名無しのひみつ:2010/01/15(金) 11:11:24 ID:vyJHyGIJ
ついに自動車が空を飛ぶ時代がくる。

NTT 「素因数分解問題」で世界記録更新  1024bitRSA鍵が近い将来「解読」可能に  





 NTTは1月8日、グループのNTT情報流通プラットフォーム研究所(NTT研究所)が海外の研究機関と共同で、公開鍵暗号の安全性の根拠となる「素因数分解問題」で世界記録を更新したことを発表した。

 これまでの世界記録は663ビット、10進200ケタだが、新しい世界記録は768ビット、10進232ケタで100ビット以上上回っている。独ボン大学、仏の国立情報学自動制御研究所(INRIA)、オランダの国立情報工学・数学研究所(CWI)と共同で研究した。

poster15.jpg



 素因数分解問題は、その難解さから現在公開鍵暗号として普及している「RSA暗号」の安全性の根拠になる。素因数分解可能なビット数の検証は、RSA暗号の安全性や強度の有効性をより精密に予測する上で極めて重要とされている。

以下略

CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20406400,00.htm




4 :名無しのひみつ:2010/01/08(金) 20:40:01 ID:BNep/C9g
> 公開鍵暗号解読に一歩近づくか
ちょっと違うような気がする。

5 :名無しのひみつ:2010/01/08(金) 20:42:41 ID:ghdS074A
>>4
分かる人か?解説してくれ。

12 :名無しのひみつ:2010/01/08(金) 20:55:37 ID:B+QXZr8C
>>5
他人だが、この話の対象になるのは「大きな数の素因数分解には膨大な時間を要する」を前提とする暗号形式なんだな。

RSAが正にこれでRSAの信頼性はどこまで素因数分解できるかに依存してるので、今回の結果は今の1024bitなRSA鍵が近い将来解読可能になってしまう可能性を示唆する。

ただしRSAでもさらにbit増やせば安全性高まるし、そもそも素因数分解に安全性が依存しない暗号形式なんてのもあるので、この結果自体は公開鍵形式そのものの安全性には関係ないというわけだな。



8 :名無しのひみつ:2010/01/08(金) 20:49:17 ID:q92aIy7F
記事自体が暗号だ、きっと…

「樹状細胞」を使った新たな免疫療法 3人に1人のがん進行抑制 信大付属病院  





 信州大付属病院(長野県松本市)が、手術などでは治療が難しいがん患者を対象に、免疫細胞の司令塔とされる「樹状細胞」を使った新たな免疫療法を施したところ、3人に1人の割合でがんの進行が抑制されたことが分かった。副作用も少なく、同病院分子細胞診療室の下平滋隆室長は「がんの標準的な治療法にしたい」と話している。

20101501_01.gif



 がん治療は手術、抗がん剤などの化学、放射線の3つを組み合わせた療法が基本だが体への負担や副作用が懸念される欠点がある。

 同病院は2008年11月から、症状が進行し他の治療が難しい患者に樹状細胞療法を実施。10代から70代の男女30人に施した結果、10人程度にがんの縮小や進行を抑えるなどの効果が見られた。胃がんの50代男性、卵巣がんの50代女性の2人からはがん細胞が完全になくなったという。

 ただ、この治療法は実績が少なく公的医療保険が適用されないため、患者の費用負担が重いのが課題。同病院は治療効果を証明するデータなどをまとめ、保険適用が認められるようにしたい考えだ。

  樹状細胞療法  樹状細胞は人間の体を病原菌などの外敵から守る免疫細胞の一種。がん治療では患者の体内から樹状細胞を取り出し、がん組織をそれに与えたり、がんの目印を人工的に持たせたりしてがん細胞を外敵と認識させる。その後体内に戻すと樹状細胞はほかの免疫細胞に指示を出し、がん細胞を攻撃させる。

中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2010010602000112.html





3 :名無しのひみつ:2010/01/09(土) 23:45:15 ID:1Rwf3M6o
癌細胞の抗原を与えなきゃいけないんだよな、設備の整った病院じゃなきゃ難しそうだな…


10 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 01:26:39 ID:QGzLYs42
NHKのサイエンスアイでニューセルについての特集見たのが懐かしい、もう何年前だろう?

癌細胞のレセプターは隠れてるから免疫系が作動しない。そこで患者の癌細胞と樹状細胞を体外で組み合わせニューセルを作成体内に戻す。するとがん細胞を破壊する免疫機能が作動するとか何とか…


11 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 01:31:32 ID:Egs+HgHO
理論上は完璧なんだが、実際には3分の2で働かない仕組みは科学的とは言えないかも。

13 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 01:54:41 ID:QGzLYs42
>>11
まあね、俺もここ数年の「樹状細胞」の進展は聞かない。

アメリカと日本がデッドヒートで研究してたが、なぜかアメリカは撤退。樹状細胞の採取が上手くいかないとか噂があるけど詳しくは知らない。今は「癌ワクチン」の開発、研究に日米の主戦場は移ってる。



14 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 02:08:36 ID:QGzLYs42
信州大付属病院には頑張って欲しいね、免疫療法はATK活性法とニューセルしか知らん。

癌ワクチン」は各内臓、そして人種ごとにワクチンの型が違うから、アメリカ製の「癌ワクチン」は日本では役に立たない。日本の「癌ワクチン」開発は遅れそうだから樹状細胞の成果に期待したい。

サルの鳴き声に「文法的規則」を発見  





 アフリカの熱帯雨林に住むキャンベルモンキー[オナガザル科]は、音を言葉にする文法的な規則を用いて、同じ鳴き声を、さまざまな方法で組み合わせているようだ。

CropperCapture[695]



 仏レンヌ第1大学のAlban Lemasson氏は、「動物のコミュニケーションにおいて、動物は異なる鳴き声を意味論的に結びつけて新しいメッセージを作り出すことができるという証拠が見つかったのはこれが初めてだ」と話す。「これが人間の言語と強い類似性をもつものなのか、そこに主語や目的語や動詞が見つかるのか、私にはわからない。とにかくキャンベルモンキーは、意味をもった単位を結合して、別の意味をもった連なりを作り、その結びつけ方にはルールが認められる」

 Lemasson氏らの研究チームはすでに、11月に発表された論文において、キャンベルモンキーが特定の意味で用いる鳴き声について書いている。この論文では、キャンベルモンキーが出す音の基本要素と用途が詳細に説明されている。例を挙げると、「hok」はワシ、「krak」はヒョウ、「krak-oo」は「障害」(disturbance)を示す一般語、「hok- oo」と「wak-oo」は森林の林冠における障害の一般語だった。第6の鳴き声「boom」は、移動のために群れを集める、近隣の群れと言い合いをするなど、捕食とは違う文脈で用いられていた。

 この研究はそれ自体で印象的なものだが、まだ「一次元的」な研究であり、人間以外の霊長類から鳴禽類まで、さまざまな動物の声に認められている基本的表現とさほど違いがなかった。一方、12月7日(米国時間)の『米国科学アカデミー紀要』(PNAS)で発表された最新の論文では、はるかに複雑なものである統語法(syntax)、つまり、語の連なりと文の構造に関する規則について書かれている。

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200912/2009121023.html




3 :名無しのひみつ:2009/12/11(金) 16:14:34 ID:7u1Jon0r
サルと話せる日が来るのか?

4 :名無しのひみつ:2009/12/11(金) 16:17:21 ID:VeclEOKo
>>3
アメリカなんか、進んでるよ?大統領がチンパンジーだから。

5 :名無しのひみつ:2009/12/11(金) 16:23:00 ID:sQMUvJKP
>>4
日本だってつい最近チンパンジーが首相だったじゃないか。
今年は鳩になってたけど…

31 :名無しのひみつ:2009/12/12(土) 17:06:00 ID:+DA9cYLB
>>5
でも、日本の鳩は一貫性のある発声はできないみたいだな。
意図が伝わるだけサルの方が上だ。



8 :名無しのひみつ:2009/12/11(金) 16:42:54 ID:76VaDMiI
krak-oo、流行語大賞の有力候補だな。

フラーレン分子の二量化反応の様子を、電子顕微鏡で観察に成功  





 分子を構成する原子が、隣の分子の原子と結びつく様子を、電子顕微鏡で観察することに、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)の越野雅至(まさのり)研究員(電子顕微鏡学)らが、世界で初めて成功した。英科学誌「ネイチャー・ケミストリー」のオンライン版に11日、論文を発表した。

fig1.jpg
カーボンナノチューブの中に閉じ込めたC60フラーレン分子の電子顕微鏡像(上)とナノチューブの縞を消した像(下)



 越野さんたちは、炭素原子がサッカーボールの形に並んだ分子「フラーレン」(直径約1000万分の7ミリ)2個を、炭素製の極細チューブ(カーボンナノチューブ、同約1000万分の15ミリ)に入れ、二つの分子が化学反応で融合する様子を観察した。

 当初は、両分子の炭素原子のうち1個ずつか2個ずつが結びつくが、時間とともに分子が回転して原子6個ずつの結合へ変わってゆく様子が観察できた。顕微鏡画像のゆがみを防ぐ装置を使って原子1個ずつの観察に成功。化学反応を起こす分子は動き回って観察しにくいが、炭素チューブに閉じ込めることで動きを制限できた。

侮日新聞
http://mainichi.jp/select/science/news/20100111k0000m040111000c.html





4 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 06:03:50 ID:M4NEmh8r
そっと観察しないと、外圧で反応が変わっちゃったりするのかな?


6 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 06:38:13 ID:Etqb4INJ
大きさもそうだが、瞬間的過ぎて観察しにくそう。


7 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 07:14:30 ID:PD3pg8XD
仕分け対象だな。

9 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 07:50:01 ID:c7WVQVuT
>>7
心配だな。



10 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 07:58:19 ID:5XTSBHF4
分子軌道上の電子は粒子でなくゲルであることが証明され、量子論が根本から変わる。


12 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 08:16:05 ID:10L0ewZF
これタイムスケールはどんな感じなんだろう?よく撮影できたな。

500分の1秒で焦点を合わせる液体レンズを使い、「全焦点」動画の撮影に成功 東京大学  





 東京大学の石川正俊教授、奥寛雅助教らは、500分の1秒で焦点を合わせる液体レンズを使い、異なる奥行きの対象物すべてにピントが合った全焦点動画の撮影に成功した。一般的なカメラに同レンズを組み合わせ、8点に焦点が合った動画を毎秒1000枚撮影できた。立体的な対象物の奥行きを単一のカメラで正確に把握できることから、外科手術や3次元プリンターのスキャナーなどに応用が期待できる。



 奥行き方向へ10ミリメートル間隔に等距離で並んだ六つの振り子のひもが揺れる様子を撮影。画像を合成して全焦点の動画を生成した。使用した液体レンズは、ピエゾ素子で液体に圧力を加えて高速に焦点距離を調整。液体同士の界面を高精度屈折面に使うことで高い解像度を出している。焦点距離の調節に移動機構を使わず、小型化でき生産コストも抑えられるという。

日刊工業新聞
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0320100112aaaf.html
http://www.k2.t.u-tokyo.ac.jp/mvf/FocusStacking/index-j.html





3 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 13:33:29 ID:Uru9rtbw
明るいFでこれが出来たら凄い事になるな。


5 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 13:35:30 ID:koLqbK+o
被写界深度すげぇ…


7 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 13:46:49 ID:vvYomXio
動画すげぇ、良いよ~良いよ~変態技術良いよ。

15 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 13:55:32 ID:E+vJ8Ynq
>>7
動画見たけど、何がすごいのか全然わからなかったよ。

20 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 14:05:58 ID:jhjrqeuH
>>15
例えば普通のカメラでぱっと見、奥の方に幽霊みたいのがボケて見えた時に、それにいちいち焦点合わせずに幽霊だって判ることだ。

24 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 14:29:52 ID:E+vJ8Ynq
>>20
ますます分からんわ。



8 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 13:48:30 ID:Pn1VcwaN
確実に米軍が興味を持ったな。

ピラミッドの建設に従事した「労働者」の墓は、王の側に埋葬  奴隷説を覆す新たな証拠  





 エジプト・ギザでクフ王の大ピラミッドやカフラー王のピラミッドの建設に従事した労働者の複数の墓が新たに見つかったとホスニ文化相が10日発表した。通説ではピラミッドは奴隷が建設したとされてきたが、発掘を担当した考古最高評議会のハワス事務局長は「墓は王のピラミッドのそばに造られており、労働者が奴隷でなかったことを示す貴重な発見」と指摘している。

po_cai_p4je.jpg



 墓は古王国時代の第4王朝(約4600年前)ごろのもので、泥れんがを石こうで固めた構造。発掘現場からは、労働者の食料として上流階級の家族が毎日、野牛21頭とヤギ23頭を送っていたことを示す証拠も見つかったという。ピラミッド建設労働者の墓は1990年にも見つかっている。

侮日新聞
http://mainichi.jp/select/world/news/20100112k0000m030058000c.html





3 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 23:30:50 ID:gFpS9Ikv
そんなの、もう何年も常識。

79 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 05:44:36 ID:ZUMhWvqp
>>3
物的証拠が見つかった事がニュースなんじゃないかな?

労働者向けの町の跡とかはあっても、はたしてその人々へ敬意を持っていたかは分からない。
労働者同士で勝手に墓作ったとするなら、王の墓の側なんかに作れるはずない。

87 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 08:11:44 ID:cMuXSPJA
>>79
労働者の勤怠簿とかも発見されてて、定期的な休日や休暇などが認められていたことがわかっている。
休暇の理由としては、結婚式に参加する、病気、二日酔い等。

89 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 08:25:14 ID:ZUMhWvqp
>>87
それらを管理していたのが誰かってのが大事なんだけど、どんな文書(ってのも変だが)を見せても納得しない層に、「奴隷を王の近くに埋葬させるわけないだろ?」って意味合いが大きいニュース。



4 :名無しのひみつ:2010/01/11(月) 23:31:22 ID:LB9oyJ5p
むしろ、現代の労働者の方が…

謎の天体が27年ごとに覆い隠し、18カ月にわたり姿を消す「ぎょしゃ座イプシロン」の食の謎  





 あまり注目されなかったが、元日の夜空では27年周期のぎょしゃ座イプシロンの皆既食が観測された。1月1日、巨大な天体がぎょしゃ座イプシロンを覆い隠した。イプシロンは地球から約2000光年の距離にある黄色い超巨星だ。天文学者たちは過去の観測記録から、この星がまばゆい輝きを完全に取り戻すのは2011年前半と予測している。



 本来、イプシロンは非常に明るいため都市部でも肉眼で見ることができるが、謎の天体が27.1年ごとにこの星を覆い隠し、約18カ月にわたって夜空から姿を消す食変光星として知られている。イプシロンの周期的な食は1821年に初めて観測された。以来、長期にわたって姿を消す仕組みについて、天文学者たちは頭を悩ませてきた。

 5日、アメリカ天文学会がワシントンD.C.で記者会見を開き、カリフォルニア工科大学のドン・ホード氏が研究の成果を発表した。同氏はその席で、「スピッツァー宇宙望遠鏡の観測データから、2世紀近くに及ぶ謎の答えを導き出した」と発言した。ホード氏が提唱した新モデルによると、イプシロンは死を間近に控えた星で、その周囲を1つの星が回っている。この伴星は暗いちりでできた大きな円盤に囲まれているという。


 ホード氏の研究チームはスピッツァーの新たな観測データから、イプシロンの食がこれほど長く続くのは、暗い円盤の直径が約12億キロにも及ぶためだと考えている。これは地球から太陽までの距離の8倍にあたる。連星が食を引き起こすことは周知の事実だ。しかし、イプシロンの食は知られている中で最も長く続くため、ほかとは一線を画す。

 今回の18カ月にわたる食は2009年8月に始まった。ただし、円盤がイプシロンを完全に覆い隠したのは最近だ。「もし別の暗い星がイプシロンの前を通過するだけであれば、食はこれほど長く続かない」とホード氏は言う。

以下略

ナショナル・ジオグラフィックス
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=17939918&expand





3 :名無しのひみつ:2010/01/07(木) 14:44:51 ID:d7hnSS4L
平べったいベアード



7 :名無しのひみつ:2010/01/07(木) 15:16:32 ID:FkfghAZc
ちゃんと電球交換しとけって言ったじゃないですか。


9 :名無しのひみつ:2010/01/07(木) 15:40:13 ID:6Hsrs5DV
昔はこの伴星が宇宙最大っていわれたとかもあったね。

10 :名無しのひみつ:2010/01/07(木) 15:41:31 ID:yf1EltL2
>>9
無限の宇宙に最大なんてあるか馬鹿。

62 :名無しのひみつ:2010/01/09(土) 10:07:45 ID:pHVr0Uo/
>>10
まず宇宙は有限ですし、大きさを保てないという点で最大はある。

63 :名無しのひみつ:2010/01/09(土) 10:11:28 ID:CuRdfrEJ
>>62
観測出来る範囲は有限だが、宇宙が無限か有限かは不明。


オリオン座の1等星「ベテルギウス」に超新星爆発へ向かうと見られる兆候 質量急減、表面デコボコ  





 オリオン座の1等星「ベテルギウス」で、超新星爆発へ向かうと見られる兆候が観測されている。米航空宇宙局(NASA)が6日に公開した画像には、星の表面の盛り上がりとみられる二つの大きな白い模様が写っていた。この15年で大きさが15%減ったという報告もあり、専門家は「爆発は数万年後かもしれないが、明日でもおかしくない」と話す。もし爆発すれば、満月ほどの明るさになり、昼でも見えるようになる。

TKY201001090272.jpg



 冬の大三角の一つでもあるベテルギウスは、赤色超巨星と呼ばれる巨大な星。直径は太陽の1千倍で、太陽系にあるとしたら、地球や火星はおろか木星までが覆われる大きさだ。重いため一生は短く、まだ数百万歳(太陽は46億歳)だが、すでに寿命に近い。最後は超新星爆発を起こし、ブラックホールなどになるとされる。

 地球からの距離は約600光年。地球からベテルギウスを見ると、東京から大阪に置いてあるソフトボールくらいの大きさにしか見えず、これまでは大きな望遠鏡でも点程度にしか見えなかった。だが近年は、複数の望遠鏡を組み合わせて解像度を上げることにより、その表面や周囲のガスの流れまで撮影できるようになった。

 昨年、米欧の研究者がほぼ同時に3本の論文を発表し、ベテルギウスが大量のガスを放出していることや大きさの急減が示された。ガスの放出によって星の表面が梅干しのようにでこぼこに膨らんでいるらしい。

 ただ、その後の別の観測では、大きさの変化はあまりないという報告も出ているという。3本の論文のうちの1本の著者で、独マックスプランク電波天文学研究所の大仲圭一研究員は「爆発がいつかは分からないが、死の直前を見ているのは間違いない。今まで想像するしかなかった星表面の様子も、実際に見て確かめられるようになってきた」と話す。

朝日新聞
http://www.asahi.com/science/update/0109/TKY201001090278.html





3 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 00:52:25 ID:NQlybiYN
てか、あと何万年かかるんだよw


4 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 00:52:47 ID:tb7d4LMI
> 数万年後かもしれないが、明日でもおかしくない
男性もしくは女性、若者もしくは老人…

8 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 00:57:34 ID:Rz99yLN0
>>4
・10代20代、もしくは30代40代、または50代以上の人物
・日本人あるいは外国人の男性もしくは女性
・計画的な犯行でなければ突発的な犯行の可能性



5 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 00:53:26 ID:5kWCwlS2
生きている間にお目に掛かりたい。

6 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 00:55:18 ID:zke/Iq7g
>>5
人体に悪影響がある粒子が飛んでくるかも知れんぞ?

10 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 01:00:37 ID:6ThpZejZ
>>6
その程度のレベルではないと思う。


桜島、「最終的に溶岩流出」との活動予測 1946年の昭和の大噴火前の状況に似る  





 鹿児島地方気象台と京都大学防災研究所火山活動研究センターは22日、鹿児島市役所で会見し、21日に観測史上最多の年間475回の爆発的噴火があった同市の桜島について、1946年に起きた昭和の大噴火前の状況に似ているとし「最終的には溶岩流出に至る」との見通しを示した。流出時期については「予測は難しく、マグマの供給などを注意して観測する必要がある」としている。



 昭和火口は1939年10月に初めて噴火。活動と休止を繰り返しながら46年3月に溶岩を流出させ、桜島東側の2集落を埋めた。その後、60年間にわたって噴火が観測されなかったが、2006年に活動を再開。爆発的噴火は22日も続き、同日午後8時現在、年間479回に達している。

 センターの井口正人准教授は現況について「桜島北側の姶良カルデラ海底にあるマグマだまりが膨張し、一部が桜島の南岳直下に移動している」と分析。「来年は噴火が今年より増え、地盤変動や地震活動の活発化も予想される。活動レベルは低いが、活発化に向かっているのは間違いない」と話した。

 噴火警戒レベルはレベル3(入山規制)を継続。同気象台は「噴石が人家まで飛ぶようになれば、レベルの引き上げも検討する」としている。

西日本新聞朝刊
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/142378





2 :名無しのひみつ:2009/12/24(木) 07:22:23 ID:gq8zGkTs
桜島は、国が悲しい状態になると活発化するんだよ、今がまさにその時だ。


3 :名無しのひみつ:2009/12/24(木) 07:24:37 ID:NqhUtpSi
桜島「シコシコシコ・・・ウッ!」

6 :名無しのひみつ:2009/12/24(木) 07:33:51 ID:DAm8uBuX
>>3
w



4 :名無しのひみつ:2009/12/24(木) 07:30:46 ID:KhAbkKRQ
東京には火山灰が数センチ積もる程度という認識でおk?

6 :名無しのひみつ:2009/12/24(木) 07:33:51 ID:DAm8uBuX
>>4
どんだけ大噴火なんだよ。


アルツハイマー病は食欲抑制ホルモンの量に相関性? 携帯電話の電磁波で症状が改善?の2本  





 アルツハイマー病を患うリスクは、食欲抑制ホルモンのレプチンの量に関係している可能性があるとの研究結果が、16日の米内科学会誌「米国医師会雑誌」に発表された。



 米国立心肺血液研究所のフラミンガム心臓研究プロジェクトで、レプチンの量が多いこととアルツハイマー病リスクが低いことに相関性が確認できたという。

 レプチンは体内の脂肪細胞で生成され、食事後に脳に信号を送って食欲を抑制する働きを担っている。最近の研究では、レプチンが動物の記憶機能を向上させることもわかっており、研究者らは今回の発見はこれらの結果と一致するとしている。

 今回の研究では、認知症ではない年配者数百人を対象に、レプチンの量を測定し、12年以上にわたり経過を追った。その結果、アルツハイマー病を発症したのは、レプチンの量が最も少なかったグループでは25%、レプチンの量が最も多かったグループではわずか6%だった。

 研究チームは、レプチンレベルはアルツハイマー病の診断における1つの指標になると同時に、新たな治療法として活用できる可能性もあると指摘している。

AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2675813/5054010





6 :名無しのひみつ:2009/12/17(木) 16:43:41 ID:Qk2iaWzM
お爺ちゃん、ご飯もう食べたでしょ?現象だな。


9 :名無しのひみつ:2009/12/17(木) 16:49:17 ID:ugXhbecA
そういえばAPOEε4も脂質代謝関連遺伝子だったな。


10 :名無しのひみつ:2009/12/17(木) 16:58:52 ID:iSgHk9QQ
レプチンくれ、マジで最近(だけでもないが)いくら食っても食欲は収まらない…
爺さんはアルツハイマーで死んでるし。


11 :名無しのひみつ:2009/12/17(木) 17:07:39 ID:aQRPFKrM
デブはアルツハイマーの前駆症状であるかもしれないってことか…


12 :名無しのひみつ:2009/12/17(木) 17:09:47 ID:8P9Fo672
> 食物繊維摂取量が増えるほど、血清レプチン濃度が低くなる、という結果が得られ
なんていう研究結果が見つかった、お前ら食物繊維摂るなよ。

NASAの財政負担を減らすため 月有人探査、日本にも参加を求める方針?  





 米科学誌サイエンスは1日発行の最新号で、米国がアポロ計画以来の月有人探査を行う場合、欧州や日本、カナダに協力を求める方針と報じた。これまでは米国単独で目指すことになっていたが、航空宇宙局(NASA)の財政負担を減らすため、方針を変更した。政権高官の話として伝えた。現実になれば、日本が初めて月有人探査に加わることになる。

1e062601.jpg



 報道によると、オバマ政権は、NASAの限られた予算を有効活用するには、開発費用の高騰が指摘される開発中の次世代月ロケットアレス1より、既存の大型ロケットの改良のほうがよいと判断。開発を打ち切る。また欧州や日本、カナダに月着陸船や月面基地の開発を依頼して、NASAの負担を減らす方針だ。

 新方針は大統領が12月16日、NASAのボールデン長官に伝達したという。正式発表の時期ははっきりしないが、一般教書演説がある1月末などが想定されている。

 日本は昨年策定した宇宙基本計画で月探査を宇宙開発の柱とした。2020年をめどにロボットによる無人探査を行い、さらに人とロボットが連携した探査を目指しているが、米国と協力することが決まった場合、計画が具体化する可能性もある。

朝日新聞
http://www.asahi.com/science/update/0106/TKY201001060091.html





2 :名無しのひみつ:2010/01/06(水) 15:13:18 ID:71vtmvmc
探査なんてもういいから、とっととドーム施設作って住んじまえよ。

3 :名無しのひみつ:2010/01/06(水) 15:15:14 ID:TMxtjRWU
>>2
下調べが済めば、直ぐ始めるだろ?前回の証拠捏造と色々隠蔽しなくちゃならんしねw



5 :名無しのひみつ:2010/01/06(水) 15:18:04 ID:xXSAhXcu
宇宙開発の最終目標って何?

6 :名無しのひみつ:2010/01/06(水) 15:19:52 ID:fYNH0B5B
>>5
決まってるだろ、この宇宙の外に行くんだよ。

35 :名無しのひみつ:2010/01/06(水) 18:44:42 ID:1SQoROMK
>>5
夢を買うこと。


窒素分子や、一酸化炭素分子の化学結合を切断できる「金属ハフニウム系錯体」  





 Nature Chemistry(電子版)には、窒素分子や一酸化炭素分子に存在する既知の最強の化学結合を切断できる化合物が報告されている。切断と同時に違う原子との結合が形成されるため、有用な化合物を合成することができる。多くの重要化学物質を合成する際、このような豊富で単純な気体を利用できれば、化石燃料への依存を減らすことができるかもしれない。

nchem477-f2.jpg



 P Chirikらが作り出した金属ハフニウム系錯体は、一酸化炭素を使うことによって窒素-窒素結合が切断されると同時に、新たに炭素-炭素結合と炭素-窒素結合が形成される。これに弱酸の形で水素を加えることによって、オキサミド(現在化石燃料から合成されている重要な農薬)を合成できる。

 この合成プロセス全体が周囲温度で行われている。地球大気の78%を占める窒素の安定性を考えると、これは驚くべきことである。また、一酸化炭素は多くの金属と非常に安定な化合物を形成することが知られているため、一酸化炭素がこのような反応性を示すことは、さらに意外なことである。

Nature Chemistry
http://www.natureasia.com/japan/highlights/details.php?id=539




2 :名無しのひみつ:2009/12/18(金) 21:23:48 ID:GLQoeV79
ハーバー・ボッシュ以来の革新?

44 :名無しのひみつ:2009/12/19(土) 17:33:04 ID:au3rImr0
>>2
これは記事中にある通り「意外な組み合わせで意外な変化」という学術的な面白さが先に立つかな。

熟年おしどり夫婦とロリコン男がいるところに特定の幼女を放り込むと、特別な介入などしてないのになぜか熟年おしどり夫婦が離婚して熟女とロリコン男がくっつくという意外すぎる結果をもたらすから。



3 :名無しのひみつ:2009/12/18(金) 21:27:40 ID:ZWdqzD1c
効率よく二酸化炭素を分解できるものが開発されないかな。

20 :名無しのひみつ:2009/12/18(金) 23:14:13 ID:T85cj9V9
>>3
葉緑素


月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身