ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

Date : 2009年10月

NASA次世代ロケットの試験機 「アレス1-X」 打ち上げ成功  





米航空宇宙局(NASA)は28日、スペースシャトルの後継機で同日打ち上げに成功した次世代ロケットの試験機「アレス1-X」が2分間にわたり固体燃料ロケットを燃焼させて高度約45キロまで上昇したと発表した。

2_convert_20091031104713.jpg



NASAによると、アレスは最高速度マッハ4.76(音速の4.76倍)で、
一段目の固体燃料ロケットを燃焼させて上昇。
一段目を切り離した後、高度45キロにまで到達した。
一段目はパラシュートが開き、大西洋に着水した。打ち上げから着水まで6分間だった。

時事通信社
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009102900085





2 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 07:44:11 ID:7i72Sl2F
細いな。


3 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 07:47:58 ID:+IMEnJj7
細い…

11 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 10:00:37 ID:9UpRvxNa
>>2-3
スペースシャトルの固体ロケットブースターを改造して、頭に宇宙船を載っけてるんだから
不格好なのは仕方がないな。



6 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 08:47:15 ID:mwXZejXv
8.jpg


7 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 09:38:46 ID:YmqgTN9Y
クラウチみたい。


9 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 09:55:40 ID:QgTXh8TM
固体燃料…

ゴキブリは 「排尿」 しない、その優れた代謝系が明らかに (画注意)  





 敵意に満ちた環境を生きのびるために、ゴキブリは自らに巣食う菌さえも利用する。1億4000年の昔からゴキブリの体内に住みついている細菌、Blattabacterium(ブラッタバクテリウム)のことだ。

2009102922-1_convert_20091030100417.jpg



 Blattabacteriumのゲノムを解析した結果、この細菌はゴキブリの体の老廃物を、ゴキブリが生きていくのに必要な分子に変換していることが明らかになった。いわばゴキブリは身をもって、リサイクルの力を証明しているわけだ。細菌たちのおかげで、ゴキブリは排尿する必要さえないという。

 「Blattabacteriumは、すべての必須アミノ酸、さまざまなビタミン類、およびその他の必要な化合物を、限られた種類の代謝基質から作り出すことができる」と、『米国科学アカデミー紀要』(PNAS)に掲載される研究論文には記されている。

 ゴキブリが生きていくのに細菌を必要とすることは、すでに研究者の間で知られている。Blattabacteriumを抗生物質で殺すと、ゴキブリも死んでしまうからだ。また、ゴキブリは余った窒素を体内に貯蔵することも知られている。窒素はタンパク質、アミノ酸、およびDNAを作るのに必要な、生命に欠かせない元素の1つだが、ゴキブリはこれを尿酸の形で小分けにして体内に蓄えている。[ゴキブリではアンモニアが微量排泄されるが、尿酸は排泄されずに脂肪体内に蓄積され、窒素源の欠乏した状態に置かれると、アンモニア→アミノ酸に転用、再利用する。従って、ゴキブリは窒素を全く含まない餌上でも、半年近く生存できる]

 しかし、この尿酸が貯蔵された後どうなるのか、そしてBlattabacteriumはゴキブリの体内でどのような働きをしているのかということは、これまで正確にはわかっていなかった。今回、Blattabacteriumのゲノムが解析されたことで、両者のつながりが明らかになった。この細菌は、尿酸の構成要素である尿素とアンモニアの分解酵素をコードする遺伝子を有していたのだ。さらに、そのようにして生成された分子を使ってアミノ酸を作ったり、細胞壁や細胞膜を修復したりといった代謝の働きを菌に行なわせる遺伝子も見つかった。

以下略

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200910/2009102922.html





3 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 15:47:28 ID:JI27Vifb
別にゴキブリっていても迷惑じゃないよね、何もしないし。

43 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 19:09:19 ID:oI2ZHS9r
>>3
ゴキブリは噛むと聞くぞ。



4 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 15:47:32 ID:2Q5OhxV2
ハリウッド女優がウンコしないのと似たようなもんか。


5 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 15:47:36 ID:ru4zlv9Z
ホウ酸団子みたいに抗生物質入りの餌をまけばOKってことか。

火星の塵旋風が 「入れ墨」 を彫る?  





 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「マーズ・リコネサンス・オービター(Mars Reconnaissance Orbiter、MRO)」の高解像度カメラ「HiRISE」が撮影した、火星表面の写真。明るい色をした地形の上を、黒くねじれたようなものが縦横無尽に走っている。


(クリックで拡大)



 できたてに見えるこのような跡は、かつては大きな謎だったが、現在では、火星表面で起こる小さな旋風のしわざであることがわかっている。「火星のダストデビル」の異名を持つこの旋風の継続時間は、通常わずか数分間。赤いちりを巻き上げ、色が濃く比重が重い砂だけが表面に残るので、視覚的に確認することができる。

 このダスト・デビルは、火星探査機のソーラーパネルをきれいにそうじしてくれるという意外な一面も持っていると考えられる。

 地面に熱せられた大気が渦を巻きながらまっすぐ上昇していく現象は、地球でも、乾燥地帯や砂漠地帯で頻繁に観測される。(c)AFP

AFPBB
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2657286/4819017





4 :名無しのひみつ:2009/10/28(水) 18:05:15 ID:hwXLopU0
逝かれたタトゥーみたい。

5 :名無しのひみつ:2009/10/28(水) 18:08:16 ID:???
>>4
NASAの記事(画像)タイトルは「Tattooed Mars」でした。



6 :名無しのひみつ:2009/10/28(水) 18:11:42 ID:+9kIzP7C
水墨画みたいだ。


7 :名無しのひみつ:2009/10/28(水) 18:12:50 ID:FxO8sSwz
ヤマタノオロチの影に見える。


8 :名無しのひみつ:2009/10/28(水) 18:21:08 ID:lBuLyLb9
刺青を入れた肌のドアップにしか見えない。

15 :名無しのひみつ:2009/10/28(水) 18:40:47 ID:/frghjUT
>>8
俺には女の肌に見えたぜ…


次世代DVDプレーヤーは 「シャコの目」 から生まれる? シャコは12種類の色を知覚できる  





 英ブリストル大学によると、オーストラリアのグレートバリアリーフに生息するシャコは、12種類の色を知覚できる最も複雑な視覚システムを持っている。人間の目が認識できる色はわずか3種類(赤、青、緑)だ。さらにこのシャコは、さまざまな形の偏光(光波の振動の方向)を識別できるという。

ah_shrimp.jpg



 この優れた視覚能力は、シャコが光に敏感な特殊な視覚細胞を持っているためだ。この細胞は、DVDプレーヤーの光ピックアップなどに使われている 4分の1波長板のような機能を持ち、シャコの目に光が入ってきたときに直線偏光を円偏光に(あるいはその逆に)変換できる。電子機器で使われている人工の 4分の1波長板は、1種類の色に対して機能する傾向があるが、シャコの目は可視スペクトル全体でほぼ完ぺきに機能する。

 研究論文の主執筆者であるニコラス・ロバート博士は、シャコの目は人間がこれまでに作り出してきたあらゆるものを上回っており、「見事なまでにシンプル」としている。シャコの視覚細胞の特徴を人工的に再現することで、より優れた光学デバイスを開発できるかもしれないと同氏は述べている。

ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/26/news018.html





2 :名無しのひみつ:2009/10/27(火) 14:58:40 ID:GyYTEM3m
中国がシャコの養殖に目をつけました!

43 :名無しのひみつ:2009/10/27(火) 15:45:17 ID:DZpKU6h/
>>2
いいんじゃない?日本も頑張れよ。



4 :名無しのひみつ:2009/10/27(火) 14:59:18 ID:CuJa6lOh
12原色の世界なんて言われても、全く想像出来ないねぇ…


5 :名無しのひみつ:2009/10/27(火) 15:01:23 ID:qSQ1XunR
つまりシャコには、パソコン画面が用事のクレヨン画程度にしか見えないってこと?


6 :名無しのひみつ:2009/10/27(火) 15:01:48 ID:DFlm3C8F
人が感知できないなら意味ないじゃん…

9 :名無しのひみつ:2009/10/27(火) 15:05:17 ID:CuJa6lOh
>>6
ディスクに記録出来る情報量が飛躍的に増えるかも知れないよ。
と言ってる俺にも、理屈はイマイチ分かってない。


22 :名無しのひみつ:2009/10/27(火) 15:22:35 ID:yfEkSypT
>>6
メディアへの記録、読み出しに使うのだから人間関係ないだろ。



10 :名無しのひみつ:2009/10/27(火) 15:06:57 ID:dDq5Iq+T
このシャコでかいな、食いでがありそうだ。

「コバトン星」誕生 埼玉・狭山のアマチュア天文家が発見  





 埼玉県は16日、太陽系の小惑星に、県のマスコット名と同じ「Kobaton(コバトン)」との名前がついたと発表した。県によると、都道府県のマスコット名が小惑星の名前になるのは全国初だという。

stm0910161440010-p1.jpg



 小惑星コバトンは狭山市のアマチュア天文家、佐藤直人さん(56)が平成9年に発見した。火星と木星の間にあり、約3年半かけて太陽を一周する。地球からの距離は現在約4億キロで、大きさは直径約5~10キロ。

 県が2月、佐藤さんにコバトンと命名してほしいと依頼。国際天文学連合が10月4日に、正式に認定した。遠く宇宙から県の発展を見守ってくれることになった小惑星コバトンは、残念ながら肉眼では見られないそうだ。


産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/091016/stm0910161440010-n1.htm




7 :名無しのひみつ:2009/10/20(火) 13:21:27 ID:YvVufknh
コパトーンとは違うんか。


8 :名無しのひみつ:2009/10/20(火) 13:24:13 ID:kcKcw+/l
これでハッキリしたな、東京に次ぐ関東No.2は埼玉。


9 :名無しのひみつ:2009/10/20(火) 13:25:14 ID:p9ygmapU
埼玉県はなんと図々しい。


10 :名無しのひみつ:2009/10/20(火) 13:26:24 ID:OGEFsvT/
コバトン宇宙進出記念…

メニエール病の原因は耳石片? 小片がリンパ液の流れを妨げる  





 難聴や激しいめまいを伴うメニエール病の原因とみられる耳の病変を、大阪市立大の山根英雄教授らが見つけた。

20091026-606879-1-L.jpg



 これらの症状は平衡感覚をつかさどる耳の奥の「内耳」にリンパ液がたまって水ぶくれになり、正常な機能が損なわれて起きるが、原因は不明だった。

 山根教授らは内耳にある炭酸カルシウムの集まったもの(耳石)から小片がはがれ、液が流れる管を詰まらせるのを確認した。メニエール病は国の特定疾患に指定されている病気だが、今回の成果で詰まりを除去する根本的な治療法の開発などに期待が寄せられる。

 耳石は、人間の内耳にある袋に入っている。山根教授らは、メニエール病の患者12人と病気のない12人の協力を得て、耳石の入った袋のうち「球形のう」と呼ばれるものとその周辺をCTで観察した。

 患者8人で、袋の真下にある直径0.1ミリほどの管に耳石からはがれた小片がたまっている様子が確認できた。他の個所が詰まっているとみられる患者4人に病変はなかった。


読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091026-OYT1T00714.htm





2 :名無しのひみつ:2009/10/26(月) 17:04:50 ID:7iJt8Pw4
さて、それをいかに安全に取り除くことができるか?ということだが…


3 :名無しのひみつ:2009/10/26(月) 17:06:07 ID:Y0Yi9d5O
内耳って閉鎖管だろ?溶かせば良いんじゃね?

19 :名無しのひみつ:2009/10/26(月) 18:16:57 ID:8edDKvmF
>>3
正常な耳石も溶けるぞ?平衡感覚麻痺して酔うぞ。
ぶっちゃけ、切開して取り除くのが一番早そうだが、切開すると治るのか?ってのが疑問で…



5 :名無しのひみつ:2009/10/26(月) 17:06:31 ID:DQfRMuQD
暇なもんで 耳クソばっかり穿ってるのが原因。

6 :名無しのひみつ:2009/10/26(月) 17:08:33 ID:mV4FTO3M
>>5
外耳道炎乙



7 :名無しのひみつ:2009/10/26(月) 17:12:41 ID:XDJuHKxL
諸説ある原因に、もう一つ新しい説が追加されましたってだけのような。

色が真っ二つのミカン 「キメラ」と呼ばれる現象  





 田辺市上秋津のミカン園で皮の色がオレンジと緑に真っ二つに分かれた温州ミカンが1個見つかった。

1775151.jpg



 このミカンは田辺市上秋津の農業、谷口浩司さん(47)が出荷用に栽培したものの一つ。西牟婁振興局農業振興課によると、これは「キメラ」と呼ばれる現象。遺伝子の突然変異によって起こるという。

 谷口さんは「部分的に色が分かれることはたまにあり、このように真っ二つに分かれて色づくことも過去に何度かあった」と話している。スイカのような模様になることもあるという。


紀伊民報
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=177515





3 :名無しのひみつ:2009/10/23(金) 18:45:55 ID:FsqxJIRi
半分は光を遮断したんじゃねーの?

10 :名無しのひみつ:2009/10/23(金) 19:30:53 ID:oK3cNO93
>>3
緑の部分はアルミホイルを巻いておいたんじゃないの?って思うよな…



4 :名無しのひみつ:2009/10/23(金) 18:47:38 ID:kjk8Z0Wg
キメラの林檎もなかったっけ?
623477.jpg


5 :名無しのひみつ:2009/10/23(金) 18:55:15 ID:ndEernCE
阿修羅男爵みかん?


6 :名無しのひみつ:2009/10/23(金) 18:58:01 ID:zisSRZHW
キメラっていうかモザイクじゃね?同じか。

宇宙空間と同じ微小重力では、マウスの初期胚発生を阻害する可能性  





 1969年に人類が初めて月に降り立ってから40年、国際宇宙ステーションに日本の実験モジュール「きぼう」が結合し、宇宙空間に長期間滞在して、さまざまな実験を行える環境が整備されつつあります。人類の宇宙活動は、さらに拡大し、月面基地などの可能性が摸索され始めています。やがて広い宇宙で、地上のように人々が生活する時代がやってくるのかも知れません。

02_convert_20091026114344.jpg
微小重力環境下での体外受精、初期発生および産仔作出



 ところが、人類が過酷な宇宙空間で、繁栄し続けることができる確証はいまだ得られていません。魚類や両生類では、宇宙空間での受精や発生など生殖に関する研究が進み、子孫を生み出すことに微小重力は影響しないとされていますが、ほ乳類では、実験を行うことすらままならない状況が続いています。

 発生・再生科学総合研究センターのゲノム・リプログラミング研究チームは、広島大学の生体環境適応科学教室と共同で、宇宙空間と同じ微小重力がマウスの初期胚発生を阻害する可能性のあることを発見しました。研究グループは、広島大学が開発した3次元重力分散型模擬微小重力装置(3D-クリノスタット)を使って、スペースシャトル内と同じ10-3Gの環境で、マウスの体外受精、初期胚の培養を行い、さらにメスの子宮への移殖で産仔の作出を試みました。

 その結果、受精は正常に起こりましたが、受精卵をそのまま培養していくと、初期胚の成長速度が遅くなり、胎盤側への細胞分化が抑制されることが分かりました。胚移植後の産仔の出産成績も、約半分と大幅に低下してしまいました。3D-クリノスタットの高精度な微小重力環境は米国NASAも認めており、微小重力環境下の宇宙空間でほ乳類が子孫を生み出すことが困難である可能性を示したといえます。確かな実証には、実験環境が整いつつある宇宙ステーションなどでの本格的な実験が必要ですが、宇宙での人類の繁栄にはまだ解決すべき課題がありそうです。


理化学研究所
http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/press/2009/090825/index.html





3 :名無しのひみつ:2009/08/25(火) 22:38:47 ID:0++v3ieb
逆立ち避妊。


4 :名無しのひみつ:2009/08/25(火) 22:40:19 ID:YvFo0d7l
実験結果より、地上の1000分の1の重力を再現する装置の方が気になるんだが?

14 :名無しのひみつ:2009/08/26(水) 01:29:05 ID:E9THNMEf
>>4
3次元重力分散型模擬微小重力装置(3D-クリノスタット) 直交二軸のまわりに試料を360°回転させ重力ベクトルをX、Y、Z軸方向に分散、相殺させることにより宇宙環境と同じ10-3Gの環境を作り出す装置。


19 :名無しのひみつ:2009/08/26(水) 07:05:47 ID:7sJBTON4
>>14
なるほど、R360の中と同じなんだ。



5 :名無しのひみつ:2009/08/25(火) 22:41:18 ID:xaGaSe0V
マウスではよく分からんだろう、コレは宇宙飛行士が一発(ry

6 :名無しのひみつ:2009/08/25(火) 22:44:25 ID:xdJ883kk
>>5
旧ソ連がヤったと記憶している。
やたらと旧ソ連の宇宙飛行士に女性が多かった理由だったかな。


草食の 「蜘蛛」 を初めて確認 (画像注意)  





 クモは肉食であるという定説をくつがえす発見が報告された。熱帯性のハエトリグモの一種が主として植物の芽を食べることが、最新の研究で確認された。現在およそ40000種のクモが確認されているが、草食のクモが確認されたのは今回が初めてである。

091012-vegetarian-spider_big.jpg



 1800年代の終わり頃、動物学者はこのクモをバギーラ・キプリンギ(Bagheera kiplingi)と名付けた。イギリスの作家ラドヤード・キップリングが1894年に出版した子供向け小説『ジャングル・ブック』に登場するヒョウにちなんだものである。

 アリゾナ州ツーソンにあるアリゾナ大学の生物学者で、この研究を率いたクリストファー・ミーハン氏は次のように話す。「当時、博物学者はボロボロの死体標本しか持っておらず、このクモが何を食べるか誰にもわからなかった。しかしハエトリグモがネコのような動き方をすることは知っていたので、キップリングの小説に登場するすばしこいヒョウの“バギーラ”にちなんだ名前を付けることにしたのだろう」。

 2001年から2008年にかけて、ミーハン氏の研究チームはメキシコ東南部とコスタリカ北西部の熱帯地域にあるハエトリグモの生息地で調査を続けていた。そして、アカシアの栄養豊富な芽をハエトリグモが食べているところを発見したのだ。

 アカシアはアリの住処でもあり、このアリは空洞になっているアカシアのトゲの中に住んでいる。これは古くから知られている共生の一例で、アカシアがアリに住処とエサを提供する代わりにアリがアカシアを守っているとミーハン氏は言う。

 しかし、忍び足で素早く動き回れるバギーラは、きわめて攻撃的なこのアリを避けつつトゲからトゲへと飛び移ってエサを集める術を身に付けた。時にはアリの幼虫をつまみ食いすることもあるが、食べ物の大半は植物だとミーハン氏は語る。「このように効果的な戦略で植物を獲るクモがいたとは、まったく超現実的な思いだ」。

 この研究は2009年10月12日発行の「Current Biology」誌に掲載されている。


ナショナルジオグラフィック
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=50990647&expand
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20091218_jumping_spider_macro/





5 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 19:11:10 ID:vVN/eWil
蜘蛛の世界まで草食系か…


7 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 19:12:48 ID:2UTydpE3
草食というだけで無性に蜘蛛が可愛くみえてきた。


9 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 19:16:32 ID:5jN+B2et
ハエトリグモは可愛いが、アップだとちょっと怖いな。


11 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 19:22:18 ID:GZ21wvBx
2009101302562_convert_20091025124514.jpg

96 :名無しのひみつ:2009/10/14(水) 12:42:45 ID:wVi1X2Jo
>>11
複眼馬鹿でかいアリだな。


19世紀に作られたドイツ製の傾斜計を、京都大の敷地のがらくたの下から発見  





 地球は、月と太陽の引力でゴムまりのように伸び縮みする変形を繰り返している。この変形を100年前に日本で初めて観測したドイツ製の傾斜計が、京都大の敷地のがらくたの下から見つかった。由来を調査した国際高等研究所(京都府木津川市)の竹本修三フェローは「戦争中につぶされ金属資源にされたと思っていた。歴史的な装置が見つかってうれしい」と喜んでいる。

OSK200910100064.jpg



 京都大防災研究所のジェームズ・モリ教授らがこの夏、上賀茂地学観測所(京都市北区)のがらくたの山の中から見つけた。直径50センチほどの釜のような円筒の中に、地面の傾きによってわずかに動く棒やその動きをとらえるための装置が入っていた。細かい部品は見つかっていない。

 竹本フェローによると、この傾斜計は19世紀に作られたドイツ製。日本の地震学の基礎を築いた大森房吉(おおもり・ふさきち)(1868~1923)と物理学者で大阪帝国大(現・大阪大)初代総長の長岡半太郎(ながおか・はんたろう)(1865~1950)が、ドイツに留学中だった1890年代に発注した。さらに1909年、京都帝国大学理工科大(現・京都大)に助教授として赴任する地球物理学者の志田順(しだ・とし)(1876~1936)に譲ったとみられる。

 志田は同年、この傾斜計を使い、地球が上下だけでなく水平方向にも変形していることを突き止め計算した。地表の水平方向の変動量は「志田数」と呼ばれ、地球科学の最も基本的な知識になった。現在も宇宙からの電波を受けて2地点の距離を測る技術や人工衛星の軌道計算などにも使われている。

 傾斜計の発見は22日、京都市で開かれる日本地震学会で報告される。(瀬川茂子)


朝日新聞
http://www.asahi.com/science/update/1010/OSK200910100063.html





3 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 08:50:37 ID:2MhB9cdZ
ゴムまりということは、地球内部は空洞なのか?

4 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 08:51:57 ID:iJ0HXaq1
>>3
空気嫁的なものかもしれない。


5 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 08:55:33 ID:gWUEgm9a
>>3
なんだ、そんなことも知らないのか?
100年も前に地底世界の探検記が書かれているというのに…



6 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 09:08:51 ID:Ki4FLTdH
お宝鑑定団で80万円ぐらいするだろう。


7 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 09:44:13 ID:XnLLxlTS
それでも町は廻っている。

若田さんの骨密度、宇宙で増えてた… 1日2時間の運動と骨粗鬆の薬併用が効果  





 国際宇宙ステーションに4カ月半滞在した飛行士の若田光一さん(46)が日本に帰国中の30日、朝日新聞とのインタビューに応じた。宇宙での長期滞在で、骨粗鬆症がどれだけ抑えられるかが注目されていたが、若田さんは「運動と骨粗鬆の薬を併用する初めての試みによって、骨密度はむしろ増えていた」と明かした。

06_01.jpg



 宇宙航空研究開発機構の大島博医師によると、宇宙に4カ月半滞在した場合、これまでの宇宙飛行士のデータなどから、通常、骨の強度は10%、密度は7%ほど減ることがわかっている。しかし、宇宙機構とNASAがCTスキャンなどで若田さんの体を調べたところ、強度はほとんど変わらず、密度は逆に増えていた。

 若田さんは宇宙滞在中、NASAが作った新型のトレーニング装置で1日2時間運動していたほか、骨粗鬆症の薬を飲んでいた。ISSに滞在する飛行士として若田さんが初めての被験者となった。

 運動と予防薬のどちらがより効果があったのかは、実験例が若田さんの一例しかなく分からないという。若田さんは「宇宙に長期間滞在すると、放射線と骨の問題が生じるが、骨についてはほとんど解決できるのではないか」と語った。

 宇宙航空研究開発機構は、若田さんのデータを生かし、日本に1300万人いる骨粗鬆症患者の治療や、骨折の予防に役立てたいとしている。


朝日新聞
http://www.asahi.com/science/update/0930/TKY200909300374.html




5 :名無しのひみつ:2009/10/02(金) 13:30:43 ID:2CuTnbaC
この人が化け物なんじゃあるまいな?


8 :名無しのひみつ:2009/10/02(金) 13:43:16 ID:jTmfjHP0
若田さんめちゃくちゃタイプだ…

21 :名無しのひみつ:2009/10/02(金) 14:20:51 ID:QH+/UWz5
>>8
ドイツ女と別れて欲しい。
別れなくてもいいから、一晩付き合って欲しい…



9 :名無しのひみつ:2009/10/02(金) 13:44:24 ID:Fpp5shct
骨密度は増えてるのに、強度は変わらないというのはなんかヤバイような…

11 :名無しのひみつ:2009/10/02(金) 13:49:39 ID:MpIjX1CG
>>9
骨量は変わらず引き締まったって事かな?



12 :名無しのひみつ:2009/10/02(金) 13:49:46 ID:LGgoxa5P
1日2時間の運動って、やっぱり結構大変なんだね。

ゴキブリは磁場が見える? 渡り鳥と同様のそのシステムで台所を走り回っている  





 渡り鳥が地球の磁場、つまり地磁気を感じることによって自分たちが旅する方向を決めるのと同様に、ゴキブリも、地磁気の検知を利用して台所を走り回っているらしい。

2009102021-1_convert_20091022101801.jpg



 『Journal of Experimental Biology』誌のオンライン・サイトに10月16日付けで掲載された論文の中で、研究者たちは「昆虫は、鳥と同様の磁気受信能力を備えている可能性がある」と述べている。

 ゴキブリが進路を決めるメカニズムを解明するため、チェコ共和国の研究者たちは、まず人工の磁場の中にゴキブリを入れた。磁場を回転させると、ゴキブリたちはその動きに従った。

 これ自体は驚くほどのことではない。ゴキブリが、他の多くの昆虫と同様に磁場を検知できることは科学者たちも知っている。しかし、ゴキブリが備えている仕組みが、体内の磁鉄鉱の粒子が地磁気の引力に反応する「コンパス」型の細胞なのか、あるいは、[渡り鳥が備えているような、]ラジカルペアの状態にある電子対(日本語版記事)が地磁気のわずかな変化によって異なる方向に回転して[弱い磁場変異を感じ取って]「地図作成を行なう細胞」なのかはわかっていなかった。

 研究者たちが、電子対による地図作成細胞を混乱させるとされる電波をゴキブリに大量に浴びせたところ、ゴキブリは磁場の回転に従わなくなった。つまり彼らの進路の決定には、電子対による地図作成細胞という仕組みが使われているらしい。

 ゴキブリは3億5000万年前から存在することから、この地図作成の仕組みは昆虫の世界に広く行き渡っている可能性がある。[ショウジョウバエがクリプトクロムで磁場を感知しているという研究はこちら]

ゴキブリがなぜ、このような精密な磁気受信能力を備えているかについては謎のままだ。

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200910/2009102021.html





4 :名無しのひみつ:2009/10/20(火) 14:08:15 ID:f6ScUsuv
ゴキブリって中国が開発したホタルなんだってね。


5 :名無しのひみつ:2009/10/20(火) 14:08:25 ID:HcUYRKNo
ラジカルペアの状態にある電子対ってなに?


7 :名無しのひみつ:2009/10/20(火) 14:08:48 ID:446yaGxa
清掃系の用語で卵は小豆と言うらしい。

17 :名無しのひみつ:2009/10/20(火) 14:23:00 ID:vj0PyJrB
>>7
子供の頃チョコベビーと間違えそうになったよ。



12 :名無しのひみつ:2009/10/20(火) 14:14:57 ID:Hlbyp9aY
今度見かけたら強力な磁石をぶつけてみるか。


13 :名無しのひみつ:2009/10/20(火) 14:17:08 ID:/MSOyglO
PCO業者ならゴキブリが電線の側が好きという事を知っている。

植物は細菌に感染すると、病原体と「心中」する? そのメカニズムを解明  





 細菌が感染したアブラナ科の植物が、細胞の一部を犠牲にして病原体と“心中”する防御のメカニズムを、京都大学大学院理学研究科の西村いくこ教授(植物分子細胞生物学)らの研究チームが世界で初めて突き止め、研究成果が15日付の米科学誌「ジーンズ・アンド・ディベロップメント」(電子版)に掲載された。

1970_convert_20091021114234.jpg



 西村教授によると、病害虫による作物の被害は、世界の全農作物損失の約3割に及ぶといい、西村教授は「農薬に頼らずに植物の自己防衛能力で病害虫対策を強化する研究への応用が期待できる」としている。


 研究チームは、アブラナ科の植物、シロイヌナズナの葉の一部に、植物を枯らす「トマト斑葉細菌」を感染させ、電子顕微鏡で細胞の変化を観察した。

 その結果、感染3時間後には、抗菌タンパク質を多量に含む細胞内部の液胞の膜が、細菌に感染された外側の細胞の膜とくっつく一方、液胞膜に幅約0・1ミクロンの穴が無数に空き、細胞にいる細菌を抗菌タンパク質で直接攻撃していることが判明。12時間後には液胞の中身がすべて放出され、細菌が死滅する一方、細胞自体も死んでいた。

 さらに、細菌に感染された細胞が、別の制御タンパク質の力を借りて、自発的に液胞膜を融合させたり穴を空けることがわかった。西村教授は「今回の結果を、農作物に対して最も強敵となるカビへの防御法の検証に生かすとともに、別種の植物についても実験を進めたい」としている。


産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/science/science/091015/scn0910151151002-n1.htm




3 :名無しのひみつ:2009/10/15(木) 18:18:58 ID:tABmdNDZ
あれ、植物は免疫を持たないと思っていた。

4 :名無しのひみつ:2009/10/15(木) 18:22:27 ID:U3E7jKaD
>>3
脊椎動物のような免疫を持たないだけで、病原菌やウイルスへの対抗策はどの生き物も持ってるよ。
大腸菌ですら持ってる。



5 :名無しのひみつ:2009/10/15(木) 18:56:03 ID:fzxzqBuU
アポトーシスじゃないのか?切腹の介添え人のようなものか。

8 :名無しのひみつ:2009/10/15(木) 19:28:34 ID:2jBlHLaC
>>5
植物版アポトーシスという認識でいいのでは?自殺というよりは自爆という感じだが。



6 :名無しのひみつ:2009/10/15(木) 19:15:41 ID:k33eAW55
植物様に感謝だな。

豚も「鏡像」を理解できることが判明 ある程度の自己意識がある可能性も  





専門家の間では、鏡を利用できる能力は、複雑な認知処理と、ある程度の認識の目安と考えられている。ヒトや霊長類数種類のほかに、イルカ、ゾウ、カササギ、それに有名なヨウムのアレックス(日本語版記事)などにおいて、鏡を使って物を手に入れたり、自分の体に付けられた印を取り除いたりできることが知られている。そして、このような鏡の利用を習得できる賢い動物のリストに、ブタも加えてやる必要がある模様だ。



『Animal Behaviour』誌10月号に掲載された論文によると、畜舎に鏡を置いた実験において、5時間後には8頭のブタのうち7頭までが、鏡像を頼りに、隠された餌のボウルを見つけられるようになったという。

中略

ブタが鏡の利用を習得できるという事実は、ブタが「判断の自覚」(assessment awareness)と呼ばれるタイプの認識が可能であることを意味する。言い換えると、ブタは自分の関わる状況の意味を理解でき、その理解がある程度持続するということだ。この場合、ブタたちは自分の動きが鏡にどのように映ったかを思い出して、その知識を、隠れたところに餌のボウルがあるという異なった状況に当てはめられている。

「自己意識を持ち、それを利用するというのは、判断の自覚の一形態だ」と、教授は書いている。鏡を使った今回の実験は、ブタの自己意識を直接裏付けるものではないが、ブタたちがごく短時間で鏡の中の自分の動きを認識できるようになったことから、研究チームはブタにある程度の自己意識があるのではないかと考えている。

鏡を使った、これとは異なる実験によって、動物たちの自己意識がより直接的に確認された例もある。たとえば、カササギの黒い羽根に黄色い印を付けると、カササギは鏡を使ってその印を取り除いてしまう。だが残念ながら、Broom教授によるとこの実験はブタの場合はうまく行かない。ブタは体に泥の付いた状態に慣れているから、実験でさらに印を付けられても、それが気にならないようなのだ。「われわれはブタの体に印をつけたが、ブタたちはほとんど注意を払わなかった」とBroom教授は書いている。

[人間の発達論に鏡像段階論がある。幼児ははじめ、自分の身体を統一体と捉えられないが、生後6ヶ月から18ヶ月のあいだに、鏡に映った像が自分であり、統一体であることに気づくという理論]

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200910/2009101521.html





9 :名無しのひみつ:2009/10/15(木) 18:10:53 ID:GPH/yvBb
「豚も賢い動物だから食べてはいけない」 という主張が出てくる予感。


11 :名無しのひみつ:2009/10/15(木) 18:16:07 ID:VUCTPXdH
鏡で自分を認識したブタは一言「おれ、ひでぶー」と叫んだわけはない。


12 :名無しのひみつ:2009/10/15(木) 18:18:01 ID:S2UKL8qm
豚って賢かったんだな。今まで薄汚い奴見ると「このブタ野郎」って罵ってたけど…
今度から「このモリキロウ野郎」って言います。


14 :名無しのひみつ:2009/10/15(木) 18:19:24 ID:HDI0BlQ5
豚も賢い動物だから食べてはいけないよ?


15 :名無しのひみつ:2009/10/15(木) 18:24:54 ID:LXTZPDk+
ということは、自己意識がないのはお前らだけということになるな。

緑のシロクマ 原因は藻、毛内部に入り増殖…岡山理大教授ら解明  





 シロクマが、ミドリグマに?名古屋市の東山動植物園にいるホッキョクグマの体毛が昨年、半年間にわたって緑色になった。岡山理科大の福田勝洋教授(動物形態学)らが原因を調べたところ、体毛の表面に微小な穴が多数開き、藻が入って増殖していたことがわかった。

 国内外の動物園でも過去に数件、同様のケースが報告されており、同教授は「研究成果を飼育方法に生かしたい」としている。

20091017-439028-1-L.jpg



 同園などによると、昨年7月から12月にかけ、オスとメスのホッキョクグマ2頭のほぼ全身が濃い緑になった。何度洗っても落ちず、市は対策研究会を発足、福田教授らが調査していた。

 ホッキョクグマの体毛は無色透明だが、ストローのような特殊な構造で、光が散乱して白く見える。当初は、地面に体をこすって傷んだ毛に、施設内のプールで、夏場に増えた藻が入り込んだと考えられた。しかし、通常は藻が多少繁殖しても毛は染まらず、なぜ変色したのか謎だった。

 福田教授は、別の動物園のクマの体毛なども採取し、電子顕微鏡で比較。今回の2頭の体毛表面に、直径100分の1ミリほどの多くの穴が見つかり、そこから「藍藻(らんそう)」が入って増殖していることを突き止めた。藍藻に穴を開ける能力はないことも判明。「穴を開ける微生物と共存している可能性が高い」とし、今後、微生物の特定を進める。

読売新聞
http://osaka.yomiuri.co.jp/animal/genre1/20091017-OYO8T00732.htm





3 :名無しのひみつ:2009/10/18(日) 17:19:07 ID:N3lFA2oo
亜熱帯の名古屋で、ホッキョクグマとかただの虐待じゃん。

82 :名無しのひみつ:2009/10/18(日) 22:48:34 ID:qUrLzZtW
>>3
名古屋がいつから亜熱帯になったんだ?



4 :名無しのひみつ:2009/10/18(日) 17:24:22 ID:6SOhutnZ
これを応用すれば髪も緑に染められるはず。

6 :名無しのひみつ:2009/10/18(日) 17:29:26 ID:BatV9vTx
>>4
藻ヒカンですね。



5 :名無しのひみつ:2009/10/18(日) 17:28:36 ID:R8A2IkOX
雪や氷の中でのシロクマは保護色だけど動物園じゃ保護色になっていない。
周囲の植物の色に反応して獲得した新しい保護色なんだろう。


8 :名無しのひみつ:2009/10/18(日) 17:30:11 ID:TyP8X2PR
キッチンハイターかければ?

「不気味の谷」 現象をサルでも確認 (ダッチワイフがキモイ理由)  





 サルは、非常に実物に近いが完全には実物と同じではないように表現された自分たちの姿に対して異常な反応を示すことが実験で明らかになった。このような傾向が人間にあることはこれまで十分に証明されているが、他の生物種で確認されたことはなかった。



 研究では、サルの好みを調べるために、マカク属のサルに対して、サルの顔の実物写真、デジタル処理によるカリカチュア(戯画)、実物に近いCG画像を見せた。サルたちは、実物に近いCG画像から何度も目を逸らした。

 『米国科学アカデミー紀要』(PNAS)に12日付けで発表された論文の中で、プリンストン大学の進化生物学者であるShawn Steckenfinger氏とAsif Ghazanfar准教授は、「サルたちの視覚的行動は、人間の視覚的行動とまったく同様の『不気味の谷』を見せる」と述べている。


 『不気味の谷』は、1970年に日本のロボット工学者である森政弘氏によって確認された。森氏が気付いた現象は、人間が自分に似ているものを見せられたとき、実物との近さが高まるにつれて人間が示す親近感も高まっていくが、ほとんど実物と変わらなくなる時点で突然嫌悪感を示すというものだ。人間の反応を表すグラフの突然の落ち込みが、この現象の名前となっている。

 例えば『ベオウルフ』や『ファイナルファンタジー』といった映画が興行的には成功しなかった理由は不気味の谷現象にあるとも言われている。[ゲームにおいてこの現象について紹介した日本語版記事はこちら]

 この現象がなぜ起こるのかについては多くの説明が試みられている。例えば、ほとんど実物に近い人間は死体のように見えて不安になるのかもしれない。あるいは、われわれの脳が持つ、仲間を認識したり、病気を避けたりする仕組み――気の毒な仲間や病気の人を即座に見分けるためのもの――に作用するのかもしれない。

 PNASに示されている結果は、上記のどの説明についても支持するものではないが、不気味の谷の進化の起源が霊長類の精神の奥深くに潜んでいることを示していることは確かだ。


WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200910/2009101422.html





5 :名無しのひみつ:2009/10/14(水) 13:06:19 ID:syYFUoPp
オリエントやHRP4Cに萌える奴は、不気味の谷住人。


6 :名無しのひみつ:2009/10/14(水) 13:08:00 ID:tnUa+tFI
CGの完成度が低いのが原因じゃないか?


8 :名無しのひみつ:2009/10/14(水) 13:10:58 ID:to8Satjj
目の前に居ると妙に嫌悪感を覚える奴は、きっと不気味の谷の住人なのだな。


9 :名無しのひみつ:2009/10/14(水) 13:13:10 ID:Qw3V7qTX
不気味の谷現象でFF13爆死ですね、わかります。

14 :名無しのひみつ:2009/10/14(水) 13:26:51 ID:KmjS34+C
>>9
「Final Fantasy:The Spirits Within」を無かったことにするんじゃねーよ。


恐竜の種の3分の1は実在しなかった? 親と子を別種としてカウント  





 多くの恐竜が現在思わぬ形で絶滅の危機に瀕している。現在確認されているすべての恐竜の種のうち実に3分の1はそもそも実在しなかったとする理論が物議を醸しているのだ。

091009-dinosaur-species-never-existed_big.jpg



 この主張の理由は、若い恐竜の姿がその親のミニチュア版ではなかったからだという。カリフォルニア大学バークレー校のマーク・グッドウィン氏とモンタナ州立大学のジャック・ホーナー氏という二人の古生物学者が行った最新の分析でわかった。

 研究によると、子供の恐竜は鳥類やいくつかの他の動物の現生種と同様に身体が劇的に変化しながら成長していた。そのために、ティラノサウルス・レックス(T・レックス)の亜種など、若い恐竜の化石の多くが個別の種であると誤認されていたと両氏は論じている。

 ナノティラヌスという細身で優雅な姿をした恐竜がその典型的な例だ。ナノティラヌスは当初小型のティラノサウルス類と考えられていたが、現在では若いT・レックスの化石を誤認したものと考える専門家が多い。

 ナノティラヌスとされる化石は幼体のT・レックスに見えるとホーナー氏は最新の研究報告で述べている。その根拠は、T・レックスの頭蓋骨が成長過程で激変していたことにある。同氏によると、T・レックスの頭蓋骨は、細長い形から、大量の食料を取り込めるような短い鼻と顎を持つおなじみの形へと変形していった。

 しかし決定的な証拠となったのは、成体のT・レックスとナノティラヌスの中間に位置するサイズの恐竜が発見されたことだとホーナー氏は言う。ナノティラヌス(ホーナー氏の見解では若いT・レックス)は下顎に17本の歯があるのに対し、成体のT・レックスには12本ある。その中間サイズの恐竜は下顎に14本の歯があった。これは、その恐竜が若いT・レックスであること、そして、T・レックスの歯は成長の過程で刃物のような小さな歯から骨を噛み砕く臼歯へと徐々に生え変わっていき、本数も減っていったことを示している。

以下略

ナショナルジオグラフィック
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=49978166&expand





3 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 16:13:47 ID:hcjMgJzC
蝶や貝やクラゲやナマコの子供って、親と全然似てないだろ?


4 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 16:14:37 ID:D1K6Gvqm
こりゃDNAから再現しにゃならんね。


10 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 16:19:12 ID:ogaXodRr
ポケモンも、あんなに数いないのかもな。

12 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 16:22:41 ID:cJ+S/frI
>>10
ピカチューはすでに進化したポケモンである。
別個体だと思われていたピチューが、ピカチューの進化前ポケモンだったとは…



11 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 16:19:28 ID:KrwyZgG9
以前から、成体として基準のサイズが見つからないのが謎なんだっけ。

人工的ブラックホールの作成に成功? メタマテリアルを使った「卓上ブラックホール」  





中国人の2人の科学者が、人工的なブラックホールの作成に成功した。しかし幸いなことに、あなたがいまこの記事を読んでいるということは、地球はブラックホールの渦に吸い込まれていないと言っていいだろう。

2009101522-1_convert_20091016100321.jpg



というのも、光がそこから出られないブラックホールというものが成立するには、理論的には、アインシュタインが仮定したような「大質量で高濃縮の重力場」は必要ないからだ。必要なことは光――もっと正確に言えば、電磁放射――を捉えることだけだ(視覚的に認識される光とは、電磁放射の1つの形式だ)。

この卓上ブラックホールについては、『arXiv』に10月12日付けで掲載された論文に詳述されている。同心円状に配置された、60層の回路基板で作られている。各層は銅でコーティングされ、電磁波に対応して振動する(または振動しない)パターンがプリントされている。これらのパターンはあらゆる方向から来るマイクロ波放射を完全に吸収して、そのエネルギーを熱に変える。

[論文にはメタマテリアルを利用とある。メタマテリアルとは、光を含む電磁波に対して、自然界の物質には無い振る舞いをする人工物質のことであり、特に負の屈折率を持った物質を指して用いられる]

最近開発された、光子を吸収するカーボン・ナノチューブから作成されたブラックホールに近い物質(日本語版記事)のように、この物質はソーラーパネルに利用できるだろう。

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200910/2009101522.html





4 :名無しのひみつ:2009/10/15(木) 17:53:32 ID:atBvpm4l
ガセネタでなけりゃステルスに応用されそうな技術だな。


8 :名無しのひみつ:2009/10/15(木) 17:59:06 ID:DR2sw0mA
意味が解らない、大学でて20年経過したおっさんにも解るように教えて欲しい。

13 :名無しのひみつ:2009/10/15(木) 18:05:42 ID:VXRqLxRd
>>8
ブラックホールの定義が光が出られない物という定義なら、今回作った物もブラックホールと言える。
(この定義であれば質量は関係ないから)

でも、一般的にこれは黒体と言った方がいい。



9 :名無しのひみつ:2009/10/15(木) 17:59:12 ID:kNBRIQTp
これ正確にはブラックホールの特性の一部を再現しただけじゃないのか?


10 :名無しのひみつ:2009/10/15(木) 17:59:24 ID:wK5a4r2/
夢のないブラックホールですな。


11 :名無しのひみつ:2009/10/15(木) 17:59:40 ID:8y/oDumm
自分から出ていく電磁波は吸収しようが無いんだから、熱放射はあるんじゃない?

【板垣】銀河NGC 918に超新星2009jsを発見 通算52個目  





 おひつじ座の方向およそ6000万光年という比較的近い距離にある銀河NGC 918に、超新星2009jsが出現した。山形県の板垣公一さんはこれをとらえ、今年8個目、通算52個目の超新星発見となった。

sn2009js_convert_20091015115836.jpg
(左)2007年8月のNGC 918の画像と(右)超新星2009jsの発見画像。クリックで拡大(提供:板垣公一氏)



 秋分も過ぎて、北半球では夜のほうが昼よりも長い季節となりました。天体観測にも長い時間が取れると期待されます。そんな折、近傍銀河のNGC 918に超新星が発見されています。発見したのは、山形市のベテラン天体捜索者、板垣公一(いたがきこういち)さんです。

 板垣さんは、10月11.69日(世界時、以下同様)に撮影した画像上で、17.2等級の新しい光点に気付きました。翌日の12.527日にも同じ明るさで見えていましたが、9月24.67日に撮影した画像では、この場所には18.5等級より明るい星はありませんでした。新しい天体の位置(板垣さんの発見時の測定)は以下のとおりで、おひつじ座の渦巻銀河NGC 918の中心から35秒角西、21秒角南にあたります。銀河の外側の腕に沿った位置です。

赤経 02時25分48.30秒
赤緯 +18度29分26.2 秒 (2000年分点)

 この天体は、宮城県大崎市の遊佐徹(ゆさとおる)さんによって確認され、またリック天文台の自動撮像望遠鏡KAITによっても独立に発見されて、超新星 2009jsと符号をつけられています。リック天文台ではこの超新星の分光観測も行われ、極大に近いII型超新星であると判別されています。母銀河の距離が18Mpc(約6000万光年)ほどと近く、これから明るくなるかもしれません。今後の光度変化が楽しみです。

AstroArts
http://www.astroarts.co.jp/news/2009/10/13sn2009js/index-j.shtml




2 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 22:18:58 ID:U7iNKwNi
これって凄い大爆発だな。


3 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 22:19:53 ID:PL8hInkv
ま~た板垣だ。


5 :名無しのひみつ :2009/10/13(火) 22:26:36 ID:ZIFAXBvM
俺の板垣さんキテター


6 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 22:28:00 ID:BS4xXVz8
【板垣】wwwww


9 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 22:37:00 ID:ZX+uwZD9
板垣さんが太陽見たら爆発するかな?

12 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 22:49:39 ID:EV88Whvp
>>9
そのうち、恒星でなくとも…試しに、面会をお願いしてみたら?


16 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 22:58:44 ID:ZX+uwZD9
>>12
面会して爆発したら笑えるな。


地中海で巨大な「粘質物」の塊が急増中 (どうみても風呂に浮いた精ry)  





ここ数十年間の海水温の上昇を背景に粘液状の巨大な塊が頻繁に発生している。粘質物と呼ばれるこの塊は、これまで見られなかった場所にも出現し、しかもなかなか消滅しなくなっているという。地中海に関する最新の研究で明らかになった。

091008-giant-sea-mucus-blobs_big.jpg



 この粘質物の塊は、ただ気持ち悪いというだけのものではないようだ。最大で200キロもの長さになる粘質物は、夏になると地中海沿岸で自然発生することが多い。夏の暑さで海水の安定性が増すと有機物が互いに固着しやすくなり、塊が形成されてゆく。現在では気温が上昇しているため、粘質物は冬でも発生しており、何カ月間も消滅しない。

中略

粘質物はまずマリンスノーとして発生する。マリンスノーとは主に微生物やその死骸などの有機物の一群で、エビやカイアシのような小型の甲殻類など肉眼で見える生物も含まれる。マリンスノーは、エサや安全な隠れ場所を求める周囲の微生物を少しずつ取り込みながら、時には粘質物にまで成長する。

 この塊が初めて確認されたのは1729年、場所は現在でも同様の塊が最もよく現れるアドリア海だった。アドリア海は気候が比較的穏やかで水深も浅いため、他の海域よりも水温や水質が安定し、粘質物の形成にとって最適な条件が揃っている。

 この最新の研究で、ダノバロ氏の研究チームは1950~2008年の地中海の粘質物に関する記録を調べ、海面温度が平均より高い時期に粘質物が発生頻度が最も高くなることを突き止めた。

 1991年、イタリアの海洋生物学者セレナ・フォンダ・ウマニ氏は、地中海に繋がるアドリア海で粘質物と並んで泳いだ。このときの粘質物は密度が高すぎたため中に入り込んで泳ぐことはできなかったという。15メートルほど潜ったところで、自分に向かって漂ってくる“幽霊”に戦慄に近いものを覚えたという。「まったく未知の経験だった」。

以下略

ナショナルジオグラフィック
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=66388879&expand





3 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 16:33:00 ID:vaLTOfmp
地中海って海流が無いの?
以前アマコだったかの海草が異常発生したとか言ってたような…


4 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 16:33:59 ID:aXuEbmDh
汚ねえ…


7 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 16:35:24 ID:M2s4m8Za
オープン・ウォーター3は、このスライムとの戦いを描きます。


9 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 16:36:13 ID:5LrJdWvo
琵琶湖にも似たやつが…


12 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 16:39:46 ID:v/8opEj9
俺が湯船の中でオナニーして射精した時と同じ感じだな、その後妹が「何これー」とか言ってなでてる。
知らずに髪の毛についてたりすると興奮する。

16 :名無しのひみつ:2009/10/13(火) 16:48:01 ID:DRD7WQvm
>>12
妹の入浴風景を見ているのか?


1707年 富士山の宝永噴火は最大級のプリニー式爆発 噴煙の高さは20,000m  





 1707年に起きた富士山の宝永噴火は、噴煙の高さが約20キロ・メートルに達し、最大級の激しさをもつプリニー式の爆発だったことが、静岡大が古文書の記録を基に再現したコンピューター画像で明らかになった。

 これまでの地質学的な推定では、噴煙の高さが約15キロ・メートルで、1段階下の「準プリニー式」噴火だと考えられていた。

20091011-336998-1-L.jpg



 神奈川県小田原市で開催中の日本火山学会で10日、発表された。

 静岡大防災総合センターの小山真人教授らは、記述の信頼性が高い山梨県市川三郷町、長野県下條村、名古屋市の古文書を選び、伝えられている噴煙の様子を分析した。これを、各地点から富士山の方角を見た立体画像に上書きした。

 この3地点は、地形の影響で富士山が見えず、噴煙は最低でも8キロ・メートルに達しないと見えない。噴煙が「天のなかばに立ち上る」(市川三郷町)などとする古文書の表現から、宝永噴火の噴煙は高度約20キロ・メートルと判明した。

 火山の噴煙は、エネルギーを短時間で解放する激しい噴火ほど高く上る。小山教授は「過去の国内の噴火で有数の爆発だったことが確かめられた。災害予測も、見直しの必要があるかもしれない」と話している。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091010-OYT1T01167.htm





3 :名無しのひみつ:2009/10/11(日) 09:17:15 ID:t3p1KwM6
古文書を鵜呑みにしてどうするよ?ファンタジーぐらいにしとけ。
少なくとも今日の災害予測には無意味。

5 :名無しのひみつ:2009/10/11(日) 09:24:27 ID:mIyT0nQj
>>3
> 記述の信頼性が高い~古文書を選び、
どうやら鵜呑みにはしてないらしいよ?


63 :名無しのひみつ:2009/10/11(日) 20:50:11 ID:dapmeTn3
>>5
結論ありきで選別して無いだろうな…



4 :名無しのひみつ:2009/10/11(日) 09:18:51 ID:qSAxs3F7
なぜこの時期に、このニュースが流されたかだが…


6 :名無しのひみつ:2009/10/11(日) 09:25:13 ID:MecMFb7z
富士が噴火すると、東海道新幹線がズタズタになるからな。
一刻も早く前倒しで北陸新幹線米原ルートとリニアアルプスルートを開通させるべき。

22 :名無しのひみつ:2009/10/11(日) 10:15:13 ID:MULY/S8A
>>6
次回は北東斜面から噴火といわれていてリニアとも近い。
それに火山灰はリニアには大敵だから、リニアはおそらく運行できない。


最強の防虫剤は 「死の匂い」 昆虫が死んだときに放出する特定の臭いに強力な効果  





 ゴキブリからイモムシまで、昆虫は死んだ際にすべて、ある特定の臭いのする脂肪酸の組み合わせを放出することを、科学者が発見した。この不吉な臭いに出会うと、どの虫も一目散に逃げ出すのだという。



 カナダのマックマスター大学の生物学者David Rollo氏は、ゴキブリの社会行動を研究中に、この気味の悪い発見に至った。研究チームは『Evolutionary Biology』の9月号で今回の研究結果を発表している。

 ゴキブリは素晴らしい居場所を見つけると、仲間のゴキブリを呼び寄せるために化学的な信号を出す。このフェロモンの化学的組成を突き止める研究のひとつとして、Rollo氏の研究チームは、死んだゴキブリをつぶし、得られた体液をまいてみた。この結果、他のゴキブリたちは「疫病を嫌うように」この成分を嫌ったという。

この成分はゴキブリだけではなく、アリ、イモムシ、シロアリ、ワラジムシも寄せ付けないことが判明した。一方、専門的には昆虫ではなく甲殻類に分類されるワラジムシ目も、これと同様の脂肪酸の組み合わせを放出した。

昆虫と甲殻類は約4億年前に分岐している。そのため研究チームはこの「死のブレンド」を、太古からある普遍的な警戒信号なのだと考えている。

以下略

WIREDVISION
http://wiredvision.jp/news/200909/2009091423.html





9 :名無しのひみつ:2009/09/14(月) 12:42:56 ID:7RB6XVbD
乾いたゴキブリの死体も、ほっとくと消えて無くなるよな?


10 :名無しのひみつ:2009/09/14(月) 12:43:10 ID:FdC9G7Bt
人間の死体が腐敗した臭いも死の臭い。

75 :名無しのひみつ:2009/09/14(月) 15:43:59 ID:jFxzB+1Q
>>10
でも、虫は喜んで集まるぞ。



13 :名無しのひみつ:2009/09/14(月) 12:44:44 ID:H07QsNzI
ゲジゲジとか百足とか、シデムシとか、屍食者が寄ってくるような気がするのは気のせいだろうか?

21 :名無しのひみつ:2009/09/14(月) 12:48:49 ID:4xJ93qlP
>>13
そいつらが寄ってこないとは書いてないだろ?どこまでアホなんだ貴様は。


25 :名無しのひみつ:2009/09/14(月) 12:51:52 ID:H07QsNzI
>>21
要するに、植物の葉をたべたり、樹液を啜る昆虫に限定して効く。
「万能」防虫剤の訳か。


沖縄でも大地震が起こる可能性 琉球海溝に「断層すべり」  





 琉球大学、名古屋大学などの研究チームはこのほど、琉球海溝付近で発生した「海溝型地震」を初めて観測した。琉球海溝ではこれまで、プレートが互いに固着した領域(固着領域)がなく「海溝型地震」は発生しないと考えられてきたが、海底に設置したベンチマーク(基準)の移動がみられたことから、琉球海溝でも「海溝型地震」が発生することが明らかになった。

20091011.jpg



 研究チーム代表の中村衛琉球大学准教授(地震学)は観測結果について「琉球海溝でも、大地震が起こる可能性があることを示す」と話している。

 同観測は琉球大、名古屋大、県水産海洋研究センター、台湾中央研究院地球科学研究所の④者が2008年1月から共同で実施。研究チームは、糸満市南の沖合約80キロ、水深3000メートルの海底にベンチマーク(基準)3個を設置。GPSアンテナを搭載した観測船から、ベンチマークの位置を観測した。その結果、08年2月から7月までの間に、ベンチマークが設置地点から東に向けて約11センチ移動しているのが観測された。ベンチマークの移動距離から、沈み込んだフィリピン海プレートの上部で約25センチの「断層すべり」が起き、南西諸島側のユーラシアプレートが南東方向に移動していることが分かった。今回観測されたのは「断層すべり」が1~2カ月かけてゆっくり起きた「スロー地震」とみられる。

 中村准教授は「25センチの『断層すべり』が数分で起こった場合、マグニチュード6・4の地震に相当する」と説明。中村准教授らはこの観測結果を、今月21、22日に京都で開かれる09年度日本地震学会で発表する。


侮日新聞
http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20091009rky00m040008000c.html





7 :名無しのひみつ:2009/10/09(金) 23:42:12 ID:frBpaYRs
ところで、深海底のマーカーをセンチ単位で位置確定するってどういう技術なんだ?
陸上ならGPSとかあるだろうけど電波届かぬ深海底だと使えないし、超音波は水温で屈折しまくるし。


8 :名無しのひみつ:2009/10/09(金) 23:47:46 ID:ei9OKqb6
災害にあっても自衛隊を当てにするなよ?

11 :名無しのひみつ:2009/10/10(土) 00:08:55 ID:Kutz8VoP
>>8
するよ^^



9 :名無しのひみつ:2009/10/09(金) 23:50:06 ID:Dv40ftkJ
サメが踏んづけたんじゃねえの?


10 :名無しのひみつ:2009/10/10(土) 00:06:50 ID:mXNt+ZSf
環太平洋造山帯ぱかっと剥がれて、地球から何かが出てくる。

水星探査機メッセンジャー、最後の水星スイングバイを終了  





 先月末、水星探査機メッセンジャーは、水星に対して時速約2万kmの速度で、水星の表面から約230kmの距離を通過した。接近中、メッセンジャーは、自身も他の探査機もこれまでとらえたことのなかった領域を画像に収めた。公開された画像は、水星に接近中のメッセンジャーが26,900kmの距離からとらえたもので、クレーターや平原、直径260kmほどの二重クレーターなどが見えている。

mercury_convert_20091010122608.jpg



 今回のスイングバイで、水星の影に入り太陽光が届かなくなる間、メッセンジャーは内部電池を18分間使用する予定だった。しかし、影に入ってから10分後(最接近の4分前)にメッセンジャーは予定より早く通信を絶ってしまった。

 メッセンジャーは、今回の接近時に水星の大気や水星から伸びる彗星の尾のような部分(テイル)、さらに赤道付近の地形を撮影するはずだったが、予想外の事態が発生したため、予定されていた観測のすべてを行うことはできなかった。幸い、その後システムはすべて正常に機能していることが確認されたが、原因は電力系統に起因する誤作動と考えられており、プロジェクトチームでは、現在一連の現象を詳しく調べている。

 メッセンジャーのエンジニアで、米・ジョンズ・ホプキンス大学応用物理研究所のEric Finnegan氏は「事態の発生は予想外でしたが、重要な目的であるスイングバイを終えることができましたし、これまで撮影されたことのない地形の画像や、外気圏(大気層のもっとも外側)のデータも取得できました」と話している。

なおメッセンジャーは、2011年に水星周回軌道に入り、その後本格的な探査を開始する予定だ。

AstroArts
http://www.astroarts.co.jp/news/2009/10/06messenger/index-j.shtml





4 :名無しのひみつ:2009/10/07(水) 00:01:14 ID:Suwef9fb
こんだけ科学が進歩しても、故障しない機械は作れないんか?

9 :名無しのひみつ:2009/10/07(水) 00:15:43 ID:w7822SS+
>>4
投げっぱなし衛星が計算通りに上手く飛んだだけでも、凄いと思ってたけど。


25 :名無しのひみつ:2009/10/07(水) 06:53:30 ID:rgzpidpU
>>4
絶対に壊れない技術(ネバーブレイクテクノロジー)はまだSFの中だけ。
無重力で内部欠陥のない均質な材料が安定して作れるまではその序章も書けないだろうな。



7 :名無しのひみつ:2009/10/07(水) 00:10:51 ID:Kw4x3MKI
マリナー10号の時に観測された、水星の衛星と思しき謎の紫外線源の正体が判るといいねぇ。


10 :名無しのひみつ:2009/10/07(水) 00:35:24 ID:R0DR1t9r
温度差で機器がやられたのかな?


11 :名無しのひみつ:2009/10/07(水) 00:39:10 ID:WSghiekN
正月とか旅行とか、肝心な時に風邪引くやついるよな。

原始的なサメ 「ヘリコプリオン」 の渦巻き状の歯列の化石発見 【どうしてこうなった…】  





 約3億~約2億5000万年前に生息したとみられる原始的なサメ「ヘリコプリオン」の渦巻き状の歯列の化石を、民間の研究グループが宮城県気仙沼市で発見した。国内では1979年に同市内で出土して以来、3例目となる。

20091008007jd.jpg



 化石は直径約25センチの円形。地元の「みちのく古生物研究会」のメンバーが6月、上八瀬地区で2億6000万年前の古生代ペルム紀の地層で発掘した。上八瀬地区ではこれまで、ペルム紀以降の三葉虫やアンモナイトなどが多数出土している。

 「ヘリコプリオン」はギリシャ語で「らせんののこぎり」の意味。サメの歯は通常、何度も生え替わり、抜け落ちた後に歯列の後方から新しい歯が生える。ヘリコプリオンは歯が抜けず、らせん状にそのまま伸び続けたとみられる。ロシアの古生物学者カルピンスキーが19世紀末、形態を想像した。ただ、体部分の化石はほとんど発見されておらず、歯列がどこに付いていたのかは今も分かっていない。

 東北大総合学術博物館の永広昌之教授(古生物学)は「ヘリコプリオンは浅い海でアンモナイトを捕食していたのではないか。発見された化石は歯の組織が残っているなど保存状態が良好で、歯の役割や全体の形態などを知る重要な手掛かりになる」と話している。

 化石は31日まで、東北大のアンモナイト研究の成果を集め、仙台市青葉区の市科学館で開催中の「みちのくはアンモナイトの宝庫」で展示されている。


河北新報
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/10/20091008t13022.htm





3 :名無しのひみつ:2009/10/08(木) 21:54:25 ID:pUxMdmel
ごめん、笑った。


6 :名無しのひみつ:2009/10/08(木) 21:58:04 ID:FXPXOQcq
国内外で見つかってるって事は、こいつ以外とメジャーな生物だったのか?


9 :名無しのひみつ:2009/10/08(木) 22:03:20 ID:hH5LEgNv
ゆるキャラっぽい顔してるな…でも、歯だけでなんでここまで分かるかね?
もしかしたら全然違うパーツかもしれない。


10 :名無しのひみつ:2009/10/08(木) 22:06:11 ID:F8IA7jgr
想像図かわいいな、オレが別のサイトで見た奴はもっとグロかったぞ?


11 :名無しのひみつ:2009/10/08(木) 22:06:22 ID:2p7X+fdC
下顎が下に巻いてるんじゃないの?

23 :名無しのひみつ:2009/10/08(木) 23:18:24 ID:dXdh0Xn+
>>11
ヘリコプリオンは実質上、この巻いた歯の部分しか見つかっていないので、実際にどのような配置で歯が付いていたのかがまだ良く分かっていない。



12 :名無しのひみつ:2009/10/08(木) 22:11:58 ID:FGEpTVhv
プリオンとかへリコバクターピロリとかを連想した。

字を書くときにプルプル震える 「書痙」 治療に道  オン・オフ可能な装置開発へ  





 「書痙(しょけい)」という神経症状がある。普段の生活では、何の異常もないが、字を書こうとする時だけ、手がけいれんを起こしたり、硬くなったりする。作家など字を書く職業の人に多い厄介な病だが、BMIとの連携で、治療法が見えつつある。

20091005-225432-1-L.jpg



 日本大医学部付属板橋病院(東京・板橋)。同大脳神経外科主任教授の片山容一・医学部長を中心に書痙を含む、局所的な不随意運動を治療するプロジェクトが進められている。

 基本となるのは、手足が自らの意図に反して震えるなど、持続的な不随意運動を招くパーキンソン病やジストニアといった神経難病の患者らに効果的な「脳深部刺激療法(DBS)」だ。片山医学部長によると、パーキンソン病患者では脳内の奥深い視床下核という部位の電気信号が乱れている。

 DBSの装置は、バッテリー内蔵の電気パルス発生装置と極小電極からなる。磁気共鳴画像(MRI)で患者の神経や血管などの位置を詳細に調べ、それぞれの患者独自の〈脳内地図〉を作製。地図に沿って、目的の場所に電極を挿入し、電気刺激を与える。

 パルス発生装置は、心臓のペースメーカーのようなもので、症状が体の左右に出ている場合は、装置二つをそれぞれ両わきの下に植え込む。片山医学部長は、これまで国内最多の千数百例の手術を手がけている。

 劇的な効果はいくつも報告されている。4年前、テレビ番組でも紹介された千葉県在住の60歳代のパーキンソン病患者の女性は、夫の介護なしでは歩けない状態だったが、DBSを行うと、すぐに震えが止まった。病院の廊下を軽やかに歩けるようになり、夫は「信じられない」と、目を丸くした。女性は今も元気で暮らしているという。

 しかし、パーキンソン病のように常時、電気刺激を与え続けても良い病気とは異なり、書痙の場合は、何かを書こうとした時にだけ刺激する「オンデマンド(注文対応)」のDBSが必要になる。脳活動から書こうとする意図を読み取るBMIの技術が欠かせない。

 現在は、脳から筋肉に出ている指令のうち、書痙になりそうな場合は、DBSのスイッチを「オン」に、そうでない場合は、「オフ」にできる装置の開発を進めている。身体がまひした患者のリハビリへの応用も検討中だ。

以下略

読売新聞
http://osaka.yomiuri.co.jp/science/weekly/20091005-OYO8T00343.htm





5 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 13:41:41 ID:gk2uMsY3
指で持って何かを飲む時だけプルプルするな。

コーヒーカップの輪を持ってコーヒーとか、れんげでラーメンスープとか。
コーヒーカップを鷲掴みとかだと起きないのです。

15 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 14:13:10 ID:wa0qQ8xA
>>5
社会不安障害も疑ってみてくださいね。



6 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 13:43:15 ID:wZfTPzdl
ゴルゴ13が注目しています。


7 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 13:52:02 ID:CWo9+4bU
実は常に震えてるんだけど、回りが言わないから気付かないだけ。


8 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 13:56:21 ID:i3tQ6QKn
緊張に関係なく、かれこれ10年以上左手が軽く震えてる。
なんつーかピタッと静止できないんだよな。

16 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 14:13:16 ID:YcQpqUhS
>>8
俺は左右両方だ、動かしてる間は震えてないというか…
そんな影響無いから何も感じないが。


ノーベル物理学賞、光ファイバーとCCD研究の3氏に… 何故、日本人は外された?  





 ストックホルム──スウェーデン王立科学アカデミーは6日、今年のノーベル物理学賞を、光ファイバーと電荷結合素子(CCD)センサーの研究で、チャールズ・K・カオ、ウィラード・S・ボイル、ジョージ・E・スミスの3氏に授与すると発表した。

 授賞理由は、カオ氏が「光ファイバーにおける光伝送の画期的な業績」、ボイル氏とスミス氏が「イメージング半導体回路、電荷結合素子(CCD)センサーの発明」。いずれも、現代のネットワーク社会に欠かせない基盤を築いたものと評価された。

acd0910062303008-p1.jpg



 英国の通信研究機関STLならびに香港中文大学のカオ氏は、1966年に光ファイバーの画期的な可能性を予測。ファイバーの材料に純粋なガラスを利用すれば、大容量の光信号を100キロメートル以上の長距離にわたって伝送できることを発見した。

 当時、入手可能なファイバーの伝送距離はわずか20メートルほどだったが、カオ氏の研究を契機に多くの研究者が光ファイバーの可能性に注目し、わずか4年後の1970年に初めて、高性能な光ファイバーがつくられた。カオ氏はこの業績で、1996年に日本国際賞(通信システム分野)を受賞している。

 米ベル研究所のボイル氏とスミス氏は1969年、電荷結合素子(CCD)と呼ばれるセンサーを使ったイメージング技術の開発に成功。この技術により、光を電気信号に変換することが可能となり、デジタルカメラやビデオカメラなどに広く応用されている。

 賞金は1000万スウェーデン・クローナ(約1億2700万円)で、カオ氏が2分の1を、残る2分の1をボイル氏とスミス氏が等分する。授賞式は12月10日、ストックホルムで開かれる。

CNN
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200910060020.html





5 :名無しのひみつ:2009/10/06(火) 19:07:51 ID:cLwn5X4x
光ファイバーの父・西澤潤一先生がスルーされたのをみると、やはり欧米人優先なのかと思ってしまう…

6 :名無しのひみつ:2009/10/06(火) 19:08:32 ID:hCkYM8Qk
>>5
推薦貰えなかったんだろ。



8 :名無しのひみつ:2009/10/06(火) 19:08:55 ID:pL4+vnL4
去年日本人にやりすぎたと思ってるんだろう。


9 :名無しのひみつ:2009/10/06(火) 19:09:17 ID:2E3L7qXR
カオさん自身が西澤さんについて触れるんじゃないか?コメントかなんかで。


10 :名無しのひみつ:2009/10/06(火) 19:09:45 ID:Uwy37SIu
西澤さんは評価されないのか?特許庁の石頭さにイグ・ノーベル賞を贈りたい。


12 :名無しのひみつ:2009/10/06(火) 19:10:58 ID:pL4+vnL4
アインシュタインは相対性理論ではノーベル賞を貰っていない、その程度のもんだ。

天皇陛下、シーラカンスの解剖を視察  





 天皇陛下は5日、横浜市緑区の東京工業大すずかけ台キャンパスで、「生きた化石」といわれるシーラカンスの解剖を初めて視察された。

20091005-232482-1-L.jpg



 東工大の生命理工学部では、タンザニアから冷凍のシーラカンスの寄贈を受けて2005年から研究を始めており、2007年6月にタンザニア沖で捕獲されたメスのシーラカンス(体長162センチ、体重69キロ)を解剖した。

 ハゼの分類学者でもある陛下は、シーラカンスの腹部に手を入れて内臓や神経の位置を確認、うきぶくろの感触について「割合やわらかいですね」と話された。さらに「この系統から両生類が始まったという説がありますね」と、シーラカンスの進化の歴史について熱心に質問されていた。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091005-OYT1T00923.htm?from=navlp





3 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 21:00:10 ID:cU5/UE/w
でかいアユの塩焼きみたいで美味そうだな、シーラカンス。


4 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 21:03:31 ID:Gv7g34X6
現在までに解剖などの記録も取られており、シーラカンスには寄生虫がいることが判明している。また、シーラカンスの肉にはワックスが含まれているため、大量に食べると下痢を起こす。

なお、日本の魚類学者・末広恭雄によるとシーラカンスの肉は味が無く、歯ブラシのようで水っぽくて不味であり、食材には適さないとのことである。


5 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 21:04:47 ID:HfhUOJIZ
未知の細菌やウィルスが陛下に感染したら、どう責任を取るんだ?


7 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 21:06:24 ID:q+WO0dL6
1/10 スケールを鑑賞用にほしい

8 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 21:10:29 ID:UcwAIypd
>>7
確かに、1/10 陛下フェギアは欲しい。
明治天皇が一番欲しい。


エチゼンクラゲをカワハギの仲間 「ウマヅラハギ」 で退治  





 深刻な漁業被害をもたらすエチゼンクラゲを、カワハギの仲間で食用魚の「ウマヅラハギ」に食べさせて退治する研究を、島根県隠岐の島町蛸木の民間研究機関・海中景観研究所が進めている。既に実験で効果は実証されており、厄介者を捕食する”ハンター”として注目を集めそうだ。

 同研究所によると、ウマヅラハギはクラゲを好んで食べる習性があり、能登半島周辺ではエチゼンクラゲを餌に漁も行われているという。

A5A8A5C1A5BCA5F3A5AFA5E9A5B2.jpg



 今年に入り、日本海沖でエチゼンクラゲが大量発生していることから、同研究所が習性を実証するべく調査。魚礁を隠岐の島町周辺の海中に設置し、6月から観察を始めたところ、ウマヅラハギが約300匹集まり、プランクトンを食べに魚礁近くに来たかさの直径約90センチのエチゼンクラゲを食べあさる光景を確認した。

 調査の結果、攻撃を受けたエチゼンクラゲは15~25分で死ぬことも分かった。

 魚礁は高さ約4メートルの柱4本を基台に取り付けたコンクリート製で、同研究所が魚の幼稚魚を育てるゆりかごとして開発。体長10センチ程度までのウマヅラハギのほか多種の幼稚魚が、多い場所で数千匹集まり、保育機能があることも証明されている。

 隠岐諸島周辺をはじめ、島根県沖の日本海ではエチゼンクラゲの大量発生で漁網が破れるなどの被害が目立っており、同研究所の新井章吾所長は「発生場所や移動経路の沿岸に魚礁を設置し、小型のうちにウマヅラハギに捕食させることが有効」と指摘。今後、クラゲ退治の切り札として自治体や漁協などにアピールしていく考えを示した。

山陰中央新報
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=515391004





4 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 00:01:54 ID:kMzW8B3E
やっぱり、こういった方法になるよな。


5 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 00:03:25 ID:e0Rw5ePH
問題はどうやって中国沿岸まで大量のウマズラハギを運び、まだ小さいエチゼンクラゲを食わせるかだ。

6 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 00:09:03 ID:ZJ2uytez
>>5
中国人が乱獲しないか?中国でウマヅラハギを食べる習慣がないなら効果ありそうだが…


10 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 00:15:15 ID:LeecGvi/
>>6
日本が金を出し中国人が乱獲し、日本が泣くといういつものパターンだな。



7 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 00:10:47 ID:Nym0J8H6
あったらあったでソウシハギで代替しればOK

樹上から二足歩行へ進化途上 440万年前の最古の人類全身骨格 (女性) を発見  





 アフリカ東部のエチオピアで、約440万年前の猿人(初期人類)の全身にわたる化石を、米カリフォルニア大学や東京大学などの国際チームが発見した。

 全身骨格の化石としては最古で、従来の記録を100万年以上さかのぼり、700万年前とされる人類の起源に迫る第一級の資料。2日付の米科学誌サイエンスで、計11本の論文による異例の特集で紹介される。

20091001-172105-1-L.jpg



 この化石は「アルディピテクス・ラミダス」(ラミダス猿人)という種類の人類。東大の諏訪元(げん)教授が1992年に歯を発見し、その後、ほぼ全身の骨の発掘に成功した。

 身長1メートル20、体重50キロ程度の成人女性とみられる。「アルディ」と愛称が付けられた。

 アルディは、二足歩行に適した形の骨盤と、二足歩行には非効率的な、土踏まずのない足を併せ持つ。全身骨格の発見で、樹上から地上へ生活の場を移す中間段階の人類の姿が、初めて確かめられた。脳容量は、チンパンジー並みの300cc余りだった。

 全身骨格は従来、エチオピアで74年に発見された「ルーシー」が最古で、約320万年前だった。部分的な化石は、チャドで約700万~600万年前の頭骨化石が見つかっている。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091001-OYT1T01208.htm





4 :名無しのひみつ:2009/10/02(金) 13:25:39 ID:mdmnwP55
アルディの想像図 で抜ける猛者は居ないか?

6 :名無しのひみつ:2009/10/03(土) 12:02:21 ID:eYZK+kVL
>>4
喰い終わったカップヌードルの容器で抜いた友人なら知っているが…
どのように使用したかは教えてくれなかった。



6 :名無しのひみつ:2009/10/02(金) 13:35:09 ID:yAC+/eEq
これの萌え絵が見たい。


11 :名無しのひみつ:2009/10/02(金) 14:41:33 ID:HnxThpD1
写真を見ると腕が長いね。日本人の男は腕がかなり短い、どういう進化で腕が短くなったんだろう?


13 :名無しのひみつ:2009/10/02(金) 15:02:21 ID:niAJVqdB
木の上で生活していた人類の祖先とやらは、いったい何故木から下りてきたんだ?

18 :名無しのひみつ:2009/10/02(金) 16:19:36 ID:x/p21mK/
>>13
環境変化では?温暖と氷河期は繰り返すしさ。ジャングルになって木の上に登った奴が繁栄。環境変化で木が無くなってくると木と木の間を移動できないのは淘汰。

その後サバンナ化して、適応した奴が2足歩行して生き残った。


月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身