ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

Date : 2009年05月

スポンサーサイト  





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミヤマガラスは道具を利用 チンパンジーに匹敵の知恵  





 カラスの一種のミヤマガラスには、道具を使って餌を取るなどチンパンジーにも匹敵する知恵があることが、英ケンブリッジ大学などの研究チームが行った実験で分かった。

 ケンブリッジ大学とロンドン大学クイーンメアリー校の研究チームは、人工飼育されたミヤマガラスに道具の使い方を覚えさせる実験を行った。その結果、カラスは石を落として容器を割り、中の餌を手に入れるやり方をすぐに学習し、実験を繰り返すうちに適当な重さと形の石を選べるようになることが分かった。

 石がない場合には棒を使うなど、状況に応じて柔軟に道具を選ぶ能力も発揮。かぎ状の道具を使ってチューブ状の容器から餌を取り出したり、真っすぐなワイヤを自分で折り曲げて道具を作り出す能力も見せたという。

 カラスの仲間では、ニューカレドニアの「カレドニアガラス」が道具を使うことで知られている。野生のミヤマガラスの道具利用は確認されていないが、チンパンジーやカレドニアガラスに匹敵する知能があることが、今回の実験で実証されたと、研究チームを率いるクリス・バード氏は話している。

CNN
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200905280011.html



*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




3 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 22:01:57 ID:5rcDRCZR
20年も前から解ってた事実を、さも「発見した」っぽく言うな。


6 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 22:07:34 ID:zCn7k+OX
三歩歩けば皆忘れる…が鳥類ではないのか。

19 :名無しのひみつ:2009/05/29(金) 01:10:30 ID:BUcza9T3
>>6
だったら、物真似とかできないでしょ。



7 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 22:10:25 ID:5uWqk/w6
なんで、カラスから知的最高生命体は進化しなかったの?

18 :名無しのひみつ:2009/05/29(金) 01:05:48 ID:UudYOVXV
>>7
手が無いから。

嘴だけでは道具の使用にも限界がある。後、群れを作らなくても生きていけるので、社会ができにくい。鳴き声だけで生きていくには十分コミュニケーションがとれるので、言語の発達も無い。

翼を手に入れて自由に空を飛べるようになった分、進化の可能性は制限されてしまったわけだ。
やはり指が退化せず、両手と口を自由に使える猿が最強だ。


19 :名無しのひみつ:2009/05/29(金) 01:10:30 ID:BUcza9T3
>>18
足もあるけどね、片足ずつしかつかえないからね。


20 :名無しのひみつ:2009/05/29(金) 01:15:59 ID:hKtYbbqw
>>19
哺乳類じゃなくても恐竜だった時代は手が器用に使える余地もあったんじゃないか?
器用さが生まれる余地で言えば頭足類だが、実際器用だし頭もいいんだけど、多数の神経細胞の潤滑な動作を支える恒温性のような何かを獲得するかどうかだろうな。


29 :名無しのひみつ:2009/05/29(金) 08:47:15 ID:jXggXsux
>>20
恐竜が生きていたら、人類より先に知的生物に進化していた可能性はあるでしょ。



8 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 22:12:28 ID:IhLpXBu8
ワタリガラスの方ね。

スポンサーサイト

16歳イラク移民少年 「ベルヌーイ数を説明 」 は 誤報  





 スウェーデンに住む16歳のイラクからの移民の少年が、数学専門家を300年以上にわたって悩ませてきた難問を解いたと、スウェーデンのメディアが28日報じた。

AFP022448_00pre_convert_20090530112754.jpg



 ダーゲンス・ニュヘテル紙によると、この少年は6年前にスウェーデンに移民したモハメド・アルトゥマイミ君で、17世紀のスイスの数学者ヤコブ・ベルヌーイにちなんで名付けられた「ベルヌーイ数」を説明、単純化する公式をわずか4カ月で発見した。

 アルトゥマイミ君が通う中部ファルンの高校教師たちは最初、この成果を信じられなかったという。そこで同君はスウェーデン最高の研究機関の1つ、ウプサラ大学の教授陣と連絡を取り、自らの成果を検証するよう頼んだ。アルトゥマイミ君のノートを精査した教授陣は、その成果が実際に正しいことを確認し、ウプサラ大に同君を招請した。

 しかし、アルトゥマイミ君としては、現時点では学校での勉学に集中し、今年のサマークラスで高等数学と物理学を取るつもりだという。同君は地元紙に「物理学か数学の研究者になりたい。これらの科目が本当に好きなんです。でも英語や社会科学ももっと勉強しなくては」と話している。




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




4 :名無しのひみつ:2009/05/29(金) 22:04:30 ID:Qd77K7Y4
ベルヌーイとか、懸賞金いくらだっけ?


5 :名無しのひみつ:2009/05/29(金) 22:05:58 ID:ydWePqLa
凄い。


6 :名無しのひみつ:2009/05/29(金) 22:06:05 ID:+TlJ6mrr
その公式が死ぬほど見たい。


8 :名無しのひみつ:2009/05/29(金) 22:07:21 ID:Fm85Ywby
ポアンカレはどうよ?

13 :名無しのひみつ:2009/05/29(金) 22:12:49 ID:ILWnr5lc
>>8
ポアンカレ予想は、ペルリマンがやったよ。



9 :名無しのひみつ:2009/05/29(金) 22:08:07 ID:z4lO31Iv
それなのに、お前らときたら…

バイカル湖に「氷のミステリーサークル」、宇宙から確認  





 2009年4月のある日、『国際宇宙ステーション』(ISS)の宇宙飛行士たちは、結氷したロシアのバイカル湖に、薄黒い怪しげなサークル(円)が2つあることに気がついた。

2009052822-1_convert_20090529093518.jpg



 原因は異星人ではなく水の関係である可能性が高いとはいうものの、この奇妙な「しみ」には説明がつかない部分がある。

 2つのサークルはどちらも氷面が崩れた部分の中心付近にあり、湖中で起きた比較的温かい水の湧昇(ゆうしょう)によって生じたものとも考えられる。薄黒い色は薄くなった氷が原因で、通常この辺りでは6月にかけてこのような色になる。

 湖の中央付近に発生したサークル(下の画像の右)がある場所のように、熱水の活動が認められている比較的浅いエリアなら、湧昇が起こるのも不思議な話ではない。このエリアでは1985年と1994年にも、今回ほどはっきりしたものではなかったが、サークルが目撃されている。

 しかし、バイカル湖の南端に出現したサークル(下の画像の左)の地点は、水深が比較的深く水が冷たい場所であり、そのことが説明を難しくしている。

 バイカル湖自体がありふれた湖ではない。貯水量と最大水深(1637メートル)は湖として世界最大であり、また、誕生したのも約2500万年前と、最も古い湖に数えられている。[バイカル湖は貯水量が世界最大で、世界の淡水の20%がここにあるとされる。水質も日本の摩周湖に代わり世界最高の透明度とされる。湖底には、メタンハイドレートも確認されているという]

 上の画像はISSの飛行士が撮影した。下の画像は、米航空宇宙局(NASA)の地球観測衛星に搭載された『MODIS』(中分解能撮像分光放射計)によるものだ。

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200905/2009052822.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 13:26:19 ID:EA+JyZ3N
ソ連がなんかの実験モジュール設置して放熱で、とかが一番ありそうだしなw


3 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 13:26:53 ID:ybRanQgF
矢追純一大先生がロシアへのビザを申請しますた。


4 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 13:28:22 ID:fnnA+J3T
ミステリーではないけど、魚の頭にしか見えない。
CropperCapture[419]

15 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 13:38:38 ID:xYwUumpc
>>4
マグロの養殖?


29 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 14:26:21 ID:G+T6XUCt
>>4
面白いなこれ、見事に配置が魚そのもの。俺地元だけど知らなかった、南側の空港は木更津の航空自衛隊。北側の背びれみたいに見える敷地は恐らく浦島ホテルだけど、関係ないよな?


32 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 15:19:33 ID:senWlGNB
>>4
自衛隊の基地に何故か全日空機が?それにしてもあの目玉はなに?


50 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 19:31:09 ID:K2rHDlCr
>>32
たぶん撮影時上空を飛んでたのではないかと、地上なら影があるはずだし。
しかし、自衛隊滑走路上空を民間機が飛べるのか?


67 :名無しのひみつ:2009/05/29(金) 06:58:35 ID:IuCI+HLu
>>4
鉄の浸透実験池だそうです、これから詳細を読みます。
06030813_convert_20090529101926.jpg


ナトリウム・カリウムポンプの立体構造の解明  





 大型放射光施設SPring-8の構造生物学 I ビームラインBL41XUを用いて、心不全の治療薬ジギタリスの標的分子でもあり、神経の興奮などに必須なナトリウム・カリウムポンプの立体構造を世界で初めて解明することに成功した。

 すべての動物細胞では細胞の内と外でナトリウム(Na+)、カリウム(K+)、カルシウム(Ca2+)等のイオンに関し濃度差が保たれており、この濃度差が生命活動の原動力ともなっている。例えば、「神経が興奮する」という現象は、細胞の外に多いNa+が、濃度差に従って細胞内に流入することで「活動電位」という電気信号が生じることがその実体である。一方、興奮によって失われたイオンの濃度差をもとに戻すのがイオンポンプ蛋白質の働きである。

 今回発表する研究で構造が決定されたのはNa+, K+に対するポンプ蛋白質であり、ATPのエネルギーを利用してNa+を細胞内から外へ、K+を外から内へと運搬する。同族には、やはり豊島教授グループが構造を決定したCa2+ポンプがある。Na+, K+ポンプを発見したデンマークのスコウ(Jens C. Skou)に1997年のノーベル化学賞が授与されたほど重要な蛋白質である。このポンプは、強心剤として200年以上前から処方されているジギタリス類の標的蛋白質であり、心不全に深く関わる他、高血圧やがんとの深い関わりも明らかになって来たため、新たな治療薬の標的としても注目されている。今回、その原子構造が決定されたことによって薬剤の開発は大きく前進することが期待される。

 なお、この研究は科学研究費補助金・特別推進研究(イオン輸送体の構造生物学)及びSPring-8 長期課題(膜輸送体作動メカニズムの結晶学的解明)によるものである。

SPring-8 Web Site
http://www.spring8.or.jp/ja/current_result/press_release/2009/090521




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




3 :名無しのひみつ:2009/05/25(月) 00:12:06 ID:4aALvMls
頭の良い奴。
俺にこれの何が凄いのか教えてくれ。

7 :名無しのひみつ:2009/05/25(月) 00:34:19 ID:3ZwykXAi
>>3
このポンプを阻害すると人間は死ぬ、そんくらい超重要なタンパク。一方、細胞膜に埋め込まれてるタンパクってのは構造決定が物凄く難しい、しかもポンプなもんで、動く余計難しい。


12 :名無しのひみつ:2009/05/25(月) 02:11:27 ID:XJV+BHXM
>>7
阻害されても、死なないポンプなんてあるのかい?w


13 :名無しのひみつ:2009/05/25(月) 02:17:08 ID:cvvzVcUz
>>12
P-gpとかなら…ポンプじゃねーか。


15 :名無しのひみつ:2009/05/25(月) 03:15:42 ID:OZTMQ2am
>>3
生物学科に入って、細胞生理学で最初に習うのがこれだな。しかしちゃんと細胞膜を貫くチャンネル構造がタンパク質で造られているんだな。当たり前だけど感動する。


16 :名無しのひみつ:2009/05/25(月) 03:39:47 ID:dTq9JARt
>>3
フグ毒の解毒剤作成に大きく前進した。



4 :名無しのひみつ:2009/05/25(月) 00:18:58 ID:tlBkY+bP
これでマラソン2時間の壁は突破できる。

5 :名無しのひみつ:2009/05/25(月) 00:22:51 ID:8cP77w6u
>>4
検出不可能ドーピング キタコレ。



9 :名無しのひみつ:2009/05/25(月) 01:10:03 ID:9wxj97kz
このポンプこそが生命の起源。

13年か17年で大発生する 素数セミ (周期セミ) の謎  





 周期ゼミ(素数ゼミ)は世界で最も長生きする昆虫の1つだが、寿命が奇妙なほど正確である理由は誰も知らない。周期ゼミはきっかり13年または17年だけ生きる。このセミの生物時計がこれほどまでに正確な理由を説明するモデルを、日本の研究者たちが提示している。

 周期ゼミは、13年または17年の一生の99%を、地中で幼虫のまま、木の根から養分を吸って過ごす。特定の年の夏がくると、周期ゼミの幼虫はいっせいに地面から這い出す。1本の木の根もとから、数日間に最大4万匹もの幼虫が出てくることがある。

彼らが地中で過ごす期間が興味深いのは、13年または17年という長い時間を正確に計っているだけでなく、13も17も素数――それ自身と1以外では割り切れない数――だからだ。

2009052522-1_convert_20090527101757.jpg



生活周期が比較的大きな素数になっているのは、13年ゼミと17年ゼミの交雑する可能性が最小限になるからだという説が有力だ。たとえば、これが5 と7という小さな素数だったとしたら、35年に一度、成虫になる時期が一致する。生活周期が長くても、たとえば12と16のように素数でない数だった場合、12年ゼミと16年ゼミが交雑する可能性は48年ごとに出てくる。13と17のように大きな素数なら、両者が交雑する機会は221年に一度しかめぐってこない。

数学的にはその通りだと思えるが、なぜセミが交雑の可能性を最小限にする必要があるのかは分からない。そこで静岡大学の吉村仁教授は、根本的理由を探るために数学モデルを開発した。13年ゼミと17年ゼミが交雑した場合、生活周期が中程度の長さ――たとえば15年――の子孫が生じるかもしれない、と吉村教授は考えた。その場合、仲間の大多数が成虫になる年より2年早く、あるいは2年遅れて、地中から這い出すことになる。

周期ゼミは大量に発生することを生存のための武器としているため、このような時期のずれは問題だと、吉村教授と共同で研究を行なっているJohn Cooley氏は言う。セミは捕まえるのが容易で、噛みついたり刺したりすることもないため、捕食者の餌食にされやすい。しかし、何万匹というセミがいっせいに出現した場合、特定の個体が捕食される危険性はゼロに近くなる。

***

Cooley氏は、今回のモデルにはいくつかの仮定が含まれていることを認めている。セミを研究するのはなかなか難しく、生態や進化について多くの謎が残されているからだ。たとえば、交雑によって本当に中間的な生活周期を持つ子孫が生まれるかどうかは分かっていない。また、現在は13年ゼミと17年ゼミの生息地は重なっておらず、今のところ交雑が生じる可能性はない。ただし、最初に分化して以来、それぞれの分布はおそらく変化しているはずだ。

「このことは、セミの個体密度が低くなったときにどんな問題が起きるかを理解する助けになり、今回の考え方がどの程度確からしいかを知る手がかりになる。この問題が明確に数学的な扱いを受けるのは今回が初めてだ」と、Cooley氏は述べた。

[周期ゼミは、セミのうちMagicicada属に属する複数の種の総称で、米国東部に分布する。17年蝉と13年蝉の他に、化石種として12年蝉、14年蝉、15年蝉、16年蝉、18年蝉が発見されている。周期的発生および素数年発生の適応的意義を最初に指摘したのは1966年のLloyd and Dybas。吉村教授の著作に『17年と13年だけ大発生?素数ゼミの秘密に迫る!』(ソフトバンククリエイティブ刊)がある]

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200905/2009052522.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




3 :名無しのひみつ:2009/05/25(月) 13:48:50 ID:T0VnLXlg
化石種の繁殖周期が、一年のオーダーで分かるのか。


4 :名無しのひみつ:2009/05/25(月) 13:50:44 ID:CJ444557
決して砕けない。


7 :名無しのひみつ:2009/05/25(月) 13:59:46 ID:ng2Txkh3
>>4のIDの「444557」って素数かも!?誰か調べてくれ。

8 :名無しのひみつ:2009/05/25(月) 14:00:42 ID:yF2UF8Qe
>>7
3で割れる。


9 :名無しのひみつ:2009/05/25(月) 14:01:03 ID:ZFb3xStd
>>7
なにそれ怖い。


12 :名無しのひみつ:2009/05/25(月) 14:07:21 ID:eKQ/Wkbq
素数だね。



6 :名無しのひみつ:2009/05/25(月) 13:57:35 ID:kvYek9Te
宇宙の構造は虚数を用いないと解けない、虚数を用いた場合、素数はその正確を失う。
よって素数セミの周期が素数である理由は素数であることにない。

タツノオトシゴが、直立姿勢の理由  





 タツノオトシゴは保護色と直立姿勢を生かして海草の茂みに紛れ込む優れた擬態生物であるが、その特異な性質がいつどのようにして身に付いたのかはこれまで謎とされてきた。しかし今回、新たな研究によってその謎がようやく解明されたという。

 タツノオトシゴなどの小さくてもろい骨は堆積物に埋もれる前に壊れてしまうため、化石として保存されることが少ない。このため、タツノオトシゴの進化の過程を確認できる証拠はほとんど残されていない。

090522-seahorses-stand-up_big_convert_20090526103027.jpg



 そこで、オーストラリアのシドニーにあるマコーリー大学のピーター・テスク(Peter Teske)氏とルチアーノ・ベヘレガレイ(Luciano Beheregaray)氏は、最も近縁の現生生物であるピグミーパイプホースを利用し、両者の遺伝子を比較することでタツノオトシゴの進化史を調べることにした。

 調査の結果、タツノオトシゴとパイプホースは約2500万年前に分岐したことが突き止められた。ちょうど、インド洋と太平洋が接する辺りで地殻変動が活発化し、浅瀬が多く作り出されていた時期である。

 浅瀬で生育する海草は、新たに形成された浅瀬の隅々まで生息域を急速に広げ、タツノオトシゴの祖先の生息域も海草に追随して広がったと研究チームは推測している。海草藻場では、水平方向に泳ぐ魚は環境を利用してうまく隠れることができず、すぐに捕食魚の餌食となってしまう。

 タツノオトシゴの祖先は、その解決策として直立姿勢になった可能性がある。体が直立していれば、海草の茂みに溶け込んで上手に身を隠すことができるからだ。

「今回の発見は驚くべきものだ。水平方向に泳ぐピグミーパイプホースは一見その姿がタツノオトシゴによく似ていたため、何らかの理由によってタツノオトシゴが先祖返りした種ではないかと推測していた。しかしその遺伝的特徴は、むしろパイプホースの方が原種であることを明確に示している」と、テスク氏は解説する。

 この最新の研究結果は、「Biology Letters」誌に掲載されている。

National Geographic News
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=19293611&expand




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




3 :名無しのひみつ:2009/05/26(火) 00:00:34 ID:qc8Zmcho
推測としか思えないが、これで発見したことになるの?

5 :名無しのひみつ:2009/05/26(火) 00:05:14 ID:PIayliio
>>3
進化なんて証明しようがないんだから、支持されやすい仮説を立てればいいんだよ。科学者からマスコミ、大衆へと伝達される中で表現としては”解明”とかになるけどな。

> 解決策として直立姿勢になった可能性がある。
こんなのも、そうじゃないやつは食われたからとかだけど”意図的に進化した”なんて読む取り方をするやつもたまにいるし…


33 :名無しのひみつ:2009/05/26(火) 01:33:52 ID:aAOIi0IO
>>5
化石が残ってないから証明出来ないだけで、将来化石が発見されれば証明されそうだが?


34 :名無しのひみつ:2009/05/26(火) 01:40:24 ID:YpxDcBj9
>>5
いや、そういう進化もある。もし突然変異しかなくて、突然変異自然淘汰を繰り返してれば人間なんて永遠に発生しない。 二本足で歩くアナタが好きだから~


35 :名無しのひみつ:2009/05/26(火) 01:45:51 ID:8TXU3y+0
>>34
性選択も広義だと自然淘汰に入れられなくもないんじゃない。良く言われることだけど、飛ぶのが苦手な状態の鳥の先祖は結局どうして、種として生まれ得たのだろうな…

実験科学と違って再現性がないという意味では”証明できないし” やきもきするところではある。


37 :名無しのひみつ:2009/05/26(火) 02:33:46 ID:YpxDcBj9
>>35
進化ってなんか5種類くらいあったよね、先生に「飛びたいと願い続ければ何世代か後の人類は飛べるようになってる」って教えられた。みんなで強く願うことが重要なんだとか。飛ぶのが苦手な鳥の進化は謎げだけど、恐竜の時代にはすでに飛べない鳥がいた。

俺は飛べない鳥に進化したんじゃなくて、飛べる鳥に進化した群と、必要性が無かった為。それ以上進化しなかった群なんじゃないかと思ってる。飛ぶって良く考えたら凄いキモイ行為だし。飛ばなくていいなら飛びたくないさ。


39 :名無しのひみつ:2009/05/26(火) 05:13:52 ID:YOZHg3+E
>>35
飛べるという形質が遺伝的に決まっていて、その遺伝子頻度が世代を経て変化すれば進化といえる。まあ初期にいきなり飛べる訳ではなく、前肢を使ってはばたく(ような動きをする)ことで敵から逃れ、そういった個体が飛ばない個体よりも多く子孫を残せばいい、というだけ。



7 :名無しのひみつ:2009/05/26(火) 00:07:36 ID:6/IV4Z/r
ピグミーパイプホースってタツノオトシゴに似てねーな。
0cab59cb0c33b9b663ee3269b4fad3af_convert_20090526110735.jpg


8 :名無しのひみつ:2009/05/26(火) 00:07:37 ID:/XExaUMq
ヨウジウオが頭下なのに、タツノオトシゴは頭上なのはなぜ?

ランゲルハンス島(膵島)のβ細胞に、甘味受容体の遺伝子  





 血糖値を下げるインスリンを分泌する膵臓(すいぞう)の「ベータ細胞」に、甘味を感じる受容体が存在することを、小島至群馬大生体調節研究所長らのチームがマウスの実験で突き止め、米科学誌に7日付で発表した。

img_02_04_03b.jpg



 受容体が甘味を感知すると、ベータ細胞がインスリンを分泌することも確認されたという。甘味がインスリン分泌を促すことが分かったのは初めて。

 糖分のない人工甘味料を使って、この受容体に働く薬を作れば、味は甘く、しかもインスリン分泌も促すため、糖尿病患者に朗報となりそうだ。

 チームは、マウスの膵臓内に島状に点在するランゲルハンス島(膵島)を取り出し、中にあるベータ細胞に甘味受容体の遺伝子があることを確認。試験管内で、膵島にスクラロースなどの人工甘味料を添加すると、インスリン分泌が増加した。

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/science/science/090408/scn0904080911001-n1.htm




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/04/08(水) 10:38:37 ID:M1IC7Tbh
問題はβまでウマーが届かなくなったことだな?


4 :名無しのひみつ:2009/04/08(水) 10:40:56 ID:iHINxH/B
ランゲルハンス島の午後


5 :名無しのひみつ:2009/04/08(水) 10:44:51 ID:2IEMGVwC
人体の構造に詳しくないんだが、膵臓って甘味に触れるような位置にあるの?もしも、触れる位置なら今までも甘味によってインシュリン分泌してんじゃないの?


6 :名無しのひみつ:2009/04/08(水) 10:45:48 ID:1Kae8xS2
インスリンを無理矢理分泌させてもいいのかね?


8 :名無しのひみつ:2009/04/08(水) 10:49:00 ID:8vr6DTSR
なるほど、インスリン注射いらなくなるんだな。


9 :名無しのひみつ:2009/04/08(水) 10:50:01 ID:phau4Xmi
2型と、今は言わないんだっけ?朗報ですな。

新種 「ウナギ」 70年ぶり比で発見  胴太く 「あっさり味」  





 かば焼きでおなじみのニホンウナギにくらべ、胴が太くてずんぐりとした新種のウナギを、日本の研究チームがフィリピンのルソン島で発見した。ウナギの新種発見は約70年ぶり。ニホンウナギと同様、太平洋のマリアナ諸島沖に産卵場があるとみられ、ウナギの進化や大回遊の起源を探る上で貴重な成果という。

CropperCapture[298]



 東京大海洋研究所は、02年と04年に各1匹ずつ、フィリピン東方沖で調査船の網に入った「ナゾのウナギ」の幼生に注目し、遺伝子を調べた。すると、これまで知られていた18種・亜種のいずれとも一致せず、新種らしいことがわかった。

 海流の方向などをもとに、この幼生はフィリピン北部にたどりつき、稚魚となって川を上ると推定。07年から今年2月にかけて計3回、NPO法人日本さかなの会(静岡県焼津市)と共同で現地を調べ、ルソン島の川にこの幼生と遺伝子のパターンが一致するウナギの成魚がすんでいることを突き止めた。

 ウナギの新種報告は、1938年にオーストラリアのチームがパプアニューギニアで発見した「ニューギニアウナギ」以来。チームは今回の新種に「アンギュラ・ルゾネンシス」という学名をつけた。

 今回の新種は体にうす茶色のまだら模様があり、歯並びなどもこれまで知られていたウナギとは異なる。大きなものは全長が1メートル近く、現地では背開きにして薫製にしたものが食用にされていた。肉は脂が乗っているものの、あっさりした味だという。

 東京大海洋研究所の青山潤・特任准教授は「成魚はまだルソン島でしか見つかっていないが、より広く分布している可能性もある。台湾を含む周辺地域で生息調査をしたい」という。

朝日新聞
http://www.asahi.com/science/update/0519/TKY200905190403.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/05/20(水) 10:13:17 ID:cuZDjC6u
ウナギイヌ禁止。

4 :名無しのひみつ:2009/05/20(水) 10:15:28 ID:agG2cmTj
>>2
あ…



3 :名無しのひみつ:2009/05/20(水) 10:13:31 ID:oOcWR3ef
普通のウナギにしか見えん。


6 :名無しのひみつ:2009/05/20(水) 10:36:15 ID:EhwcyGKd
新種が見つかったというニュースなのに、味がどうとかいうのはいかがなものか。

18 :名無しのひみつ:2009/05/20(水) 13:09:43 ID:+x4XCc5c
>>6
新種が見つかったら、とりあえず喰ってみるってのが日本人の魚類研究者らしいし。


喜怒哀楽を全身で表現できるヒト型ロボット、両手はゼリー状の柔らかい素材  





 早稲田大学理工学術院の高西淳夫教授らとロボット開発ベンチャーのテムザック(北九州市)は21日、喜びや悲しみなどの感情を全身で表現できるヒト型ロボットを公開した。これまでのヒト型ロボットでは感情の表現ができず、ロボット特有の冷たさを与えるという指摘があった。さらに改良して将来は介護施設などで入所者の心を和ませるロボットとしての利用を目指す。

 ロボットの名前は「KOBIAN」。顔にはいくつもモーターを組み込み、まぶたやくちびるを開閉したりまゆ毛を動かしたりできるようにした。両手はゼリー状の柔らかい素材を使って作製、人の手に似せた。

im20090521AS1D2109Q2105200913.jpg



 喜怒哀楽や困惑など7種類の感情を表現するために、全身の動かし方をあらかじめプログラムとして記憶させてある。例えば「喜び」を表現するように指示すると、両手を高く挙げて目や口を大きく開ける。「悲しみ」は片手を目頭にあててうつむく。

日経NET
http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20090521AS1D2109Q21052009.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




5 :名無しのひみつ:2009/05/22(金) 14:35:06 ID:qb3yNbuW
ダッチワイフの顔は、いつまでたっても進歩しないな…

12 :名無しのひみつ:2009/05/22(金) 14:44:52 ID:sKjdClEI
>>5
コレ被せればいんじゃね?

オリエント工業
http://www.orient-doll.com/top.html



7 :名無しのひみつ:2009/05/22(金) 14:37:21 ID:TjBfvA8x
何だこれ中国製か?産総研の足元にも及ばねぇ。


8 :名無しのひみつ:2009/05/22(金) 14:38:42 ID:40LtxQNH
こんなロボの手コキで、あっけなく逝かされたら死にたくなる…


9 :名無しのひみつ:2009/05/22(金) 14:44:19 ID:uBbovWZn
手コキ用か?と、思ってリンク先開いたら…


10 :名無しのひみつ:2009/05/22(金) 14:44:28 ID:YTRkoK8O
とりあえず、外装はオリエントに外注してくれ。

緑茶の成分が、HIVウイルス感染を抑制?  





 緑茶に含まれている化学成分が、性交渉時のHIVへの感染を防ぐ手助けをしてくれる――ドイツ・ハイデルベルク大学(Heidelberg University)の研究チームが、このような研究結果を発表した。

img10623995380.jpeg



 研究チームは、「エピガロカテキンガレート(EGCG)」と呼ばれる植物タンニンである緑茶ポルフェノールが、性交渉中にウイルスを媒介する精液中のタンパク質を中和する能力があることを発見した。

 世界のHIV感染者3300万人のうち大半が、異性間性交渉によるものであり、感染の96%は貧しい途上国で発生している。研究チームは、性交時にEGCGを配合した膣クリームを使用することで、安価かつ簡単にHIV感染を防ぐことができると指摘している。

 アジア・中東で広く飲まれる緑茶は、抗酸化作用があることで知られ、欧米でも人気が高まりつつある。

AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2604111/4168644




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/05/20(水) 17:17:19 ID:dE6b8Dxr
お~いお茶」 卑猥に聞こえる…
 

5 :名無しのひみつ:2009/05/20(水) 17:20:22 ID:Tb2nhp17
>>2
お茶どうぞ、はどうよ?



7 :名無しのひみつ:2009/05/20(水) 17:22:18 ID:nRgh6XeN
出世したアトムがお茶の水博士に、「お~いお茶、お茶持って来い」


8 :名無しのひみつ:2009/05/20(水) 17:23:56 ID:nN6Okj4L
コンドーム使えばいいじゃない。

16 :名無しのひみつ:2009/05/20(水) 17:50:31 ID:cWjatsay
>>8
だよね。江戸時代の日本の吉原でしていた、女性性器の手入れ法を再現したら健康的かもね。
感染症は無理だろうけどさ。



10 :名無しのひみつ:2009/05/20(水) 17:30:50 ID:vZvj6R+E
ワサビの方が効果あるよ。

琥珀に閉じ込められていた 白亜紀のハエ  





 トリコミア・レングレティ(Trichomyia lengleti)と呼ばれる白亜紀のハエ(写真)が、シンクロトロン(円形加速器)を使って撮影され、“デジタル化石”のオンラインデータベースに登録された。

 フランスにある欧州シンクロトロン放射光施設の古生物学者たちが高エネルギーX線を使って、白亜紀(1億4500万~6500万年前)の化石化した不透明な琥珀(こはく)640個の内部を調べた。

090519-01-amber-fly_big_convert_20090521101905.jpg



 これらの琥珀は、2008年にフランス南西部のシャラント地方で発掘されていたが、不透明な琥珀の中にある化石は見ることができないでいた。しかし最近になって、加速器の一種であるシンクロトロンを用いたことで、いままで見えなかった昆虫など350種類の姿が明らかになった。泥に残された生痕化石から推測するしかなかった動植物たちだ。

 研究者のポール・タフォロー氏によると、古生物学にX線を利用するのは新しい手法で、切ったり壊したりできない化石の内部を見られる点で重要だという。「化石は調べなければならないが、同時に保存する必要もある」と同氏は話した。

National Geographic
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2009052002&expand




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/05/20(水) 19:04:16 ID:PxfSwEtB
八代亜紀に脳内変換してしもた…

11 :名無しのひみつ:2009/05/20(水) 19:14:30 ID:Ly55j/kl
>>2
東原じゃなくてラッキーでしたな。



3 :名無しのひみつ:2009/05/20(水) 19:05:15 ID:zhRiLwGV
キレイに見えるんだね。

12 :名無しのひみつ:2009/05/20(水) 19:14:37 ID:/wadLrqr
>>3
そりゃもう、恐ろしいX線強度が出せますからw



4 :名無しのひみつ:2009/05/20(水) 19:07:39 ID:12+JMf6c
爬虫類が平和でありますように。


7 :名無しのひみつ:2009/05/20(水) 19:09:56 ID:s/kP1NNC
動物愛護団体は化石の見世物に抗議しないんですか?

チェルノブイリで放射線 耐性植物?スロバキア科学アカデミーが発見  





 1986年に起きた放射能漏れ事故以来、20年超が経過したのにも関わらず依然として高い放射能によって汚染されているチェルノブイリの周辺地域で耐放射能性を持つ珍しい大豆系の植物が繁殖していることが学術専門誌「Journal of proteome research」に掲載された論文「Proteomic Analysis of Mature Soybean Seeds from the Chernobyl Area Suggests Plant Adaptation to the Contaminated Environment(DOI: 10.1021/pr900034u)」によって明らかとなった。

imag6_6_convert_20090520100820.jpg



 この大豆は植物内に特殊な酵素を保持することによって外部から取り込まれる有害な放射能や重金属を植物外に排出する機能をもっており、結果として生じる大豆には放射能は蓄積されていないことが判ったとしている。

 論文発表を行ったスロバキア科学アカデミーの研究グループでは、この大豆の研究はまだ始まったばかりで、今後は、この植物から生まれた大豆が成長した場合、同じような能力をもつか、研究を継続したいと述べている。

technobahn
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200905181433




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




4 :名無しのひみつ:2009/05/18(月) 15:27:34 ID:nCWfUG5D
それ食えば、放射能に耐えられるって事か?


5 :名無しのひみつ:2009/05/18(月) 15:28:53 ID:sYIuOBMh
リアルコスモクリーナーか?これでもう、イスカンダルに行く必要がなくなった。


6 :名無しのひみつ:2009/05/18(月) 15:29:31 ID:Sqc5usAB
植物は凄い超能力だな、昆虫でもそんな奴が出るかもしれん…


7 :名無しのひみつ:2009/05/18(月) 15:29:45 ID:Z6UvBi1S
その酵素を人間に移植すれば核兵器は無意味に。

21 :名無しのひみつ:2009/05/18(月) 15:39:37 ID:KdO6bmrU
>>7
お前馬鹿だろ?
今現在の原爆が爆発すると、一瞬にして数百万人が死に焼け野原だけが残ることになる。


48 :名無しのひみつ:2009/05/18(月) 16:59:17 ID:lHg/WO4F
>>21
焼け野原で済むといいな、下手すると熔け野原…



9 :名無しのひみつ:2009/05/18(月) 15:30:15 ID:uoqmlQrB
原子力発電所周辺の緑化に使える、予算は補助金から。


10 :名無しのひみつ:2009/05/18(月) 15:30:30 ID:lOAXMkyd
大豆がチェルノブイリに旅立つようです。

大豆痕跡5点発見 縄文農耕論の可能性高まる  





 「縄文時代に、大豆を栽培していたことがほぼ確実になった」。大豆痕跡5点を発見した意義を、研究チームの中山誠二県立博物館学芸課長はこう説明する。

 県立考古博物館や県埋蔵文化財センターなどの研究者5人は、1年半前に大豆痕跡が見つかった縄文時代中期の酒呑場(さけのみば)遺跡(北杜市)に加え、同時代の女夫石(めおといし)遺跡(韮崎市)から出土していた土器を調査。土器に残る痕跡にシリコンを流して型を取り、顕微鏡で調べていった。

 野生の大豆は長さ4.5ミリで、水に浸しても最大約8ミリにしか膨らまないが、発見されたのはいずれも10ミリ前後と大きかった。これまで、より大きい大豆痕跡が熊本県と長崎県の縄文時代後期(約3500年前)の土器から見つかっていた。研究に当たっている熊本大学の小畑弘己准教授(東北アジア先史学)は山梨県での発見の意義を認めつつ、「縄文時代に中部地方で先に大豆が栽培され、九州に伝わった可能性もある」と指摘する。


 山梨県北西部の2遺跡の土器からは、数多くの小豆類の種子も発見された。栽培種か野生種かの調査はこれからだが、「縄文時代中期に大豆とともに小豆類も使っていたことが明らかになった」(中山課長)。

 青森県の遺跡で見つかった炭化したヒエを、縄文時代中期の栽培種の可能性が高いと指摘したことのある国立歴史民俗博物館(千葉県)の西本豊弘教授(環境考古学)は「大豆の栽培はもう確実で、小豆類はあまり例がなくおもしろい。縄文時代中期の考え方が変わる発見だ」とみている。山梨県の研究チームはまた、約1000年さかのぼる縄文時代前期(約6000年前)の天神遺跡(北杜市)の土器も調査。栽培大豆の野生種のツルマメと、野生種のシソ属(エゴマ・シソ)を発見した。

 中山課長は「栽培大豆の前段階の、野生のツルマメが見つかったのは初めて。縄文人は、香りが強く殺菌作用のあるシソやゴマも食べていたのでは」と話す。縄文人の多様な食文化が浮き彫りになりつつある。


 研究が進む一方で、新たな謎も浮かび上がった。

 大豆痕跡のうち4点は、1年半前に見つかったのと同じ扁平形だが、1点は現在よく見る形の楕円(だえん)形。また、1年半前に大豆痕跡が発見された土器を九州国立博物館(福岡県)でコンピューター断層撮影したところ、内部に大豆痕跡がもう一つ見つかったという。

 「栽培が進む段階で品種改良したようだが、プロが作っていた土器に大豆が混ざるとは考えにくく、信仰などで意図的に埋めたのでは」と中山課長は推測する。「長野県などで発見するなど広がりの確認が必要」(西本教授)という課題も残っており、縄文人が稲作の前に行っていたとみられる穀物栽培の、さらなる解明が待たれている。


産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/region/chubu/yamanashi/090404/ymn0904040231004-n1.htm




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




3 :名無しのひみつ:2009/04/04(土) 23:33:55 ID:Q8X/a0L7
そもそも縄文時代自体がどんどん古くなってるね、更に現生人類の発生も遡るとみた。


5 :名無しのひみつ:2009/04/04(土) 23:56:12 ID:DbY2jVYa
農耕が出来る程のレベルにまで知的水準が達していないと、縄文文化の様なのは発生出来ない。
と、言う説もあるからな。


7 :名無しのひみつ:2009/04/05(日) 02:51:58 ID:3miP0kGI
米文化もない北方系の弥生人が、水田耕作を始めたなんて妄説がまかり通るから不思議。


11 :名無しのひみつ:2009/04/05(日) 16:17:25 ID:YDXnnzuh
縄文系だから優れてるってわけじゃねえだろw
俺は日本人は2000年の間に、別の民族に分かれたと思ってるけどね。


12 :名無しのひみつ:2009/04/05(日) 17:26:24 ID:kW0LiToy
弥生土器も出土するので、弥生人でもあります。

火星の磁場消滅、原因は巨大な小惑星  





 科学者たちの研究により、火星の磁場が消滅したのは巨大な小惑星の衝突が原因だったことが判明した。その小惑星は、恐竜を絶滅させたと考えられている天体の数倍の大きさがあったとみられる。

090511-mars-asteroid_big_convert_20090518094149.jpg



 現存する大規模なクレーターの数から判断して、初期の火星は約1億年の間に15個ほどの巨大な天体が衝突していたと考えられている。

 今回新たに作成されたコンピューターモデルから、火星の磁場は、特に規模の大きかった4回の天体衝突でしだいに減衰し、5度目の衝突がとどめとなって完全に消滅したことが示唆された。

 アメリカのメリーランド州にあるジョンズ・ホプキンス大学応用物理学研究所に在籍し、今回の研究にも参加したジェームス・ロバーツ氏は次のように解説する。「5度目の衝突で作られたのが、約41億年前の衝突に起源を持つ直径3300キロのユートピア平原という大規模なクレーターだ。その前の4回の天体衝突で既に磁場は大幅に脆弱化しており、ユートピア平原を作った天体衝突が最後の決定的な一撃となったのだろう」。

 地球にある磁場を作り出しているのは、ひとつには対流している溶融状態の外核と、その外側にある比較的温度の低いマントル層の間で行われる熱伝導である。この両者の温度差が、天体磁場を長期にわたって安定させる“ダイナモ効果”を生み出すのである。

 しかし太陽系形成の初期段階には、後期重爆撃期(LHB)と呼ばれる激動の時代があった。この時期には、惑星形成時の残骸である大型の小惑星が、若い惑星であった火星、地球、金星、水星などにいくつも衝突していた。

「ユートピア平原が形成され、火星の磁場が消滅したのも同時期であると考えられる」と、前出のロバーツ氏は話す。この研究成果は「Journal of Geophysical Research」誌の最新号に掲載されている。

 新しいコンピューターモデルによると、ユートピア平原を作った天体衝突の影響で火星のマントルに大量の熱が伝わり、ダイナモ効果を生み出す温度差が大幅に縮小したようである。「温度が上がり過ぎると、マントルは核を効率的に冷却することができなくなり磁場は消滅することになる」と、ロバーツ氏はナショナル ジオグラフィックニュースに語っている。

 磁場を失った火星は太陽風を直接浴びることになった。太陽風とは、太陽から継続的に放出されている荷電粒子の流れのことである。太陽風の影響で火星の大気はゆっくりと希薄になり、最終的にはガスが周囲にかすかに残るだけの状態になった。その後ほどなくして強烈な気候変動が起こり、現在のような乾燥した火星ができあがったと推測される。

「同様の衝突によって地球の磁場が消滅する可能性もある。しかしそれは、火星の磁場にとどめを刺した天体よりはるかに巨大な天体が地球に衝突すればの話だ」とロバーツ氏は言う。地球のマントルの厚さは火星のマントルの2倍あり、地球の核は火星よりはるかに活発に動いている。したがって、もっと大きな衝撃を受けない限り、磁場を作り出すダイナモ効果が停止することはない。

 金星も惑星規模の磁場は存在しないが、それはマントルが比較的乾燥していて硬いため、熱が効率的に流れないことが原因だと考えられている。

 カナダ、トロント大学の地球物理学者サビン・スタンレー氏は第三者の視点から、「小惑星の衝突で磁場が消滅するという発想自体は別に新しいものではないが、綿密なコンピューターモデルが作成され、磁場消滅の原因と考えられるクレーターが指摘されたのは今回が初めてのことだ」と述べている。

NATIONALGEOGRAPHIC
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=42104563&expand




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




5 :名無しのひみつ:2009/05/12(火) 23:26:25 ID:EhgdYyDw
簡単に言うとどういうことでしょうか?

22 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 00:06:55 ID:JJgig1X5
>>5
惑星の中心には磁場を生み出すエンジンがあり、その周りに冷却装置が付いてる。火星は昔、小惑星と何度も衝突したせいで、冷却装置の冷却剤が熱くなり、エンジンがあぼーんした。

地球は冷却装置がでかいので小惑星の衝撃ぐらいではびくともせず、地球のエンジンは常に冷却されて正常に動いている。金星は冷却装置がでかいが、冷却剤が固まってしまって、やはりエンジンがあぼーんしている。

こんな感じでどうでしょう?



9 :名無しのひみつ:2009/05/12(火) 23:37:49 ID:fnyKsk/v
たかだか数個の小惑星の衝突程度で、マントル対流が乱されたりするんだね。


10 :名無しのひみつ:2009/05/12(火) 23:38:10 ID:0MGJ2zwW
どっちが北かわからなくなったら困る。

ハッブル望遠鏡延命 命がけ修理へ  





 美しい天体撮影などで知られるハッブル宇宙望遠鏡の修理のため、特別な訓練を受けた宇宙飛行士7人が米東部時間11日午後(日本時間12日未明)、宇宙に向かう。最後の修理になるが、いったんは「危険」と断念された経緯があり、米国民の関心も高い。

 米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル・アトランティスに、スコット・アルトマン船長(49)らが乗り込み、修理に向かう。

sts103_726_081_convert_20090517112738.jpg



 ハッブルは口径2.4メートルの反射望遠鏡とカメラなどを備え、90年にシャトル・ディスカバリーで宇宙に運ばれた。地球大気のゆらぎなどに邪魔されずに観測できるのが強み。高度約600キロの軌道にあり、97分で地球を1周しながら、観測を続けてきた。

 ただ、故障も多く、これまで修理のために4回、シャトルが派遣された。NASAは、今回の5回目の修理がうまくいけば、観測性能が10~70倍向上し、あと5年間延命できるとしている。

 しかし、修理は危険を伴う。宇宙空間での作業はもともと危険なうえ、ハッブルは国際宇宙ステーション(ISS)と異なる軌道を周回しているため、シャトルが安全に地球に帰還できない事態が起きても、ISSに避難して救援を待つことができない。

 5回目の修理はもともと04年に予定されていたが、03年のシャトル・コロンビアの空中分解事故でシャトルの帰還時の安全性に疑問符がついたため、いったん断念された。

 こうした経緯から、NASAは今回のアトランティスの飛行に際し、エンデバーも、ケネディ宇宙センターの発射場に待機させる。万が一の事態が発生したら、エンデバーを打ち上げて、アトランティスに接近。アトランティスからエンデバーへと、飛行士がひもを伝って移動する綱渡りのような救援劇も想定されている。

朝日新聞
http://www.asahi.com/science/update/0511/TKY200905110073.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




7 :名無しのひみつ:2009/05/11(月) 19:16:28 ID:EL2Jb84c
> 今回の修理にかかる費用は約9億ドル(約900億円)と見積もられている。
新しいの打ち上げても大差無いんじゃない?

11 :名無しのひみつ:2009/05/11(月) 19:26:38 ID:XtRIzHMG
>>7
その計画はある。 2013年に赤外線の高感度の宇宙望遠鏡を打ち上げる計画がある。可視光じゃなけどな、赤外線は遠くの宇宙の赤方変移した波長を捕らえる為。


12 :名無しのひみつ:2009/05/11(月) 19:28:25 ID:XtRIzHMG
>>7
ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(2013年)


23 :名無しのひみつ:2009/05/11(月) 20:35:46 ID:E0RjNDZn
>>7,12
ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の予算規模は45億ドル。1$=100円換算だと4500億円にもなる。
ちなみにジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の場合、修理可能性を考慮してオリオン宇宙船とのドッキングポートまで装備されることが予定されている。


46 :名無しのひみつ:2009/05/12(火) 18:20:30 ID:U7DZE4X3
>>23
これって、太陽を挟んで地球の反対側の太陽公転軌道にのせるんだよな?
こんなのを修理できるのか?


50 :名無しのひみつ:2009/05/12(火) 19:20:15 ID:9lKq7n56
>>46
投入軌道はいわゆるL2ポイント。軌道高度は1,500,000kmで地球から月までの距離の4倍はある。
オリオンでも時間さえかければL2まで到達することは可能だが、多分、片道だけで1週間くらいかかることとなり、有人サービスミッションの実現はかなり難しいと思う。

JWT計画のチーフサイエンティストのジョン・C・マザーによると、基本はフォールトトレランスで設計する。ただし、サービスミッションの実現可能性を排除しないためにドッキングポートは付けておくということらしい。多分、5000億円もかけてJWTが失敗したら、さすがのアメリカでも落ち込むと思う。



9 :名無しのひみつ:2009/05/11(月) 19:21:08 ID:sPmlOCXv
命がけ修理って言い方が気にいらんな、なんで今回だけそういう言い方するん?
ハッブルは相当貢献してきたし、修理して性能アップするのは全然いいと思うんだが…

25 :名無しのひみつ:2009/05/11(月) 21:24:04 ID:ZUZWDIeL
>>9
シャトルに乗る事自体命がけではあるが、まあそれはおいといて、かつての修理はコロンビア事故以前に行われたからな。 救難機まで用意してだと、さすがに金かかりすぎ。

新品打ち上げたほうが安いんじゃねえか?と思うが…そうもいかんのだろう。



10 :名無しのひみつ:2009/05/11(月) 19:21:13 ID:rQBDjnKb
宇宙空間に出ること自体、危険な行為だけどね。

牛乳がけシリアルは高価なスポーツ飲料並みに、運動後の回復に役立つ?  





 研究チームは、運動後にスキムミルクを掛けた小麦フレークを食べたアスリートが、筋肉に水分と栄養を補うと謳う最近の栄養ドリンクを飲んだ場合と同様の回復を示すことを発見した。彼らは、伝統的な朝食が、いわゆる栄養ドリンクと比べ、血中の糖分やインシュリンのレベルを回復では同程度、蛋白質の産生については勝っていることを発見した。さらに、牛乳は、運動後の硬直を引き起こす血中の乳酸の濃度を引き下げるのにも有効とのことである。

img10542586733_convert_20090516120552.jpg



 テキサス大の運動生理学者Lynne Kammerは「我々の研究結果は、牛乳がけシリアルが運動後の蛋白質の合成や筋肉の再構成によいことを示しています。

 牛乳に含まれる蛋白質を考えれば想像出来ることでしょう」「しかし、最も驚くべきは、スポーツドリンクに比べ、牛乳がけシリアルを摂取した後の方が、血中の乳酸が著しく低下していたことです。これは素晴らしい発見です」としている。

 研究チームは、8人の男性と4人の女性に、12時間絶食した後、据え置きの自転車を2時間漕がせるというメニューを、5日以上の間隔を空けて実施させた。各試行の運動後に、被験者は、スキムミルクをかけた小麦100%のシリアルか、一般的な、炭水化物を含んだスポーツドリンクを摂取した。ドリンクとシリアルの両条件で、血中の糖やインシュリンのレベルが健康的に上昇した。しかし、回復の過程で、シリアル条件の方が、インシュリンの上昇が有意に大きく、血中の乳酸の上昇も有意に鈍らせた。

 International Society of Sports Nutrition誌にこの研究を発表したMiss Kammerは「スキムミルク掛けシリアルは、スポーツドリンクより安いのです」「牛乳は、蛋白質の合成や運動後の適応に向いた、消化しやすく質の高い蛋白質の材料を提供するので、自宅で回復を図る人たちの回復手段に向いていると言えるでしょう」と述べている。彼らは、アマチュアのアスリートや、体型を維持するために体をよく動かす人にとって、台所でスキムミルクを掛けたシリアルを一杯食べることの方が、高価なスポーツドリンクに投資するよりも賢い選択かも知れない、と結論付けている。

テクノバーン
http://www.telegraph.co.uk/~scienc/sciencenews/5318866/Milk-and-cereal.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 21:00:44 ID:5E5YbfAL
バナナは?

9 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 21:08:20 ID:zoc+iQXM
>>2
バナナ単体じゃなくて、バナナと牛乳を組み合わせならありだけど、蛋白質を考えると
出来ればバナナ+牛乳+豆乳とかがベスト。


36 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 22:42:08 ID:V70r3rJ4
>>9
んなもの食ったら、俺は100%腹壊す…



3 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 21:03:16 ID:ndNajwhm
この記事で大事なことはケロッグから、なんぼ貰ってるんか?だな。


5 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 21:04:28 ID:K/JFcvbN
てか、アメリカ人って毎朝こればっかり食ってたんじゃないの?


7 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 21:07:12 ID:kYc00z2e
毎朝、前日残った冷や飯に牛乳かけて食ってる。

中性子星の外殻は、鋼鉄の百億倍の強度  





 鋼鉄の男「スーパーマン」も、これにははね返されそうだ。最新の研究によると、大質量の恒星が寿命を迎えて超新星爆発を起こし、重力崩壊により収縮したコア(中心核)が残ると、とてつもない強度の物質が生まれるという。残ったコアは「中性子星」と呼ばれる天体となる。最新のコンピューターモデルにより、中性子星の外殻が、宇宙で存在が確認されている物質の中で最大の強度を有することが判明した。

CropperCapture[96]_convert_20090515002800



 中性子星の外殻が持つ限界強度(破断点)を判定するため、研究チームは表面の小さな領域を想定し、磁場応力(磁場の内部で生じる力)と、それに伴う外殻変形に関するモデルを構築した。検証の結果、外殻の強度は、鋼鉄の破断強度(断ち切る圧力)の最大100億倍であることがわかった。チームのメンバーでアメリカにあるインディアナ大学のチャールズ・ホロヴィッツ氏は、「ある程度予想はしていたが、まさに圧倒的な数値だ」と話す。

 中性子星は、ブラックホールに次いで宇宙で2番目に密度の高い天体である。中性子星の物質はティースプーン1杯ほどの量で、地球上では約1億トンの重さになる。その固体状の外殻の内部には、通常の星とは異なり超高

 外殻は信じられないほど頑丈だが、それでも中性子星自らの強力な磁場による応力により壊れることがあるという。研究チームは、そのような外殻の破断が「マグネターフレア」と呼ばれる現象を引き起こしているのではないかと考えている。マグネター(magnetar)とは中性子星の中でも特に磁場の強い星のことで、膨大なエネルギーのガンマ線バースト(マグネターフレア)を発生させることがある。

 また、今回のコンピューターモデルでは、中性子星の表面に不規則に並んだ“山”のような盛り上がり部分についても新たな発見があった。このような表面の不規則性は重力波生成の一因と考えられている。

 重力波は大質量の回転天体から光速で伝播する時空構造内の波動とされ、完全に球対称な運動では生じないと考えられている。最新モデルで計算を行ったところ、中性子星の表面にできる山は巨大な頂というよりも星の“鳥肌”のようなものであることがわかった。「このような山は幅数キロメートルにおよぶこともあるが、高さはわずか約1センチしかない」とホロヴィッツ氏は話す。

National Geographic
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=92512278&expand




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




5 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 20:22:50 ID:NOGBcaZ3
第3段落の文章が「通常の星とは異なり超高」で切れてるけど…
元記事でもそうなってるんだね。

26 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 20:58:50 ID:K/JFcvbN
>>5
いかにヤバい宇宙の真理に触れたのか…分かります。



7 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 20:26:17 ID:U0rvcRgI
中性脂肪の詰ったオイラも重いです。


8 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 20:27:02 ID:aTi9MAv9
粒子間に働く力で最も強い力で結びついてるんだから、そりゃそうだろう。


10 :名無しのひみつ:2009/05/14(木) 20:28:46 ID:G6r1MwFF
斬鉄剣もこれなんですね?

石油、石炭もういらない!? マグネシウム・エネルギー社会  





 太陽光と海にほぼ無尽蔵に含まれるマグネシウムを使って、石油も石炭も天然ガスもいらない持続型エネルギー社会を実現する…。そんな「マグネシウム・エネルギー社会」の構築を提案している矢部孝東京工業大教授に、ベンチャー企業から自動車会社、さらにはオイルマネーまで世界中から問い合わせや見学が殺到している。実証実験も順調に進んでおり、これはひょっとすると、ひょっとするかもしれない。

PK2009051202100033_size0.jpg



*中略

【夢の循環システム】
 矢部教授が提唱するマグネシウム・エネルギー社会はこんなイメージだ。海岸に建設された淡水化・マグネシウム精錬プラント。屋根には太陽に向かって大型プラスチックレンズが並び、精錬に必要な高温を作り出している。ここで海水から農業用水を生産する一方、海水に含まれる大量の“にがり”から金属マグネシウムを取り出す。

 生産されたマグネシウムはトラックや船で、各地の発電所や家庭、コンビニなどに運ばれる。発電所では、マグネシウムを石炭代わりに燃やす。家庭に運ばれたマグネシウムは燃料電池の燃料として家庭用電源となる。燃料電池の排熱は、風呂や暖房に使われる。コンビニで売られているのは真空パックに包まれたマグネシウム。これは燃料電池車やパソコン、携帯電話などのバッテリー補充用マグネシウムだ。

 マグネシウムは使い捨てではない。使用後の酸化マグネシウムは、回収車によってリサイクルセンターに集められ、精錬プラントにあるのと同じ「太陽光励起レーザー」で再び金属マグネシウムに変換される。


【太陽光レーザー】
 現在、マグネシウムの精錬は、鉄とケイ素の合金を触媒に大量のエネルギーを投入して行われる。マグネシウム一トンを製造するのに石炭十トンを使う。こんなにエネルギーを大量消費しては、マグネシウム・エネルギー社会など成立しない。

 矢部教授が提案するのは、大型レンズで集めた太陽光を、イットリウム、アルミ、ネオジム、クロムのセラミックによって赤外線レーザーに変換し、さらにレンズで集光して約二万度という高温を実現。この高温でマグネシウムを精錬しようというのだ。

 このため矢部教授は二年前、北海道千歳市に太陽光励起レーザーの実験施設を作った。二メートル四方の透明プラスチックレンズで集光、その焦点にセラミックのレーザー素子を置いた。ここでの成果に自信を得た矢部教授は、実際にマグネシウムの精錬を行うため今年、沖縄県・宮古島に大型の施設を建設する計画だ。

* 以下略

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/technology/science/CK2009051202000131.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




6 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 09:36:11 ID:UwIki2yU
カーバイトランプって最近見ないよね。


7 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 09:36:29 ID:MEv/+bLT
自分が死ぬまでには、化石燃料からの脱却くる?


8 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 09:39:52 ID:oYfDqluQ
太陽光に依存してるところが、そこはかとなく不安ではある…

18 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 09:48:56 ID:6usScFUa
>>8
単位面積あたりの日照量を増やせない以上、社会が利用可能なエネルギーは土地面積に依存するからねぇ。エネルギー利用の限界を自ら設定することに。

環境に配慮して新エネルギーとか言ったからには、あんまり大量に設置するわけにもいかないし。
(人間様が太陽光を奪ったせいで生態系が壊滅する)


73 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 10:51:36 ID:2flObdNM
>>18
もし実現したら日本の場合はメガフロートを建造することになるだろうな、マグネシウム抽出プラントとして、そしてこの教授はふぐのDNAを組み込まれているに違いない。



9 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 09:40:58 ID:8kH0XqUo
とりあえずマグネシウムで動く発電所・電池・エンジンなんかがでてこないとな。

49 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 10:16:31 ID:DVa2/4FG
>>9
点火のタイミングを調整してやれば、現状のガソリンエンジンでも動く。



11 :名無しのひみつ:2009/05/13(水) 09:42:01 ID:oYfDqluQ
何よりも急ぐべきは特許かな。

牛に頭をなめさせると、毛が生える? 唾液成分に発毛効果  





 薄毛で悩む人に朗報?名古屋市立大大学院の岡嶋研二教授(55)=展開医科学専攻=と原田直明准教授(41)=同=が、唾液(だえき)に含まれる糖の一種「シアル酸」に育毛効果があることを発見した。美肌効果も確認しており、育毛剤や美容液などの開発に応用が期待されるという。マウスを使った実験成果を3月の日本農芸化学会で発表した。

 岡嶋教授らはこれまでにトウガラシの辛み成分、カプサイシンが知覚神経を刺激、毛の成長を促進するたんぱく質「インスリン様成長因子1(IGF-1)」を増やす仕組みを解明している。

 他にもIGF-1を増やす物質はないかと考え「牛に頭をなめさせると毛が生える」というドイツの言い伝えに着目。唾液中のシアル酸にも神経刺激作用があることから、育毛効果があると考えた。

 実験はマウス10匹の背中の毛をそり5匹には普通の餌を、別の5匹にシアル酸を経口投与。4週間後、普通の餌を与えたグループはまだ背中の地肌が見えたが、シアル酸を投与したマウスは毛がほとんど元通りだった。

 薄毛の男性10人の頭皮に毎日1回、直接シアル酸を塗ると半年後、5人に育毛効果が表れ、女性10人のほおに4週間塗り続けると7人に肌の弾力がアップする効果もあったという。

Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090511-00000033-maiall-soci



*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




4 :名無しのひみつ:2009/05/11(月) 13:37:06 ID:Ho7Ov4SG
必ずや股間を舐めさせる奴が現れるな。


6 :名無しのひみつ:2009/05/11(月) 13:39:36 ID:XtRIzHMG
家庭用に生の牛タンを売ればいい。


8 :名無しのひみつ:2009/05/11(月) 13:44:13 ID:ap6zLb5S
禿を舐めるな。

9 :名無しのひみつ:2009/05/11(月) 13:46:54 ID:/UXlwG7Z
>>8
悔しい。



10 :名無しのひみつ:2009/05/11(月) 13:48:19 ID:ZR1W0ZmO
キムタクみたいにしてください(AA略


12 :名無しのひみつ:2009/05/11(月) 13:50:43 ID:5W+gE5J7
逆に残った毛を牛にむしられたりしそうで怖い…
金髪、赤毛の多いドイツ人なんか余計に飼い葉と間違われそうなのに。

新型インフルエンザは、「スペイン風邪起源説」? 米加チーム  





 1918年ごろに世界的に流行したスペイン風邪と呼ばれるH1N1亜型のA型インフルエンザウイルスを豚と猿、マウス、フェレットに接種したところ、豚だけが生き残り、一時的な発熱と軽い呼吸器症状だけで済んだことが分かった。これにより、スペイン風邪の流行拡大に豚が関与しており、豚の間でウイルスが代々受け継がれた結果、現在の新型ウイルスに至ったという説が支持されるという。

 米カンザス州立大やカナダ食品検査局などの研究チームが、 4日までに実験結果を米ウイルス学誌ジャーナル・オブ・バイロロジーに発表した。 

 スペイン風邪の流行時には、人だけでなく豚にも症状がみられ、30年に米中西部で豚インフルエンザが流行した際にも、同じ亜型のウイルスが採取、確認されている。

時報ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200905/2009050400271




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




5 :名無しのひみつ:2009/05/05(火) 14:04:48 ID:URrjys7A
韓国を差し置いて、起源を主張するのは許せない。

9 :名無しのひみつ:2009/05/05(火) 14:20:25 ID:I8+YgCxJ
>>5
お前ら何でもそこに持っていくな。



7 :名無しのひみつ:2009/05/05(火) 14:12:31 ID:iYAb2G8u
天下り官僚がタミフルを買い占めているのではないだろうか?
どうやって儲けるつもりなのだろう…


8 :名無しのひみつ:2009/05/05(火) 14:12:33 ID:1PvLoVn/
みんなそうだと思っていた。


10 :名無しのひみつ:2009/05/05(火) 14:21:23 ID:EvkywYgs
ブタの中の人も大変だな。
人間に食料にされるだけじゃなくて、風邪まで人からうつされて…

地球のはるか上空で鳴り響く、謎の低周波「ヒス音」?  





 地球のはるか上空で、「ヒス音」と呼ばれる謎の低周波が鳴り響いている。アメリカの研究チームがNASAの磁気圏観測衛星テミス(THEMIS)から送られたデータを基に、このヒス音の発生源が「コーラス」と呼ばれる宇宙からの電磁波であることを突き止めた。

090507-hiss-chorus-waves_big.jpg



 観測衛星テミスが本来の目的として観測していたのは、荷電粒子間の激しいエネルギー交換で生じる「サブストーム」という現象で、地球の両極地域でオーロラを引き起こす原因になっているものだ。

 太陽から放出されるこれらの荷電粒子は、地球の磁場に捕捉され、その周囲にバンアレン帯と呼ばれる環状の放射線帯を形成する。この放射線帯が原因で、人工衛星や宇宙船、船外活動を行う宇宙飛行士などが有害な放射線にさらされることがある。そのため、ヒス音がバンアレン帯にどのような影響を与えているのかを解明できれば、バンアレン帯の挙動を予測するのに役立つのではないかと期待されている。

 太陽活動は現在著しく停滞しているが、2012年には再び活発化するとみられている。したがってそれ以降は、太陽嵐が吹き荒れ、地球に飛来する荷電粒子も増加すると予想される。

 地球を取り巻く放射線帯では、地上の受信機を通して聞くと「スー」というかすかな雑音を伴う電磁波が観測される。研究者らはこれを「プラズマ圏ヒス音」と呼ぶ。このプラズマ圏ヒス音には、放射線帯に捕捉されている有害な電子を除去する働きがあると考えられている。プラズマ圏ヒス音の影響を受けた電子は、安定軌道を外れて上層大気圏に達し、そこで消滅するというのである。

* 長いので以下略

ナショナルジオグラフィックニュース
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=9838270&expand



*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




3 :名無しのひみつ:2009/05/09(土) 07:39:14 ID:11juRB1w
三行でお願い。

36 :名無しのひみつ:2009/05/09(土) 10:36:05 ID:ZMpSfPnN
>>3
宇宙に低周波「ヒス音」が発生することは分かっていた。
その発生の原因の有力説はあったが、証拠がなかった。
それが今回裏づけされ、その説が証明された。



9 :名無しのひみつ:2009/05/09(土) 07:54:35 ID:eolQejsT
カルピスのパチもん。


12 :名無しのひみつ:2009/05/09(土) 08:06:37 ID:K3ScdMYq
宇宙が俺に囁いている…


15 :名無しのひみつ:2009/05/09(土) 08:19:30 ID:Tf6gU1Ay
富田勲のdawn chorusの音源だよね?
小鳥というよりカエルっぽい気がした。

最古のタツノオトシゴの化石を発見 スロベニア  





 これまでで最古のタツノオトシゴの化石がスロベニアで見つかった。学名Hippocampus sarmaticusと名付けられたこの化石は成体のメスで、体長5センチほど。

090504-01-seahorse-fossil_big_convert_20090510124407.jpg



 1300万年前の地層から発見された化石は、知られているタツノオトシゴで唯一絶滅した種であり、泳ぎが達者でないタツノオトシゴがどうして世界中の海に生息域を広げられたのかを解明する手掛かりとなるかもしれない。

 スロベニアにあるリュブリャナ大学の研究者ユーレ・ザロハル氏(Jure Zalohar)は、ジョギングの後に小川で手を洗っていたときに、水の中でこの化石を発見した。同氏のチームはもともとその地域で昆虫の化石を調査していたため、タツノオトシゴの化石を見つけたことは「完全に予想外だった」と言う。

National Geographic News
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2009050502&expand




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/05/07(木) 10:00:15 ID:fB7iQwHH
化石で見ると、なんかより地球上の生物じゃなく見える…


4 :名無しのひみつ:2009/05/07(木) 10:04:10 ID:9pXA4PmF
干物にして精力剤にする。


5 :名無しのひみつ:2009/05/07(木) 10:09:26 ID:JVKzn9U8
タツノオトシゴって魚?


7 :名無しのひみつ:2009/05/07(木) 10:28:31 ID:kcfXZsba
タツノオトシゴは竜の落とし子ではなかったとな!

8 :名無しのひみつ:2009/05/07(木) 10:30:39 ID:RkgeDTGe
>>5
竜に決まってんだろ。



10 :名無しのひみつ:2009/05/07(木) 10:55:52 ID:hP7STg2V
占い師に、前世だって言われた事がある。

カエルのツボカビ アジアが起源か?日本で30系統発見  





 世界各地でカエルなどの両生類に壊滅的被害を及ぼしているツボカビの起源は、日本を含むアジアの可能性の高いことが、国立環境研究所などの調査で分かった。日本の野生カエルからは約30系統が見つかっているが、被害の大きい中米や豪州では1系統しか見つかっていない。研究チームは「日本などアジアから持ち出されたカエルが、世界中にツボカビをばらまいたと推測できる」としている。

 ツボカビは実験動物として使われるアフリカツメガエルが世界中に移送され、拡散したと考えられている。

 同研究所などは国内のカエル3200匹を分析。遺伝子配列がやや異なる約30系統のツボカビを見つけた。病原性が強く中米パナマや豪州で猛威をふるっているA型も含まれていた。韓国の調査でも日本と同様に多数の系統が見つかった。

 また、日本固有の両生類オオサンショウウオからもツボカビが多数見つかったが、カエルのツボカビとは異なる独自の系統という。一方、パナマと豪州では、A型しか見つからなかった。これまでのところ、日本、韓国、中国ではツボカビによる大量死の報告はないという。

 これらから、研究チームは日本のカエルはツボカビとの付き合いが長く、抵抗性を獲得している可能性があると分析。侵入生物研究チームの五箇公一リーダーは「従来のアフリカツメガエル起源説を見直して、世界中のツボカビの遺伝学的・生態学的調査が必要だ」と話している。

侮日新聞
http://mainichi.jp/select/science/news/20090505k0000m040113000c.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/05/05(火) 13:36:03 ID:+N86VIxx
三鷹で新型に感染したメスが発見されました。


5 :名無しのひみつ:2009/05/05(火) 13:38:23 ID:rxGdPJBy
また起源か。

6 :名無しのひみつ:2009/05/05(火) 13:39:55 ID:qUuvy+V8
>>5
こういうものの起源は主張しない。



7 :名無しのひみつ:2009/05/05(火) 13:41:00 ID:NH+uT6ws
良かったな韓国。
誰も文句言わないからツボカビの起源を主張していいぞ?


10 :名無しのひみつ:2009/05/05(火) 13:50:12 ID:jP9+vLt4
絶滅の危機とか騒がれてたけど、抵抗性あるのか。

12 :名無しのひみつ:2009/05/05(火) 13:53:54 ID:kCPcZ+VG
>>10
全然へっちゃららしい、死ぬのは輸入してきた両生類ばっか。


オバマ大統領、NASAの次世代宇宙船開発計画の見直し  





 スペースシャトルに代わる次世代の宇宙船開発に関わるNASAの「Constellation(コンステレーション)」計画が難航していることに関して、オバマ大統領が計画の見直しを指示する可能性が強まってきた。

 フロリダ州の地元紙「オーランドセンチネル(Orlando Sentinel)」が5日付けで報じたもので、同紙によると7日中にも正式発表の模様としている。

CropperCapture[342]_convert_20090508101821



 コンステレーション計画ではスペースシャトルに代わる次世代の有人宇宙船「オリオン」、有人ロケット「アレスI」、貨物用大型ロケット「アレスV」、月着陸船「アルテア」の開発を網羅したもので、前ブッシュ政権によって2005年に発表されたものとなる。

 垂直打ち上げ型のロケットやカプセル型有人宇宙船は技術的に現行のスペースシャトルよりも単純なこともあり、計画はスムースに運ぶことが予想されていたが、当初の予想に反して、オリオンやアレスIの開発は難航を極め、予定通りに2015年までの打ち上げは困難との見通しが強まってきたことが今回の計画見直しの指示の背景。

 オバマ政権ではコンステレーション計画そのものを廃案にするのではなく、改めて既存の技術を再利用することで現実的に実現可能な範囲での早期の計画実現を目指す。ただし、現在、開発が難航しているアレスIやアレスVに関しては、当初の仕様条件定義そのものに問題があったという見方もでており、開発内容が一から見直される可能性もでてきた。

technobahn
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200905060743




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/05/06(水) 19:40:32 ID:g4hu6AIN
デセプションポイント


3 :名無しのひみつ:2009/05/06(水) 19:40:52 ID:ccVI4OXL
オバマがアメリカを二流国にします。


4 :名無しのひみつ:2009/05/06(水) 19:42:34 ID:xhm9knnk
ムサイから造り始めた方がいいな。

58 :名無しのひみつ:2009/05/07(木) 12:15:28 ID:Kbr05PXG
>>4
ムサイは大気圏突入出来ないよ。



6 :名無しのひみつ:2009/05/06(水) 19:57:04 ID:XVU2s56W
NASAが、新発見の発表準備に入りました。


7 :名無しのひみつ:2009/05/06(水) 19:58:17 ID:hBYlw5hW
そもそも、有人宇宙飛行なんて未来永劫無理では?
(ISSやシャトルのような、大気圏内低軌道飛行は当然除外)


8 :名無しのひみつ:2009/05/06(水) 20:01:41 ID:oS3lfRV9
シャトル退役に間に合うのかね?


9 :名無しのひみつ:2009/05/06(水) 20:06:44 ID:BKfi1Kfl
チャレンジャー号事件で2年間宇宙開発できず欧州に追いつかれ、オリオンを採用する切っ掛けとなったコロンビア号事件でこの有り様か…スペースシャトルってほんとに。

【板垣】山形の板垣さん、46個目の超新星発見…最多記録更新  





 山形市のアマチュア天文家、板垣公一さん(61)が28日夜、コップ座にある銀河NGC3905で、16.8等の超新星を発見した。天文学者らでつくる東亜天文学会が30日発表した。板垣さんの超新星発見は46個目で、自身が持つ国内最多記録を更新した。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20090430-OYT1T00353.htm?from=main6




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/04/30(木) 11:28:33 ID:SLBQQfTa
また板垣か!!


3 :名無しのひみつ:2009/04/30(木) 11:29:07 ID:BRCtRHRI
また板垣だ!!


5 :名無しのひみつ:2009/04/30(木) 11:39:36 ID:U6it45Dp
宇宙には無数の超新星が現実にすでに存在している。
それが見えた見えないで競うなんて、肝っ玉の小さい話だと思わないか?

8 :名無しのひみつ:2009/04/30(木) 11:47:22 ID:eC8W/HdM
>>5
私は何かに打ち込みそれによって一番になる人というのは、
そうなれない人より素晴らしいと思いますよ。



7 :名無しのひみつ:2009/04/30(木) 11:45:55 ID:0QoB5Ebm
46番目なら
名前は マキシ だな。


9 :名無しのひみつ:2009/04/30(木) 11:48:54 ID:jfSZw2aq
そろそろ、板垣さんの出番かなと思ってましたよ。

小惑星探査機 「はやぶさ」 が最後のご奉公  





 来年6月に帰還予定の小惑星探査機「はやぶさ」が、地球に衝突する恐れがある小惑星の軌道予測システムの開発に役立てられることになった。

 確実に地球を“直撃”するため予測精度を詳細にチェックできるからだ。はやぶさは数々のトラブルに見舞われながらも故郷を目指して飛行中で、9日には打ち上げから丸6年を迎える。システム開発に取り組む宇宙航空研究開発機構は「地球の安全に貢献するためにも無事帰還を」と、新たな役割に期待を込める。

20090505-587909-1-L_convert_20090506111616.jpg



 地球に接近しそうな小惑星の観測は各国で行われているが、国内には観測データの解析設備はなかった。宇宙機構の吉川真准教授らは独自の装置開発に乗り出し、今年3月、衝突の軌道や時間、確率を計算するシステムを試作した。

 アフリカ・スーダン上空に昨年10月に飛来した直径約3メートルの小惑星をモデルにシステムをテストし、大気圏への突入時刻・位置を誤差0・5秒、13キロで予測。今後、精度の検証と向上を図るため、順調に飛行すれば宇宙で唯一の「衝突確率100%」の物体になる、はやぶさ(太陽パネルを広げた長さ約5メートル)に着目した。

 はやぶさは小惑星「イトカワ」の土を採取して持ち帰るため、2003年に打ち上げられた。20億キロ旅してイトカワに着陸したが、燃料漏れや姿勢制御装置の故障が相次ぎ、一時は帰還が絶望視された。その後、どうにか持ち直して地球へ向かう軌道を飛んでいる。来年6月、土が入っている可能性のある耐熱カプセルを放出し、本体は大気圏で燃える見込みだ。

 吉川准教授は「元々はこんな活用法は想定していなかった。トラブルによる機体の損傷が激しいため心配だが、きっと戻ってきて最後まで役立ってくれるだろう」と話している。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20090505-OYT1T00378.htm




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




3 :名無しのひみつ:2009/05/05(火) 13:36:31 ID:94cpTIcU
さて、オカエリナサイを準備するか。


7 :名無しのひみつ:2009/05/05(火) 13:40:26 ID:+N86VIxx
> 土が入っている可能性のある耐熱カプセルを放出し、本体は大気圏で燃える見込みだ。
これはいったい何のために…

9 :名無しのひみつ:2009/05/05(火) 13:42:27 ID:3aGU6Ct+
>>7
カプセルは地上に届けるために放出するってことでしょ。
抱え込んだままだと一緒に大気圏で燃え尽きちゃう。


10 :名無しのひみつ:2009/05/05(火) 13:43:10 ID:JDWIJVHf
>>7
サンプルを持ち帰り、探査機自体は燃え尽きるのさ。
泣けるだろ。



8 :名無しのひみつ:2009/05/05(火) 13:42:12 ID:N8tSV8W/
まだまだ先だと思ってたら、もう来年には帰還予定なんだな。
たとえ自分は燃え尽きても最後の最後まで貴重なデータを残す、まさに日本の鑑だ。


12 :名無しのひみつ:2009/05/05(火) 13:51:34 ID:srjJScxi
果たしてイトカワの土は入っているのだろうか…

哺乳類は、1億2000万年前の超大陸分裂で3系統に?  





 哺乳類はカンガルーやカモノハシの仲間を除くと3つの系統に分類されるが、これは約1億2000万年前に地球に存在した超大陸が、ほぼ同時に3分裂したのがきっかけだったとの論文を、東京工業大の岡田典弘教授や丸山茂徳教授らが10日までにまとめた。米科学アカデミー紀要の電子版に発表される。

 3系統は、北米・ユーラシア大陸が起源の鯨や犬猫、霊長類などの「北方獣類」と、アフリカが起源の象や海牛類などの「アフリカ獣類」、南米が起源のアリクイなどの「貧歯類」。

 分子進化学の岡田教授らは、各系統を代表するヒト、アフリカゾウ、アルマジロについて、細胞核DNAに散在する化石のような塩基配列「レトロポゾン」を解析し、ほぼ同時に分かれたことを解明した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200903/2009031000080




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/03/10(火) 23:52:53 ID:4wJciMmS
裂け目に落ちた奴がクジラとイルカだったのかな?

16 :名無しのひみつ:2009/03/11(水) 09:17:34 ID:2CdhK1Bi
>>2
クジラとイルカは、大陸分裂で発生した多島海でウシやカバの仲間から進化したと言われているので、その推察はあながち間違いではない。



3 :名無しのひみつ:2009/03/10(火) 23:54:31 ID:IyTsdggI
東工大は、こんな理学的な研究もするのか?

37 :名無しのひみつ:2009/03/14(土) 23:26:07 ID:iuuQcAbM
>>3
東工大は、この分野 (DNA分析による系統進化の解明) では世界的権威。
これはダーウィン・メダルものじゃないかな?正しければ。



4 :名無しのひみつ:2009/03/10(火) 23:57:06 ID:xN3MyfsI
凄いじゃん、地質学と遺伝子が一致したか。

全高11メートル! 史上最大のホビーロケット 見事打ち上げに成功  





 メリーランド州在住のスチーブ・イブズ(Steve Eves)さんが2年の歳月と3万ドル(約300万円)の費用を投じて開発した全高11メートルのサターンV型ロケットの1/10の縮尺を持つホビーロケットの打ち上げが25日、メリーランド州プライスにあるヒッグズ農場で大勢の観客が見守るなか行われ、巨大なホビーロケットは打ち上げと同時に正確に真上へと上昇。本物のロケットの打ち上げさながらの迫力で雲の彼方へと消え、数分間ほど経過した後、3機の大型パラシュートを広げながら見事、地上への帰還を果たした。

 実物の1/10の縮尺を持つこのホビーロケット、700キロと一般の乗用車並の重量を持つが、推進機関として備えられているのは中型ホビーロケット用に用いられるNクラス固体燃料ロケットモーターが8基と大型ホビーロケット用のPクラス固体燃料ロケットモーターを1基の合計8基のホビーロケット用ロケットだけ。ホビー用ということもあり信頼性はあまり高くはないこともあり、事前には打ち上げを懸念する声も聞かれたが幸運にも今回の打ち上げでは8基のロケットエンジンはすべて正常に燃焼し、700キロの巨体を空の遙か彼方にへと持ち上げることに成功した。

 イブズさんが本物さながらの巨大ホビーロケットを打ち上げるということは事前に多くのマスコミがニュース番組で報じていたことに加えて、今年はアポロ11号による月面着陸からちょうど40年周年記念ということもあり、このサターンV型ロケットの打ち上げには全米から多くの観光客が集結。その打ち上げの風景は40年前の実物のサターンV型ロケットさながらに迫力のあふれるものとなった。

 今回の打ち上げが成功したことに関してイブズさんは「40年前には本物のサターンロケットの打ち上げを教室からTVで見ていました。その後、このサターンロケットへのあこがれは、自分自身のサターンロケットを何とかして作り上げたいというものに変わっていきました」とサターンロケットへの憧憬が今回の打ち上げ成功につながったと答えている。

 今回のロケット打ち上げ成功に関しては既にNASAも非公式ながらも関心を示しており、今後、イブズさんにはNASAによる財政支援なども行われる可能性もでてきた。



technobahn
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200904271023




4 :名無しのひみつ:2009/04/29(水) 01:06:35 ID:IeASH4XF
自作地対空ミサイルか。 


5 :名無しのひみつ:2009/04/29(水) 01:10:39 ID:JedfNpb3
こいつ北朝鮮に拉致られるぞ…


6 :名無しのひみつ:2009/04/29(水) 01:11:28 ID:I9DEd9+i
個人で、しかもたった300万でこれだけのこと出来るんだな。


7 :名無しのひみつ:2009/04/29(水) 01:15:39 ID:E1RT8Y58
すごい轟音だった。


8 :名無しのひみつ:2009/04/29(水) 01:18:41 ID:dbJovYf+
1、2、3段をそれぞれパラシュートで回収できているな。
完全再利用型の点なら本物以上。


9 :名無しのひみつ:2009/04/29(水) 01:20:04 ID:EMcMgbZX
すごいね!完璧な打ち上げ&帰還。 
ダッシュ村でロケット企画があったけど、ここまでやって欲しかったな。

従来の1000倍の速度で濾過?透析時間の短縮に期待  





 従来の1000倍の速度で水をろ過し、濁った水を透明にしたり農薬やウイルスを取り除いたりできる膜を、物質・材料研究機構(茨城県つくば市)の一ノ瀬泉・ナノ有機センター長らが開発した。水質浄化の低コスト化につながるほか、将来は人工透析など医療への応用も考えられるという。

 開発したのは、たんぱく質「フェリチン」などを材料にした厚さ約60ナノメートル(ナノは10億分の1)の膜。従来より厚さが1000分の1と薄い。水の分子の約10倍という直径約2ナノメートルの穴が多数あり水は流れるが、ウイルス(直径数十ナノメートル)や水を濁らせる物質は遮断される。

 この膜に1気圧相当の水圧をかけると、1平方メートルあたり毎時約9000リットルの水がろ過でき、従来の約1000倍の速さだった。原料費は膜1平方メートルで約800円という。

 ろ過速度は圧力に比例して上がる。従来は水圧を数十気圧まで高めて速度を上げていたが、今回の膜なら高圧をかけるエネルギー分を節約できる。4月26日付の英科学誌ネイチャー・ナノテクノロジー電子版に発表した。

侮日新聞
http://mainichi.jp/select/science/news/20090502k0000e040053000c.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/05/02(土) 16:53:07 ID:6/XfbtjC
チンコは通しても、精液は通さない処女膜を開発するほうが売れる。

4 :名無しのひみつ:2009/05/02(土) 17:01:54 ID:+/Xz0GqS
>>2
何気に優秀な一言…



5 :名無しのひみつ:2009/05/02(土) 17:02:44 ID:5ChEV8lE
人工透析は医療費が余り得られないので、医師も減りがちだと聞きます。
設備はあるのに医師が辞めてしまったとか…技術的に解決されると喜ばしいですね。


8 :名無しのひみつ:2009/05/02(土) 17:05:48 ID:F0H8d47y
中国がコレ使って海水を淡水化しそうだな。


9 :名無しのひみつ:2009/05/02(土) 17:05:53 ID:10Bk9DA9
どこの会社から売るのかな?


10 :名無しのひみつ:2009/05/02(土) 17:06:29 ID:Acgoaz9T
> 将来は人工透析など医療への応用も考えられるという。
その頃にはiPS細胞の技術で、簡単に臓器が手に入ると思う。


13 :名無しのひみつ:2009/05/02(土) 17:13:11 ID:H9Xlpujb
透析時間が劇的に短縮される…素晴らしい。

天体観測史上、最も遠い光 地球から約131億光年  





 国立天文台は30日、岡山天体物理観測所(岡山県浅口市)の口径1・88メートル望遠鏡で、地球から約131億光年かなたで起きた巨大な爆発現象「ガンマ線バースト」の残光をとらえることに成功したと発表した。



 米ハワイ島の国立天文台すばる望遠鏡が銀河観測で持っていた約129億光年の記録を上回る、天体観測史上最も遠い光だという。

 岡山の観測所では当時、たまたま遠方の天体から届く赤外線を観測する装置を望遠鏡に取り付け、テストしていた。吉田道利所長は「人類が見た中で最も遠い光を見られるとは、想像していなかった」と喜んでいる。このガンマ線バーストが最初にとらえられたのは日本時間23日午後5時ごろ。

 米国の天文衛星がしし座の方向に発見し、世界中の研究者に知らせた。同観測所では、連絡から約2時間半後に観測開始。赤外線観測に加えて、可視光での観測も試みたがまったく見えず、波長の長い赤外線だけが検出できたという。

47News
http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009043001000829.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/04/30(木) 20:23:09 ID:TAU7Pb/+
どんくらい昔?

3 :名無しのひみつ:2009/04/30(木) 20:25:52 ID:GOTOOp+S
>>2
131億年前。



4 :名無しのひみつ:2009/04/30(木) 20:28:08 ID:1j07OwjJ
どうして約131億光年の距離だとわかったのか?そのくらいは報道してくれ。


5 :名無しのひみつ:2009/04/30(木) 20:28:36 ID:7MUsB9Df
光年というのは「距離」を表してるからね。


7 :名無しのひみつ:2009/04/30(木) 20:33:47 ID:2kupGgbn
でっかい恒星ってほんとに寿命短いんだね。


10 :名無しのひみつ:2009/04/30(木) 20:44:40 ID:EDQNhfhl
> 巨大な爆発現象「ガンマ線バースト」
原因は何だろう?


11 :名無しのひみつ:2009/04/30(木) 20:45:12 ID:uVp0kjos
その光が放たれた時は もっとはるか近くに在ったって事かな?

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。