ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

Category : 古細菌

南極の氷河の中に、150万年以上孤立して生きた微生物  





 外からの栄養供給や光、酸素がないという過酷な南極の氷河下の湖で、微生物が鉄分などを使って150万年以上も生き延びた仕組みを米ハーバード大などが解明し、17日付の米科学誌サイエンスに発表した。数億年前に地球全体が凍結したとされる「スノーボールアース」時代に生物が存続し得た理由の解明につながるほか、氷に覆われた火星の極地に生命が存在する可能性を示す成果として注目されそうだ。

 東南極のテイラー氷河の末端では「血の滝」と呼ばれる鉄分の多い赤茶けた水が漏出している。水源は、4キロ離れた厚さ400メートルの氷の下にある湖。以前は海だったが、150万~400万年前に拡大してきた氷河がふたとなって密室状態を作った。光は当たらず水中に酸素はない。塩分濃度は海水の3倍、水温は氷点下5度と厳しい環境だが、複数の微生物が見つかり、なぜ長期間生存できたのかが謎だった。

 研究チームが微生物の遺伝情報などに基づき分析したところ、岩盤中の鉄や水中の硫黄分を使う独自の代謝方法で生命活動に必要なエネルギーを得て、150万年以上の生存を支えてきたと結論づけた。研究チームは「この湖は『スノーボールアース』時代を含めた地球の歴史を解明する上でまたとないタイムカプセルだ」としている。【田中泰義】

 【ことば】▽スノーボールアース▽ 先カンブリア紀の終わり(6億~8億年前)ごろ、地球全体が赤道付近を含めて氷に覆われたが、その後、火山活動などで温暖化、多様な生物が爆発的に増加した。こうした冷却と加熱のサイクルが生物の進化に重要とされている学説。92年に米国の研究者が提唱し、98年にアフリカでその現象を示す調査結果を発表した。


侮日新聞
http://mainichi.jp/select/science/news/20090417k0000e040058000c.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/04/17(金) 17:33:49 ID:EZxiq0LC
微生物が棲むと言う南極の湖。


3 :名無しのひみつ:2009/04/17(金) 17:34:54 ID:1XOVEHh0
地球に生命をもたらしたものは、隕石に引っ付いて来た微生物だったのかもしれないな。


4 :名無しのひみつ:2009/04/17(金) 17:35:31 ID:WnF2Svl7
静かな股間の森の影から。


5 :名無しのひみつ:2009/04/17(金) 17:37:17 ID:WnF2Svl7
で、常温中に置いとくと死ぬのか?死なないなら、既存生物に朗報だな。


21 :名無しのひみつ:2009/04/17(金) 18:58:10 ID:JsC8BsYm
28日後、そこには元気に走り回るゾンビ達の姿が…


24 :名無しのひみつ:2009/04/17(金) 19:29:12 ID:Q42KTBNV
南極物語が遊星からの物体Xになるわけだな。

「ほとんど死んでいる」 生物、海底地下の 「古細菌」  





2008080523-1.jpg 海底の地下深くには、原始的な微生物の巨大なコロニーが存在する。

 まるで単細胞のゾンビのようなこの微生物たちはエネルギーをほとんど消費しないため、「生きている」というより「死んでいない」と言ったほうが的確かもしれない。

 だが研究者たちは、これらの種が他の惑星に棲む生物に似ているかもしれないと考えている。地球上でも、こうした微生物は全生物量の実に10%を占める可能性があるという。

 このように主張する研究論文の主執筆者で、ペンシルベニア州立大学に所属するChristopher House教授(地球科学)は、プレスリリースの中で次のように述べている。「基本的にこれらの微生物は、われわれの通常の基準から考えると実質的にはほとんど死んでいる。代謝を行なってはいるが、ごくわずかだ」

 温度が低くて光が届かず、エネルギーに乏しい海底下の環境は、火星の地表下や、木星の第2衛星エウロパの熱水噴出孔付近の厳しい環境によく似ている可能性がある。

 「地球外にいる微生物がこれと全く同じ微生物だとは思わないが、同様のゆっくりとしたペースで生きている可能性はある」とHouse教授は指摘する。

 『米国科学アカデミー紀要』(PNAS)のオンライン版に7月23日付(米国時間)で掲載された論文によると、メタゲノム解析を行なった結果、海底下にいる微生物は、地球の地表や海洋にいる生物とは遺伝学的に異なることが判明したという。[メタゲノム解析は、微生物培養という過程を経ずに、環境中の微生物がもつ核酸、遺伝子、DNAのすべてを抽出、収集し、これらの構造(塩基配列)を網羅的に調べることで、環境中の微生物の集合体がもつ遺伝子群を解析すること]

 ペンシルベニア州立大学の研究チームが発見した古細菌は、見た目はバクテリアに似ているかもしれないが、バクテリアのように食べたり動いたりしない。たとえば大腸菌は30分で数が倍に増えるが、この古細菌は、倍に増えるまでに数百年、場合によっては数千年もかかる可能性があるという。

 研究チームは、南米[ペルー]の沖合にあるペルー・マージンと呼ばれる領域の[海底を掘削し]、さまざまな深度にいる生物群系(バイオーム)の遺伝子を抽出した。

 研究チームによると、深度約49メートルより深い場所では、存在する生物の90%が古細菌となり、これまでメタゲノム解析が行なわれた中でも最もユニークな環境だという。古細菌は、代謝を変えたり、低温環境に耐えたり、化学物質を合成したりする未知の遺伝子を探し求める研究者にとって、いまだ手つかずの遺伝子の宝庫といえる。論文の共著者であるJennifer Biddle氏はリリースのなかで、この種類の生物に関しては、もっとも基本的な疑問さえ答えられていないと指摘している。

 「たとえば、これらはどうやって死ぬのだろう? それは私たちが答えられていない質問だ」とBiddle氏は述べている。

Wired Vision
http://wiredvision.jp/news/200808/2008080523.html


5 :名無しのひみつ:2008/08/05(火) 18:35:16 ID:nL3DqzbI
お前は既に死んでいる。

8 :名無しのひみつ:2008/08/05(火) 18:36:53 ID:FMNDXlNj
古生物の起源は、韓国です。

9 :名無しのひみつ:2008/08/05(火) 18:37:51 ID:QwxIya5d
今の細菌は好気性だからな。

14 :名無しのひみつ:2008/08/05(火) 18:51:12 ID:K6dimOwl
俺とたいして変わらんな。

15 :名無しのひみつ:2008/08/05(火) 18:52:32 ID:oeSJ1VjJ
代謝と自己複製が生物の条件と言われとるが、いい加減見直せ。

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身