ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

Category : 技術

手のひらサイズのX線発生装置を開発  数千円で製作でき、従来の50分の1以下  





京都大工学研究科の河合潤教授のグループが、手のひらサイズのX線発生装置を開発し、22日に発表した。市販のX線検出器などと組み合わせ、小型で安価な元素分析装置として用いることができるという。

zu2.jpg


発生装置は長さ5センチ、直径3センチのガラス管の中に、携帯電話の電波フィルターに使うタンタル酸リチウムを電極として設置した。電極の温度を室温から 70度の間で変化させると、電極間に80キロボルトの高電圧が生じ、片方の電極に接するように置いた試料からX線の発生を観測した。電極の温度変化は、弱い電流で温度を変える素子で調節し、電源には乾電池を用いた。

このX線発生装置に、X線検出器や真空ポンプを組み合わせることで、元素分析が可能になる。従来の元素分析装置は、X線を発生させるために大型の電子銃を用いており、装置全体で1メートル四方以上のサイズが多い。

今回のX線発生装置は数千円で製作でき、従来の50分の1以下の100万円以下で元素分析装置を組むことができるという。河合教授は「本格的な分析装置と比べると元素の検出能力は劣るが、野外での土壌などの元素分析や、教育用にも使える」と話している。

引用元:京都新聞


超音速へ向けて、無人試作機「オオワシ」が初飛行に成功  





室蘭工業大学(佐藤一彦学長)の航空宇宙機システム研究センター(棚次亘弘センター長)は10日、白老町北吉原の白老滑空場で、小型超音速飛行実験機(愛称・オオワシ)の初のテスト飛行を行った。実験は離着陸、飛行などを行い、「マッハへの第一歩」(棚次センター長)を踏み出した。

df3184256c21ab1202eda16edd109fe1.jpg


実験は高速(マッハ2)で飛行するため主翼・尾翼は通常の飛行機よりも大きく後退させた形状を導入。低速時も安定飛行を続けることができる機体形状を探るのが狙い。機体は炭素繊維強化プラスチック製で全長3m、翼長は1.6m。最高飛行速度(水平飛行)は時速370km。ターボジェットエンジンを2基設置している。今回は地上からのリモコン操縦で実施した。

この日は朝から準備に取り掛かった。重量27キログラムの実験機は午前11時20分ごろに飛び立ち、100m上空を時速200k前後で旋回しながら約4分半飛行。上空では加速と旋回を繰り返し、着陸直後に滑走路でバウンドし横倒、車輪と翼の一部は破損したが、本体部分に大きな損傷はなかった。

実験を終えた棚次センター長は「上空では問題なかったが、着陸は難しい。データを分析して改良点を探っていきたい」と話した。同滑空場を訪れた佐藤学長は「試験飛行はおおむね成功だった。次の実験・研究に生かしてほしい」と述べた。

実験機を操縦した神奈川県の玩具店「サガミ堂」の小室隆代表取締役は「操縦は難しかったが挑戦に値する飛行機。今後の実験が楽しみ」と室工大の高い技術力に感心していた。

引用元:室蘭民報


ドライアイスの製造効率アップ  放出したCO2をコンプレッサーで圧縮、液体に還元し再利用  





福島大共生システム理工学類の佐藤理夫教授と福島市のドライアイス製造機器販売会社「福島DI工業」は共同研究で、ドライアイスの製造効率を高め、二酸化炭素(CO2)排出量を削減することに成功した。製造過程で、ほとんど気化していたCO2のうち約2割を再利用できるようになる。


ドライアイスは高い気圧で液化させたCO2を急激に通常の気圧下に放出することで気化熱が奪われ、固体化することを利用し作られる。佐藤教授らによると、その際、CO2の約6割が気体として放出されているという。研究では放出されたCO2の一部をコンプレッサーで圧縮すると同時に、冷却することで、液体に還元し再利用する。

従来のドライアイス製造装置に取り付けるだけで使用が可能になる見込みで、年度内にも試作機が完成するという。ドライアイスは工業、食品、医療など幅広い分野で活用されている。福島DI工業はドライアイス製造装置を生産している会社で、ドライアイスの輸送が困難な山間部や離島、突発的に必要性がある葬儀会社などが主な販売先。

同社の佐藤忠之社長は「ドライアイスの販売価格はわが社で現在、1キロ260円前後だが、この研究が実用化すれば1キロ230円程度になるのではないか」と期待を込める。佐藤教授は「環境に優しく製造コストも下がる技術を企業と大学の連携で開発できたことには意義がある」と語っている。

引用元:福島のニュース


バッタ型ロボット「エアホッパー」 車輪とジャンプを組み合わせて移動するハイブリッド  





東京工業大学の広瀬茂男教授らは、4脚に付いた車輪とジャンプを組み合わせて移動するバッタ型ロボット「エアホッパー」を開発した。効率良い不整地移動を狙った。2種類の移動手段を組み合わせたハイブリッド型は珍しいという。小さな凹凸はダンパー付きの車輪で越え、大きな障害物は空気圧シリンダーを使い飛び越える。今後は走行姿勢の改善や、より高い跳躍に適した構造などの研究を進める。


脚を折り畳んだ状態で、ペットボトルにためた空気をシリンダーに送りジャンプする。実験では、車輪で走行しながら約70cm前方へ飛ぶことができた。垂直方向には約4気圧の空気で高さ40センチメートル程度飛ぶ。大きさは、奥行き129cm、幅120cm、高さ52・5cm。重さは32・4㎏

引用元:日刊工業新聞


多人数で観察できる、テーブル型裸眼立体ディスプレイの開発に成功  





今回新しく開発した技術は、何もない平らなテーブル面上に高さのある立体映像を浮かび上がらせて再生でき、着座時のような周囲360°から見下ろすように観察する場面に特化したものであり、複数人が裸眼で自然に利用可能なインターフェースです。

img01.jpg


立体映像の再生には、NICTが新しく開発した特殊な光学素子と、円状に並べられた多数の小型プロジェクターを使います。これらの組合せでテーブルの上に置かれた物体が放つはずの光の状態を再現し、テーブルの周囲上方に円環状の立体映像が観察できる領域を創り出します(技術詳細は別紙参照)。

これらの仕組みは全てテーブル面よりも下側に配置されており、テーブル上には一切の装置がありません。そのため、紙の資料や実物の模型の隣に立体映像を並べて表示したりすることなども可能です。

今回の原理検証システムでは、立体映像を再生するためのスクリーンにあたる円錐型の光学素子を試作し、96台の小型プロジェクターを用いることによって、現在は、理想形態の1/3にあたる周囲120°ほどの範囲から観察可能な立体ディスプレイとして実装しました。本試作機では、高さ5cmほどの立体映像が、テーブルの中央に置かれたオブジェのようにテーブル面から飛び出して立体的に見えます。

引用元:NICT 報道発表


生きたまま細胞の構造を観察できるEXA顕微鏡を開発 光学顕微鏡と電子顕微鏡の融合  





生きた生物の細胞などを数十nmの単位で観察できる顕微鏡「EXA顕微鏡」を、静岡大工学部(浜松市中区)の川田善正教授(応用光学)らの研究グループが開発した。

EXA顕微鏡


川田教授によると、光学と電子の顕微鏡の特徴を融合した世界初の顕微鏡だという。たんぱく質の構造や神経細胞内の伝達物質の解析などの生物分野のほか、液晶の分子配列や微結晶の成長の様子などの観察が期待される。

川田教授によると、光学顕微鏡は生きたままの生物や大気・液中の観察に適しているが、可視光線を使った光検出器では500nmより小さいものを見ることはできない。一方、数nm程度の細かさまで観察できる電子顕微鏡は、電子線を対象物に当て、跳ね返った電子を解析して観察する。ただし乾燥させた対象物を真空中に置かなければならず、生きた生物細胞や液中の物体は見られないという。

EXA顕微鏡は、特殊な発光膜で隔てた電子線発生部分と光検出部分から構成。電子線を発光膜に当てることで50nm程度の微少な光の点を作り、発光膜を通った光の点に映った対象物を光検出器でとらえる仕組み。光の点を少しずつ移動して、二次元の画像に解析して対象物を観察する。

だが、電子線を発光膜に当てた時の明るさや強度など、発光膜の素材や作成法などが課題となる。川田教授は電子顕微鏡メーカーや光関連メーカーとの製品開発を進め、13年度中の実用化を目指している。川田教授は「今までになかった発想で、光学顕微鏡の限界を克服できる。医学や薬学、生物分野の進展に大きく寄与するだろう」と話している。

引用元:侮日新聞


メキシコ湾の原油流出を核兵器で止める? 米政府は否定 (動画有り)  





米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は2日、メキシコ湾で続く原油流出事故でこれまでの流出阻止策がことごとく失敗しているため、核爆発で食い止めようというアイデアまで取りざたされていると伝えた。原油掘削基地を操業していた英BPなどに提案が殺到しているという。

原油



米政府は「検討したこともない」と否定、実現性は低そうだ。

1960年代から80年代にかけて、旧ソ連が天然ガスの採掘用井戸で火災を消し止め封鎖するのに核爆発で成功した例が複数報告されているのが提案の根拠。井戸の中で核爆発を起こせば、周囲の岩石が高熱で溶けた後に冷えて固まって栓の役目を果たすことが期待できるという。

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100603/amr1006031246006-n1.htm


米軍の「PS3スパコン」、1700台がファームアップで影響? 訴訟も  





ソニーは、4月1日に提供した『PlayStation 3』のソフトウェア・アップデートで、『Linux』など他のオペレーティング システム(OS)をインストールできる機能を削除(日本語版記事)した。これは同社にとって、著作権のあるコンテンツを保護するための措置だったが、いくつかの研究プロジェクトが巻き添えを食う事態となっている。



その一例が米軍だ。ニューヨーク州ローマ市にある米空軍研究所は2009年、336台のPS3システムを購入し、53テラフロップスのプロセッシング・クラスタを自前で構築した。概念実証テストが完了した後、空軍の研究者らは、クラスタの規模を6倍に拡大して2200台以上のPS3を購入しようと考えた(最終的には1700台規模に縮小した)。

空軍は2010年1月6日、66万3000ドルの契約をFixstars(フィックスターズ)[本社は日本]という小さな企業と締結した。1700台のPS3(160GB)で構築されたシステムを納入するという内容だ。

この契約は、さまざまな代替案を検討した上で結ばれたものであり、66万3000ドルというのは、性能からすれば破格の値段だったと研究所は言う(続きは省略)

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/201005/2010051421.html


本をパラパラとめくるだけで、内容を高速に読み取れる特殊な複写機  東京大学が開発  





 本をパラパラとめくるだけで内容を高速に読み取れる東京大学の研究チームが開発した特殊な複写機が世界中から注目されている。紹介映像が動画共有サイト「ユーチューブ」で大ヒット。アクセス件数は投稿してわずか1週間余りで36万件を超えた。民間企業とも共同開発の話が進んでいる。予想外の反響に研究チームは「ネットの反応は研究開発を続けるべきかどうかの判断に役立つ」と話している。

パラパラ



 注目されているのは、本の内容を短時間でデジタルデータに変換する装置で、石川正俊教授と渡辺義浩特任助教らの研究チームが開発した。本を持ってページをパラパラめくり、その様子を上から高速カメラで撮影する。1秒間に500枚の画像を撮影しながら、同時に赤外線レーザーを当てて動くページとの距離を測定していく。250ページの本なら1分程度で撮影できる。

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/tech/trend/article/~E2E3E2





4 :名刺は切らしておりまして:2010/04 /05(月) 23:52:20 ID:+1UV6gKd
グーグルが買ってくれるさ。


7 :名刺は切らしておりまして:2010/04 /05(月) 23:56:37 ID:8v0dR8yP
上手に捲るにはかなりの熟練が必要だろうな。

12 :名刺は切らしておりまして:2010/04 /06(火) 00:00:52 ID:pOGfksKu
>>7
自動ページめくり器「ブックタイム」

69 :名刺は切らしておりまして:2010/04 /06(火) 07:16:16 ID:kv6nnkbP
>>12
堕落にも程がるw


街路灯の電球を 水銀灯 → LED電球  テレビやラジオの受信障害が発生  





 宮城県涌谷町と栗原市の商店街に設置されている街路灯の電球を3月下旬、省エネルギータイプのLED(発光ダイオード)電球に取り換えたところ、「テレビやラジオの受信障害が発生している」と町などに苦情が寄せられていることがわかった。

1530-ptpac.png



 メーカー側は、LED電球を、受信障害対策を施した電球に付け替えることを決めた。涌谷町によると、商店街の電力料金の負担軽減のため、町が3月、136基計272個の水銀灯をLED電球に切り替えたところ、今月6日までに、「街路灯が点灯している間、アナログテレビやFMラジオにノイズが入る」という苦情が町に3件寄せられた。

 栗原市南部商工会によると、同市築館の商店街で3月下旬に124基248個の街路灯をLED電球に換えると、商店1軒のテレビにノイズが入るようになったという。涌谷町のLED電球を製造したリード(埼玉県熊谷市)によると、LED電球は電源コイルが発する磁力の影響により、どの製品も多少のノイズが出る。

 関東地方などの街路灯でも使用されている電球で、これまでには受信障害の報告はない。ただ、「一か所に大量につけたことでノイズが増幅された可能性もある」としている。同社は「事前の受信調査をしなかったことで、ご迷惑をおかけした。問題がないと思われる電球が完成したので、今週からすべて取り換える」と話している。

 築館でLED電球を販売したエコマックスジャパン東北(石巻市)では「原因を調査中」としている。

 総務省東北総合通信局によると、従来の街路灯でも点灯時や球切れ時に瞬間的なノイズは発生していたが、「LEDによるノイズは点灯中ずっと続くので影響は大きい」と話している。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100407-OYT1T00468.htm?from=main3





2 :名刺は切らしておりまして:2010/04/07(水) 13:08:06 ID:OrSGL/Rq
水銀灯をLED電球に切り替えても、省電力にならないのじゃないか?

12 :名刺は切らしておりまして:2010/04 /07(水) 13:34:30 ID:zk3ByWli
>>3
白熱電球の取替えなら分かるが、放電灯に喧嘩を売るってLEDも基地外だな。
コストと効率で省エネなんかになるわけないのに。



4 :名刺は切らしておりまして:2010/04/07(水) 13:14:12 ID:G+8mL5T2
ちょっと困る、LEDの街頭の下じゃラジオも聞けなくなるのか?


5 :名刺は切らしておりまして:2010/04/07(水) 13:20:46 ID:Su32WGGQ
これは室内の電球をLEDに変えたら、無線LANに障害がでやすくなるってことか?

10 :名刺は切らしておりまして:2010/04/07(水) 13:31:19 ID:1ojCSf5m
>>5
周波数帯や強度が違うから多分大丈夫。


八木・宇田アンテナを応用した0.5umの光アンテナ開発  広島大  





 広島大学大学院の角屋豊教授らは、地上波テレビの電波の受信に使われている原理「八木・宇田アンテナ」を光に応用した、長さ約500ナノメートル(ナノは10億分の1)の光のアンテナを開発した。電波アンテナの100万分の1の寸法になる。



 光を前方に約10倍集光し、指向性を制御することに成功した。光を一方向に放てるほか、微弱な光の検出にも使えるという。バイオセンサーなどに応用を目指す。

 15日発行のネイチャー・フォトニクス電子版に発表する。 八木・宇田アンテナは、1926年に東北大学で発明された。電波を受信するアンテナで、金属棒の間隔を寸法通りに並べると、電波を強めたり弱めたりできる。 今回この原理を光に応用した。幅50ナノメートルで、75ナノ―125ナノメートルの長さの異なる5本の金ナノロッドを並べ、ガラス基板に埋め込んだ。

日刊工業新聞
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720100315eaae.html





2 :名無しのひみつ:2010/03/15(月) 10:32:12 ID:bO1oPumx
その発想はあった、実現したのが凄い。


5 :名無しのひみつ:2010/03/15(月) 10:35:42 ID:zmtFF9HU
八木アンテナの形のように人間を並べると、人間の念力も増幅されます。
これは安倍晴明が過去に証明しております。

32 :名無しのひみつ:2010/03/15(月) 13:25:43 ID:0G3V/nx9
>>5
待て、そのうち人間なのは一人だけであとは傀儡だ。



6 :名無しのひみつ:2010/03/15(月) 10:36:20 ID:281V1ZOF
見えすぎちゃって困ることに。

44 :名無しのひみつ:2010/03/15(月) 19:21:49 ID:NIpWPqtF
>>6
おーっ!もーれつ!じゃなくて、基本平面構成の八木アンテナだからだろうな。
これがキュビカルクワッドアンテナ何かだと、無理なんだろうな。


国産技術で初の人工衛星姿勢制御用「高性能ホイール軸受」を開発  





 日本精工は17日、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき(GOSAT)」に搭載された、国産技術で初の高性能姿勢制御用ホイール軸受を開発したと発表した。衛星は「いぶきプロジェクト」として2010年1月の打ち上げ以降、宇宙空間で観測している。



 衛星の姿勢制御用ホイールは、内部のローテティングマス(はずみ車)をモータで加・減速し、その際に発生する反作用トルクによって衛星の姿勢を制御する。軸受は、ホイールの性能を左右するコア部品の一つで、真空環境で軸受表面の微量の潤滑油だけで宇宙の軌道上で10 - 15年の長期間、安定して回転し続け、衛星の観測機能に悪影響を与えないよう振動を低減する必要がある。また、打ち上げ時の振動や衝撃環境、軌道上での温度変動にも耐える必要がある。

Response.jp
http://response.jp/article/2010/02/17/136528.html





2 :名無しのひみつ:2010/02/19(金) 01:46:53 ID:PLzLHgoL
はやぶさの後継に積めるかな?

3 :名無しのひみつ:2010/02/19(金) 01:58:38 ID:pubVWImx
>>2
いぶきのRWはMサイズ、はやぶさ2のRWはSサイズ。



4 :名無しのひみつ:2010/02/19(金) 02:34:17 ID:MCvrABuO
なるほど、精度と強度を極限まで追求、オイルセーバーまで一体となったシステム軸受けか。
セラミックではだめなのかな?


6 :名無しのひみつ:2010/02/19(金) 03:19:50 ID:BKp7E3LS
回転系の弱さは日本の衛星の弱点だったからな、あとは、燃料系のバルブの信頼性向上かな。
大型衛星のメインバス系の問題は解決したのか。


7 :名無しのひみつ:2010/02/19(金) 03:28:42 ID:5+im2AWR
これをはやぶさに搭載していれば、製造業が弱いアメリカのやつを搭載したばかりに…

10 :名無しのひみつ:2010/02/19(金) 06:49:04 ID:L4J86tF2
>>7
そうすると余りにも上手く行き過ぎて、まったく盛り上がらなかった可能性もあるぞ。

36 :名無しのひみつ:2010/02/19(金) 18:23:26 ID:3kBNHZ+1
>>7
ホイール自体はかなり実績のある製品だったが、はやぶさ向けに改修した部分でトラブル発生。
受入テストは日本側の責任。


TOTO新型トイレは 「ツイントルネード洗浄」 を搭載 強力な旋回流を発生させ汚物を流す  





 TOTO(本社・北九州市)が4月1日から、タンク型としては国内最小洗浄量となる4.8リットルタイプの便器「GG」を発売する。縦横2種類の水の渦で、便器洗浄と汚物を排出・搬送する「ツイントルネード洗浄」機能を搭載。これにより従来の大型便器を比較すると、1年間に使用する水量の68%、電気量36%の削減が可能という。

001l_convert_20100221110645.jpg



 「GG」は、水平方向の渦で便器を洗浄、続いて便器のボウル下から出る垂直方向の渦と融合させ、強力な水の旋回流を発生させて効率よく汚物を流す。便器の洗浄水量については世界各国でおおむね6リットルの洗浄規制がある中、同社では4.8リットルを今後の世界基準と位置づけ、この機能を開発した。

 また消費者調査の結果を受け、タンクの高さや奥行きを抑えたコンパクトな「ローシルエット」タイプで展開。「GG」の発売と同時に、既存の給配水管を手洗い用の配管と兼ね、一日で工事が完了するリフォームプランも用意し、リフォームによる「GG」の採用も高めたいとしている。

侮日新聞
http://mainichi.jp/life/housing/news/20100215mog00m100018000c.html





2 :名刺は切らしておりまして:2010/02/16(火) 19:54:58 ID:/w6FKExc
マニアック過ぎる。


3 :名刺は切らしておりまして:2010/02/16(火) 19:55:10 ID:+x7DiZiu
日本で誇れるのは、ウォシュレットだけになりつつあるのか。


4 :名刺は切らしておりまして:2010/02/16(火) 19:56:19 ID:oTIkq5th
ツイントルネードで俺のアナルが…どうしよう。

17 :名刺は切らしておりまして:2010/02 /16(火) 20:12:30 ID:YOoPIepb
>>4
ガバガバだと洗いやすいな。



5 :名刺は切らしておりまして:2010/02/16(火) 19:56:34 ID:bo3kDWk9
タンクレスの便器は地震のとき困ります、風呂の残り湯をタンクに入れて流せません。
便器選びはこの商品のようなタンク有りが良いでしょう。

7 :名刺は切らしておりまして:2010/02/16(火) 19:59:38 ID:SnwrzrUt
>>5
いざとなったら、タンク内の水が飲めるしな。


紫外線出すダイヤモンド製LEDを作製  水銀を用いた殺菌灯に比べ、消費電力が少なく安全  





 殺菌効果のある紫外線を出す発光ダイオード(LED)を、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などのグループが作製し、8日、発表した。現在使われている水銀を用いた殺菌灯に比べ、消費電力が少なく安全性が高いため、小型殺菌装置の開発につながりそうだ。



 研究グループはダイヤモンドに電気を流すと、殺菌効果のある波長を出すことに着目し、人工ダイヤで直径0.15ミリのLEDを作製した。このLEDで大腸菌を塗ったシャーレに紫外線を照射したところ、大腸菌は死滅した。2ミリ離れたところから、直径1cm大の領域を照射できるという。

 現在の殺菌灯は蛍光灯のような大きさと形をしており、狭い場所では使いにくい。殺菌に有効な波長を出すのに水銀を使うため、環境への影響も懸念される。山崎聡・同研究所主幹研究員は「口の中の殺菌や、家庭での食器消毒機器などへの応用が考えられる」と話している。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100208-OYT1T00946.htm





4 :名無しのひみつ:2010/02/08(月) 23:50:22 ID:7CqV9bDJ
これまでは水銀灯が汚物は消毒だーってやってたのか。


6 :名無しのひみつ:2010/02/09(火) 00:03:08 ID:N2o7hcbW
> 殺菌に有効な波長を出すのに水銀を使うため
蛍光灯は全部そうなんじゃないのか?


8 :名無しのひみつ:2010/02/09(火) 00:04:37 ID:sx/YOLCq
なあ、TOTOの便器に内蔵すれば、小便臭減るだろうか?
だったらいっそ尿道に挿し込めば…

34 :名無しのひみつ:2010/02/09(火) 08:26:52 ID:236HCg7P
>>8
尿って体外に出た直後はほぼ無菌って話だから、そんなことしても痛いだけだと思う。



9 :名無しのひみつ:2010/02/09(火) 00:07:06 ID:/74Z/dZl
配管の殺菌なんかによさそうだ。

イスラエル軍、「臭くならない靴下」を歩兵に支給へ  





イスラエル軍は「2週間履き続けても臭くならない靴下」を歩兵に支給することになった。28日の同国紙マーリブ(Maariv)が報じた。

2010020615_m.jpg



 軍装備部のニッシム・ペレツ(Nissim Peretz)准将は同紙に対し、「ばかげているように聞こえるかもしれないが、(足の臭いは)訓練中に数々の問題を引き起こす重大事なのだ」と語った。靴下の繊維には、悪臭と真菌感染を寄せ付けない金属成分が含まれており、スポーツ選手にも有用という。3月から、新たに入隊するすべての歩兵に支給されるという。

AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2688382/5250155





2 :七つの海の名無しさん:2010/01/29(金) 13:17:38 ID:clHyX+Uq
あの匂いが良いんじゃないか…

8 :七つの海の名無しさん:2010/01/29(金) 13:22:21 ID:WfRnSyiz
>>2
玄人でつね。



5 :七つの海の名無しさん:2010/01/29(金) 13:18:17 ID:SI1HRqEF
自衛隊にも導入してよ。


6 :七つの海の名無しさん:2010/01/29(金) 13:19:40 ID:Gq9MaGKK
松茸の香りが…

500分の1秒で焦点を合わせる液体レンズを使い、「全焦点」動画の撮影に成功 東京大学  





 東京大学の石川正俊教授、奥寛雅助教らは、500分の1秒で焦点を合わせる液体レンズを使い、異なる奥行きの対象物すべてにピントが合った全焦点動画の撮影に成功した。一般的なカメラに同レンズを組み合わせ、8点に焦点が合った動画を毎秒1000枚撮影できた。立体的な対象物の奥行きを単一のカメラで正確に把握できることから、外科手術や3次元プリンターのスキャナーなどに応用が期待できる。



 奥行き方向へ10ミリメートル間隔に等距離で並んだ六つの振り子のひもが揺れる様子を撮影。画像を合成して全焦点の動画を生成した。使用した液体レンズは、ピエゾ素子で液体に圧力を加えて高速に焦点距離を調整。液体同士の界面を高精度屈折面に使うことで高い解像度を出している。焦点距離の調節に移動機構を使わず、小型化でき生産コストも抑えられるという。

日刊工業新聞
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0320100112aaaf.html
http://www.k2.t.u-tokyo.ac.jp/mvf/FocusStacking/index-j.html





3 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 13:33:29 ID:Uru9rtbw
明るいFでこれが出来たら凄い事になるな。


5 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 13:35:30 ID:koLqbK+o
被写界深度すげぇ…


7 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 13:46:49 ID:vvYomXio
動画すげぇ、良いよ~良いよ~変態技術良いよ。

15 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 13:55:32 ID:E+vJ8Ynq
>>7
動画見たけど、何がすごいのか全然わからなかったよ。

20 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 14:05:58 ID:jhjrqeuH
>>15
例えば普通のカメラでぱっと見、奥の方に幽霊みたいのがボケて見えた時に、それにいちいち焦点合わせずに幽霊だって判ることだ。

24 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 14:29:52 ID:E+vJ8Ynq
>>20
ますます分からんわ。



8 :名無しのひみつ:2010/01/12(火) 13:48:30 ID:Pn1VcwaN
確実に米軍が興味を持ったな。

ノルウェー上空に謎の「螺旋」が出現? → 露が新SLBMの発射実験に失敗  





 筆者はこれを見たとき、まずは、「Photoshopで処理した下手な写真だな」と思った。しかし、ノルウェー中のさまざまなメディアが同様の写真を掲載したので、もしこれが冗談であるならば、大変よく計画された冗談だと思うようになった。

jan-petter1-660x490_convert_20091211122010.jpg



 筆者自身はこれが何であるか皆目検討がつかないが、科学雑誌『Discover』のPhil Plait氏は、これはロケットによる現象だろうと述べている。[失敗して安定を失ったと推測しているが、わかっている限り、該当するロケットは無いともしている]

 われわれとしては、これは新作映画を広告するキャンペーンだろうと思っているのだが、ひとつ残る疑問は、なぜノルウェー?というものだ。つまり、ニューヨーク市にはノルウェー全体の2倍ほどの人間が住んでいる。コスト計算からすれば、ニューヨークで行なったほうがはるかに優れているだろう……しかし、世界中でこの画像について書かれ、話されているところを見ると、そうでもないのかもしれない。

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200912/2009121020.html





3 :名無しのひみつ:2009/12/10(木) 12:21:39 ID:jzBNrUSd
ノルウェーの朝8時ってこんなに暗いんだ。


10 :名無しのひみつ:2009/12/10(木) 12:26:25 ID:HG/ztczk
白色彗星ですね。


12 :名無しのひみつ:2009/12/10(木) 12:26:51 ID:J/rHZqUk
動画を見ると、空に穴でも開いたのかという感じだ。


14 :名無しのひみつ:2009/12/10(木) 12:29:08 ID:4WgbAgc/
LHCで出来たブラックホールが…地球滅亡まであと…

196 :名無しのひみつ:2009/12/10(木) 21:44:09 ID:WlxBAjmV
>>14
俺も「LHCがこの怪現象の原因かっ?」って思った。



15 :名無しのひみつ:2009/12/10(木) 12:29:31 ID:APO69njf
何これ?

ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず? ニスを赤外線で分析/仏独研究  





 イタリアの弦楽器製作者アントニオ・ストラディバリ(1644~1737)が作った弦楽器の名品ストラディバリウス。その特別な音色の秘密として木材や接着剤、防虫剤としての鉱液、バイオリンの形状など、専門家の間でさまざまな議論がかわされてきたが、有力視されてきたのは表面の塗装に使われた「ニス」だった。



 しかしフランスとドイツの専門家チームが、4年にわたる研究の結果、ニスはごく普通のものだったと発表した。研究チームは、ストラディバリが約30年の間に作ったバイオリン4丁とビオラ1丁のニスを赤外線で分析した。

 その結果、ニスの材料として使われていたのは、18世紀の工芸家や芸術家の間で一般的だった油と松やにの2種類だけだったことが分かった。研究に参加したパリの音楽博物館のJean-Philippe Echard氏(化学工学)は「ニスが音色に影響を与えていると言えるだけの知見は得られなかった」と述べた

 琥珀やハチが作り出す蜂ろうなどがニスに含まれているとの議論もあったが、それらの材料は一切検出できなかったという。さらに、松やにも豊かな色合いを出すために使われた可能性が高く、この他に見つかった赤い顔料も、見た目を変えるために使われたようだという。

 研究チームは「ストラディバリは特別な秘密の材料を使わなかったのかもしれない。弦楽器製作、特に木材の仕上げに秀でた工芸家だったのだろう」とし、ニスのレシピは非常にシンプルなものだったと結論づけている。

AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2671336/4995259





2 :名無しのひみつ:2009/12/07(月) 00:29:24 ID:M62CuVof
化学工学?

5 :名無しのひみつ:2009/12/07(月) 00:36:12 ID:vt4HVY/V
>>2
引用元も化学工学って書いてあるけど、化工屋の仕事じゃなくて分析屋の仕事だよな。



3 :名無しのひみつ:2009/12/07(月) 00:32:40 ID:9JD7xXDZ
レーザー干渉で振動モード一発なのに、それやっちゃうと中国で大量生産になっちゃうからな。


4 :名無しのひみつ:2009/12/07(月) 00:35:14 ID:xt8uRLbP
ストラディバリはコピーできないのかな?生で聞き比べした事あるけど、音の違いが全く分からなかった。

24 :名無しのひみつ:2009/12/07(月) 02:08:49 ID:cbon0WC7
>>4
実際、プロでも違いは分からない。実験で、ストラディバリと模造品の音の聴き比べをどこかの有名な楽団員をサンプルにやった。すると、模造品のほうが音がいいと判断した楽団員が多かった。

なぜストラディバリの人気が音楽家の間で高いのかというと、聴衆に「うまく聞こえる」ってのが重要なわけで、ストラディバリの名前が効果的なんだと。


世界最小のX線ビーム、細胞内のレントゲン写真も可能に  





 世界で最も小さい直径7nm (nは10億分の1) のX線ビームを作ることに、大阪大大学院工学研究科の山内和人教授らの研究チームが成功した。高精度のX線顕微鏡の実現に必要な技術で、細胞の「レントゲン写真」の撮影が可能になり、新薬や新しい治療法の開発につながると期待されている。成果は、22日付の英科学誌「ネイチャー・フィジックス」電子版で発表された。

20091125.jpg



 タンパク質などの微細な内部構造を観察するX線顕微鏡の高精度化には、細いX線が不可欠で、これまでに直径50nm程度のビームが実用化されている。細くできる限界は直径10~20nmと考えられていた。

 X線を細く集めるためには2枚の曲面鏡を使うが、研究チームは、曲面鏡の表面を極限までなめらかにした上で、形状を微調整できる平面鏡を2枚用意。曲面鏡を通った後のX線の乱れから計算して、曲面鏡のゆがみを検出し、平面鏡を微調整して乱れを補正する手法を採ることで、X線を直径7nmに集めることに成功した。

 この技術を兵庫県佐用町の大型放射光施設「スプリング8」や、隣接地に建設中の「X線自由電子レーザー(XFEL)」と組み合わせて使えば、X線顕微鏡の能力が飛躍的に向上。これまで不可能だった膜タンパク質などの構造解析に威力を発揮するという。

 山内教授は「X線を細くすることに関して、世界を周回遅れにすることができた。生命科学だけでなく先端材料の開発にも応用できる。さらに細いX線の実現を目指したい」と話した。

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/science/science/091123/scn0911230302000-n1.htm





2 :名無しのひみつ:2009/11/23(月) 04:48:26 ID:DvbSmcYa
仮にも科学ニュース板のスレタイで電磁波をビームというのは止めろ、記者より頭悪いな。

13 :名無しのひみつ:2009/11/23(月) 05:40:52 ID:FjMNN2UH
>>2
放射光業界の科学者は普通に、X線ビームって使いますが?


34 :名無しのひみつ:2009/11/23(月) 09:30:57 ID:IU7W7uk/
>>2
放射光扱ってたが普通に言うが?
SPring8のサイト見てみろよ、ビームラインマップとかBLとか踊り狂ってるぞ?



4 :名無しのひみつ:2009/11/23(月) 04:55:33 ID:YqGXVwKX
近接場は使えないの?それともそれよりもっと回折限界が高い?


5 :名無しのひみつ:2009/11/23(月) 04:57:00 ID:rlqBvwZF
日本の職人のお陰か、ちゃんと職人囲い込んで守れよ?
ここまで来ると、理論より職人技の有無で実現出来るかどうかかかって来るし。

10 :名無しのひみつ:2009/11/23(月) 05:11:20 ID:LXxF8mG+
>>5
技術はオープンにして、安い外国人労働者を使うべきだろ。


15 :名無しのひみつ:2009/11/23(月) 06:50:36 ID:+iGhUClU
>>10
馬鹿か死ね。


電力不要で再び脚光、アインシュタイン考案の冷蔵庫?  





 1930年、アルベルト・アインシュタインと仲間の核物理学者レオ・シラードは、電力を必要としない新種の冷蔵庫について、米国で特許を取得した。



 この冷蔵庫は、アンモニア、ブタン、水による化学反応を利用し、熱を「原材料」として冷却を実現する。

 液体ブタンの入った蒸発器(エバポレーター)に気体のアンモニアを放出すると、ブタンは沸点が下がって蒸発する。そのとき周囲のエネルギーを吸収するので、蒸発器の外側が冷やされる。ブタンとアンモニアの混ざった気体は、水で満たされた凝縮器(コンデンサー)へと送られる。アンモニアはそこで水に溶け、ブタンは液体へと凝縮し、アンモニア水溶液の上に層を作る。このブタンは再び蒸発器に戻される。ここで熱源を使ってアンモニアを再び気体に戻し、蒸発器に送り込むと、また同じサイクルが繰り返される。

 この冷蔵庫が商品化されることはなかったが、この科学界の大物コンビの業績の中でも最も将来性の見込めるこの特許は、スウェーデンの Electrolux社によってライセンスを購入された。最近になっていくつかの研究チームが、アインシュタインとシラードの考案による冷却器を作成している。

 2008年には、オックスフォード大学のMalcolm McCulloch博士らのチームが、この冷蔵庫のプロトタイプを作成した。ドイツの研究チームもこの冷蔵庫を再現している(下の写真)し、1998年にも、ジョージア工科大学の博士課程院生(当時)のAndy Delano氏が取り組んでいる。

以下略

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200911/2009111720.html





4 :名無しのひみつ:2009/11/17(火) 11:46:50 ID:qRAkQrho
周りを冷やしつつ中も冷やすの?よく分からない。


5 :名無しのひみつ:2009/11/17(火) 11:47:19 ID:zns566bT
これよりは、環境負荷の低い発電の開発が進むほうが現実的だと思うな。


6 :名無しのひみつ:2009/11/17(火) 11:49:06 ID:61fwNGCH
コンセント無くても冷蔵庫使えるの?凄い。


7 :名無しのひみつ:2009/11/17(火) 11:50:09 ID:vBCspyfu
スターリングエンジン?


8 :名無しのひみつ:2009/11/17(火) 11:51:02 ID:/IFc6X5c
> 冷却に必要な原材料は熱だけだ。
寒い所じゃ使えないじゃないか。

9 :名無しのひみつ :2009/11/17(火) 11:54:01 ID:uafT5ujb
>>8
※ 常に部屋をエアコンで暖かく保ってないと冷蔵庫維持できません。


あのBigDog(ロボットろば)が人間に…新作ロボ「ペットマン」の動画  





 気味が悪いほどリアルなロボットろば『BigDog』(日本語版記事)を作ったメーカーの新作は、本物の人間のように歩き回るロボットだ。



 米Boston Dynamics社では、米軍が防護服をテストするためのロボット『Petman』の試作品を作っている。

 「Petmanは、自分でバランスを取り、自由に動き回る。化学兵器に晒されている状況で、歩いたり這ったり、さまざまな柔軟な動きをする」とBoston Dynamics社は述べる。「Petmanはまた、温度、湿度、および必要に応じて発汗を制御することによって、防護服内での人間の生理機能をシミュレートする。すべては本物に近いテスト条件を作り出すためだ」

 Petmanは、同社が作ったロボットろばBigDogと同様に、横から押されても直立状態を保つ。かかとからつま先へと順番に着地しながら、時速約5キロメートルの速度で歩く姿はまるで生身の人間のようだ。

 Petmanは、二足歩行を再現する装置を作ろうとしてロボットメーカー各社が行なっている数多くの試み(日本語版記事)の1つだが、これほど現実に近づいたものを見たのは初めてだ。

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200910/2009102722.html





2 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 15:16:07 ID:1XC5vDt9
BigDogに比べてキモさが軽減されたのは大きい。

4 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 15:33:02 ID:RsvjknJI
>>2
十分キモい…



3 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 15:19:47 ID:sMOMWg29
この記者にアシモの動画を見せたら、「アメリカ人が作ったに違いない」とか言うだろうね。

6 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 15:38:46 ID:RQd20PGD
>>3
アシモって、横から押し倒そうとしても立ち直れるの?


20 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 19:56:32 ID:cY2WOmfY
>>6
少々の力ならば対応できるが、この動画のような大きな力だと無理。
HRP-4Cもそうなんだが、あのお漏らしを我慢しているような歩行はなんとかならんものかな?


22 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 21:06:45 ID:xkVmukqD
>>20
早稲田大学のWABIAN-2Rは、完全直立二足歩行だよ。



23 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 21:23:25 ID:RcJOIhvf
>>22
名前が違う所を見ると、昔のワボットシリーズとは違う系統なんだろか?



5 :名無しのひみつ:2009/10/29(木) 15:36:12 ID:Tw5/wPhR
押されたり氷で滑った時のバランスの取り方が、感情移入しちゃうくらい生々しいな。

携帯電話を体温で充電できる発電機を開発 「2009年スイス・エレクトリックリサーチ賞」  





 9月16日、「2009年スイス・エレクトリックリサーチ賞」が発表された。受賞したのはヴルフ・グラッツ氏で、賞金2万5000フラン ( 約220万円 ) が授与された。連邦工科大学チューリヒ校 ( ETHZ ) に籍を置くグラッツ氏は、人間の体温を利用して携帯電話の電池を充電できる発電機を開発した。

sriimg20090917_11228857_2.jpg



 「スイス・エレクトリックリサーチ ( swisselectric reserch ) 」によると、35歳のエンジニア、グラッツ氏は熱発電機の新しい製造方法を開発した。この発電機は熱源とその周囲の温度差を利用して電気を作る。製造費を10分の1に抑える

 グラッツ氏の発電機を使うと、例えばセントラルヒーティングや自動車のエンジンの余熱から家事や自動車用電子機器に必要な電気を得ることができる。車ではこの方法でガソリン代を約1割節約することができるという。

 グラッツ氏は、熱電発電材料を直接プラスチックフィルムに塗布した。これにより、従来の発電機に比べて数多くのメリットが得られた。まず、発電機の製造費が10分の1に抑えられた。発電機は薄くて柔軟なため、凹凸のある表面に取り付けることも可能だ。さらに、この発電機は摂氏200度以下の低温熱でも利用できる。これらの特徴から、いずれは体温で発電させて、例えば携帯電話の電池を充電することも可能になる。

 グラッツ氏は博士号を取得するための研究でこの新しい発電機を開発した。現在、特許も申請中だ。グラッツ氏は有限会社「グリーンTEG ( green TEG ) 」社を設立し、2年以内にこの技術を製品化するつもりだ。

swissinfo.ch
http://www.swissinfo.ch/jpn/news/science_technology/





2 :名無しのひみつ:2009/09/18(金) 13:30:50 ID:O3lrMFFT
自家発電なら任せろ。


3 :名無しのひみつ:2009/09/18(金) 13:35:25 ID:rlz5LuMZ
セイコーかどっかの腕時計にも、体温で発電ってのがあったような。

5 :名無しのひみつ:2009/09/18(金) 13:40:30 ID:+SNYstKZ
>>3
これのことか?

SOI技術によるバッテリーレス機器用の電源変換部の開発について
体温を利用した、バッテリーレス無線システムを実現
http://speed.sii.co.jp/pub/corp/pr/newsDetail.jsp?news=399



4 :名無しのひみつ:2009/09/18(金) 13:39:55 ID:f5l6BQw4
なんだただのペルチエか…

67 :名無しのひみつ:2009/09/19(土) 04:48:28 ID:2b8QGGh1
>>4
おしい、それはゼーベック効果



リチウムイオン電極材料で単結晶 電気自動車のバッテリー容量を10倍増やせる可能性  





 東北大学はトヨタ自動車などと共同で、電気自動車(EV)などに使うリチウムイオン電池の正極材料で単結晶を作ることに成功した。単結晶の性質をうまく調整できれば、電池の容量を左右するリチウムの濃度を大幅に高めることが可能。結晶の状態と電気特性の関係などについて研究が進めば、1回の充電で走れる距離を現行の約10倍に増やせる可能性もあるという。

CropperCapture[912]



 東北大の一杉太郎准教授が中心となり神奈川科学技術アカデミーと東京大学も参加した。リチウムイオン電池の正極に使うコバルト酸リチウムの単結晶薄膜を作製した。レーザー蒸着法により、1センチメートル四方のサファイア基板上に厚さ0.1マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルの非晶質のコバルト酸リチウム膜を付けた。

 成膜中にリチウムが抜けやすいため、原料にリチウムを多く加えた。これをセ氏650度で1時間加熱すると。非晶質だったコバルト酸リチウムが、基板表面と同じ方向に結晶軸がそろった単結晶に変化した。加熱温度と時間の選択が良質の単結晶を得るポイントになった。

 コバルト酸リチウムは酸化コバルト層が積み重なり、層間にリチウムイオンが挟まった構造をしている。イオンが動いたり止まったりして電気を運び電池として働く。層間にイオンをより多く蓄積させ、効率よく出し入れできるようにすれば電池の性能が向上する。

 既存の電極は結晶軸の方向が定まらない多結晶の粒子と、イオンの流れを補助する黒鉛の粒子などを混合し、焼結して作っている。結晶の性能が不十分なため黒鉛でおぎなっているが、その分だけリチウムの濃度が薄まり効率が悪いという。

一杉准教授らは、化学組成や成長のさせ方を工夫した単結晶をベースに電極を作り、黒鉛を完全に除去できれば現行の約10倍の電気をためられるとみている。10倍を実現するには10年程度かかる見込みだ。今後、単結晶の結晶成長のさせ方や組成などを少しずつ変え、電気特性の変化を詳しく調べて、性能向上に役立つ条件を探る。

さらに結晶間の境界(粒界)の状態などを様々に変えて高性能な多結晶の作製を目指す。

日経産業新聞
http://web.me.com/taro.hitosugi/Taro_Hitosugi/others_files/20090814nikkei-sangyo-LicoO2.pdf





2 :名無しのひみつ:2009/08/22(土) 16:38:33 ID:JMLXaP6i
10倍に増やすより10年もつ電池にしてくれ…1年で容量半分以下とか詐欺じゃん。

19 :名無しのひみつ:2009/08/22(土) 17:08:18 ID:4n0DWbpL
>>2は正論だな。

いま電池業界では、電気自動車用の電池で、使用や経年劣化の無い、大容量の電気二重層キャパシタ(俗に言うコンデンサ)で行くか、高性能のリチュウムイオン系電池で行くか競走してる。

個人的見解だがレアメタルを使用するリチュウムイオン系電池は、原材料が中国や政情不安の国が多く、この先原油のように高騰する可能性もあるから、構造が簡単でレアメタルを使用しない電気二重層キャパシタの高性能化が将来的に明るいと思う。



8 :名無しのひみつ:2009/08/22(土) 16:53:16 ID:tfXOhItx
我が母校ではないか。


10 :名無しのひみつ:2009/08/22(土) 16:55:13 ID:7bbemr9B
10倍なら100km走れるEVが、1000km走れるようになるってことか?


13 :名無しのひみつ:2009/08/22(土) 16:56:11 ID:7bbemr9B
G13型トラクター商談に応ず、石油メジャー一同。

15 :名無しのひみつ:2009/08/22(土) 16:58:23 ID:9bDTZ6Km
>>13
スイス銀行がガサ入れに応じるから、また2兆円寄付するハメになるぞ?w


アルミニウム粉末と氷を用いた 新型推進剤ロケット 「アリス」 打上げ成功  





 アメリカ空軍科学研究局(AFOSR)とアメリカ航空宇宙局(NASA)は8月21日、アルミニウム粉末と氷で作られた新型推進剤を用いた小型ロケットの打ち上げに成功したと発表した。

0824alice.jpg



 打ち上げは今月、パデュー大学のシェーラー農場で行われ、高さ約2.7メートルの小型ロケットは時速約330km、高度約400メートルに達し、打ち上げ試験に成功した。

 この新型推進剤は「アリス(ALICE:ALuminum powder and water ICE)」と名づけられ、アルミニウム粉末と水の氷を組み合わせたもの。安全で環境に優しいなどの利点を持ち、従来の液体や固体推進剤に比べ、より高い性能を発揮する可能性も秘めているという。

 今回の試験を受け、研究チームの一人で、パデュー大学のスティーヴ・サン教授は「近年、ナノサイズのアルミニウム粉末と水の燃焼研究が進み、今回の打ち上げが実現した。『アリス』に酸化剤を追加し、改良することによって、現在の固体燃料ロケットの推進剤となる可能性もあるだろう」と述べている。

sorae.jp
http://www.sorae.jp/030899/3236.html




2 :名無しのひみつ:2009/08/24(月) 13:09:16 ID:R79krI+L
安全で環境に優しいんなら、今日から1円玉食べて食いつなぐお…

24 :名無しのひみつ:2009/08/24(月) 13:47:50 ID:zwlK5FfO
>>2
1円玉の製造単価は1円を超えるそうだから、アルミホイルを食べた方が良いよ。
(しっかり、噛んで食べてね)



6 :名無しのひみつ:2009/08/24(月) 13:11:18 ID:uR8eEm65
> 「アリス(ALICE:ALuminum powder and water ICE)」
ちょっと無理矢理なネーミングだな。

23 :名無しのひみつ:2009/08/24(月) 13:45:27 ID:aVcnx+fI
>>6
普通にアルミと氷ということじゃね?



8 :名無しのひみつ:2009/08/24(月) 13:11:54 ID:pruMZz5v
オゾン・ホールにやさしいロケットです?

米海軍研究所の実験航空機は、左右非対称  





 この画像は実は6月3日に米海軍研究所(NRL)が初の飛行実験を実施した燃料電池を用いた無人航空機「XFC (eXperimental Fuel Cell) 」のものとなるが、見ての通り、この2次元の映像は「騙し絵」のようなものとなっており、この画像からでは、この航空機がいったいどのような形態をしているのか、まったく理解不能だ。

CropperCapture[253]
CropperCapture[254]



 画像下は、XFCを下側から撮影した映像となる。この映像で初めてこの航空機の特異な形態が理解できるところとなるが、左右の主翼は非対称的で主翼と胴体の接合箇所も、左右の主翼で異なっているのが判る。

 わざわざ、こんな奇妙な構造を取る理由がどこにあるのだろうか?

 残念ながら、NRLでは、水素燃料電池を用いた実験によりXFCが6時間超に及ぶ長時間の耐久飛行実験に成功したことしか述べておらず、XFCがなぜ、このような奇妙な形態をしているのかについては一切の説明をしてない。NRL では、8月10~13日の予定でワシントンDCで開催予定の国際無人航空機協会の年次会合の席上でこの奇妙な形をしたXFCの公開展示を行うと述べている。

テクノバーン
http://www.technobahn.com/news/200908070524





8 :名無しのひみつ:2009/08/07(金) 11:59:51 ID:mA72PkCF
てっきり見え難く背景に溶け込んでるかと…


10 :名無しのひみつ:2009/08/07(金) 12:00:11 ID:1c8A7OH5
宇宙人から得た反重力エンジン搭載なので、主翼などはただの飾り。


14 :名無しのひみつ:2009/08/07(金) 12:02:54 ID:fJPRPiWi
壊れた風力発電?


16 :名無しのひみつ:2009/08/07(金) 12:04:28 ID:yxEFp1el
組み立て方を間違えたんだろ。


17 :名無しのひみつ:2009/08/07(金) 12:05:27 ID:TOyBjzmO
小学生の頃に複雑骨折して、膝から下が丁度>>1のようになった。

「触れる立体映像」 超音波触覚ディスプレイ  手に超音波を当てることで触感を生み出す  





 ホログラフィー(立体映像)といえば実体がないものの代名詞ですが、これに触感が生まれるとしたらどんなものになるのでしょうか。東京大学のプロジェクトチームは「Touchable Holography」の動画を公開しています。



 2個のWiiリモコンを使って手の位置を検知。手に超音波を当てることで触感を生み出すという画期的な技術となっています。動画ではホログラフィーのボールをドリブルしたり、水滴を手の上で弾けさせたりといったデモを見ることができます。

 触感を生み出しているのは2008年に独自開発された「超音波触覚ディスプレイ」(Airborne Ultrasound Tactile Display)。超音波がものに当たると力が発生する「音響放射圧」を応用しています。「超音波触覚ディスプレイ」の下に手をかざすことでホログラフィーの位置に合わせて超音波が発せられ、あたかもホログラフィーに触ったような感覚を味わえるというわけです。

 各ハードメーカーはモーションコントロールによる新操作を研究している真っ最中ですが、この技術を使えば「触れるゲーム」もできるわけで、大きな可能性が開けたといえるでしょう。

INSIDE
http://www.inside-games.jp/article/2009/08/08/37041.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




4 :名無しのひみつ:2009/08/10(月) 09:36:06 ID:9yeoTCbk
エロゲに応用すべきだな。


5 :名無しのひみつ:2009/08/10(月) 09:37:03 ID:8LNg660D
これで童貞からオサラバ出来る。

6 :名無しのひみつ:2009/08/10(月) 09:38:32 ID:kUyvdZPN
>>5
なんでだ?w



8 :名無しのひみつ:2009/08/10(月) 09:39:52 ID:hJZcjl4I
遠隔操作のロボットハンドとかには必要な技術。



10 :名無しのひみつ:2009/08/10(月) 09:40:41 ID:AUy/fxH0
聴覚には感じないけど、触覚には感じる音というのがあるのか。

結晶内の不純物原子、試しに斜めから見たら本当に見えた  





 物質の表面にある原子は一つ一つ見えるが、物質の内部に交じっている特定の原子だけを見ることは不可能とされてきた。ところが東京大学の幾原雄一教授らはこのほど、電子顕微鏡を使って結晶内部の不純物原子を一つずつ見ることに成功した。その秘密は「物質を斜めから見る」という、とても単純に聞こえる方法にあるという。新素材づくりの大きな力になると期待される。

 不純物の役割はとても重要だ。例えばセラミックスに微量の不純物を加えると、硬くなるなど新しい性質が現れる。セラミックスは小さな結晶の集まり。結晶と結晶の境界(界面)に不純物が挟まると、ピンのように結晶同士を結びつけて硬くなると考えられる。

 どんな不純物をどれだけ入れれば、どんな性質が現れるのか-。理論的な計算は難しいため、いろいろな不純物を混ぜて試行錯誤で新素材を探すしかないのが現状。「界面の不純物が顕微鏡で見えれば、材料づくりの大きな情報になる」(幾原教授)という。

 電子顕微鏡でセラミックスなどを観察するときは、結晶の正面から電子線を当てて影絵のように像を見る方法が常識とされる。正面から見れば原子が整列してきれいな影が見えるからだ。

 ただ、この方法では原子の列は見えても、列の中にある不純物の原子は埋もれて見えない。

 共同研究者の柴田直哉助教は、電子の影ができる条件を綿密に計算。斜め方向から細く絞った電子線を当てることで、結晶のすき間から不純物の原子だけに電子が届き、原子一つ一つの影が映しだせることを発見した。酸化アルミニウムの界面にイットリウム原子を入れた試料を作製。細く絞った電子線が出せる最新の顕微鏡を使って斜めから電子を当て、イットリウム原子が界面に規則正しく並んだ様子を見ることに成功した。

 「どうせ見えないと思い込んで誰も斜めから見ようとしなかった。計算してみると不純物だけが見えるという結果が出て、試したら本当に見えた」と柴田助教。

 原子が見えれば、物質の中で不純物の果たす役割が分かり、新しい機能を持った材料の組成を理論的に設計して作ることが可能になるかもしれないという。

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/technology/science/CK2009080402000142.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




3 :名無しのひみつ:2009/08/04(火) 09:52:14 ID:IiTn8CLb
試してみるもんやね


6 :名無しのひみつ:2009/08/04(火) 10:15:21 ID:bDEdBvUl
物事を斜めに見ると不純なものばかり見えるというわけですね、分かりません。

13 :名無しのひみつ:2009/08/04(火) 12:35:07 ID:LXIOaSB4
>>6
不純なものがないと、多様性が確保できないのですよ。



9 :名無しのひみつ:2009/08/04(火) 10:27:31 ID:EjTpECs7
俺もテレビの画面を斜め下から見たことがあります。

10 :名無しのひみつ:2009/08/04(火) 11:00:15 ID:AVLW54tc
>>9
お爺ちゃん、テレビを下から覗いてもスカートの中は見えませんよ。


海水からウランを集める方法  





 原子力発電の燃料になるウランは全量を海外に頼る。一部でも“国産化”できないか、と考えたのが海水からウランを集める方法。技術的に可能で、最大の課題のコストも大幅に削減できることが最近の研究で分かった。

a_convert_20090805013821.jpg



 四方を海に囲まれた日本。海水にはウランやチタン、バナジウムなど有用希少金属を含め七十七の元素が溶け込んでいる。

 このうちウランは、海水一トン中に三・三ミリグラム。全世界の海水には鉱山ウランの推定可採埋蔵量の一千倍、約四十五億トンが溶存する、とされる。黒潮で日本に運ばれるウランは年間五百二十万トンあると推定され、0・2%程度回収するだけで国内原発の年間需要量約八千トンをまかなえる。

 「宝の海」からウランをつかまえてくる研究は、一九六〇年代に英国で始まった。当時は、海水をポンプでくみ上げ、ウランを捕集する方法だったため、ポンプ動力の電気代や設備費が膨大。日本でも試みたが、コスト高で実用化できなかった。

 八〇年代に入り、開発されたのが「放射線グラフト重合法」。日本原子力研究開発機構の高崎量子応用研究所(群馬県高崎市)が研究を続けている。


 「アミドキシムという吸着基を使う技術です。これが人間の手のようにウランをつかまえてくれる」。同研究所金属捕集・生分解性高分子研究グループ研究副主幹の瀬古典明さんはそう説明する。

 ポリエチレン製のフェルト状の生地に放射線を当てると、そのエネルギーで今まで結合していたC(炭素)とH(水素)が切れる。切れたところは、さまざまな新たな機能を接ぎ木のように付けることができるので、そこに化学薬品を注ぐと、ウランをつかまえる機能(アミドキシム基)が付き、吸着材が出来上がる。

 「グラフトは『接ぎ木』の意味。植木屋さんが丈夫な原木に接ぎ木し、美しい花が咲く木にするように、電気特性のいい材料に放射線を当て、科学的に接ぎ木することでさまざまな機能を持った材料にする」(瀬古さん)

 吸着材に付いたウランは、硝酸溶液などで溶かし出して精製する。

以下省略


東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/technology/science/CK2009080402000143.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




3 :名無しのひみつ:2009/08/04(火) 09:34:05 ID:mRK/FzFh
こういうのに予算つけろよ…

11 :名無しのひみつ:2009/08/04(火) 09:43:44 ID:JLkOwKiy
>>3
こういう研究は、何がモノになるか分からんから満遍なくやるしかない。これだって原油高騰がなきゃ日の目をみるのはずいぶん先だったはず。まあ、日本は基礎関連に変態が多数いるからな。



6 :名無しのひみつ:2009/08/04(火) 09:41:21 ID:fmBka0Yh
プランを潰しに来る国に注意。


7 :名無しのひみつ:2009/08/04(火) 09:41:25 ID:W6dgalYP
温かい海の方が良いんなら、原発のところにつければ完璧なんじゃね?
海から原料採取 → 隣地に作った精製工場で、燃料に加工 → 発電所で発電と一つの施設でできる。

17 :名無しのひみつ:2009/08/04(火) 09:50:11 ID:+YfHTe+l
>>7
沖縄の海でも試しているよ。



8 :名無しのひみつ:2009/08/04(火) 09:42:14 ID:/mQ/oS2t
遺伝子操作して、昆布から取れるようにするとかどうよ?

花の蜜なしでハチミツ?「第3のハチミツ」 花が咲かない時期も生産が可能  





 花の蜜に頼らない新しいハチミツの製法が、県立秩父農工科学高校と埼玉大学、NPO法人百年の森づくりの会の3者で共同開発された。濃縮したカエデの樹液や果汁をミツバチに与えるというもので、製法の特許も申請している。花が咲かない時期も生産が可能になるほか、従来とは成分が違う「第3のハチミツ」ができるという。飲料メーカーなどが注目しているといい、「秩父の新しい特産品に」と期待している。

1131259657_convert_20090730100052.jpg



 共同開発した埼玉大学大学院理工学研究科の菅原康剛教授(63)=植物生理学=が、14日に都内であった「首都圏北部4大学発 新技術説明会」で「新規蜂蜜の開発」として発表した。

  同教授によると、ミツバチは主に花を蜜源としてハチミツをつくるが、養蜂業では花のない冬季はミツバチに生存に必要な最低限のカロリーのショ糖しか与えないため、ハチミツは生産しない。ショ糖の代わりに濃縮したカエデ樹液を与えたところ、ハチミツをつくったという。

 それを分析した結果、糖度はカエデの種類によって違うが80%前後あり、花を蜜源としたハチミツと似た甘さになった。加えてカリウムやカルシウムなどミネラルが花を蜜源としたハチミツより数倍多かったという。同教授は、濃縮した果汁でも蜜源になるとみて、今後、試作を進めるという。

以下略

朝日新聞
http://mytown.asahi.com/saitama/news.php?k_id=11000000907250002




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




4 :名無しのひみつ:2009/07/27(月) 16:39:12 ID:EYBIH4oO
…メープルシロップでよくね?


8 :名無しのひみつ:2009/07/27(月) 16:45:32 ID:Dj0mD4dU
第3のとか謙虚なこと言ってないで、世界初の樹液の蜂蜜でいいよ。


11 :名無しのひみつ:2009/07/27(月) 16:51:14 ID:44bGEhb8
中国では とっくに蜂に頼らない蜂蜜を作っていますけどね。

12 :名無しのひみつ:2009/07/27(月) 16:54:57 ID:JSkCWPwM
>>11
節子、それ蜂蜜やないシロップや!


15 :名無しのひみつ:2009/07/27(月) 17:02:09 ID:44bGEhb8
>>12
「お兄ちゃん…節子な…このシロップなめたらな…」



13 :名無しのひみつ:2009/07/27(月) 16:58:55 ID:EQRAWKEh
中国人化してるな。

白金代替の炭素合金を開発  白金と分解性能は同じで価格は10分の1以下  





 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)や東京農工大学などは、ガソリン自動車の排ガス処理で大量使用される白金触媒を、低価格原料だけで代替するカーボンアロイ(炭素合金)を開発した。鉄、セリウムを含む窒素入りカーボンアロイで、白金と分解性能は同じで価格は10分の1以下になる。中国やインド向けの自動車大量生産で心配される、白金のひっ迫を解消する新材料として注目されそうだ。

 NEDOの宮田清蔵シニアプログラムマネージャー、東京農工大学工学府の亀山秀雄教授と素材メーカーの共同研究の成果。セリウムと鉄をそれぞれ5%含むカーボンアロイで、ガソリン車の排ガス3成分(ハイドロカーボン、一酸化炭素、窒素酸化物)を完全に分解した。耐久性も高い。作製法は窒素を含む炭素源である高分子樹脂と、鉄フタロシアニン、硝酸セリウムを混合して1000度Cで焼くだけだ。

日刊工業新聞
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720090715aaaa.html



*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/07/15(水) 20:52:12 ID:4Do00GBV
これは凄い、プラチナの価値が落ちるな。


4 :名無しのひみつ:2009/07/15(水) 20:54:00 ID:FZxfEPqv
ってか日本の素材研究は、変態的に凄いw

31 :名無しのひみつ:2009/07/16(木) 09:37:37 ID:y1EGKYlL
>>4
なんせ、こんな板があるくらいだしな。

材料・物性@2ch掲示板
http://science6.2ch.net/material/



6 :名無しのひみつ:2009/07/15(水) 20:56:19 ID:Ufwp1+qR
セリウム…最も存在量の多い希土類元素だが、資源としては90%以上を中国が産出している。

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身