ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

Category : 医学

肥満女性の腎臓を「膣」から摘出  





仏リヨン(Lyon)で、肥満過多の女性の腎臓摘出手術を手がけた医師チームが、腹部脂肪を切開するのは危険と判断し、膣から摘出するという前代未聞の方法で無事、手術を成功させた。


17日の現地での発表によると、患者は体重117キロの女性で、複数の感染症によって機能不全となった腎臓の摘出手術を受けた。

しかし、医師らは腹部脂肪を切開しての手術はリスクが高いと判断、代わりに膣の最深部を切開して腎臓を取り出した。病院によると「膣経由での摘出のほうが切開部分がかなり小さく、痛みは軽減され、合併症のリスクも抑えることができた」という。リヨンでは2月にも、別の女性の腎臓をへそから摘出するという革新的な手術が行われている。

引用元:AFPBB News


ガン細胞を内部から破壊 「トロイの木馬」血液細胞発表へ  





林原生物化学研究所(岡山市)は15日、臍帯血から発見した血液細胞が「トロイの木馬」のようにがん細胞に入り込み、がんを内側から死滅させる現象を確認したと発表した。研究成果は大阪市で22日から開かれる日本がん学会学術総会で発表する。


HOZOT、癌細胞、HOZOTが侵入した癌細胞



この細胞は同研究所が2006年、新生児のへその緒の臍帯血から発見した「ホゾティ(HOZOT)」。抗がん作用や免疫抑制作用があるという。

竹内誠人主任研究員によると、試験管で実験したところ、ホゾティはがん細胞を選んで中に入り、2~4時間後に死んだ。その際、がん細胞を死滅させる効果があるたんぱく質を内部にまき散らし、がん細胞を死なせた。将来的にはホゾティを抗がん剤の運び役としてがん細胞に侵入させるなど、応用が期待できるという。

引用元:時事ドットコム


米国で10代の若者の難聴が急増  約5人に1人推定650万人  





米国で10代の若者の難聴が急増しているという調査結果が17日、米国の医学会誌に発表された。調査を実施したローランド・イービー博士は、12―19歳の若者の難聴比率を1990年代半ばの統計と比較した。その結果、軽度の難聴にかかっている若者の割合は30%増え、会話に支障がみられる程度の重い難聴は77%も増えていることが分かった。



難聴を持つ若者は1994年の時点で20人に1人の割合だったのが、2006年までには約5人に1人に当たる推定650万人へと急増したという。

原因はまだ究明されていないが、音楽との関係についてはさらに研究を進める必要があると専門家は指摘する。2005―06年の調査では、大音量で音楽などを聴くことが週に5時間以上あるかどうか尋ねる項目も盛り込まれた。しかし回答者が重大性を分かっていない、またはロックコンサートなどの大音響はこの世代にとってごく普通になっているという理由で、「いいえ」と答えた若者もいるかもしれないとイービー氏は話す。

因果関係は立証されていないものの、若者に人気のデジタル音楽プレーヤーの影響は無視できないと専門家は口をそろえる。

10代の子どもたちは、自分が大音量で聞いていることに気付いていないという調査報告もある。イービー医師は保護者に対し、子どもにアップルのiPodを与える際には音量制限を設定することを勧めている。また、子ども自身に問題を理解させることも重要だ。

引用元:CNN


地面を掘らずに「死体」を発見できるデバイスを開発  厚いコンクリでも使用可能   





地中の腐敗した死体を検出する新しい技術が開発され、コンクリートの下に埋められた他殺体も容易に発見できるようになる可能性があるという。

墓


米国立標準技術研究所(NIST)の研究者らによると、このデバイスは死体の埋められた土の上部や付近の空洞から採取した微量のニンヒドリン ninhydrin反応性窒素(NRN)を検出するもので、気化したNRNを検出できる唯一の装置であるという。これまでNRNの検出には、土壌サンプルからの溶剤抽出という手間と費用のかかる工程が必要であった。気体サンプルは小型のプローブを地中に挿入して採取する。

このデバイスを用いれば、厚いコンクリートの下にある死体であっても、ドリルで小さな穴を開けてプローブを挿入すれば、地面を掘らずに発見することが可能であり、「法医学調査において、隠された死体を発見するのに有用なツールを提供するものである」と、研究著者のTara Lovestead氏とThomas J. Bruno氏は述べている。現行の製品はサンプル採取デバイスのみ持ち運びが可能であり、検査は実験室で行う必要があるが、研究グループは、全体を携帯できる装置の開発に取り組んでいるという。

この報告は、医学誌「Forensic Science International(法医科学インターナショナル)」のオンライン版に6月23日掲載されたもので、印刷版にも近日中に掲載予定である。

引用元:いきいき健康


座って過ごす時間が長いほど、平均寿命が短くなる?  





座って過ごす時間が長いほど平均寿命が短くなることが新しい研究により示され、医学誌「American Journal of Epidemiology(疫学)」オンライン版に7月22日掲載された。この関連は、肥満や日常の身体活動レベルを除外しても認められた。過体重や肥満の人に運動が有益であることはすでに十分に立証されているが、座ること自体の影響に関する研究は少ないという。

B000R9R3SG.jpeg


いくつかの研究で、座っている時間と肥満、2型糖尿病、心疾患リスクおよび小児の不健康な食生活との関連が認められているが、座ることと「総死亡率」について検討した研究はこれまでほとんどなかった。

今回の研究では、米国癌協会(ACS)による癌予防研究II(Cancer Prevention II)に参加した特に病歴のない成人12万3,216人(男性5万3,440人、女性6万9,776人)への質問表の回答を分析。被験者は 1993~2006年の14年間追跡された(以下略)

NIKKEI NETいきいき健康


世界初の「顔面」完全移植  患者が記者会見し新しい「顔」を披露  





顔面全体の移植手術を受けたスペイン人の男性が26日、スペイン・バルセロナで記者会見し、新しい顔を披露、手術を担当した医師らに感謝した。


手術を実施したバルセロナのバル・ド・ヘブロン病院によると、これまでにフランスや中国、米国、スペインなどで11件の顔面移植手術が実施されたが、いずれも部分的な移植で、顔全体の移植は世界で初めてという。

この男性は31歳のオスカーさん。5年前に銃で顔に重傷を負い、呼吸や食事、話すことさえ困難になった。9回手術を受けたが失敗し、顔面移植を決意したという。今年3月20日に約30人の医師のチームが24時間にわたる顔面全体の移植手術を実施。顔の筋肉、皮膚、鼻や唇、あご、歯、口蓋、ほお骨などを移植した。

産経新聞


自分の培養幹細胞、自身の心筋梗塞治癒に成功  手術から1か月後に退院  





重い心臓病患者の心臓から筋肉のもとになる幹細胞を取り出して大量に増やし、再び心臓に戻して機能を回復させる国内初の治療に、京都府立医科大学の松原弘明教授らのチームが成功した。


患者の心機能は日常生活に支障がない程度まで回復し、1日退院した。国内の重い心臓病患者は100万人以上とされ、松原教授は「心臓移植や人工心臓に代わる重症患者の治療として期待できる」と話している。患者は、今年2月に急性心筋梗塞を起こした神戸市長田区の山口茂樹さん(60)。 松原教授らのチームは4月、山口さんの脚の付け根から血管を通して心臓まで細い管を入れ、組織片約15ミリ・グラムを採取。その中に含まれる幹細胞を1か月余り培養して約4万倍に増殖させた。

6月1日、心臓の筋肉に血液を送る動脈の「バイパス手術」を行うと同時に、血流不足で壊死が進む左心室の壁に幹細胞を注射し、その上に心筋の成長や増殖を促すたんぱく質を塗った縦横5センチ・メートルのゼラチンシートを張りつけた。山口さんは、通常のバイパス手術だけでは大きな改善が見込めないほど重症で、絶対安静に近い状態だった。手術の約2週間後には、十分に社会復帰できるレベルまで心臓のポンプ機能が回復。不整脈などの副作用も起きず、手術から1か月後のこの日退院した。幹細胞が心筋や血管に変化し、新たな心臓組織が再生したとみられる。

退院後の記者会見で山口さんは、「胸の痛みや動悸が改善した。廊下を歩けるし、自分でシャワーを浴びることもできるようになった」と笑顔を見せた。チームは8月中に2例目の手術を実施。さらに国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)と共同で4人治療を行う。こうして安全性を確かめたうえで2012年度以降には、東京大や九州大など4大学も加わり、患者40人を対象に有効性を確認する試験を行う計画だ。

松原教授は「まずは心臓移植を待っている患者への一時的な治療などから始め、将来はこの方法だけで多くの重症患者を治療したい」と話している。

引用元:読売新聞


米国防総省が、心の傷PTSDを「首への注射」で治療  





米国防総省は、兵士たちの心的外傷後ストレス障害(PTSD)をどう治療するかという問題に、数年前から重点的に取り組んでいる。イラクやアフガニスタンから帰還する兵士の5人に1人はPTSDに罹患しているという推測もあり、米軍はヨガや動物療法、鍼灸までも含め、症状を緩和する方法をさまざまに研究している(日本語版記事)。

首



ウォルターリード陸軍病院はこのほど、新しい研究報告を発表した。首の付け根に注射することで、一時的な症状緩和ではない効果が得られる可能性がある、というものだ。

星状神経節ブロック(STB)という治療法で、頸部にある神経の束に局所麻酔薬を注入する。この神経の束は交感神経系の中枢で、体の「闘争/逃走」のストレス反応を調整している。

Sean Mulvaney中佐を責任者とする米国防総省の研究チームは、兵士2人にSTB注射を実施した。1人は現役でもう1人はそうでなく、20年近く前の湾岸戦争の兵役以来、心的外傷後ストレス障害の症状に苦しんでいた。

研究報告によると、10分ほどの処置で、両者とも「顕著で持続的な緩和をすぐに実感した」。そして、PTSDに分類されるような症状があらわれなくなったという。そして精神科医の指導の下、7ヵ月後にこの2人は抗鬱薬と抗精神病薬の利用をやめることができたという。

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/201005/2010051223.html


アメリカ人が日本人の長寿の理由を分析 「秘訣は食卓にあり(キリッ」  





  世界保健機関(WHO)が10日に発表した「2010度版 世界保健統計」によると、日本人の平均寿命は83歳で、WHO加盟193カ国のうち、1位だった。健康ライフとスキンケアに関する米国のブログ「skincare.body-money.com」では、日本人の食生活と老化防止についてつづっている。

トンカツ



  ブログの筆者は、日本人の長寿の秘訣は食卓にあると述べている。日本人は、競争社会で激務をこなしていても、健康的な食事に留意しているとし、毎日の日本人の食事は、健康的で若々しく、細身なボディを保つのに適しているという。また栄養価が高く、満足感の得られる食品を選び、食べることに喜びを感じていると説明。

  また米国の研究によると、ほとんどの病気や病原菌と戦う体の免疫力は、人の食生活に深く関連するという結果が発表されたとし、日本人女性の乳がんを発症する可能性は、米国人女性の5分の1といわれるが、乳がんは、脂肪過多の食品を摂取し過ぎることに起因し、欧米の食事に比べて日本の食事は脂肪分が少ないと指摘している。

  筆者は、一般的に日本人女性は40代になっても20代に見えるといわれるが、日本の食生活は病気を遠ざけ、若さと活力を保つ秘密があると述べている。その一例として、海藻やワカメスープは甲状腺の機能によいとされ、ジャガイモには自然の老化防止作用、豆腐は抗がん作用と健康促進によいなどを挙げている。また大部分の日本人は加工食品やジャンクフードを避ける傾向にあるなどの見方を示している。

サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0520&f=national_0520_015.shtml


ゲーム用コントローラーで内視鏡操作  札幌・時計台病院の医師ら開発  





 札幌時計台記念病院や室蘭工大などのグループが、大腸の診察などに使う内視鏡をゲーム用のコントロールレバーを使って操作する新装置の試作に成功した。13日に東京で開かれる日本消化器内視鏡学会の冒頭で紹介される。医師の負担を大幅に軽減できる可能性があり、今後、改良して実用化を目指す。

4697_1_e0.jpg



 新装置の開発にかかわったのは時計台病院の宇野良治医師(50)と、室蘭工大、道立工業試験場など。 大腸などの検査に使う内視鏡は、先端を上下に動かすノブと左右に動かすノブを両手で複雑に操作して先端を曲げながら挿入をする。

 新開発の装置は先端を動かすノブを、モーター制御の装置に接続し、レバー式コントローラーで制御する。医師は片手でレバーを扱うことでレンズの付いた先端を微妙に動かすことができ、空いた片手で患者の処置に集中できる。従来型の内視鏡は、医師ひとりで操作するには熟練が必要。両手がふさがれるため、処置には医師が複数必要な場合もある。

北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/life/230023.html


新型インフルエンザが確認されて1年  日本の死者数は欧米に比べ非常に少ない?  





 新型インフルエンザがアメリカやメキシコで確認されて24日で1年になります。国立感染症研究所が新型インフルエンザによる国内の死者の数を推計したところ、およそ200人となり、多い年には1万人以上が死亡する季節性インフルエンザの数十分の1以下だったことが初めてわかりました。

新型インフルエンザウイルス



 インフルエンザの流行では、患者が検査を受けないまま死亡したり、感染と死亡との因果関係が明らかでなかったりして、正確に死者の数を把握することが難しいため、国立感染症研究所が毎年、人口動態統計を基に死者の数を推計しています。この方法で推計すると、季節性インフルエンザの死者の数は、多い年には1万人を超えますが、ことし2月までの新型インフルエンザでは、死者はおよそ200人となり、季節性インフルエンザの数十分の1以下だったことが初めてわかりました。

 専門家は、医療機関でタミフルなどの治療が迅速に行われたことや学級閉鎖などで重症化のリスクの高い中高年に感染が広がるのを防いだことが、死者の数を減らすことにつながったとみています。国立感染症研究所の安井良則主任研究官は「日本の死者数は欧米に比べ非常に少ない。医療機関で対策を取り、迅速な治療をできたことが死亡者を少なくできた大きな要因だろう。患者の多くが、重症化のリスクの高い高齢者でなく比較的体力のある若い世代だったことも影響していると考えられる」と話しています。

NHKオンライン
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100424/t10014063551000.html





2 :名無しのひみつ:2010/04/24(土) 23:41:40 ID:whdiLI61
結局、俺の周りじゃ一人も感染しなかったな。

41 :名無しのひみつ:2010/04/25(日) 22:23:41 ID:jwZ6IzQe
>>2
単に、普通の風邪と思ってるうちに治ったんじゃないの?
俺も感染した自覚は無いが、去年何回か引いた風邪のどれかがそうだったのかも知れん。



3 :名無しのひみつ:2010/04/24(土) 23:42:21 ID:ni7plaGQ
1年前の舛添の狂気は一体何だったんだ。


4 :名無しのひみつ:2010/04/24(土) 23:43:30 ID:kVN1U4BM
これまでインフルエンザは放置してきたけど、対策を取ったら年1万人も死ななくて済むことが分かった。
そういうことだな? 医療費上がるけど、これはやる価値がある対策。

5 :名無しのひみつ:2010/04/25(日) 00:00:07 ID:kfogmwxq
>>4
対策とか関係ない。
もともと、パンデミックの危険性はほとんどなかった。


「オキシトシン」というホルモンを服用すると自閉症が改善?  





 自閉症患者が「オキシトシン」というホルモンを服用すると症状が改善したとの臨床結果を、金沢大などの研究グループが23日、発表した。

SYNTCN.jpg



 3歳から自閉症とされてき他20代男性で、会話ができず、人と交流ができずにいた。両親画2008年、スイスからオキシトシンの点鼻薬を輸入し服用すると、男性は診察で担当医の目を見て笑い「はい」「いいえ」と答えるようになり、担当医が驚いたという。

 オキシトシンは視床下部などで作られるホルモンで、男性は血中のオキシトシン濃度が低かったことが判明。これまでアスペルガー症候群などに効果があった例は海外で報告があるが、同大の東田陽博教授(神経化学)は「重度の知能障害がある自閉症患者が長期間服用し、改善が確認されたのは初めて」と話した。

 オキシトシンは母乳を分泌させたり、出産で子宮を収縮させる働きがあるという。信頼感を強める機能があり、人が社会で活動するために必要なホルモンと指摘する研究者もいる。自閉症の治療薬としては認められておらず、男性の点鼻薬は母乳分泌用だった。

47NEWS
http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010042301000870.html





10 :名無しのひみつ:2010/04/23(金) 22:41:24 ID:vztj/GxY ?2BP(1029)
♀に投与すると子どもが生まれれ(ry


11 :名無しのひみつ:2010/04/23(金) 22:42:38 ID:AiYElxhG
なんかエロいぞ。


12 :名無しのひみつ:2010/04/23(金) 22:51:50 ID:nf0KIbi6
オキシトシンって低温で無いと移送出来無いんでしょ?

13 :名無しのひみつ:2010/04/23(金) 22:57:37 ID:4hssvlUj
>>12
クール宅急便



14 :名無しのひみつ:2010/04/23(金) 23:01:32 ID:jZ3QaP9W
オキシトシンっていかにも毒薬みたいな名前だな。

28 :名無しのひみつ:2010/04/24(土) 00:53:45 ID:bD3BhrVI
>>14
実際、量が多ければ毒なんじゃね? 安らかな自殺薬に応用できそう。


おっぱいの奇跡 母乳に含まれる物質が40種類以上のガン細胞を殺す  





これをおっぱいの奇跡と言わずしてなんと言おう。スウェーデンのルンド大学とヨーテボリ大学による調査の結果、母乳に含まれる物質がガン細胞を殺すことができると判明した。

 この母乳に含まれる特別な物質『HAMLET(Human Alpha-lactalbumin Made LEthal to Tumour cells)』は、数年前にとある研究者が母乳の抗菌作用を調べている時に偶然発見したものだ。

おっぱいの奇跡



 『HAMLET』はタンパク質と母乳内に含まれる脂肪酸からなる物質だが、母乳単体からは生成されず、赤ちゃんの胃の中に母乳が入ることによってできるとみられている。

 そして研究では、この『HAMLET』が皮膚ガンを始め、粘膜ガンや脳腫瘍などの40種類以上のガン細胞を殺すことが発見された。さらに重要なことは、この『HAMLET』は健康な細胞を傷つけずガン細胞だけを殺すということだ。まさに夢のような物質である。

デジタルマガジン
http://digimaga.net/2010/04/substance-in-breast-milk-kills-cancer-cells.html





4 :名無しのひみつ:2010/04/21(水) 19:47:01 ID:0vLECcEo
つまり、世の中の人間全員がおっぱい飲めばいいわけだな!


8 :名無しのひみつ:2010/04/21(水) 19:50:41 ID:0v1nnpOx
おっぱいを注射できれば効くんだろうけど、たぶん拒絶反応で即死だよな…


10 :名無しのひみつ:2010/04/21(水) 19:51:04 ID:FVTcdsd2
全食物中、最高レベルのダイオキシンも含まれてるけどな。


13 :名無しのひみつ:2010/04/21(水) 19:55:23 ID:+em5nbtU
そういえばウチのオカンが妹を妊娠中、末期ガンだった隣のおじさんが奇跡的に回復してた。

19 :名無しのひみつ:2010/04/21(水) 20:04:10 ID:+vSMnfuz
>>13
不思議なこともあるもんだねぇ…

53 :名無しのひみつ:2010/04/21(水) 21:47:20 ID:18LcUZw5
>>13
お前の妹だと思っていたがそうじゃない。
そう考えたらエロいだろ?


うつ病や統合失調症などの精神疾患を、近赤外光脳計測装置(NIRS)で画像診断?  





 うつ病や統合失調症などの精神疾患を脳の画像検査で診断する方法が実用段階に入ってきた。 「近赤外光脳計測装置」(NIRS)を用いて脳血流の変化を測定し、それぞれの病気に特有のパターンを判別する検査法が、全国7施設の共同研究でほぼ確立した。東京大病院などは、実際の患者の診断に使い始めている。

CropperCapture[1]

CropperCapture[2]



 精神科では、血液検査や画像のような客観的な診断手法が乏しく、同じ患者でも医師によって違う病名がつくことも少なくない。NIRSによる画像検査は、ヘルメット型の装置を頭にはめてもらい、「あ」で始まる言葉を声に出してもらうなど簡単なテストをしながら、前頭葉の血流変化を調べる。

 東大や国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)など7施設が、2004年度から共同で研究を開始。健常者約1000人、精神疾患の患者約500人の画像を蓄積した。統合失調症の患者は、健常者より血流量がゆっくりと増えるなど、それぞれの病気で血流の変化に違いがあり、通常の面接だけでは病気の判別がつきにくかった患者もほぼ区別できることがわかったという。

 東大病院精神神経科の笠井清登教授は「面接だけでは診断が遅れたり、不適切な薬を処方されて症状が悪化するケースもあったが、診断名がつき、治療方針が明確になることが患者にとって安心につながっている」と話す。東大の検査は6月末まで予約がいっぱい。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100408-OYT1T00749.htm





3 :名無しのひみつ:2010/04/09(金) 13:29:57 ID:Pzbf7ZOD
中国医学で、心臓と血が精神と関係あると説いていたが、あながち出鱈目で無かったのか。


4 :名無しのひみつ:2010/04/09(金) 13:41:30 ID:jCAcnU1i
s a result, 88.3% of the participants were correctly classified
結果として88.3%で、統合失調症患者と非患者を
as being schizophrenic or healthy subjects in the first analysis.
区別できた。

The discriminant function derived from the first group
1群めの診断基準を、2群めに当てはめると
correctly assigned 75% of the subjects in the second group.
75%で診断できた。

日本のマスコミに、なんちゃってPRをする前にまず世界で認められて下さい。

9 :名無しのひみつ:2010/04/09(金) 15:41:48 ID:G7jK8rg3
>>4
これでまた被験者を集めるんでしょ? 世界に認めさせるには数が必要だぜ。

47 :名無しのひみつ:2010/04/10(土) 19:45:58 ID:0ZTw4ovi
>>4
血流で判定できたかどうかの判断を、結局検診で決めるのって全然意味無いな。
恣意性入りまくり、最初から結果ありきで突っ走ってるな。



8 :名無しのひみつ:2010/04/09(金) 15:26:55 ID:VDfxCMpV
止めろ、俺がうそうつで会社欠勤してるのバレるやろが…

アルツハイマー発症原因、老人斑説否定 アミロイドベータの単独犯説が明らかに  





 大阪市立大学の富山貴美准教授と森啓教授らは、認知症のアルツハイマー病が脳内にたんぱく質の「アミロイドベータ」の小さな塊がたまっただけで起きることを動物実験で突き止めた。

 たんぱく質による単独犯説が明らかになり、シミのような老人斑も関係するという従来の共犯説をほぼ否定できたという。病気の診断法や新薬開発に役立つ成果で、米神経科学会誌(電子版)に8日掲載される。

f0065721_17434523_convert_20100415101501.jpg



 アルツハイマー病はアミロイドベータが脳に少しずつ蓄積すると、病気を発症すると考えられている。ただアミロイドベータが数~数十個集まった小さな塊が蓄積するだけでなく、線維状に集まって「老人斑」と呼ばれるシミのような状態も、病気の発症・進行に関係するとの説もあり、議論が続いていた。

 研究チームは老人斑がなくても発症した重症患者を調べ、アミロイドベータのもととなる遺伝子に変異があるのを見つけた。この患者と同じ場所に遺伝子の変異を持つ実験用マウスを作り、症状を調べた。

 マウスは生後8カ月目から、脳内にアミロイドベータの塊の蓄積が増えるとともに、記憶障害が現れた。老人斑がなくても発症したうえ、症状が進行した。今後は蓄積の様子から発症の可能性を診断したり、治療薬の開発を進めたりできると期待している。

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/news/category/article





5 :名無しのひみつ:2010/04/08(木) 22:43:05 ID:MZjWulfK
治療薬ってもどうせ何十年も先になるんだろ?
開発から臨床、実際に投薬剤として認められるのは更にその先か…

11 :名無しのひみつ:2010/04/09(金) 00:01:10 ID:IrXw0XEh
>>5
数十年ってことはないと思うよ,大まかな形になるのに6~8年。
実際に発売されるのに同じくらいの期間という感じ、充分気の長い話だけど…



6 :名無しのひみつ:2010/04/08(木) 23:17:40 ID:1btKz1Xe
鳩山由紀夫で実験できそう、発言ぶれすぎなのは病気やろ。これが原因かも?

13 :名無しのひみつ:2010/04/09(金) 00:10:17 ID:yQMc9OOK
>>6
鳩山は脳みそ詰まってないから、研究できない。
土鳩の方がまし。



8 :名無しのひみつ:2010/04/08(木) 23:22:43 ID:54SGnZqd
で、アルミ説はどうなの? アルミのせいで痴呆になるのか?
痴呆になるメカニズムの中にアルミを引き寄せるものがあるのか。

9 :名無しのひみつ:2010/04/08(木) 23:56:32 ID:hxfJCZd/
>>8
アルミ説はほぼ否定されてる。


肥満の一部 細菌が原因となっている可能性  





 米国の研究チームが4日、細菌が肥満や健康を脅かすさまざまな症状の原因となる可能性があるという研究結果を発表した。アトランタにあるエモリー大学のアンドリュー・ゲワーツ氏のチームが、米科学誌サイエンスに掲載した。

Dieting_convert_20100401091043.jpg



 研究によると、ある種のバクテリアは食欲に影響を与え得る炎症や、クローン病、大腸炎といった炎症性大腸疾患を引き起こす可能性がある。同チームによると、つまりは細菌が過食を招くのだという。

ロイター
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-14203120100305





2 :名無しのひみつ:2010/03/07(日) 01:46:49 ID:kHPD4ji0
原因は自己の怠慢のせいではなく、細菌のせいだと?
これは責任転嫁の甘え。


4 :名無しのひみつ:2010/03/07(日) 02:06:28 ID:WdekZulG
HOT烏龍茶飲むだけで痩せれるよ。

11 :名無しのひみつ:2010/03/07(日) 02:52:11 ID:1QBVsp4V
>>4
一日どのぐらい飲めばいいの?



5 :名無しのひみつ:2010/03/07(日) 02:16:02 ID:rk+CtnAf
> つまりは細菌が過食を招くのだという。
つまりになってない。

マラリアを媒介する「 蚊 」を使って 「 ワクチン接種 」に成功  





 毎年100万人の死者を出す原虫感染症「マラリア」を媒介する「蚊」を使って、マラリアの「ワクチンを接種する」研究が進んでいる。マウスを使った実験では、ワクチンの媒介役として成功したと、自治医科大学の吉田栄人准教授が英国の昆虫分子生物学専門誌に研究成果を発表した。



 世界保健機関(WHO)によると、世界では毎年、約2億5000万人がマラリアに感染し、約100万人が死亡。アフリカでは子供の死因の2割がマラリアとなっている。

 吉田准教授の研究チームは、マラリアを媒介するハマダラカを遺伝的に操作。マラリア原虫の増殖を阻害する物質を作らせたり、唾液腺に別の遺伝子を組み込んで発現させることに成功している。

 蚊の唾液にワクチンを発現させることができれば、蚊に刺されることで病原菌ではなく、ワクチンを体内に注入することができるようになる。吉田准教授は、遺伝操作した「蚊」による「ワクチン接種」は痛みもなく、費用もかからない手法だとして、実用化を目指している。

CNN
http://www.cnn.co.jp/science/CNN201003200020.html





2 :名無しのひみつ:2010/03/21(日) 14:10:46 ID:WF9tS0tw
以下、生物兵器禁止。


4 :名無しのひみつ:2010/03/21(日) 14:22:41 ID:by8hLjyZ
媒介の途中で耐性を付けて、強力になったら悲惨。


6 :名無しのひみつ:2010/03/21(日) 14:28:53 ID:Eor2iSbf
かゆいだろ?

19 :名無しのひみつ:2010/03/21(日) 16:07:28 ID:3jDtq9F5
>>6
かゆいよな。



7 :名無しのひみつ:2010/03/21(日) 14:29:32 ID:UPlS5B0j
マラリア蚊と、ワクチン蚊が戦うSF映画化決定。

サリドマイドが奇形引き起こす仕組み解明  東工大と東北大  





 ガンの治療薬として再承認されたサリドマイドが、四肢の短縮など胎児の奇形を引き起こす仕組みを、東京工業大と東北大が動物実験で解明した。四肢の形成に重要な役割を果たすたんぱく質の働きを、サリドマイドが阻害していたという。奇形を招かない類似の新薬開発につながると期待される。12日付の米科学誌「サイエンス」で発表した。



 東工大の伊藤拓水研究員、半田宏教授らは、磁性のある微粒子と磁石を使いサリドマイドが「セレブロン」というたんぱく質と結合することを突き止めた。

 次にセレブロンの機能を調べるため、魚のゼブラフィッシュの受精卵に、セレブロンを作らないようにする物質を注入。生まれたゼブラフィッシュに、胸びれが生えなかったり耳が小さくなる奇形が生じた。さらに、ゼブラフィッシュやニワトリの受精卵で、セレブロンがサリドマイドと結合できないよう操作した後、サリドマイドを投与すると、胸びれや翼が生え、奇形を招く性質が抑えられることを確認した。

 セレブロンはヒトでも四肢の形成にかかわるとみられ、研究チームは「がんなどの治療薬としてのサリドマイドの有効な作用に、セレブロンが関係しているのか今後調べたい」と話す。

 サリドマイドは1950年代以降、鎮静・催眠剤として世界的に服用されたが、大規模な薬害が起き販売停止となった。その後、98年に米国がハンセン病の治療薬として承認。血液のがん「多発性骨髄腫」の治療薬としても米国が06年、日本が08年に承認するなど、多くの国が認めている。

侮日新聞
http://mainichi.jp/select/science/news/20100312k0000m040131000c.html





4 :名無しのひみつ:2010/03/12(金) 13:47:54 ID:u8OmhLtc
安全なサリドマイドは誰もが望んでいる。


8 :名無しのひみつ:2010/03/12(金) 14:09:34 ID:OiBmG0p6
魚に耳なんてあったのか。


9 :名無しのひみつ:2010/03/12(金) 14:18:32 ID:NNDUVBGf
今頃ってきがする、今まで分からなかったのか。

11 :名無しのひみつ:2010/03/12(金) 14:29:49 ID:M9d+u++e
>>9
長い間、販売停止だったからな。
有用性が再認識されてから、十年チョイしかたっていない。



12 :名無しのひみつ:2010/03/12(金) 14:32:52 ID:fNOVM2cz
承認以前から、サリドマイドは白血病治療に使われてる。


13 :名無しのひみつ:2010/03/12(金) 15:26:39 ID:yyMK0nFc
妊婦が使わなきゃ問題ないんだよな。

マリファナ(大麻)の長期使用は、幻覚や妄想など精神病に悩まされる?  





 大麻使用者について、使用期間が長いほど幻覚や妄想を体験したり、精神病に悩まされる傾向があるとの研究報告が27日、米精神医学専門誌「アーカイブズ・オブ・ゼネラル・サイキアトリー」に掲載された。

taim20100305a1_jpg_convert_20100305101546.jpg



 平均年齢20.1歳の計3801人を対象にしたオーストラリア・クイーンズランド大学の調査によると、大麻を最初に使用した年齢が15歳以下の被験者が統合失調症を含む非感情性精神病を発症する割合は、大麻をまったく使用したことのない被験者に比べて約2倍高かった。

 被験者の大麻使用期間は、3年以下が17.7%、4~5年が16.2%、6年以上が14.3%だった。3801人のうち65人が統合失調症を含む非感情性精神病と診断されたことがあり、233人が少なくとも一度は幻覚を経験したことがあると答えた。

 報告では大麻の使用開始年齢の早さと、複数の精神疾患を発症する可能性には関連があると論じている。さらに幻覚を体験し始めた年齢が低い人ほど、大麻使用期間が長く、またより頻繁に使用していたことが分かった(以下略

AFPBBNews
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2703419/5417266





2 :名無しのひみつ:2010/03/01(月) 00:50:29 ID:qwXtwBda
恐らく酒の長期飲酒のほうが害があるだろ?アル中は完璧な精神病。

7 :名無しのひみつ:2010/03/01(月) 01:34:53 ID:rAmBVxuN
>>2
飲酒のほうが、タバコのほうが…
そればっか。



5 :名無しのひみつ:2010/03/01(月) 01:14:53 ID:A7cZt9q8
オランダのように、ソフトドラッグの開放したほうがいいのではないか?

8 :名無しのひみつ:2010/03/01(月) 01:35:53 ID:FXIh5HLR
>>5
オランダは今、大麻解禁・移民奨励の反動が起きてるね。
取り返しの付かないバカなことやってしまったと…



6 :名無しのひみつ:2010/03/01(月) 01:17:20 ID:8+IcIiIy
オーストラリアでは、大麻の使用を認めても罪に問われないのかね?
平均20歳の人間4000人サンプルしただけで結果でるなんて、どんだけ大麻が市民権を得てるんだよ。

若くして老化が急速に進む早老症 「ウェルナー症候群」 の仕組み解明  





 若くして老化が急速に進む早老症「ウェルナー症候群」は、特有のタンパク質に異常が生じ、細胞内で絡まったDNAがうまくほどけなくなって起きることを奈良先端科学技術大学院大情報科学研究科の北野健助教の研究チームが発見。10日発行のアメリカの科学専門誌「ストラクチャー」で発表した。

366e0467_convert_20100217104445.jpg



 北野助教は「ウェルナー症候群で、タンパク質の変異が原因となる仕組みを分子の形状から明らかにできた」としており、老化の仕組み解明にもつながる研究として注目される。

 北野助教チームは、タンパク質酵素の一種「ウェルナーヘリカーゼ」とDNAの複合体の結晶に大型放射光施設「SPring-8」(兵庫県佐用町)でX線を照射し、ウェルナーヘリカーゼの構造を解析した。この結果、細長くとがった構造になっていることが判明。このナイフのような構造が、細胞分裂時に2本鎖構造のDNAが1本ずつにほぐれて複製される際、染色体末端にある老化時計「テロメア」を解きほぐす働きをしていることを突き止めた。

 ウェルナーヘリカーゼが変異していると、「解きほぐし」能力が低くDNA複製時にテロメアが損傷しやすいため、早い老化を招いてウェルナー症候群になるという。同症候群は10代半ばから全身の老化が急激に進む病気で平均寿命は46歳。患者数は世界で数千人で、70%は日本人とされる。

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/life/body/100211/bdy1002110200000-n1.htm





2 :名無しのひみつ:2010/02/11(木) 08:17:06 ID:s7LlAUQN
原因も早く解明してくれ。


5 :名無しのひみつ:2010/02/11(木) 08:28:34 ID:0pRgj7mn
アシュリーちゃん?

19 :名無しのひみつ:2010/02/11(木) 09:56:45 ID:B6tFX2gR
>>5
プロジェリア



6 :名無しのひみつ:2010/02/11(木) 08:32:28 ID:49FruFl9
日本人7割ってすげえな、遺伝的疾患か?

7 :名無しのひみつ:2010/02/11(木) 08:36:11 ID:ZV2zICoJ
>>6
日本以外の国では医者の間でも知られてない。



8 :名無しのひみつ:2010/02/11(木) 08:44:33 ID:glASE7I+
頭髪だけウェルナー症候群なんですが、治療薬はありますか?

7000年近く前に外科手術?止血、感染症予防など医療処置も施された、前腕切断の人骨発見  





 フランスのパリ南方70キロのセーヌエマルヌ県内で、左腕がひじ関節上部で直線的に切断され、前腕のない推定6700~6900年前の成人男性の骨が見つかった。仏国立予防考古学研究所(INRAP)がエックス線検査などで調べた結果、切断は重傷の男性を救うための外科手術によるものと結論付けられた。

49cdfc2a.jpg



 同研究所の人類学者らが英考古学誌アンティクイティの昨年12月号に発表した論文によれば、これは「フランス最古の切断手術の成功例」。外傷で破損した関節の残存部分が切除され、止血、感染症予防など高度な医療処置も施されたらしい。当時の欧州は新石器時代で、手術は鋭利な石器で行われたとみられる。

 遺骨は2005年、砂利採取場の拡張に伴い遺跡の有無を調べる調査で、地下1.5メートルの縦穴式の墓内から発掘された。歯が抜け落ちており、高齢だったらしいが、手術後も数カ月から数年間は生存していたもようだ。

時事通信社
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201001/2010011900064





3 :名無しのひみつ:2010/01/19(火) 09:53:30 ID:L1tE8Lqj
当然、麻酔無しだよな…

4 :名無しのひみつ:2010/01/19(火) 09:56:28 ID:faR8Qi4M
>>3
麻薬に類する物はあったと思われる。



5 :名無しのひみつ:2010/01/19(火) 09:57:23 ID:CmjpuZ0N
腕の先が潰れて壊死したのを悪魔が取り付いてると思って、ばっさり切り落としたとかじゃないの?
もちろん、その人が死ぬ前提で悪魔が広まらないように無理やり切断とかだろ。


6 :名無しのひみつ:2010/01/19(火) 09:57:56 ID:b+2S61Lt
頭を棍棒で殴って、気絶させ静かになったところで腕を切断する。


7 :名無しのひみつ:2010/01/19(火) 10:02:55 ID:iEcWTkdc
泥棒したから腕を叩き切ったんじゃないのか?

「樹状細胞」を使った新たな免疫療法 3人に1人のがん進行抑制 信大付属病院  





 信州大付属病院(長野県松本市)が、手術などでは治療が難しいがん患者を対象に、免疫細胞の司令塔とされる「樹状細胞」を使った新たな免疫療法を施したところ、3人に1人の割合でがんの進行が抑制されたことが分かった。副作用も少なく、同病院分子細胞診療室の下平滋隆室長は「がんの標準的な治療法にしたい」と話している。

20101501_01.gif



 がん治療は手術、抗がん剤などの化学、放射線の3つを組み合わせた療法が基本だが体への負担や副作用が懸念される欠点がある。

 同病院は2008年11月から、症状が進行し他の治療が難しい患者に樹状細胞療法を実施。10代から70代の男女30人に施した結果、10人程度にがんの縮小や進行を抑えるなどの効果が見られた。胃がんの50代男性、卵巣がんの50代女性の2人からはがん細胞が完全になくなったという。

 ただ、この治療法は実績が少なく公的医療保険が適用されないため、患者の費用負担が重いのが課題。同病院は治療効果を証明するデータなどをまとめ、保険適用が認められるようにしたい考えだ。

  樹状細胞療法  樹状細胞は人間の体を病原菌などの外敵から守る免疫細胞の一種。がん治療では患者の体内から樹状細胞を取り出し、がん組織をそれに与えたり、がんの目印を人工的に持たせたりしてがん細胞を外敵と認識させる。その後体内に戻すと樹状細胞はほかの免疫細胞に指示を出し、がん細胞を攻撃させる。

中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2010010602000112.html





3 :名無しのひみつ:2010/01/09(土) 23:45:15 ID:1Rwf3M6o
癌細胞の抗原を与えなきゃいけないんだよな、設備の整った病院じゃなきゃ難しそうだな…


10 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 01:26:39 ID:QGzLYs42
NHKのサイエンスアイでニューセルについての特集見たのが懐かしい、もう何年前だろう?

癌細胞のレセプターは隠れてるから免疫系が作動しない。そこで患者の癌細胞と樹状細胞を体外で組み合わせニューセルを作成体内に戻す。するとがん細胞を破壊する免疫機能が作動するとか何とか…


11 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 01:31:32 ID:Egs+HgHO
理論上は完璧なんだが、実際には3分の2で働かない仕組みは科学的とは言えないかも。

13 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 01:54:41 ID:QGzLYs42
>>11
まあね、俺もここ数年の「樹状細胞」の進展は聞かない。

アメリカと日本がデッドヒートで研究してたが、なぜかアメリカは撤退。樹状細胞の採取が上手くいかないとか噂があるけど詳しくは知らない。今は「癌ワクチン」の開発、研究に日米の主戦場は移ってる。



14 :名無しのひみつ:2010/01/10(日) 02:08:36 ID:QGzLYs42
信州大付属病院には頑張って欲しいね、免疫療法はATK活性法とニューセルしか知らん。

癌ワクチン」は各内臓、そして人種ごとにワクチンの型が違うから、アメリカ製の「癌ワクチン」は日本では役に立たない。日本の「癌ワクチン」開発は遅れそうだから樹状細胞の成果に期待したい。

CTスキャンの被曝量、想定より多かった? 胸部レントゲン写真309枚に匹敵  





 CTスキャンを受ける際に浴びた放射線が原因で数十年後にがんを発症する可能性があるとする2つの論文が、14日の米内科学会誌「アーカイブス・オブ・インターナル・メディシン」に掲載された。CTスキャンは、X線を照射し、検査対象の臓器や組織の3D画像をモニターに映し出す。

CropperCapture[666]



 米サンフランシスコの4病院が行った研究は、現在の検査で通常照射される放射線量は、中央値でさえ、想定されていた値の4倍であることがわかったとしている。

 CTによる1枚の冠動脈造影図の被曝量は、胸部レントゲン写真309枚に匹敵するという。同研究は、冠状動脈をCTスキャンした270人のうち、40歳の女性1人がCTスキャンが原因でがんを発症したとしている。

 もう1つの研究は、2007年に米国で行われた7200万回のCTスキャンが原因で、今後2万9000人ががん発症する可能性があると指摘した。このデータには、すでに腫瘍があった患者や終末医療の一環でCTスキャンを受けた患者は含まれていない。

 研究者らは、放射線の照射に起因するがんは、照射治療の20~30年後に発症することがわかったと述べ、「医療用CTスキャンの放射線量はこれまで認識されていたよりはるかに多く、防ぐことができるがんを年間数万例も生んでいる。照射量に関する規定を見直すべきだ」としている。

AFPBBNews
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2675837/5054546





2 :名無しのひみつ:2009/12/20(日) 00:00:13 ID:P/1L+e87
危険だからあれほどMRIにしろと!

30 :名無しのひみつ:2009/12/20(日) 00:55:32 ID:ggMO37fI
>>2
自分は数年前に検査でMRIしか受けてない、検査だけだったからMRIで良かった。

知り合いは心筋梗塞で入院したけどCT使ったろうな。
心筋梗塞で死にそうだったんだからリスクはあっても使う価値はあると思う。



4 :名無しのひみつ:2009/12/20(日) 00:06:03 ID:cykFKsAe
やばい俺2回もCTスキャン受けたことある…


5 :名無しのひみつ:2009/12/20(日) 00:06:35 ID:YC3hnOLi
人間ドックを毎年受けるのは、止めたほうがいいかな?


6 :名無しのひみつ:2009/12/20(日) 00:06:43 ID:ZgMDcUNZ
歯科衛生士は大丈夫なのか?

考えるだけで 「義手」 動かす  伊など研究チームが成功  





イタリアのカンプス・ビオメディコ研究所などの国際研究チームはローマでの記者会見で、前腕が切断された人の残された腕の神経に手術で電極を差し込み、精巧な機械式の義手と結ぶことで、考えただけで義手を動かすことに成功したと発表した。AP通信などが3日、報じた。



 義手の5本の指を自由に動かし物をつかむことに成功したほか、被験者は物をつかんでいるとの感覚も感じた。研究チームによると、同様の実験はこれまでにも行われたが、これほど複雑な指の動きを実現できたのは初めてという。

 被験者のイタリア人男性(26)は3年前の自動車事故で左腕を切断された。実験は約1カ月間行われ、男性は実験開始数日後にはこつを覚え、全体の95%で考えた通りに義手を動かせた。

 研究チームでは今後2、3年のうちに、電極を差し込んで義手を動かす期間を長期化し、考えるだけで動かせる義手の実用化にめどを付けたいとしている。

47News
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009120301000964.html




2 :名無しのひみつ:2009/12/03(木) 23:33:12 ID:8SlxpmjW
手が勝手に動いて、痴漢に間違われるかもしれない。


8 :名無しのひみつ:2009/12/03(木) 23:41:48 ID:4PlLe0Qt
ロケットパンチ…ダメならワイヤードフィストでもOK、サドンインパクトはキツイかな?



10 :名無しのひみつ:2009/12/03(木) 23:42:47 ID:fGDM+bbp
これSFで言うところの超能力だよね?念じるだけで物が動かせるんだから。

「23年間昏睡の男」は本当か?介助者が誘導した疑惑 ベルギー版 「奇跡の詩人」か?  





 23年間昏睡状態にあると思われていたが、意識があることが最近明らかになったベルギー人男性の発言は、心に強く訴えるものだが、専門家によると、男性自身の言葉ではない可能性があるという。



 Rom Houben氏[現在46歳]は恐ろしい自動車事故によって身体が麻痺し、丸23年間、意識不明と思われていた。ところが、2006年にリエージュ大学昏睡科学グループが行なったテストから、Houben氏の脳が活性化しており、機能していることが明らかになった。Houben氏は、植物状態ではなく意識があり、回復不能なまでに傷ついた身体という牢獄の中に、口を利けない状態で囚われていたのだ。

 Houben氏はその後、「はい」か「いいえ」で答える質問になら、足をわずかに動かして答えられることが判明した。これは非常に大きな業績であり、昏睡科学グループのリーダーであるSteven Laureys氏が23日の『New York Times』紙の記事で推定しているように、植物状態と考えられている患者10人中4人が誤診されているかもしれない、という恐ろしい可能性を提起するものだ。

中略

自身の辛い体験に関するHouben氏の説明は、Der Spiegelに掲載されて以来、数多くのニュース記事で繰り返し取り上げられたが、介助者が、コンピューターの平らなキーボードに書かれた文字にHouben氏の指を誘導して為された可能性がある。「ファシリテイテッド・コミュニケーション(FC)」と呼ばれるこの意思表示法は、広い範囲で疑問視されており、科学的に妥当とは考えられていない。

FCは、1970年代後半に世に知られるようになった。オーストラリアの教師が、脳性麻痺などの疾患が原因で口の利けない12人の子供たちと、FC によってコミュニケーションをとったと報じられた後のことだ。その後の20年間にFCは、一部の患者や医療関係者に支持されるようになったが、管理された科学的環境で一貫した結果を出すには至らなかった。

研究者たちは、介助者が無意識に、または意識的に、患者の手を誘導していると主張している。米国知的・発達障害学会(American Association on Intellectual and Developmental Disabilities:AAIDD)や米国小児科学会(AAP)など、複数の専門団体が、FCは信頼できないと述べている。[日本では2002年、NHKの番組『奇跡の詩人』がFCに関して議論になり、批判本も出版された]

以下略

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200911/2009112623.html





4 :名無しのひみつ:2009/11/26(木) 10:21:48 ID:fPtwlcTR
NHKの「奇跡の詩人」と同じだよね?

37 :名無しのひみつ:2009/11/26(木) 17:26:15 ID:/cYPLH+S
>>4
俺もまっさきにそれを思い出した。
BMIの開発を急がないと、こういう怪しいのはなくならないな。


40 :名無しのひみつ:2009/11/26(木) 17:35:14 ID:zJER3tY6
>>37
BMIって、肥満度を測定するやつかね?


51 :名無しのひみつ:2009/11/26(木) 22:10:03 ID:FVpFFmND
>>40
条件分岐命令だよ。



7 :名無しのひみつ:2009/11/26(木) 10:24:46 ID:kWltfztA
ホーキング博士も本当は中の人が…

近視のレーザー手術(レーシック) 長期的にも角膜内皮細胞に影響を及ぼさない 米研究  





 近視のレーザー手術は、長期的にも角膜内皮細胞に影響を及ぼさないことが示され、医学誌「Archives of Ophthalmology(眼科学)」11月号に掲載された。

lasik-surgey.jpg



 今回の研究では、レーザー屈折矯正角膜切除術(PRK)またはレーザー原位置角膜切開反転術(レーシック、LASIK)のいずれかを受けた患者16人の 29眼を対象に、手術前および手術から9年後の角膜内面の細胞(内皮細胞)の写真を撮影。内皮細胞の1年あたりの減少率を、レーザー手術を受けていない人の42眼と比較した。その結果、手術から9年後には角膜内皮細胞密度は手術前よりも5.3%減少していたが、1年あたりの細胞減少率(0.6%)は、手術を受けた患者と受けていない患者との間に差がないことが判明した。

 「この結果は、レーシックおよびPRKの後に有意な内皮細胞の減少は認められないとする多数の短期研究の結果を裏付けるものである」と、報告者である米メイヨークリニック(ミネソタ州ロチェスター)のSanjay V. Patel博士およびWilliam M. Bourne博士は述べている。

 「今回の知見で重要な点は、屈折矯正角膜手術(近視手術)後の内皮細胞の減少が正常な眼と変わっておらず、手術を受けた角膜を後に提供組織として表層角膜移植に使用できることが示されたことである」と著者らは結論付けている。

いきいき健康 NIKKEI NET
http://health.nikkei.co.jp/hsn/hl.cfm?i=20091119hk000hk





2 :名無しのひみつ:2009/11/22(日) 00:27:25 ID:RJmtuTCC
必要な時眼鏡をかけるから結構だ、ファッションとしての楽しみもある。


4 :名無しのひみつ:2009/11/22(日) 00:32:13 ID:/egX+m8t
小さい頃から遠視が入っていて、眼精疲労と肩こりに悩んでいる。
メガネかけてると近く以外を見る時は目が回る、近視だけじゃなくて遠視も助けてくれよ…

7 :名無しのひみつ:2009/11/22(日) 00:43:22 ID:OfbedDzS
>>4
レーシックは遠視にも効くでしょ?



5 :名無しのひみつ:2009/11/22(日) 00:32:25 ID:XHJ/ppTY
また、失明者が増えそう…

失明ラットが視覚回復 光を感じる緑藻の遺伝子を組み込み 東北大  





 東北大国際高等研究教育機構の富田浩史准教授(分子生物学)らの研究グループは5日、光を感じる緑藻の遺伝子を組み込んだ失明ラットが、正常に近い視覚を回復することが分かったと発表した。4日付の米科学誌プロスワンに掲載された。

 富田准教授は、光を感じる網膜の視細胞が障害を受けてしまう網膜色素変性症などで失明した人の視力回復治療につながる可能性があるとした。

800px-Wistar_rat_convert_20091116122648.jpg



 研究グループは、緑藻に光を感じる遺伝子があることに着目。この遺伝子を組み込んだラットを失明させて実験した結果、ものの動きや色の濃淡の判別などで正常なラットとほぼ同等の視覚を取り戻したという。

 研究グループによると、国内では毎年約1万6千人が難病の網膜色素変性症や加齢黄斑変性のほか、糖尿病網膜症、緑内障などで失明している。富田准教授らは人に近いサルを使った実験を進め、この遺伝子を注入して視力を回復させる治療法の確立を目指していく方針。

共同ニュース
http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009110501000053.html





2 :名無しのひみつ:2009/11/05(木) 15:33:28 ID:ECbs22/2
寝る時、真っ暗にして布団の中に入って目を閉じると、光が全くないのに、瞼を通して白く周辺の輪郭がくっきり見える。そんなに遠くまで見えないけどこれって普通?

7 :名無しのひみつ:2009/11/05(木) 16:10:09 ID:PuhDnL7J
>>2
脳による錯覚。モノクロの画像がカラーに見える錯視なんかと同じで、脳による補整で見える。


30 :名無しのひみつ:2009/11/07(土) 13:37:32 ID:TkaOG2RM
>>2
オーラが見えているんだよ。



3 :名無しのひみつ:2009/11/05(木) 15:36:05 ID:D+OFsv8X
カメラから脳に電極繋げて洗濯機の操作出来る人居なかったっけ?


4 :名無しのひみつ:2009/11/05(木) 15:38:03 ID:kllcdX4a
糖尿病性網膜症の俺歓喜!童貞のまま失明するなんてまっぴらだぜ、2chも見れなくなるし。

35 :名無しのひみつ:2009/11/14(土) 07:18:24 ID:MEuKHArB
>>4
勃たなくなるほうを心配しろ。


36 :名無しのひみつ:2009/11/14(土) 16:09:25 ID:mR3CvrDW
>>35
そういえば固くならない、でも失明のほうがヤバいだろ?2chの巡回が大幅に制限される。



5 :名無しのひみつ:2009/11/05(木) 15:42:56 ID:k3NbIt3Q
緑藻の遺伝子を持った改造人間を造るのか。

メニエール病の原因は耳石片? 小片がリンパ液の流れを妨げる  





 難聴や激しいめまいを伴うメニエール病の原因とみられる耳の病変を、大阪市立大の山根英雄教授らが見つけた。

20091026-606879-1-L.jpg



 これらの症状は平衡感覚をつかさどる耳の奥の「内耳」にリンパ液がたまって水ぶくれになり、正常な機能が損なわれて起きるが、原因は不明だった。

 山根教授らは内耳にある炭酸カルシウムの集まったもの(耳石)から小片がはがれ、液が流れる管を詰まらせるのを確認した。メニエール病は国の特定疾患に指定されている病気だが、今回の成果で詰まりを除去する根本的な治療法の開発などに期待が寄せられる。

 耳石は、人間の内耳にある袋に入っている。山根教授らは、メニエール病の患者12人と病気のない12人の協力を得て、耳石の入った袋のうち「球形のう」と呼ばれるものとその周辺をCTで観察した。

 患者8人で、袋の真下にある直径0.1ミリほどの管に耳石からはがれた小片がたまっている様子が確認できた。他の個所が詰まっているとみられる患者4人に病変はなかった。


読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091026-OYT1T00714.htm





2 :名無しのひみつ:2009/10/26(月) 17:04:50 ID:7iJt8Pw4
さて、それをいかに安全に取り除くことができるか?ということだが…


3 :名無しのひみつ:2009/10/26(月) 17:06:07 ID:Y0Yi9d5O
内耳って閉鎖管だろ?溶かせば良いんじゃね?

19 :名無しのひみつ:2009/10/26(月) 18:16:57 ID:8edDKvmF
>>3
正常な耳石も溶けるぞ?平衡感覚麻痺して酔うぞ。
ぶっちゃけ、切開して取り除くのが一番早そうだが、切開すると治るのか?ってのが疑問で…



5 :名無しのひみつ:2009/10/26(月) 17:06:31 ID:DQfRMuQD
暇なもんで 耳クソばっかり穿ってるのが原因。

6 :名無しのひみつ:2009/10/26(月) 17:08:33 ID:mV4FTO3M
>>5
外耳道炎乙



7 :名無しのひみつ:2009/10/26(月) 17:12:41 ID:XDJuHKxL
諸説ある原因に、もう一つ新しい説が追加されましたってだけのような。

ベルトを巻いて血流を制限した「加圧トレーニング」  高齢者の筋肉強化や宇宙での萎縮防止に期待  





 ベルト状の加圧器具で腕や脚の付け根を押さえながら運動を行う「加圧トレーニング」のシンポジウムが東京大で開かれ、健康や医学面からの効果が報告された。

intro_pic.jpg



 同トレーニングは、適正に行えば軽い運動で筋肉増強の効果が出ると注目される。同大の石井直方教授は「最大筋力の二割、つまり日常生活程度の運動で筋肉を太く強くする効果が出る」と研究の成果を説明した。

 効果を生む詳しい仕組みは未解明。血流が抑えられて筋肉が酸欠になるなど、激しい運動と同様の状態になるためとみられる。高齢者の筋肉強化や宇宙での萎縮(いしゅく)防止にも応用が期待される。安全なトレーニングのため指導には資格が必要だ。

 同トレーニング開発者の佐藤義昭氏は「米国や中国でも研究が始まった」と、国際的に効果や安全性の研究が盛んになりつつあると強調する。

 加圧トレーニングを高度先進医療として推進するスリランカからニマル保健・厚生相が招かれ「治療より予防が重要。加圧トレーニングの開発は非常に意味がある」と述べた。

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/technology/science/CK2009090802000135.html





3 名前:名無しのひみつ:投稿日:2009/09/08(火) 10:42:19 ID:cYTwGbf8
血流制限って、つまりは血管に負担かけるんだろ?本当に安全なの?
そのうちモグリの加圧トレーニングで事故が起きそう。


4 名前:名無しのひみつ:投稿日:2009/09/08(火) 10:43:50 ID:N4vsUjfC
これってものすごく危険に思えるけど…


8 名前:名無しのひみつ:投稿日:2009/09/08(火) 10:51:35 ID:Vj236DjL
結局酸欠状態だから疲れやすいってだけ、他の方法で酸欠状態を作った方が楽。

10 名前:名無しのひみつ:投稿日:2009/09/08(火) 10:55:02 ID:6X2g5lll
>>8
そんなのまだ無いから加圧式トレーニングやってるんだろ?w



9 名前:名無しのひみつ:投稿日:2009/09/08(火) 10:53:00 ID:7XvURidQ
首を加圧すればいいんだろ?


11 名前:名無しのひみつ:投稿日:2009/09/08(火) 10:55:42 ID:Vwh/wqIT
右腕の付け根を加圧すれば、1日数分のオナニーでムキムキの腕が手に入るのか…

「かゆみ」感じる脳部位特定 痛みと別のメカニズム  





 「かゆみ」を感じる脳の部位を自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の柿木隆介教授らが特定し、24日までに米学会誌に発表した。頭頂葉内側部の楔前部と呼ばれる部位で、類似点が指摘される「痛み」とは別の、かゆみ独自のメカニズムの存在を明らかにしたのは初めてという。

 柿木教授は「アトピーなどのかゆみを抑制する薬の開発につながるかもしれない」としている。

 柿木教授らは、手首に取り付けた電極を通じ、かゆみを電気的に引き起こす装置を開発。機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)と脳磁図で被験者の脳内を調べたところ、感覚の情報を処理する楔前部が反応していることを突き止めた。

 かゆみの認知は痛みの認知との共通点もあるため「かゆみは痛みの軽いもの」との見方もあったが、楔前部は痛みを感じる際には反応しないという。ヒスタミン注射でかゆみを起こす方法もあるが、不快感やかゆみ以外の作用が同時に起きるため、かゆみの純粋な反応を調べることはできなかったという。

共同ニュース
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009092401000588.html





4 :名無しのひみつ:2009/09/24(木) 17:42:45 ID:AOAm5XV9
すっごい拷問装置が開発されそうな予感…


5 :名無しのひみつ:2009/09/24(木) 17:45:31 ID:wW66ikRS
>かゆみを電気的に引き起こす装置を

死刑囚用として半日拘束して試用して貰いたいわ。
死刑の恐怖を紛らわして欲しい物だ。


6 :名無しのひみつ:2009/09/24(木) 17:46:00 ID:hrLfKkYX
痒みを根本から抑制できてたなら、俺の人生は全く違うものになってたよ。


7 :名無しのひみつ:2009/09/24(木) 17:46:08 ID:Xzi58Io6
高校の時は、痛点と温点が同時にって習ったけど?


9 :名無しのひみつ:2009/09/24(木) 17:51:36 ID:4IONuv31
> 「かゆみは痛みの軽いもの」との見方もあった
初めて知ったよ、そういう解釈もあるんだな。

月別アーカイブ

テスト

Powered by 複眼RSS

Copyright © 中身