ここは (*゚∀゚)ゞカガクニュース隊だった

Category : 未分類

スポンサーサイト  





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まあ、そういうわけで管理人を退きました  





2

本業が忙しくなったこと、開いた時間で新サービスを始めたいこと
まあ、そういうわけで管理人を退きました

2014年10月23日
中身@管理人


何かあればコメ欄へ
kagakutai@gmail.com
スポンサーサイト

引っ越しました。  





(*゚∀゚)ゞカガクニュース隊は、引っ越しました。

http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/
http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/?xml



http://www.scienceplus2ch.com/
http://www.scienceplus2ch.com/index.rdf



 

羽ばたき式人力飛行機、145メートルの飛行に成功  バッサバッサ  





レオナルド・ダ・ヴィンチが1485年に描いた羽ばたき機(オーニソプター)のスケッチ画に着想を得た人力飛行機をカナダ、トロント大学航空宇宙研究所の学生らが製作し、世界で初めて継続飛行に成功した。


トロント大学が24日に発表したところによると8月2日、トロントの北、オンタリオ州トッテナムにあるグライダー愛好家クラブ、グレート・レイクス・グライディング・クラブで、同大工学部の学生、トッド・ライヘルトさんが操縦し偉業を達成した。この記録は、世界の航空スポーツの記録を管理する国際航空連盟が10月に開く会議で認定される見通しだ。

「スノーバード」と命名されたこの羽ばたき機は、重量わずか43キロ、翼幅はボーイング737とほぼ同じ32メートル。19.3秒間飛行して145メートルを飛行した。平均時速25.6キロだった。

人力飛行のためにこの夏、8キロの減量をしたライヘルトさんは「スノーバード」は移動手段としては実用的ではないが、このプロジェクトを知った人たちの「体の力を使って何かをしようという気持ちや、創造力」を刺激することが目的だったと語った。このプロジェクトにはトロント大のほか、フランスのポワティエ大学、オランダのデルフト工科大学から30人を超える学生らが参加した。

引用元:AFPBB News


瀬戸内海に「謎の気泡」  漁業関係者の間で「気味が悪い」と話題に   





播磨灘の中央部で、海面に複数の気泡が間断なく浮かび上がり、漁業関係者の間では「何だろう」「気味が悪い」と話題になっている。水中レーダーには海底40メートルから何かがわき出る様子がくっきりと映る。第5管区海上保安本部(神戸市)は「海底温泉に似た反応」とするが、瀬戸内海には活動中の火山が存在せず、専門家は否定。関係者は「不思議な現象」と注目している。


謎の気泡が浮かんでくるのは、香川県・小豆島から東約10キロにある兵庫県内の海域。西播地域の港から船を走らせること1時間余。突然、すり鉢状になった海底の底から何かがわき出る様子が、魚群を探知する水中レーダーに映し出された。

海面には直径2~3メートルの範囲に、最大で約1センチのあぶくがポツポツと浮き上がるのが見えた。海に大きな変色は見られず、異臭も感じられない。レーダーによると気泡は、長軸が約50メートルのだ円形に広がっている。男性漁師は「不気味だ。一帯には魚もいるので有害ではなさそうだ」と話す。

5管本部によると、昨年夏にも同じ場所で、男性から同様の情報が寄せられたという。担当者は「海底温泉でみられるレーダー反応。柱のように大量に何かが立ち上っているが、気泡以外に海水ではない液体が出ている可能性もある」と関心を示す(以下略)

引用元:神戸新聞


ヘリウムが枯渇の危機? 残り25年で資源は枯渇、風船は1本8500円に高騰  





ヘリウムが貴重な資源だって知ってましたか?アメリカ人物理学者でノーベル賞受賞者の、ロバート・リチャードソンさんによると、明らかに地球上のヘリウムは減少してきており、あと25年で資源は枯渇するだろうと予測しています。でも、ヘリウムは風船を膨らませるもの、ふざけて変声に変えるものでしょ? 何が大変なのかしらって思ってませんか?

photo156902_convert_20100828193229.jpg


実は、ヘリウムは沸点が低く、冷却資源として有効で、光ファイバーや、LCDを作るのに欠かせない貴重な資源なのです。これほど沸点が低い物質は他になく、もしも枯渇してしまった場合、空気中からヘリウムを採取しようとすると現在の約1万倍ものお金がかかってしまうのです。

このヘリウムが枯渇の危機に瀕しているのは、最大のヘリウム産出国であるアメリカが関係しているみたいです。アメリカ政府はヘリウムをこれまで信じられないほど安価で売ってきており、2015年までに地球上に残されたヘリウムの約半分を売却しようとしているそうです。2015年って結構すぐですよね(以下略)

引用元:ギズモード


日本列島の始まりは茨城だった?  





茨城県常陸太田市長谷町の茂宮川最上流部にある地層が、これまでの発見から約5百万年さかのぼって日本最古となる約5億1100万年前のカンブリア紀のものであることが、同県日立市郷土博物館特別専門員で茨城大名誉教授(地質学)の田切美智雄さん(65)の研究チームの分析で18日までに分かった。

acd1008181222004-p1.jpg


これまで日本最古とされていたのは、常陸太田市の地層から北東に約8キロ離れた日立市小木津町の約5億600万年前の地層で、同チームが2008年に発見した。今回の調査で、日立市内に約5億700万年前の地層があることも判明。古生代の地層が約30平方キロメートルにわたって広がっていることが分かった。

田切さんは「これほど広範囲のものは日本でほかになく、日本列島の始まりが茨城だったと言える」と話す。さらに「日本が中国のどこにくっついていたかという議論に決着をつける可能性もある」としている。

引用元;産経新聞


ルービックキューブは、どんな状態からでも20手以内で各面の色が全て揃う?  





立方体のパズル「ルービックキューブ」は、どんな状態からでも20手以内で各面の色を全部そろえられることを証明したと、米カリフォルニア州のプログラマー、トマス・ロキッキさんら米独4人の研究チームが15日までに発表した。この最善の回し方を選択し続けた場合にどうしても必要な手数は「神の数字」と呼ばれ、長年数学の研究対象とされてきたが、コンピューターによる解析で決着したという。


ルービックキューブは1面が縦横各3列で6面あり、色の組み合わせは計約4325京パターンある。研究チームは、できるだけ簡略な計算方法を開発。メンバーの1人の勤務先であるインターネット検索大手グーグルの協力を得て、コンピューターで実質的に全パターンの計算を行った。

ルービックキューブは1974年、ハンガリーの建築学者が発明し、80年代初めに世界的大ブームとなった。研究チームによると、神の数字は81年には52回だったが、研究が進んで更新が重ねられてきた。最低でも手数が20回必要なパターンは15年前に見つかっていたという。

引用元:時事ドットコム


米少女の早熟傾向が加速、乳房が膨らんだ7歳児増える  





米国の少女たちの思春期は早まっており、7歳にして乳房が膨らみ、陰毛が生えている少女も珍しくないという調査結果が、9日の米小児科専門誌「ピディアトリクス」に発表された。

51ZO1WHU3dL.jpg


米シンシナティ子供病院の研究チームは、ハーレム、シンシナティ、サンフランシスコに住む少女1239人に、体の発育に関するアンケートを行った。その結果、7歳までに乳房が膨らんだ子は、黒人ではほぼ4人に1人の23.4%、ヒスパニック系では14.9%、白人では10.4%だった。7歳までに陰毛が生えた子は、黒人は20%、ヒスパニック系と白人はそれぞれ約6.5%だった。

1997年に行われた同様の調査では、7歳までに乳房が膨らんだ子は黒人で約15%、白人で5%。少女の早熟傾向が浮き彫りになった。思春期が早まることには、後年に乳がんまたは子宮内膜がんを発症するリスクが高まるという負の影響がある。自分に自信が持てず、摂食障害やうつ病に陥るなどの精神的な問題を抱えることもあり、自殺に至るケースもある。
 
何が思春期の始まりを誘発するかについてはよくわかっていない。研究チームは、データを蓄積して、食生活や環境ホルモンとの関連を探っていくことにしている。

引用元:AFPBB News


ミトコンドリアがエネルギー作る仕組み解明  1000分の1秒の速さで「扉」を開閉  





生物が生命活動のエネルギーを作るため、細胞内の小器官ミトコンドリアが呼吸で取り込んだ酸素や水を変化させる仕組みを、兵庫県立大の吉川信也教授、村本和優准教授らのグループが解明した。



ミトコンドリアは二重の膜に包まれた構造で、水や酸素などを化学反応させ、エネルギー源となるアデノシン三リン酸(ATP)を合成している。吉川教授らは、内側の膜上で、酸素と水素イオンが電子をやり取りする反応を担う「チトクロム酸化酵素」に注目。牛の心臓からこの酵素を取り出し、大型放射光施設「スプリング8」で解析した。

その結果、まず酵素に含まれる色素「ヘム」の一種が内膜を通じて酸素をキャッチ、別のヘムから電子を受け取っていた。電子を失った側のヘムは、プラスの電荷を帯び、水素イオンを反発力で一気に外膜へと送り出し、ATP合成の燃料に変えていた。

ヘムには、水素イオンの通り道をふさぐ役割もあり、1000分の1秒の速さで「扉」を開閉。有害な活性酸素が発生しないよう制御していた。吉川教授は「想像以上に精密な働きをしていた」と話す。成果は米科学アカデミー紀要に発表した。

読売新聞
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/research/20100426-OYO8T00400.htm


縄文人に多様な起源? 北海道・東北集団 と 関東集団でDNAが大きく異なる  





 日本列島全体でほぼ均一な集団とみられてきた縄文人(約1万2千~約2300年前)が、遺伝子(DNA)レベルでは、北海道・東北集団と関東集団で大きく異なることが、遺跡から出土した人骨のDNA分析で分かった。特に北海道の縄文人は、ロシア極東に暮らす現代先住民族との共通性が認められ、従来の縄文人南方起源説だけでは説明できない複雑な成り立ちをうかがわせる。

514QEJ9T0XLSS500.jpg



 山梨大の安達登教授や国立科学博物館の篠田謙一・人類史研究グループ長らが、縄文早期から続縄文期にかけての道内54体、東北地方20体の人骨からミトコンドリアDNAを取り出し、遺伝子型の種類と出現頻度を関東縄文人のデータと比較した。

 その結果、関東集団ではほとんど見られない、ハプログループN9b遺伝子型が、北海道・東北集団では6割を超える高頻度で見つかった。また、北海道集団だけが、シベリア先住民族に見られるハプログループG1b遺伝子型を10人に1人の割合で持っていることも明らかになった。

どうしんウェブ北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/environment/215305.html





5 :名無しのひみつ:2010/02/17(水) 16:52:59 ID:2eSW4Xu8
C14測定もしないで何を言ってんの?足元すくわれるよ。


6 :名無しのひみつ:2010/02/17(水) 16:53:14 ID:/RXp8Ngl
こないだ沖縄で見つかった日本最古のあれは?


13 :名無しのひみつ:2010/02/17(水) 17:04:30 ID:JkbLcz9L
>縄文人(約1万2千~約2300年前)

正確には、縄文人(1万6千500年~約3000年前)。
この頃は、中国大陸は未開の荒野でむろん朝鮮半島はタダの獣道に過ぎなかった。

33 :名無しのひみつ:2010/02/18(木) 02:06:13 ID:b+pUtWrY
>>13
縄文人=アイヌ人



14 :名無しのひみつ:2010/02/17(水) 17:11:58 ID:RCrrc//H
オロチョン族

「ネギは風邪にいい」、ウイルス抑制実証 富山大大学院  





 ネギの抽出物が、A型インフルエンザのウイルスの増殖を抑え、体内の免疫機能を向上させるのに有効である可能性があることが、富山大大学院医学薬学研究部の林利光教授のマウスを使った研究で分かった。林教授は「昔から『ネギは風邪にいい』と言われているが、予想どおりだった。病気に即対応できるわけではないが、ウイルスに対する体の備えを強化することができる」と話している。



 林教授は、メカブの「フコイダン」のインフルエンザウイルスへの有効性を調べるなど、ウイルスと食べ物の関係を研究してきた。今回の研究は、大分県の食品会社「佐々木食品工業」が、「大分名産のネギで健康にいいものはできないか」と林教授に相談したことをきっかけに始めた。

 最初に、試験管を使った実験で、一定の条件で抽出したネギの成分が、ウイルスの増殖を抑えることを確認した。続いて、マウスに1週間、ネギの抽出物を経口投与した後、インフルエンザウイルスに感染させた。ネギの投与はその後も続けた。

 最も増えるとされるウイルス投与から3日後のウイルス量を、肺と気管支で調べたところ、ネギを与えたマウスのウイルス量は、与えなかったマウスの3分の1程度に抑えられた。また、ウイルス投与から3週間後に、マウスの体内にある抗体の量を調べた。その結果、ネギを与えたマウスの血液中などの抗体は、そうでないマウスに比べ、3倍近く多かった。以下省略。

朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/0125/TKY201001250002.html





2 :名無しのひみつ:2010/01/26(火) 08:24:52 ID:e/3HE5lJ
税金使って何やってんだ?

3 :名無しのひみつ:2010/01/26(火) 08:29:01 ID:7li7nkdZ
>>2
これはかなり真っ当な研究じゃん。
免疫向上できる技術なら、ありとあらゆる感染症に応用が効く可能性がある。

8 :名無しのひみつ:2010/01/26(火) 08:47:28 ID:1Jyni+Q1
>>2
こういう地道な研究が、後の大きな成果になるんだろ?
目先の利益ばかり見てると足元掬われるぜ。



6 :名無しのひみつ:2010/01/26(火) 08:41:51 ID:o3ZWR5ln
葱サプリが流行の兆し。


7 :名無しのひみつ:2010/01/26(火) 08:44:53 ID:wyNUNl/K
これからは毎朝、生葱一本丸かじりが若い女性に流行するかもしれんな。


10 :名無しのひみつ:2010/01/26(火) 09:47:24 ID:s0jumTwt
蚯蚓の煎じ汁も調べろ。

トラフグを水温調節だけでオス化する技術を開発 高級珍味「白子」を増産  





 近畿大学水産研究所(和歌山県白浜町)が、水温調節だけで養殖トラフグの8割以上をオスにする技術を世界で初めて確立した。同研究所はクロマグロの完全養殖に世界で初めて成功したことで知られている。3月に神奈川県で開かれる日本水産学会で発表する。高級食材であるトラフグの白子(精巣)が多少、身近になる可能性がある。

608846.jpg



 サケやマス、ヒラメなど魚類の一部は環境の変化で性が変わることが知られている。トラフグの場合はふ化後2~6カ月で性別が確定する。研究所はこの特徴を生かし、通常は1対1のオスの割合を増やす研究を、富山県射水市の富山実験場で続けてきた。

 その結果、富山湾の水深100メートルからくみ上げた通常の養殖より5~8度程度低い12~17度の海水で、ふ化後65~105日間飼育すると、最初からオスとして生まれたものも含め8割以上がオスになることが分かった。06年産から3年連続成功したことで技術を確立したと判断、学会に発表することにした。

 白子が取れるオスは、メスの2倍程度の価格で取引される。ホルモン投与や染色体操作によりオスを増やす実験例はあるが、食用としては安全面で問題がある。13日に東京都内で会見した富山実験場の沢田好史教授は「水温調節だけなので安全。白子生産のコスト減にもなる」と自信を見せる。地元の堀岡養殖漁協と共同で今年11月から市販化する予定だ。

侮日新聞
http://mainichi.jp/select/science/news/20100114k0000m040052000c.html
http://www.kindai.ac.jp/news_event/2010/01/-80.html





2 :名無しのひみつ:2010/01/13(水) 20:43:01 ID:ngEr2os5
卵巣も食えばいいじゃない?差別はよくない。

6 :名無しのひみつ:2010/01/13(水) 20:59:13 ID:W3sOXL6e
>>2
河豚の卵巣は猛毒。元々は 黄河周辺で豚肉代わりに食べていたので 黄河豚と呼んでた魚がいつのまにか河豚と呼ばれるようになった。ちなみに黄河に生息してたキイロフグは、絶滅したそうです。

9 :名無しのひみつ:2010/01/13(水) 21:20:29 ID:ngEr2os5
>>6
なあに、かえって免疫力がつく。



7 :名無しのひみつ:2010/01/13(水) 21:05:55 ID:W3sOXL6e
むしろ1匹の雄にたくさんの雌のほうが、たくさん繁殖していいじゃない?

光が一瞬の磁石を作り出す? X線パルスによる分子磁性と分子構造変化の検出に成功  





 東京工業大学大学院理工学研究科の腰原伸也教授らは、高エネルギー加速器研究機構(KEK)や科学技術振興機構(JST)と協力して、光によって分子内に100億分の1秒の間だけ出現する分子磁性と分子構造の変化を直接観測することに成功した。光が一瞬の磁石をつくり出す様子をとらえたもので、新たな光触媒や超高速光磁気デバイスの開発のための基盤的な測定法として期待される。

20100119zu1_convert_20100119101702.jpg



 今回の成果は、100ピコ秒(ピコは1兆分の1)幅のパルスX線を用いた「時間分解X線吸収微細構造(XAFS)」法という手法を使い、高速に時間変化している物質の状態を動画のように測定した。具体的には溶液中で任意に分子配列した分子が光によって、700ピコ秒という短い間に一瞬だけ分子磁石へと変化し、すぐに戻る様子をとらえた。
 この手法では試料形状を選ばないため、固体だけでなく、液体や気体のように結晶でない試料にも適用できる。

日刊工業新聞
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720091230eaab.html
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20091215/index.html





2 :名無しのひみつ:2010/01/01(金) 23:23:34 ID:XvSnqJhb
俺に理解できるように言い直してくれ…

4 :名無しのひみつ:2010/01/01(金) 23:34:27 ID:+Ackc1L9
>>2
応用するとハードディスクならぬ、液体で構成されたハード液たる物が作れるかも?かな。

51 :名無しのひみつ:2010/01/05(火) 00:27:35 ID:r+bHz4vq
>4
その場合、ハード液でなく液ディスクではないだろうか?



5 :名無しのひみつ:2010/01/01(金) 23:38:52 ID:Xnl3G18w
電子レンジも、そのぐらいの周期の電波使っているのだろ。


6 :名無しのひみつ:2010/01/01(金) 23:42:39 ID:f7urVTvG
光によって励起され、極性を持った一瞬の分子構造を捉えたって話しだよな?


7 :名無しのひみつ:2010/01/01(金) 23:43:39 ID:yswfk2W+
分子磁石ってなんぞ?分子自体が磁力を持った状態ってコト?

バッタは歩くとき視覚に頼っている?昆虫は足を踏み出すときに足元を「見ている」可能性  





 昆虫は足を踏み出すときに、ただ足を伸ばすだけでなく足もとを「見ている」可能性があるとする研究結果が、24日の米科学誌「カレント・バイオロジー」に発表された。コオロギ、ゴキブリ、アリなどの主に「歩く」昆虫の大半は、目が比較的小さく、長い触角を頼りにしている。一方、主に「飛ぶ」昆虫の多くは目が大きく、従来は主にこうした昆虫の「飛行中の目の使い方」が研究されてきた。

CropperCapture[299]



 英ケンブリッジ大のジェレミー・ニヴァン氏らは、バッタに着目した。バッタは短い触角と大きな目を持ち、「歩く」時間と「飛ぶ」時間が同等だ。歩く時にも目を使うのかを調べるため、実験を行った。超小型のはしご状の足場を作り、バッタがこの上を歩く様子をビデオで撮影した。スローモーション映像で、足を踏み外した回数を数え、これをほかの状況における踏み外しの回数と比較した。

 こうした実験の結果、バッタが足を踏み出すときに目を使っていることがわかったという。例えば、片方の前足が見えない時、その足で踏み出すことはやめて、見える方の足を前に出していたという。

 視覚による四肢の制御は、これまで、昆虫の微小な脳にとっては複雑すぎると考えられてきた。バッタは過去40年間、手足の制御の研究におけるモデル生物となってきた。今回の発見により、人とロボットの動きへの理解が一層深まることが期待される。

AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2677966/5084728





2 :名無しのひみつ:2009/12/25(金) 21:45:11 ID:F9SJ5uoq
条件反射で説明つかないのかな?


4 :名無しのひみつ:2009/12/25(金) 21:46:53 ID:LA7u2VEq
多細胞生物では昆虫が一番進化(遺伝変化)している。


5 :名無しのひみつ:2009/12/25(金) 21:51:08 ID:5VGZ3lcY
足元を見るなんていやらしい虫だな、痴漢で訴えるぞ。


6 :名無しのひみつ:2009/12/25(金) 22:04:33 ID:mzx5FNaA
普通に足下見てるだろw
子供の頃、観察してて気づかなかった?

7 :名無しのひみつ:2009/12/25(金) 22:17:32 ID:4+XfjMsq
>>6
ファーブルかよ。



8 :名無しのひみつ:2009/12/25(金) 22:18:21 ID:02V8rRWr
昆虫ですら足元を見ているのに、お前らときたら…

9 :名無しのひみつ:2009/12/25(金) 22:25:46 ID:9aliuOXw
>>8
は足元を見られている。


ノーベル財団も懐寒し 金融危機で資産を20%溶かす  





 ノーベル賞の賞金が、世界的な金融危機のあおりで資金運用益が目減りしていることから、来年以降引き下げられる可能性が出てきた。スウェーデンのノーベル財団のミハエル・ソールマン専務理事が5日、会見で明らかにした。ロイター通信が伝えた。

ノーベル
アルフレッド・ノーベル



 ノーベル財団は、ダイナマイトの発明者だった19世紀のスウェーデンの大富豪アルフレッド・ノーベルの巨額の遺産で運営されている。財団は債券運用などで得られる利益で、経済学賞を除く賞金や授賞式などの経費を工面している。

 今年は、計1億2千万スウェーデンクローナ(約15億円)の費用がかかるが、専務理事によると、市場低迷の影響で、投資に回している資産が5分の4まで目減り。十分に穴埋めできていないという。

 ノーベル賞の賞金は時代を追って増える傾向で、今年は各賞の受賞者に1千万クローナ(約1億3千万円)ずつが贈られることになっている。共同受賞の場合は分配する。

 授賞式は今年も例年通り、ノーベルの命日に当たる10日、物理学、化学、医学生理学、文学、経済学の各賞はスウェーデン・ストックホルムで、平和賞はノルウェーのオスロで行われる。平和賞に決まったオバマ米大統領はオスロでの授賞式に出る。

朝日新聞
http://www.asahi.com/international/update/1207/TKY200912070061.html





2 :名無しのひみつ:2009/12/07(月) 13:44:46 ID:6v1/yZjI
ゲイツに相談しろ、10世紀分の資金をポンとくれるぞ?

4 :名無しのひみつ:2009/12/07(月) 13:58:36 ID:nMwcYJvg
>>2
ゲイツだって数兆円の損失出してる。



5 :名無しのひみつ:2009/12/07(月) 14:05:14 ID:F56HzmlD
名誉的な意味が強いんだから、減らしても構わんでしょ。


7 :名無しのひみつ:2009/12/07(月) 14:15:35 ID:xt8uRLbP
ノーベル賞も最近は安っぽくなたからもう潮時だろ。


8 :名無しのひみつ:2009/12/07(月) 14:19:33 ID:xJy+Skxb
運転資金溶かしたってこと?確かにサブプラは欧州が一番被弾してたが…
元種がダイナマイトだけに運用で間違えると>>1になるってことか。

エチゼンクラゲをカワハギの仲間 「ウマヅラハギ」 で退治  





 深刻な漁業被害をもたらすエチゼンクラゲを、カワハギの仲間で食用魚の「ウマヅラハギ」に食べさせて退治する研究を、島根県隠岐の島町蛸木の民間研究機関・海中景観研究所が進めている。既に実験で効果は実証されており、厄介者を捕食する”ハンター”として注目を集めそうだ。

 同研究所によると、ウマヅラハギはクラゲを好んで食べる習性があり、能登半島周辺ではエチゼンクラゲを餌に漁も行われているという。

A5A8A5C1A5BCA5F3A5AFA5E9A5B2.jpg



 今年に入り、日本海沖でエチゼンクラゲが大量発生していることから、同研究所が習性を実証するべく調査。魚礁を隠岐の島町周辺の海中に設置し、6月から観察を始めたところ、ウマヅラハギが約300匹集まり、プランクトンを食べに魚礁近くに来たかさの直径約90センチのエチゼンクラゲを食べあさる光景を確認した。

 調査の結果、攻撃を受けたエチゼンクラゲは15~25分で死ぬことも分かった。

 魚礁は高さ約4メートルの柱4本を基台に取り付けたコンクリート製で、同研究所が魚の幼稚魚を育てるゆりかごとして開発。体長10センチ程度までのウマヅラハギのほか多種の幼稚魚が、多い場所で数千匹集まり、保育機能があることも証明されている。

 隠岐諸島周辺をはじめ、島根県沖の日本海ではエチゼンクラゲの大量発生で漁網が破れるなどの被害が目立っており、同研究所の新井章吾所長は「発生場所や移動経路の沿岸に魚礁を設置し、小型のうちにウマヅラハギに捕食させることが有効」と指摘。今後、クラゲ退治の切り札として自治体や漁協などにアピールしていく考えを示した。

山陰中央新報
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=515391004





4 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 00:01:54 ID:kMzW8B3E
やっぱり、こういった方法になるよな。


5 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 00:03:25 ID:e0Rw5ePH
問題はどうやって中国沿岸まで大量のウマズラハギを運び、まだ小さいエチゼンクラゲを食わせるかだ。

6 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 00:09:03 ID:ZJ2uytez
>>5
中国人が乱獲しないか?中国でウマヅラハギを食べる習慣がないなら効果ありそうだが…


10 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 00:15:15 ID:LeecGvi/
>>6
日本が金を出し中国人が乱獲し、日本が泣くといういつものパターンだな。



7 :名無しのひみつ:2009/10/05(月) 00:10:47 ID:Nym0J8H6
あったらあったでソウシハギで代替しればOK

東京都墨田区の隅田公園は、アブラゼミ1種類しか繁殖していない?  





 64年前の東京大空襲で焼け野原となった東京都墨田区の隅田公園には、セミのなかではアブラゼミ1種類しか繁殖していないことが、東京大総合研究博物館の須田孫七・協力研究員(78)の5年にわたる調査で分かった。須田さんは、空襲でいったん地域のセミが全滅し、復興後も川と急速な宅地化により、アブラゼミ以外のセミが公園にたどり着けていない可能性があるとみている。

CropperCapture[323]



 隅田公園は、隅田川をはさんで墨田区側(約8万㎡)と、台東区側(約10万6千㎡)に分かれている。須田さんは5年前の8月、台東区側では、アブラゼミとミンミンゼミの音が半分ずつ聞こえ4種が確認できたのに、墨田区側ではほとんどがアブラゼミだと気づいた。墨田区側では、死骸の羽もアブラゼミだけだったという。

 須田さんは、東京学芸大を卒業後、中学校教諭などを務めながら東京都内の昆虫を調べ、専門書の執筆や観察会などを手がけている。現在は「東京の昆虫相の変遷史」をテーマに研究中だ。

 隅田公園周辺は1945年3月10日の東京大空襲で、大きな被害を受けた。須田さんは当時、地元の友人の安否を確かめようと、空襲から3日後、徒歩で現地を訪れ、壊滅的な状況を目の当たりにしたという。

 調査では、空襲関連の文献にも目を通し、改めて当時の被害や範囲も確認した。

 須田さんは、大空襲で地域の昆虫のほとんどが全滅。セミの幼虫も焼き尽くされた復興後、他の昆虫の多くは植樹や河川敷を利用して木々にとりつくなど生態系を戻したが、木とその根元の地中をすみかとするセミは、雌雄ともに飛行距離が比較的長いアブラゼミが、焼け残った場所からたどり着くにとどまったとみている。


朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/0813/TKY200908130164.html





4 :名無しのひみつ:2009/08/14(金) 23:22:57 ID:4wnGLpjG
空襲と関係があるようなら、もっと昔からアブラゼミだらけだろうが…


5 :名無しのひみつ:2009/08/14(金) 23:23:39 ID:NfuRp7nm
関西だけどミンミンゼミなんていないね?クマゼミとアブラゼミばっかり。

16 :名無しのひみつ:2009/08/14(金) 23:53:06 ID:hh5hlSQ6
>>5
適当なこと言っちゃだめ、関西も広いし場所による。



6 :名無しのひみつ:2009/08/14(金) 23:26:07 ID:PVt2jgFl
誰かミンミンセミ放してこいよ、すぐに誰かが捕まえちゃうからな。


7 :名無しのひみつ:2009/08/14(金) 23:30:23 ID:w9M0PHud
そういえば、うちの近くはシャーシャーと鳴くセミがいないな。


8 :名無しのひみつ:2009/08/14(金) 23:32:05 ID:QLWoOo7j
隅田川くらい簡単に渡れるのでは?

バイカル湖に「氷のミステリーサークル」、宇宙から確認  





 2009年4月のある日、『国際宇宙ステーション』(ISS)の宇宙飛行士たちは、結氷したロシアのバイカル湖に、薄黒い怪しげなサークル(円)が2つあることに気がついた。

2009052822-1_convert_20090529093518.jpg



 原因は異星人ではなく水の関係である可能性が高いとはいうものの、この奇妙な「しみ」には説明がつかない部分がある。

 2つのサークルはどちらも氷面が崩れた部分の中心付近にあり、湖中で起きた比較的温かい水の湧昇(ゆうしょう)によって生じたものとも考えられる。薄黒い色は薄くなった氷が原因で、通常この辺りでは6月にかけてこのような色になる。

 湖の中央付近に発生したサークル(下の画像の右)がある場所のように、熱水の活動が認められている比較的浅いエリアなら、湧昇が起こるのも不思議な話ではない。このエリアでは1985年と1994年にも、今回ほどはっきりしたものではなかったが、サークルが目撃されている。

 しかし、バイカル湖の南端に出現したサークル(下の画像の左)の地点は、水深が比較的深く水が冷たい場所であり、そのことが説明を難しくしている。

 バイカル湖自体がありふれた湖ではない。貯水量と最大水深(1637メートル)は湖として世界最大であり、また、誕生したのも約2500万年前と、最も古い湖に数えられている。[バイカル湖は貯水量が世界最大で、世界の淡水の20%がここにあるとされる。水質も日本の摩周湖に代わり世界最高の透明度とされる。湖底には、メタンハイドレートも確認されているという]

 上の画像はISSの飛行士が撮影した。下の画像は、米航空宇宙局(NASA)の地球観測衛星に搭載された『MODIS』(中分解能撮像分光放射計)によるものだ。

WIRED NEWS
http://wiredvision.jp/news/200905/2009052822.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 13:26:19 ID:EA+JyZ3N
ソ連がなんかの実験モジュール設置して放熱で、とかが一番ありそうだしなw


3 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 13:26:53 ID:ybRanQgF
矢追純一大先生がロシアへのビザを申請しますた。


4 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 13:28:22 ID:fnnA+J3T
ミステリーではないけど、魚の頭にしか見えない。
CropperCapture[419]

15 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 13:38:38 ID:xYwUumpc
>>4
マグロの養殖?


29 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 14:26:21 ID:G+T6XUCt
>>4
面白いなこれ、見事に配置が魚そのもの。俺地元だけど知らなかった、南側の空港は木更津の航空自衛隊。北側の背びれみたいに見える敷地は恐らく浦島ホテルだけど、関係ないよな?


32 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 15:19:33 ID:senWlGNB
>>4
自衛隊の基地に何故か全日空機が?それにしてもあの目玉はなに?


50 :名無しのひみつ:2009/05/28(木) 19:31:09 ID:K2rHDlCr
>>32
たぶん撮影時上空を飛んでたのではないかと、地上なら影があるはずだし。
しかし、自衛隊滑走路上空を民間機が飛べるのか?


67 :名無しのひみつ:2009/05/29(金) 06:58:35 ID:IuCI+HLu
>>4
鉄の浸透実験池だそうです、これから詳細を読みます。
06030813_convert_20090529101926.jpg


理科教材費、どーんと15倍?!  





 上皿てんびんに電流計、顕微鏡……。理科の授業で使う実験器具や教材の費用として、文部科学省は、200億円の予算を政府の新経済対策に盛り込む。昨年度までの数年は年13億円前後で推移。厳しい財政事情で購入費がゼロの学校もあるため、例年の15倍の「特盛り」予算で、「理科離れ」「理科嫌い」を防ぐことにした。

 実験用のてこや丸底フラスコ、メスシリンダー、図鑑……と、理科の授業で使われるものの購入費を広く補助する。公立と私立のすべての小中高校、特別支援学校が対象だ。理科教材は、購入費の半分を国が補助し、公立なら自治体が、私立なら学校が残りを負担する仕組み。今回は自治体の負担分も特別交付金で多くを手当てする方向だ。

 「ゆとり路線」から学力向上にかじをきった新しい学習指導要領は、理科と算数・数学について今春から前倒し実施され、授業時間が増えた。

 しかし、科学技術振興機構と国立教育政策研究所の昨年の抽出調査では、コンデンサー、手回し発電機といった新指導要領で必要な実験機器のない小学校が6割以上あった。小学校の備品費は年平均約9万円で、指導要領上、必要と試算した額の半分ほど。「ゼロ」という答えも、小学校で40%、中学校で24%、高校で27%に上った。

 「器具が少ないので見せるだけで子どもに体験させられず、理科の面白さが伝えられない」「授業増と学力向上のかけ声だけでは対応できない」といった声が文科省にも届いていたという。


朝日新聞
http://www.asahi.com/science/update/0411/TKY200904110225.html




*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




4 :名無しのひみつ:2009/04/12(日) 06:14:39 ID:UDcoNY1B
理系が増えるのはいいことだ。


5 :名無しのひみつ:2009/04/12(日) 06:20:01 ID:P2hZ4rFi
理科離れに関してどうすればよいか?の研究も進めてほしいね。

15 :名無しのひみつ:2009/04/12(日) 09:26:12 ID:9fv8lPM4
>>5
社会全体から、数学や理科は難しいものだ、理解できないんだって思い込み(というか言い掛かり)を消させないとね。日本は特にこの感覚が強いんじゃない?

親や周りの人ががそんなことばっかり言ってたら、子供もそういうもんかと雰囲気に流されて、最初から放棄する子を大量に生み出すんじゃないかな。



9 :名無しのひみつ:2009/04/12(日) 06:44:15 ID:KSRhujrh
分かってない…理科が嫌いな親や先生が多いんだよ。
実験の準備と後片付けに割ける時間が少ないから、実験ができないって言うのに。


11 :名無しのひみつ:2009/04/12(日) 06:55:26 ID:XTvy9N37
200億で理系の就職先を作ったほうが…

火星への飛行想定し、6人が「缶詰め」実験  モスクワで3月末から  





 火星への飛行が人類に可能かどうかを調べるシミュレーション実験が3月31日からロシア・モスクワで行われる。欧州宇宙機関(ESA)とロシアの研究機関が共同で実施するもので、欧州側2人とロシア側4人の被験者計6人が、特別施設に「缶詰め」になり105日間にわたって火星への飛行を疑似体験する。

 地球と火星の距離は5500万キロから4億キロ以上にまで変化するため、現代のロケット技術では往復に最低でも18カ月かかる。火星飛行では資金や技術の確保と同じくらいにクルーの精神的、肉体的健康を保つことが重要な要素とみられている。

AFP02re.jpg



 実験では火星への飛行、周回、着陸、地球への帰還などのシミュレーションが行われ、この間、被験者らはストレス、ホルモンや免疫の状態、睡眠などについて調べられる。研究者らは栄養補助食品によって被験者の健康が保てるかどうかも知りたいとしている。

 実験中、被験者らは「管制センター」との交信で家族、友人とも声を交わすことはできるが、本物の火星への飛行に合わせて交信には「距離による電波到達の遅れ」として20分間のタイムラグが設けられる。また被験者らには実験の間、国際宇宙ステーション(ISS)の飛行士と同じ食事が与えられる。今回の実験に続いて、実際の火星ミッションを模した520日間の実験も予定されているという。

 ESAは27日、欧州側からはドイツ軍の機械技師、オリバー・クニッケル氏(28)とエールフランスのパイロット、シリル・フルニエ氏(40)が実験に参加すると発表した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_sci&k=20090228021350a



*当ブログは、読みやすくなるよう若干の「編集」が入っております。
どうしても気になる方は、現行スレをご覧下さい。




2 :名無しのひみつ:2009/03/01(日) 00:07:25 ID:97SjiRdI
ソ連時代から逝ってるんだろ?火星に。


3 :名無しのひみつ:2009/03/01(日) 00:11:34 ID:bDVN7LJL
18ヶ月もかかると、途中で人数が増えたり減ったりしないですか?


8 :名無しのひみつ:2009/03/01(日) 00:22:46 ID:6OCiL8Pe
>>3
3人で出発したのに 着いたら20人くらいになってたら怖いな。


50 :名無しのひみつ:2009/03/01(日) 05:15:08 ID:BpSFwDeW
>>3
11人いる!


4 :名無しのひみつ:2009/03/01(日) 00:14:26 ID:slVJXFU9
520日間の実験て誰がやるんだ?w そんな暇人俺くらいしかいないぞww


6 :名無しのひみつ:2009/03/01(日) 00:15:49 ID:ZTTUX0sB
18ヶ月の引きこもりか…

CO2増えたら植物どうなるの? 各地で研究中  





 大気中の二酸化炭素(CO2)の濃度が上がると、植物はどう変化するのか。人間の排出量削減の取り組みは進むが、吸収する植物や農業への影響はわかっていないことが多い。地球温暖化の未来をより正確に予測するための基礎研究が、各地で続いている。

 岩手県雫石町の水田に未来の一角がある。白と黒のチューブが10メートルほどの八角形に張りめぐらされている。「プシュー」と音がしてCO2が噴き出した。「囲いの中は50年ほど先の環境」と農業環境技術研究所(茨城県つくば市)の長谷川利拡・主任研究員。東北農業研究センター(盛岡市)と共同で実験を進めている。

 内側のCO2濃度は外側より200ppmほど高い570~580ppm。センサーが濃度を監視し、風が吹くなどして濃度が下がると自動的にCO2を補う。植物にとってCO2は光合成に欠かせない「栄養素」。だが、濃度が上がると、コメは収量が十数%上がる一方、病気にかかりやすくなるというデータもあるという。

 熊本県山鹿市には、森林によるCO2吸収量などを調べる施設がある。杉林から頭を突き出す森林総研の「フラックスタワー」だ。同総研九州支所の清水貴範・主任研究員は「森林がどれぐらいCO2を吸収、放出するのか、季節でどれほど変わるのか。わかっていないことは多い」。

 高さ約50メートル。先端部にCO2や水蒸気量、風速、風向などを測る機器を備える。清水さんは週に1度は、風雨にさらされた機器の調整や点検のために塔に登る。「より精度の高いデータを集めることが、将来の予測に役立つ」

 九州大の射場厚教授(植物生理学)は「植物がCO2に反応する仕組みもよくわかっていない。分子レベルでの本格的な研究が始まったところだ」と話している。


朝日新聞 2008年9月23日
http://www.asahi.com/science/update/0921/SEB200809210001.html




3 :名無しのひみつ:2008/09/30(火) 20:18:01 ID:x6/SL64e
CO2が増えると植物は大きく育つが弱くなるってきいたな、記事にもあるけど実際、森林がどの程度CO2を吸収するか正確なデータがないってのに驚いた。


5 :名無しのひみつ:2008/09/30(火) 20:21:35 ID:UVPxPo4n
そりゃ育ちまくりだろ?水草水槽にCO2添加は常識。


47 :名無しのひみつ:2008/10/17(金) 18:06:00 ID:u6Bgfe+8
>>5
だよな、光量・肥料・CO2バランスも大事だけどなw



48 :名無しのひみつ:2008/10/17(金) 18:13:45 ID:swRFCZc/
>>47
大気のCO2の差はたいした誤差ではなくても降雨のCO2の濃度は、高くなり水中植物には有利だな。


6 :名無しのひみつ:2008/09/30(火) 20:21:44 ID:vtczT6iJ
ジュラ紀復活。


日本人は「本土型」と「琉球型」・・・遺伝解析で明らかに  





front.jpg
 日本人は、遺伝的に「本土型」と「琉球型」に大別できることが、理化学研究所が約7000人を対象にした遺伝解析で明らかになった。日本人の起源を知る手がかりになるもので、26日の米科学誌(電子版)に掲載される。


 理研の鎌谷直之チームリーダーらが、全国の病院から患者の遺伝情報データを収集。14万か所のDNAの個人差(SNP)を手がかりに分類したところ、「本土型」「琉球型」の大きく二つのグループに分けられた。


 両者を分ける最も大きな違いは「髪の毛の太さ」と「耳あかのタイプ」に関係するSNPで、「本土型」の方が髪の毛が硬く、乾いた耳あかができる傾向にあった。「本土型」の方が、中国人と遺伝的により近かった。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080925-OYT1T00919.htm
http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2008/080926/




3 :名無しのひみつ:2008/09/26(金) 12:10:52 ID:8rOtswPA
湿ってる・・・


4 :名無しのひみつ:2008/09/26(金) 12:12:20 ID:V9iXuQ5y
本土型が、どの程度の違いがあることの方が重要じゃないのか?琉球・アイヌが、縄文人の形質を強く残しているのは、遺伝子調べなくても分かる話。


5 :名無しのひみつ:2008/09/26(金) 12:13:18 ID:VANvdOKB
耳垢は乾いてるが、髪の毛はしんなり。


7 :名無しのひみつ:2008/09/26(金) 12:22:51 ID:R1TwfDpd
俺も髪の毛しんなりで耳垢は結構乾いている。


9 :名無しのひみつ:2008/09/26(金) 12:30:10 ID:V0Gd2dg1
本土型って言うより、半島型じゃないのか?例の弥生人(渡来人)、それ以降に日本列島に入って来た連中。それが現在の日本劣等民族の始まりだった。縄文系は端に追いやられた。


18 :名無しのひみつ:2008/09/26(金) 13:02:05 ID:mXpTamVX
>>9
半島からは殆ど来てない、北方領土側からと中国側が大多数。


子どもの脳に悪影響か?ビスフェノールAで米報告、哺乳瓶の販売などを禁止  





eyes0579_convert_20080921215422.jpg
 米厚生省は3日、プラスチック原料として広く使われているビスフェノールA(BPA)について、現在の摂取量でも子どもの脳や行動に悪影響を及ぼす懸念があるなどとする最終報告書を公表した。カナダ政府は既に、BPAを含む哺乳(ほにゅう)瓶の販売などを禁止する方針を明らかにしており、日本の食品安全委員会も健康影響評価を始めている。

 米厚生省は、これまでの動物実験を検討。胎児と乳幼児の脳や行動、前立腺への悪影響について「深刻な懸念」から「無視できる」までの5段階のうち、上から3番目の「いくらかの懸念」があるとした。女児の乳腺への影響や早熟に関して、4番目の「わずかな懸念」があるとした。人間への直接的な影響を確認したわけではないが「人間の健康への悪影響が否定できない」と結論付けた。

 BPAはポリカーボネート製の哺乳(ほにゅう)瓶や一部の玩具に触れたり、BPAを含む塗装剤を使った缶詰の食品を食べたりして体内に入るとされる。

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/life/body/080904/bdy0809041049001-n1.htm



5 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 19:37:52 ID:a5a/2Gvz
マーガリンも危ない。


6 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 19:50:59 ID:8NGJwVze
健康に良いビスフェノールDだな。


7 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 20:07:00 ID:/8UpY30P
日本で作られた陶器、木製容器、ステンレス容器ならいいのかな?


8 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 20:23:51 ID:rO7XNr5V
ちなみに厚生労働省では ↓
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/07/h0708-2.html



9 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 21:19:16 ID:eVooUrte
前から言われてるよな。


「 最も加速する生物 」 はカビ胞子だった  





TKY200809190104.jpg
 牛などのふんを栄養にして生きているカビ(菌)は、子孫を残すため、最高で重力の18万倍という猛烈な加速度で胞子をはじき飛ばしていることがわかった。米マイアミ大(オハイオ州)などの研究チームが米科学誌プロスワンに発表した。

 チームは毎秒25万コマの高速撮影ができるビデオカメラを使い、カビ4種が胞子を飛ばすところを撮影した。その結果、胞子は最高で時速約90キロまで加速。加速度を計算すると、地上の重力加速度の2万~18万倍に達することがわかった。この加速度は「自然界で最速の飛行」と論文では表現している。胞子を飛ばせる距離は種で異なり、5センチ程度から3メートル近くまでだった。
 これらのカビは、胞子が牛などに食べられることで繁殖する。牛などは自分のふんのすぐそばの草を食べるのを嫌う。それでカビは、空気抵抗に打ち勝って胞子を遠くに飛ばすため、こうした「超高加速度発射」機構を進化させたと考えられている。

朝日新聞
http://www.asahi.com/science/update/0919/TKY200809190091.html




4 :名無しのひみつ:2008/09/19(金) 21:12:40 ID:C7WcD1CY
俺の配偶子も、なかなかのスピードだぜ。


13 :名無しのひみつ:2008/09/19(金) 21:27:53 ID:bQLscxGo
>>4
まだだ!まだ速さが足りない。


5 :名無しのひみつ:2008/09/19(金) 21:13:40 ID:tVF0CtuR
ダラーっとしか出ない、俺の精子とは大違いだ・・・


14 :名無しのひみつ:2008/09/19(金) 21:29:02 ID:/oBbZa1Y
>>5
1週間我慢すると驚くほど飛ぶぜw



38 :名無しのひみつ:2008/09/20(土) 04:13:39 ID:YJoqmfuf
>>14
そんな風に飛んでいた時期が、俺にもありました(AA略


太陽の 黒点 が 約100年ぶりにゼロに、地球 の 気候に影響か?  





 太陽活動が低下すると地球の天候に多大なる影響を与えることが知られていますが、この1ヶ月間、なんと太陽の表面上に1つも黒点が観測されていないことが明らかになりました。黒点の数は太陽から発せられる磁気の強さとも関連しており、かなり重要な出来事だそうです。

 2005年にアメリカ国立太陽天文台(National Solar Observatory)の二人の学者が太陽の磁気変化を観測した結果、「今後10年以内に黒点の数はゼロになる」と予測した論文を発表しましたが大論争を巻き起こし、結局は雑誌への掲載を拒否され、「確証のない結論だ」として、笑いものになっていました。この論文の第一著者であるWilliam Livingston氏は「拒否したことは当時は正当化されたかもしれないが、最近のデータは私の理論の正しさを示している」としています。

 そして、黒点数が減少することにより何が起きるのかというと、気温が低下する可能性があるとのこと。

 というのも、気候学者のAnthony Watts氏によると、TSI(太陽の放射束密度の合計)に対する太陽黒点の影響は無視できるが、太陽の磁気圏の減少は地球の雲の編成に影響し、気候にも影響を与えるとのこと。この理論は、もともと、物理学者であるHenrik Svensmark氏が提案したもので、昨年にSvensmark氏が行った「SKY」という実験によると、銀河宇宙線が雲成長を促進する分子クラスターの化成を増加させることを証明した、としています。

 さらに、フィンランドのオウル大学の太陽物理学者Ilya Usoskin氏によると、宇宙線と地球上の雲量の間には相関性があり、「より多くの放射線はより多くの雲と等しい」そうです。

 なお、米国海洋大気庁(NOAA)は8月21日に小さな黒点があったとレポートしていますが、それ以外のすべての太陽の黒点を観察している機関は「8月には黒点はなかった」と報告しています。

GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080904_sunspot/


2 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 21:36:55 ID:q9OHVXlp
結局どうなるんだよ・・・


3 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 21:37:56 ID:dRErg+/x
寒冷化か?温暖化対策がバカバカしくなるな。


5 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 21:38:41 ID:T4/jiu2k
太陽死んでしまうん?


10 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 21:41:02 ID:cR9HjsQ4
人類が排出したCO2が原因です。
エコ替えしましょう。



11 :名無しのひみつ:2008/09/04(木) 21:41:58 ID:7IS3x6Zf
ツルツルでもX線は出てるのね。
http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/realtime-images.html



月別アーカイブ

テスト

Copyright © 中身

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。